排水管は高圧洗浄できれいになる!?費用相場を知っておこう!

排水管は高圧洗浄できれいになる!?費用相場を知っておこう!
普段は目に見えないし、直接掃除はできないしということで、放っておかれがちな排水管ですが、汚れが蓄積するとさまざまな水まわりのトラブルが起こる可能性があります。排水管をすみずみまできれいにするためには、排水管の高圧洗浄が効果的です。今回は、排水管の高圧洗浄について、どのようなトラブルを解消できるのか、料金の目安や自分でも高圧洗浄は可能かどうかなどについて説明します。排水管のトラブルでお悩みの人はもちろん、まだ排水管に何も問題がないという人にも読んでもらいたい内容です。

排水管の高圧洗浄とは?

排水管の高圧洗浄とは? 排水管には、キッチンから出る油カスや生ゴミ、お風呂から出る髪の毛や石鹸カスなど、さまざまな汚れが付着しています。排水管の高圧洗浄とは、勢いよく水が噴射するホース(高圧洗浄機)により、高い水圧を排水管内部にかけ、そのような排水管の汚れを一気に排水桝まで押し流す洗浄方法です。排水管の高圧洗浄機の洗浄器具は、曲がることができるホースのような形状をしていて、くねくねと曲がりくねった排水管の中を通すことができます。また、水が進行方向とは逆側に噴き出るしくみから、水の勢いに押されホースが勝手に排水管内を進んでいくことが可能です。

高圧洗浄機はそのような形状をしているため、排水管の内部をまんべんなく洗浄できます。排水管の高圧洗浄には、標準、中度、高度の3種類があり、排水管の汚れの程度によって高圧洗浄の仕方が変わるのです。特に排水管に問題がない状態で、定期的に行う排水管洗浄の場合には、標準高圧洗浄で十分でしょう。しかし、悪臭があったり、つまりがあったりと、排水管に問題がある状態ですと、中度や高度の排水管洗浄が必要となります。

ホームセンターなどで家庭用の高圧洗浄機を購入し、自分で排水管の高圧洗浄を行うことも可能です。ただ、業務用の高圧洗浄機に比べると、水圧や威力、水量が格段に違いがあり、水の出方も進行方向にそのまま噴射される形状となります。そのため、家庭用高圧洗浄機では汚れが取りきれなかったり、排水管の中に洗い残しがあったりする可能性が高くなります。

排水管が汚れてしまう主な原因

排水管が汚れてしまうのには、さまざまな原因があります。排水管には日々いろいろなものが流されている状態です。気をつけていても、小さな生ゴミや油カス、髪の毛、石鹸カスなどはどうしても流れて行ってしまいます。このようなゴミや汚物が蓄積し、排水管にべっとりとくっつき、最終的につまりを起こしてしまう可能性があるのです。また、流してはいけないような異物を流してしまい、排水管につまりを起こし、そこに汚れが溜まっていくこともあります。

経年劣化などで排水管が破損することにより、排水管がつまってしまう可能性もあるのです。排水管のつなぎ目などが割れ隙間ができると、トイレットペーパーや髪の毛が引っかかってしまいます。そうなりますと、異物がどんどん絡まってしまい、最終的にはつまりを起こしてしまう可能性が高いです。また、割れ目や裂け目などから土砂が入り込み、そこからつまりが起こることもあります。

排水管の高圧洗浄が効果的なケース1:トイレで発生するトラブル

トイレで、水が溢れてくる、水の流れが悪い、といったトラブルが起こることがあります。これは、排水管に汚れが堆積してつまっている、もしくは起こしかけている状況である可能性が高いです。もしくは、大量のトイレットペーパーや、うっかり落としてしまったペン、アクセサリーなどを流してしまったことが原因かもしれません。トイレの排水にこういった問題が起きたときは、高圧洗浄機による排水管洗浄が効果的です。

ホームセンターなどで売っているラバーカップなどを使い、自分で汚れやつまりを解消できることもあります。しかし、これは問題を一時的に解決するだけで、根本的な解決とはいえません。つまりが悪化すると、汚物が逆流してしまうこともありえます。トイレの排水が逆流すると、汚れや臭いがひどいので、早めに根本的にトラブルを解決することがおすすめです。

