排水口のつまりは仕組みを理解して対処しよう!予防法は?

排水口のつまり
排水口がつまることは、長年ひとつの場所で暮らしていると起こりがちですよね。水場が使えないと生活は一気に不便になってしまうので、排水口がつまった際には、その仕組みを知って迅速かつ正しく対処することが大切です。その場合、自分たちですべてを行わず、状況によっては専門業者へ修繕を依頼する必要があるでしょう。そこで今回は、排水口がつまったときに適切に対応できるよう、排水口のつまりの原因や予防対策、つまった場合の対処法などを紹介していきます。

キッチンの排水口の仕組みは?

キッチンでは少なからず水と一緒にゴミも排水溝へ流されることがありますよね。しかし、ゴミをそのまま流してしまうと、排水溝がつまったり腐敗臭が上のほうへ上がってきたりします。そのため、キッチンの排水溝にはそうしたことが起こらないような仕組みや工夫がなされています。ゴミ受けはそのひとつであり、大方のゴミを排水溝に流さないようにするための工夫です。また、「ワントラップ」という仕組みは、排水溝の臭いがキッチンの中へと逆流しないようにするために設けられており、一般的にゴミ受けの下にワントラップは仕掛けられています。さらに、ワントラップの下には排水溝があります。

ワントラップは、流れてきた水をいったん溜めておくことができる仕組みです。ワントラップに溜まった水によって排水溝とキッチンが隔てられるため、排水溝の嫌な臭いが上まで上がってきません。つまり、水が臭いを遮断する防御壁となっているのです。もしも、キッチン内に悪臭が漂ったり水の流れが悪かったりする場合は、ワントラップが正常に機能していない可能性が疑われます。ワントラップのトラブルは自然に解決するものではないので、つまったらすぐに対応することが大切です。

排水口のつまりの原因には何がある?

排水口は家庭の中に何箇所かあり、いずれもつまることがありますよね。主な原因として考えられるのは、排水管の側面に汚れが付着することです。排水管は新しいうちはきれいですが長期間使い続けるうちに少しずつ汚れが付いていき、だんだん水の通り道が細くなっていきます。とりわけ、キッチンは油汚れや食べ物が排水溝に流されることがあり、風呂や洗面台は髪の毛や石鹸カスなどの汚れが付きやすいのが特徴です。油は排水口に流したからといってすぐにつまるわけではないため、意外なタイミングでつまりを感じ始めるので注意する必要があります。油はその性質上、熱いうちはサラサラとしていますが、冷えると固まって粘度が高くなりますよね。油汚れが表面に付着した排水管はさらに油汚れが付きやすくなる、負のスパイラルに陥るので要注意です。

また、日本の水はほとんどが軟水ですが、同じ軟水でも硬度には差があります。木更津市や熊谷市の水はそのほかの地域と比べて硬度が高いのが特徴です。場合によっては、水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどが排水管に付着することも考えられます。軟水か硬水かのラインは、WHO(世界保健機関)によると1リットル当たりのマグネシウムとカルシウムの量が基準です。1リットル当たり120ミリグラム以下が軟水で、それ以上が硬水とされています。木更津市と熊谷市では、1リットル当たり100ミリグラム以上含まれているとされているため、ミネラル分による排水溝のつまりは決して他人事ではありません。数字上は軟水と名付けられているものの、長年使用していると少しずつミネラル分が排水管に付着していくことでしょう。

硬水は比較的関東圏に多いのが特徴です。上記2都市のほかにも、足利市、渋川市、川口市、川越市、船橋市、府中市などでは硬度が1リットル当たり75〜100ミリグラムと高くなっています。カルシウムを溶かすためには塩素系の洗剤が必要で、これは酸性の性質を示すものです。したがって、油汚れを溶かすために使うアルカリ性のパイプクリーナーとは根本的に違う種類のものであることを覚えておきましょう。排水溝のつまりは、特にトラップや排水管の曲がっている部分で起こりやすいので注意が必要です。このような部分には汚れが溜まりやすいので、つまりも起こりやすいのです。

排水口のつまりに自分で対処する方法!

排水口のつまりは、自分で解消することが可能です。排水口のつまりが見える場合は、フタとトラップを分解して異物を取り除くことができます。その際はできるだけ排水溝周辺を傷つけないよう、慎重に作業を進めることが大切です。異物を取り除いてもつまりが解消されない場合は、排水管自体がつまっている可能性が考えられるでしょう。その場合は、お湯を流したり薬品を使って溶かしたりといった対処法があります。排水管のつまりを解消するパイプクリーナーは、水酸化ナトリウムの濃度とクリーナー自体の粘度が高いものを選ぶと、より効果が期待できます。

