排水管つまりの料金相場が知りたい!自分でできる対処法も紹介!

排水管つまりの料金相場が知りたい!自分でできる対処法も紹介!
トイレやキッチン、お風呂などの水まわりのトラブルは、生活するうえで誰でも一度は経験する問題ではないでしょうか。特に、排水管つまりは、お手上げ状態になってしまうことが多いでしょう。また、自分で排水管つまりを解消することも可能ですが、やり方を間違えると、さらに状況が悪化する場合もあります。しかし、自分でできるのか、プロの業者に依頼すべきなのか見極めるのは大変難しいでしょう。この記事では、排水管がつまった場合にかかる料金の相場と、自分でできる対処法について紹介します。

排水管のつまりが起こる主な原因とは?

トイレは毎日使用するものなので、排水管がつまって水が流れなくなると大変困るでしょう。排水管が詰まる原因はさまざまですが、異物がつまり水流を妨げる場合があります。たとえば、携帯を落としたことに気付かずに、レバーを引いてしまった場合、排水溝の奥に張り込んでしまい、大掛かりな作業や工事をしなければいけないこともあるので注意が必要です。また、子供がいる家庭であれば、おもちゃを便器に落とすこともあるかもしれません。うっかりそのまま水を流してしまうと、携帯と同様につまりを引き起こす可能性があるため、できる限りおもちゃは持って入らないようにするのが良いでしょう。

排水管にゴミや汚物が蓄積してしまい、つまることもあります。本来流してもいいトイレットペーパーも一度に大量の紙を流してしまうと、排水管がつまる原因になることがあります。水が流れなかったり、水が溢れたりなどの症状があらわれ、トイレが使えない状態になることもあります。さらに、流せる便器シートも複数枚を同時に流すと、排水管つまりの原因になる場合があります。最近では、1枚でトイレ全体を拭き取れる大判サイズのものも販売されています。トイレに流せるとはいえ、トイレ詰まりの原因になることもあるので注意が必要です。

トイレ詰まりの原因は、必ずしも異物やゴミだけが問題ではありません。経年変化により、排水管が破損して詰まっている場合もあります。破損している場合、破損個所にトイレットペーパーが引っ掛かって水が流れにくくなるケースがあるのです。また、水が流れにくい場合、トイレのタンクの故障が原因の可能性もあります。破損を放置しておくと悪臭の原因にもなるため、早めに専門業者に連絡することがおすすめです。

排水管のつまりを自分で対処する方法

排水管のつまりを自分で対処する方法 排水管のつまりの原因が、軽い症状であれば自分で対処することも可能です。トイレットペーパーや流せる便器クリーナーなどの詰まりが原因の場合、市販の薬剤で異物を溶かしてトイレのつまりを解消することができます。使用方法は、便器の中に薬剤を入れて、数時間放置するだけです。水を流して何度かこの作業を繰り返えせば、つまりを解消することができます。ただ、つまりの原因に適した薬剤を使わないと、効果が得られない場合があるので注意しましょう。

異物が排水管の入り口付近であれば、自分で除去することができます。その際は、ホームセンターなどで手軽に手に入るラバーカップが便利です。ただ、ラバーカップを使用する人の中には、異物を押し流そうとする人もいますが、ラバーカップは異物を押し流すものではなく、吸い出すための道具です。押し流してつまりが解消できればいいですが、さらに奥に押し込んでしまって、事態が悪化する場合もあるので注意しなければいけません。

また、家庭用の高圧洗浄機を購入して、自分で汚れを除去することも可能です。高圧洗浄機は、排水管の内部にワイヤーを挿入し、高圧水で洗浄する方法になります。高圧洗浄機を使用すれば、排水管を切断したり、解体したりする必要はないので、大掛かりな工事を避けることができます。しかし、高圧洗浄機で清掃する場合、洗浄機を購入するか、レンタルをしなければいけません。購入することも可能ですが、高いものになると数十万円かかる場合もあるため、コストを抑えたいのであればレンタルがいいでしょう。ただ、高圧洗浄機を扱うにはある程度の慣れが必要になるので、自分で操作するのに不安を感じる人は、専門の業者に一度相談することをおすすめします。