排水管の高圧洗浄が効果的なケース2:お風呂で発生するトラブル

お風呂場で水を流したときに、水はけがあまりよくない、排水管から水が溢れてしまうといったトラブルが起こることがあります。また、髪の毛やシャンプーの詰め替え容器を切り取った破片などの異物を流してしまうと、つまってしまいトラブルを誘発してしまう可能性が高くなります。こういったお風呂場の排水管トラブルも、排水管の高圧洗浄で解決できます。お風呂では、髪の毛やシャンプー、石鹸カス、洗剤などが排水管に付着することにより、汚れがたまっていきます。

少しの汚れでしたら排水に問題は起きませんが、長い年月をかけて汚れが溜まっていったり、大きな異物のつまりに汚れが引っ掛かったりすると、水が流れにくい、もしくは流れないといったトラブルが起こります。お風呂の排水管にある汚れは、主に髪の毛やシャンプー、石鹸カスなどです。髪の毛は水に溶けませんし、シャンプーや石鹸は油分を含みますので、なかなか自然には汚れを取り除けません。

排水管の高圧洗浄をすれば、こういった汚れも高圧の水流で洗い流すことが可能です。業務用の高い水圧をもつ高圧洗浄機は、油分を多く含んだ汚れや、しつこく引っかかっている髪の毛を吹き飛ばすことができます。

排水管の高圧洗浄が効果的なケース3:キッチンで発生するトラブル

キッチンは、細かい生ごみや、お茶の葉、油のカスなどを流してしまいがちです。そのため、家庭内で排水管のトラブルが起きやすい箇所でもあります。以前よりも水が流れるスピードが落ちてきた、洗い物をしているとシンクにどんどん水が溜まってしまう、といったトラブルが起きると排水管の高圧洗浄の出番かもしれません。排水管にたまった油汚れや食べかすは、排水管の高圧洗浄が効果的です。水が流れにくいだけではなく、悪臭がただよってきてしまうようでしたら、早めの高圧洗浄をおすすめします。

キッチンからでる油汚れは、排水管にべっとりとまとわりつき、普通に水を流してもなかなか流れません。そのまま時間が経つと油は固くなり、ますます流れにくくなります。そこへ新たに油が流れてくることにより、何層にも重なった頑固な油汚れとなるのです。油汚れだけでなく、生ゴミの小さなカスも流れ込むことが多く、汚れの層はどんどんと厚くなっていきます。そうなると、固い油汚れがつまりとなり、水の流れが悪くなっていくのです。

そのため、キッチンでは突然水が流れなくなるのではなく、徐々に水が流れにくくなっていく傾向にあります。最初は大したことがなくても、気がつくと取り返しがつかない状況になることもあるでしょう。キッチンの排水に異変を感じたら早めに対処しましょう。

排水管の高圧洗浄が効果的なケース4:外の排水枡で発生するトラブル

1か所ではなく複数の箇所で水が流れにくくなった、2階のトイレを流したときに1階のトイレから水が溢れてしまう、水を使っている箇所とは違うところからボコボコという音がする、といった場合は、外にある排水桝に何か問題があるかもしれません。排水管の高圧洗浄は排水桝の洗浄にも有効です。排水桝は外にあるので、土や木の根がつまってしまうことがあります。土が入りこんでしまったり、排水桝まで木の根が伸びてしまったりすると、排水桝に異物が混入し、つまりを引き起こしてしまうのです。

また、キッチンやお風呂などから流れてきた油汚れが排水桝やパイプ内に溜まることにより、流れが悪くなることもあります。排水桝は家の中の排水が1か所にまとまる場所です。そのため、排水桝に汚れがつまってしまうと、家の水まわり全ての水がきちんと流れなくなる可能性があります。排水桝は、排水から油汚れやゴミを分離し、固形物がない排水のみを流す仕組みです。そのため、排水桝には汚れが多く溜まっています。長い年月放置してしまうと汚物の量はとても多くなるので、定期的に高圧洗浄などで洗浄することがおすすめです。