ただし、専門家ではない人がこういった対処をすると、排水管を傷めるリスクもあるので注意が必要です。水酸化ナトリウムはアルカリ性で、つまりの原因となる物質を溶かす力があります。そのため、濃度が高すぎると、排水管にも負担がかかる恐れがあるのです。つまりの原因がわからなかったり、排水管に極力ダメージを与えたくなかったりする場合には、自分で行わずに専門業者を頼るのもひとつの方法です。

また、パイプクリーナーは基本的につまりかけのときに使用するものではありません。定期的なメンテナンスとして利用する程度にとどめることが本来の目的です。つまりかけで細くなった排水管にパイプクリーナーを使用すると、剥がれた汚れが菅の下に落ちて完全にパイプを塞いでしまうこともあるからです。このように、対処したつもりが逆効果になることは往々にしてありえます。コストを抑えようと自分で対処した結果、かえって状態が悪化して最終的には高くついてしまったということがないようにしましょう。自分で対処するかどうかは慎重に見極めることが重要です。

専門業者に依頼するのはどんなとき?

排水口のつまりや悪臭で専門業者に依頼するのは、どのような場合なのでしょうか。自分でお湯や薬品を流してもつまりが解消されない場合は、専門業者に連絡しましょう。専門家ではない人がこれ以上自分たちで排水溝のつまりに対処しようと思っても、なかなか難しいのが現状です。下手に自分で対応すると排水管にダメージをもたらす危険が高くなるので、専門業者へ依頼するほうがおすすめです。また、コストパフォーマンス的にも、はじめに専門業者に依頼したほうが良いこともあります。

パイプクリーナーには少なからずコストがかかるにもかかわらず、パイプクリーナーを使用しても完璧につまりが解消される保証がないからです。パイプクリーナーを使用している間は一切その場所で水が使えないので、不便に感じることもあるでしょう。できるだけ早くつまりを解消させるためには、原因箇所を見極めて適切な対応をとることが必要不可欠です。場合によっては、つまりの原因は床下や地中の排水管であるケースもあります。この場合は専門業者に頼まないと解決しないことがほとんどです。こういったことを諸々考えると、はじめから業者に依頼したほうが時間も手間もコストも低く抑えられる可能性があるのです。

排水口のつまりを予防するには?

排水口はつまらないように日々工夫をすることが大切です。予防方法のひとつに、熱いお湯を利用して油を排水口に固着させない工夫が挙げられます。キッチンで油が多いときの洗い物の後には、60度くらいの熱めのお湯を流して油を固体にさせないよう工夫をします。また、油がたっぷり付いているフライパンや皿は、あらかじめ油分をキッチンペーパーなどであらかた拭き取っておくと良いでしょう。さらに、定期的にパイプクリーナーを使用して、油が排水管にべったり付くことを予防します。前述のように、パイプクリーナーはつまりかけのときに使うのではなくあくまでつまり予防として利用することが重要です。

お風呂場や洗面所でのつまりを予防するためには、ネットを使用して髪の毛や異物が排水口に流れないように気をつけましょう。お風呂場や洗面所では、案外さまざまな固形物が排水管のつまりの原因となることがあります。たとえば、ホテルでもらうような小さな歯磨き粉のキャップは、排水口に落ちてもなかなか見つけ出せないものです。そのほかにも、詰め替え用ソープなどで切り取った一部分やヘアピン、コンタクトレンズなども落としてしまいがちです。ネットがあるのとないのとでは、異物によるつまりのリスクがかなり違うことを覚えておきましょう。また、ネットは定期的に掃除したり取り換えたりしないと水の流れが悪くなるので、こちらもあわせて注意しましょう。

ユニットバスタイプの場合、風呂桶の排水口と洗い場の排水口は最終的にひとつの排水管につながっています。そのため、どちらかひとつにネットをつけてつまりの防止をしたとしても、片方が無防備な状態だとあまり意味がありません。水が流れる場所はどこにでもネットをつけて、排水管のつまりを起こさないように努めることが大切です。

排水口のつまりには正しい対処を!

排水口のつまりは、日々の努力で予防することが大切です。とはいえ、長い間水場を使用していると、使っているうちに汚れは溜まってくるのもまた事実です。そのため、努力をしていてもつまってしまうことがあるのは、ある程度は致しかたありません。排水口のつまりは、自分で対処することができます。しかし、慣れていないと排水管を傷つけたり逆につまりを悪化させたりする可能性があるため、つまりが解消されない場合や原因が不明確な場合などは早めに業者に依頼することが重要です。

専門業者なら慣れているため、どこに原因があるか、何が正しい対処方法かは熟知しています。きちんとした業者を選べば見積もりをその場で作ってくれますし、思ったよりも高い金額を後で請求されるといったトラブルが起こることはありません。電話一本で迅速につまりのトラブルを解決できる可能性があることを覚えておくと良いでしょう。

参照サイト

【クリタック株式会社】全国水質マップ
https://www.kuritac.co.jp/column/map.html
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る