排水管のつまりを自分で修理する際の注意点

トイレつまりの原因に対して適切な対処をしていないと効果が期待できないため、その原因を見極めなければいけません。ただ、排水管がつまっている原因は、見ただけでは明確に判断できないことが多いため、適切な対処をするのが難しいのも事実です。しかし、つまりでトイレが使用できなくなるとその時点から日常生活に差し障りが出るため、その焦りと苛立ちから、ラバーカップなどで無理に異物を引っ張り出そうとする人も多いのではないでしょうか。ただ、気持ちに任せて無理やり対処しようとすると、逆に排水管を破損させてしまう可能性があります。自分で対処する場合は、冷静に原因を判断してから、作業をするようにしましょう。

また、高圧洗浄機を使う場合も配管にホースを通すのに技術がいるため、経験のない人が操作すると通したホースが抜けなくなってしまう可能性もあります。自分で対処する場合は、使い方を熟知している知人に教えてもらうか、説明書を事前にしっかり読んで作業することが重要です。しかし、そもそも高圧洗浄機を保有している家庭も少ないでしょう。そのため、高圧洗浄機が必要なつまりに対して、自分ですぐに対処することは難しいといえるでしょう。

一番手軽に自分で対処できる市販の薬剤は、原因が把握できていない状態でやみくもに使用すると、状況が悪化する場合もあります。また、薬剤は使用の注意事項を厳守しないと、便器や排水溝に影響が出るだけでなく、人にも悪影響を及ぼす危険があります。薬剤を使用する際は、事前に注意事項をしっかり確認しましょう。さらに、ほとんどの薬剤は、便器に入れて数時間放置して、水を流しながらつまりを解消させていきます。そのため、つまりを解消するためにはかなりの時間が必要となります。

業者が排水管のつまりを解決する方法1:薬剤を使う

トイレつまりが起こった場合、軽い症状であれば自分で修理することが可能です。しかし、なかなか復旧しないときは、状況の悪化を防ぐためにもプロに任せることが一番でしょう。

業者が排水管のつまりを解消するには、特殊な薬剤を排水管に流してつまりを解消する方法があります。作業が比較的難しくなく、料金も安く設定されているのが特徴です。家庭で使用可能な市販の薬剤よりも強力なので、効果が高いと言えます。薬剤の使用方法として、薬剤を便器の中に入れたあと、異物を溶かすため放置する必要があります。このときに十分に時間を取って異物が解けるのを待つ必要があるので、かなり時間がかかることが一般的です。そのあと、水を少しずつ流しながら排水管のつまりを解消していきます。

業者が排水管のつまりを解決する方法2:高圧洗浄機を使う

水圧によって、排水管のつまりの原因を一気に排水枡まで押し流す方法です。高圧の種類は、標準高圧洗浄、中度高圧洗浄、高度高圧洗浄の3段階に別れています。高圧洗浄作業とは、高圧洗浄機で加圧した高圧の水をノズルから噴射して、排水管内を清掃する作業のことです。名前だけ聞くと物々しい感じがしますが、専門業者が排水の詰まりを解消するときには、よく使う方法です。また、トイレ床下の排水管の詰まりであれば、特殊なホースでノズルを伸ばし、詰まりの箇所をピンポイントで清掃できるという特徴もあります。家庭用の高圧洗浄機とプロが使用する高圧洗浄機では、水圧や威力、水量が格段に違います。そのため、時間がかからず、きれいに掃除することができます。

業者が排水管のつまりを解決する方法3:トーラーやドレンクリーナーを使う

ワイヤーの先端に金具がついた道具を使い、つまりの原因を取り除く方法があります。ワイヤーの先端にブラシが付いたトーラーやドレンクリーナーを、配管内に擦り付けながら汚れや詰まりを清掃していきます。先端にブラシが付いているので、髪の毛や油などによる、つまりを解消するのに効果的です。つまりを削っていく方法なので、頑固なつまりでも解消しやすいと言えます。トーラーは、手動と電動から選択することが可能です。しかし、電動の場合操作を間違うと配管を傷つける恐れがあるため、個人で行うのは難しいと言えるでしょう。