排水管の高圧洗浄が効果的なケース5:臭いのトラブル

水まわりから嫌な臭いがしているときは、排水管の汚れが原因かもしれません。どことなく下水のような臭いがするときは、排水管が汚れていてうまく排水できていない状況です。キッチンのシンク下や、洗面所が嫌な臭いがする、洗濯機を使用すると臭い、という状況であれば、高圧洗浄をすれば臭いが取れる可能性があります。排水口からの臭いは、排水口に溜まった汚れ自体が臭っている場合と、排水に問題があり溜まった水から臭っている場合があります。

どちらの場合でも、高圧洗浄機で排水管を洗浄すれば、汚れが取り除くことができ、水も滞りなく流すことが可能です。ただし、排水管の高圧洗浄を行っても、まだ臭いが残る可能性も0ではありません。排水管は、きちんと排水を下水へと流すために、下水側が下になるような勾配がついています。しかし、地震や大雨による地すべりなどで地形が変化し、排水管の勾配が逆になってしまう場合もあるのです。

勾配が逆になっていると、排水が下水へと流れずに排水管にいつまでも残り悪臭の原因となります。排水管の勾配が臭いの原因の場合は、排水管を洗浄しても臭いの原因は解消しません。排水管の勾配を直す場合は、大掛かりな工事が必要です。まずは、排水管の高圧洗浄を試してみることから始めましょう。

排水管の高圧洗浄が効果的なケース6:排水管から音がするトラブル

水を流したときに、「ゴボゴボ」「コポポポ」といった音がしている場合は、高圧洗浄による排水管の洗浄が有効かもしれません。なぜこのような異音がするのかというと、排水管の中で排水がきちんと流れきれず、排水が溜まってしまっているからです。排水管内部に汚れがこびりつき溜まっている状態では、排水の流れは悪くなります。流れが悪いと、排水が通るたびに水が障害物を通るときのような音がしてしまうのです。高圧洗浄を行えば、排水管内部にこびりついた汚れをきれいに落とすことができます。

排水管の高圧洗浄にかかる料金の目安

排水管の高圧洗浄にかかる料金の目安は、標準高圧洗浄で1万5000~4万円、中度高圧洗浄で5~8万円、高度高圧洗浄で9万円~です。どのような洗浄方法になるのかは、汚れのひどさによって変わります。目安としては、臭いやつまりがまったくない状況でしたら標準高圧洗浄、水が流れにくい場合は中度高圧洗浄、完全につまっていて水が逆流してしまうくらいだと高度高圧洗浄です。汚れの度合いがひどいほど、料金は高くなっていきます。高圧洗浄にかかる料金を決めるのは汚れの度合いだけではありません。

排水管の長さが長くなるほど料金は高くなります。排水管洗浄したい箇所が2階などにあると、排水管が長くなるため、マンションよりも一戸建てのほうが料金が高くなりやすいです。そのほか、各業者により料金は変わります。排水管の高圧洗浄を依頼する前に、業者に1度現地での見積もりをお願いすることがおすすめです。

高圧洗浄以外に業者が排水管トラブルを解消する方法1:薬剤を使う

水が流れにくい、流れないといった排水トラブルが起きたとき、高圧洗浄以外の解決方法もあります。それは、薬剤を使って汚れを溶かして汚れを流しやすくする方法です。業務用の薬剤は、髪の毛や頑固に固まった油汚れも溶かすことができるので、薬剤が排水管内部にいきわたれば排水管のつまりやよごれをとることができます。薬剤を使った排水管洗浄は、高圧洗浄に比べて特殊な機械を使うことがなく、作業も比較的簡単なため、料金は安めです。

予算的に高圧洗浄はできない、という人は、薬剤による排水管洗浄を検討してみることをおすすめします。ドラッグストアなどで手に入る排水管洗浄の薬剤よりも、業務用の薬剤は強力です。そのため、簡単な作業といっても、自分で行うよりも業者に依頼したほうが効果は高いでしょう。

高圧洗浄以外に業者が排水管トラブルを解消する方法2:トーラーやドレンクリーナーを使う

業者が行う高圧洗浄以外の排水管洗浄方法として、トーラーやドレンクリーナーを使用する方法があります。トーラーやドレンクリーナーは、長い管の先端が金属でできていて、それがモーターにより回転するような仕組みです。長い管を排水管に入れて、つまりや汚れに突き当たったら、モーターを稼働させて汚れを落としていきます。すべての汚れを洗い流す高圧洗浄に比べると洗浄力は低いのですが、高い水圧でも流せないような固い頑固なつまりを解消することに向いている洗浄方法です。髪の毛や油などによるつまりを解消することに効果的です。

トーラーやドレンクリーナーの先端は、槍のような形やブラシなど、様々な形状のものと付け替え可能なものが多く、いろいろな汚れに対応しています。かなり固いつまりを削ることも可能です。しかし、トーラーやドレンクリーナーなら、どんなつまりを取り除くことができるというわけではありません。どうしてもつまりがとれないときは、排水管の付け替えが必要となるかもしれないので、ご注意ください。

家庭用の高圧洗浄機でも効果あり?

排水管の高圧洗浄は、業者に依頼すると数万円単位でお金がかかります。そこで、自分で排水管の高圧洗浄を行いたいとお考えの方もいるでしょう。しかし、家庭用の高圧洗浄は、業務用のものと比べると、水圧が低く頑固な汚れが落とせない可能性があります。素人が自分で排水管の高圧洗浄を行うと、表面的な汚れしか落とすことができず、奥のほうまでは落としきれないことがほとんどです。また、機械の面だけではなく技術面においても素人では問題があります。

排水管はくねくねと曲がりくねった構造をしていて、奥のほうまでホースをきちんと通すのには業者の技術が必要です。素人が無理に押し通すと、抜けなくなってしまうといったトラブルが起きてしまうかもしれません。抜けなくなってしまった高圧洗浄機を抜くために業者に依頼することになれば、高圧洗浄を業者に依頼するよりも料金が高くなる可能性もあります。高圧洗浄の機械も壊してしまうかもしれませんし、素人が自分で排水管の高圧洗浄を行うことはおすすめできません。

自分で高圧洗浄機を購入し、慣れない作業をするよりも、業者に依頼してしまったほうが排水管も確実にきれいになります。目先のお金だけを考えずに、きちんと排水管を洗浄できる業者に依頼することがおすすめです。

高圧洗浄機以外で自分でできる排水管洗浄の方法とは?

自分で排水管を洗浄する方法は、高圧洗浄だけではありません。市販している薬剤を排水口に流し込むという方法もあります。市販の排水管洗浄用の薬剤による洗浄方法は、業務用と同じく化学反応により汚れを溶かす手法です。しかし、業務用のものに比べると、汚れを溶かす威力は低く、髪の毛などのゴミは溶かしきらないこともあります。また、長い排水管の場合は、奥の方に汚れやつまりがあると、そこまで薬剤をいきわたらせることは、素人にはとても難しいでしょう。

異物が目視できる範囲にあるのであれば、針金などを活用して自分で撤去することもできます。しかし、自分で取り除こうとすると、異物周辺に傷を作ってしまったり、針金までつまらせてしまったり、と思わぬトラブルが起きてしまうかもしれません。そうすると、排水管の汚れやつまりを解消するどころか、よりつまりを悪化させてしまいます。自分でつまりを解消しようとするときは、最新の注意が必要です。

業務用の薬剤や機械を自分で購入して洗浄する方法もあります。しかし、業務用の薬剤はかなり強力ですので、使用方法を間違えると具合が悪くなったり、怪我をしてしまったりといったアクシデントが起こるかもしれません。また、トーラーやドレンクリーナーなどの業務用の器具が手に入ったとしても、これらを上手に使いこなすのには多くの経験が必要です。買っても結局無駄になることも十分考えられます。

排水管をなるべく汚さないためのポイント!