排水管のつまりを修理するためにかかる料金の相場

排水管のつまりを修理する際、排水管の場所や環境によって料金は大きく変わります。さらに、依頼する業者によっては、排水管の長さで料金が変わる場合もあるので、注意が必要です。一般的には、基本料金と施工料金を合わせた料金をベースに、休日や深夜であれば追加料金が発生する場合もあります。排水管の状態を調査するために調査費用がもかかることがあるので、事前に確認することが大切です。しかし、相談や見積もりであれば、無料で行ってくれる業者も多いので気軽に電話してもいいでしょう。

事項から、具体的な場所ごとの排水管のつまりを修理するためにかかる料金の相場を見ていきましょう。

お風呂の排水管つまりを修理する場合の料金相場

お風呂の排水管つまりは、家庭のトラブルでは一番多いと言われています。お風呂の排水管は複雑な構造で、排水口は浴槽と洗い場にそれぞれ1つずつ備わっており、その後1つの排水管へと繋がっていきます。

お風呂の排水管つまりの主な原因は、蓄積した皮脂汚れや髪の毛、石鹸かすです。依頼する業者にもよりますが、薬剤を使用する場合は、5000~1万円が相場になります。また、高圧洗浄機を使用する場合は、1万~2万円が相場です。排水口は汚れが溜まりやすい場所でもあるため、掃除しないまま放置すると、悪臭にもつながりかねません。排水管つまりを防ぐためにも、髪の毛や石鹸のカスが溜まりやすい排水口を、日常的に掃除をすることが大切だと言えます。

トイレの排水管つまりを修理する場合の料金相場

トイレの排水管は、トイレットペーパーや汚物などの蓄積によってつまることが多いです。本来トイレットペーパーは水に溶けるため、通常はつまることなく排水管へと流れていきます。しかし、一定量を超えてしまうと、排水口にトイレットペーパーがつまってしまい、水の行き場を塞いでしまうのです。軽い症状の場合は、何回か水を流している間に、トイレットペーパーが溶けてつまりが解消する場合もあります。しかし、全く流れなくなったり、汚水が溢れ出したりするケースもあるので、水を流すときは注意が必要です。

業者では、ほとんどの場合、薬剤を使ってつまりを解消させます。この際に発生する料金は、8000~1万円が相場です。また、なかなかつまりが解消されないときは、高圧洗浄機を使用する必要があります。高圧洗浄機を使用する場合には便器を外す必要があるため、2~3万円ほどかかることが多いでしょう。

キッチンの排水管つまりを修理する場合の料金相場

キッチンは、油汚れや食べかすなどの汚れが排水管にこびりついてしまうことが多いです。特に油は、粘度が高いため排水管にへばり付きやすく、水にも溶けない性質なのでどんどん蓄積されていきます。急に詰まりが起こることは珍しく、キッチンを毎日使用する中で少しずつ流れ方が悪くなっていく傾向にあります。ただ、最悪の事態は、完全に水が流れなくなってしまうことです。水が流れなくなると、水漏れなど新たな問題が発生する場合もあるので、少しでも流れが悪いなと感じたら、業者に相談してみることをおすすめします。

業者の修理方法は、特殊な薬剤によって排水管のつまりを解消することがほとんどです。その際に発生する費用は、5000~1万円が相場になります。高圧洗浄機を使用する場合には、排水管の長さによって1~4万円ほどかかる場合があります。キッチンの排水管つまりを防ぐためにも、毎日の掃除は必要不可欠だと言えるでしょう。

洗濯機置き場の排水管つまりを修理する場合の料金相場

洗濯置き場の排水管つまりは、皮脂汚れや石鹸かす、髪の毛や衣類の毛や糸によって引き起こされる場合がほとんどです。洗濯の際に衣服についた毛やホコリが、水と一緒に流れ、排水口に蓄積されていきます。少しずつ蓄積されたゴミのかたまりが排水口を塞ぎ、水を流れにくくするのです。

業者では、薬剤を使用する方法が一般的で、5000~1万円が相場になります。高圧洗浄機を使用する場合には、1~2万円が相場です。最近では、節約のためにお風呂のお湯を利用して洗濯する家庭もあるでしょう。ただ、洗濯機の機種によっては、排水口が詰まりやすい原因にもなるので、注意が必要です。さらに、ドラム式洗濯機は、少ない水で洗濯できるのが魅力ですが、あまりに水が少ないと、つまりの原因になる髪の毛やホコリが流れず、排水口に溜まりがちになります。使用する際は、掃除も十分に行うことをおすすめします。

業者を選ぶ際のポイントとは?

排水管のつまりが起きて業者に依頼する場合、何を選んでいいか悩む人も多いのではないでしょうか。選んだ業者が悪徳業者であれば、高額な支払いを請求されたり、手抜き作業をされたりする場合もあります。悪徳業者を選ばないための3つのポイントを紹介します。

まずは、なるべく早く対応してくれる業者を選びましょう。そもそも排水管のつまりなどは、予期しない時に起こります。キッチンや洗濯機であれば、すぐにつまりが解消しなくても日常の生活に支障はありません。しかし、トイレやお風呂となると、話は別です。できる限り排水管のつまりを解消して、すぐに使用できるようにしたいですよね。そのため、なるべく早く対応してくれる業者選びが重要になります。

次は、料金がわかりやすく良心的であることです。排水管の修理は、それぞれの故障状況によって支払い金額が異なります。特に排水管のつまりは、早く修復したいという思いから、金額よりも早く修理することに集中しがちです。修理が終わり請求書を確認したら、高額な支払いをしなければいけなくなったなど、問題が起こる可能性があります。また、一度修理をしてしまうと、もとの状態には戻せないため、必ず提示された金額を支払わなければいけません。修理に入る前に、おおよその金額だけでも確認することをおすすめします。

最後は、水まわりトラブル解決の実績が多くあるか確認しましょう。実績があるということは、それだけトラブルに対応してきたということです。また、その業者が信頼されていることも確認できるので、実績の確認は重要なポイントになります。もし、公式サイトなどに実績が記載されていない場合は、口コミサイトを利用して評判を確認しましょう。口コミサイトでは、実際に利用した人の感想を見ることが可能です。その業者を利用した利点や懸念点なども書かれているので、まとめて確認することができ、業者を選ぶ際の判断材料にもなるでしょう。

排水管つまりの修理などプロの業者は、数多く存在します。その多くある業者の中から、どの業者が一番いいか悩む人も多いでしょう。しかし、業者選びに失敗しないためにも、複数の業者を比較して、その中から選ぶことが大切です。また、業者によっては提供されるサービス内容も異なるので、まずは相談してみることをおすすめします。コスト面を抑えたいのであれば、割引サービスも合わせて確認しておくといいでしょう。

ザットマンの特徴を知ろう!

ザットマンは、トイレやキッチンなど水まわりのトラブルを解決してくれる修理業者です。水道局指定の店舗で、最短30分で対応することが可能です。水道局指定とは、各地域の水道局から適正な修理ができる業者として認定された修理業者のことを指します。認定を受けるための要件は全国統一で決められており、その地域の自治体に対して指定の申請をする必要があります。そのため、水道局指定されていると十分な実力が備わっていると判断することができます。

月間修理件数は約3000件で、豊富な実績があるのも特徴です。ザットマンは、1級建築士取得店、給水装置工事主任技術者取得店、PL保険加入店であるため、安心して依頼をすることができます。また、年中無休で24時間営業のサポート体制で受付けを行なっているため、開店まで待たないといけないといったこともありません。

現在日本には、数多くの修理業者が存在します。その中から、業者をひとつ選ぶには、複数の中から比較することも大切です。ザットマンでは、相談や見積もりは全て無料なので気軽に連絡をすることができます。また、出張も無料なので、たとえ遠い場所に住んでいたとしても遠慮せず、まずは相談してみることがおすすめです。

ザットマンを利用するメリットとは?