排水管をなるべく汚さないためのポイント! 排水管をつまらせたり、悪臭を発生させないためには、いくつかのポイントがあります。まずは、油汚れはなるべく流さないようにするということです。油汚れは水に溶けないうえに、べったりと排水管にくっついてしまいます。さらに、時間が経過すると固まるので、より落ちにくくなるのです。そうなると、素人ではなかなか汚れを取り除くことが難しくなります。排水管に油汚れを付着させないために、油汚れを排水管に流すことはやめましょう。

揚げ物などで油が余った場合は、そのままキッチンのシンクで洗ってはいけません。油を固める薬剤を使用して捨てるか、新聞などに吸わせて捨てるなどして、排水管に油がつかないように工夫しましょう。油汚れだけではなく、細かい食べカスや髪の毛が排水管に流れ込まないように気をつけます。キッチンのシンクのかごや、お風呂の排水口にネットをかけるなどして、細かい小さなゴミも排水管のほうへと流れていかないようにしましょう。

洗面所の流し口に細かい目の網セットすることは効果的です。その場合でも、髪型をセットするなどして洗面台に髪の毛が落ちてしまったときは、流してしまうのではなくきちんと取り除くようにしましょう。トイレでは、ポケットからものを落とさないように、万が一落としたときは慌てて流さないように気をつけることが必要です。また、トイレットペーパーを一度に大量に流さないように気を付けましょう。たくさんトイレットペーパーを使うときは、何度かに分けて流しスムーズに流れるようにします。

定期的に水を大量に流すこともつまりや汚れを防止することに有効です。排水管の汚れがそこまで蓄積していないうちに、勢いある水流を送れば汚れは落ちます。しかし、長期間洗浄されていない、凝り固まって分厚い層となっている汚れは、ちょっとやそっとの水では流れません。汚れがそこまで蓄積していないうちに、水を流してつまり予防を行うことはおすすめです。

排水管を高圧洗浄するための業者選びのコツ

排水管洗浄を行う業者はたくさんあります。残念ながら、なかには作業や機材に見合わない高い料金がかかるところや、いい加減に作業して結局排水管がきれいにならないところもあります。排水管の高圧洗浄にかかる料金は、安いものではありません。業者は慎重に選びましょう。業者を選ぶコツとして、まずは、なるべく早く対応してくれるところを探しましょう。もし、水の流れが悪かったり、流れなかったりといった問題が起きていれば、なるべく早くに洗浄をすべきです。

予約できたとしても、作業はかなり先となる場合、その間に排水管の汚れ具合が悪化してしまい、高圧洗浄にかかる料金が高くなってしまう可能性があります。排水管のトラブルは急を要するということを、しっかりと分かってくれる業者を選んだほうが心配ないでしょう。また、料金が分かりやすくはっきりと設定されている業者を選ぶ必要があります。見積もりではっきりとした料金を提示して、なぜこの料金になるのかを、ちゃんと説明する業者に依頼したほうが良いでしょう。

悪徳業者の場合、作業前の料金説明を適当に済ませて、作業後にいきなり相場よりもかなり高額な料金を要求してくることもあります。料金は各業者によって違うため、高い料金だから悪い業者ということではありません。「なぜ、この値段になるのか」がしっかりと分かる業者を選びましょう。その業者が、どのくらい水まわりのトラブルを解決しているのか、実績をチェックすることも重要です。

ひとことに、家の中を修理できる業者といっても、インテリアが得意な業者、リフォーム会社、急な水まわりのトラブルに対応する業者など、さまざまです。公式ホームページなどをチェックし、どのくらいの実績を持っているのか、排水管の高圧洗浄を行ったことがあるのか、などを調べてみましょう。

高圧洗浄で排水管をきれいに保とう!

排水管は普段は目に見えるところにありません。そのため、どのくらい汚れているのか、内部がどのようになっているのかは、あまり気にかけないという人もいるでしょう。しかし、排水管に汚れがたまり、つまりが悪くなると、水の流れが悪くなる、排水が逆流する、悪臭が漂う、などのトラブルにつながってしまいます。そのため、排水管は普段は目につかない部分ですが、定期的にきれいに洗浄したほうがいい場所です。

排水管の高圧洗浄を定期的に行い、常に排水管をきれいな状態にしておけば、さまざまな排水管トラブルを防ぐことができます。何か問題が起きてからだと、排水管洗浄にかかる料金は上がってしまうかもしれません。できれば異常を感じる前に、排水管は洗浄しておきましょう。もし、少しでも異常を感じた場合は、放置するのではなく早めに対処することがおすすめです。
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するコラム

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る