初めて利用する場合は、基本料金の5000円が0円になります。2回目以降は、作業料金が10%OFFになるので、コストを抑えて修理することが可能です。ザットマンでは、宣伝広告費を抑えているため、ここまで安い価格帯でサービスを提供することを実現しています。

ザットマンでは、支払い方法を選ぶことができます。現金はもちろんのこと、クレジットカードの利用も可能です。さらに、コンビニで後払い決済ができるNP後払いもできます。特に、排水管つまりは、前触れなく起こるため、現金を用意できない場合もあります。ザットマンでは、自分が希望する支払い方法を選べるので、大変便利です。また、支払いの際は、Tポイントが使えて、ポイントを貯めることも可能です。Tポイントカードは日本で一番発行されているポイントカードであるため、ポイントを貯めている人も多いでしょう。ザットマンでは、修理できるだけでなく、ポイントも一緒に貯めることができます。

排水管のつまりを予防する方法を紹介!

排水管のつまりを予防する方法を紹介! 排水管がつまると、日常の生活に支障が出るため、できる限り回避したいですよね。そのためには、日々のメンテナンスが重要なポイントになります。

キッチンやお風呂などの排水管のつまりを予防するには、水切りネットを利用することが効果的です。排水口の部分に水切りネットを設置して、排水管に油汚れや食べかす、髪の毛などが流れないように予防しましょう。ネットとごみ受けで2重の予防ができるので、つまり防止に効果を発揮します。水切りネットは、排水管に異物が入るのを防ぐだけでなく、毎日の掃除も簡単になるためおすすめの予防策です。

排水管は長年使用していると、つまりが起こる可能性も高くなります。つまりを予防するためには、定期的に市販の薬剤などで排水管をきれいにしておくことが重要です。既定の回数はありませんが、常に排水管をきれいに保つことで、1回あたりの掃除の時間は減るので手間もかからなくなります。特にキッチン周りは、夏場であれば排水口に溜まった生ゴミの匂いも気になってくるので、掃除の頻度をあげるのもいいでしょう。お風呂周りは、お風呂に上がったタイミングで排水口の掃除をするなど、毎日行えると理想的です。特にお風呂は、カビやヌメリなども発生するため毎日掃除することが望ましいでしょう。

また、定期的に業者に依頼して、排水管のメンテナンスをしておくことも大切です。手に届く場所であれば、自分で掃除することもいいでしょう。しかし、排水管など目に見えない場所は、プロの専門業者に依頼することが最適です。ある程度は自分で掃除することもできますが、掃除により排水管を傷つける可能性もあります。排水管を傷つけてしまうと、水漏れなども起こってしまうため、排水管を丸ごと変えなければいけなくなります。そのため、まずは自分が掃除できる範囲と、プロの業者に依頼する範囲を明確にするようにしましょう。メンテナンスには、多少の料金が発生しますが、排水管のつまりなどの被害が発生する確率を下げることが可能です。自分が信頼する業者を見つけて、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

排水管のつまりは早めに対処しよう!

排水管のつまりは、いつ起こるかわかりません。ただ、急に排水管つまりが発生することは珍しく、そのほとんどが毎日の積み重ねが原因だと言えます。定期的に掃除を行い、きれいな状態を保つことで、排水管のつまりを未然に防ぐことが可能です。

しかし、長い年月の中で、排水管のつまりが起こる場合もあります。そんなときは、焦らずに対処するように心がけましょう。インターネットを検索すれば、自分で排水管つまりの解消法などを調べて、自分でも対処することも可能です。しかし、自分でつまりを解消するのに少しでも不安を感じるようであれば、状態が悪化する前に、プロの業者に依頼することをおすすめします。

参照サイト

5段落:【指定水道工事店の生活水道センター】排水管高圧洗浄の参考料金相場
https://www.suidou.org/service/high-pressure-washing/
7段落:【生活救急車】水道・排水管つまりの修理費用・料金相場について
https://sq.jbr.co.jp/library/375
7段落:【水道屋本舗】よくある排水管・排水溝のトラブル原因
https://www.a40.jp/service/trouble_culvert/
8段落:【排水管のつまり、料金相場】排水管のつまり料金相場
http://排水管.xyz
9段落:【排水管のつまり、料金相場】排水管のつまり料金相場
http://排水管.xyz
10段落:【排水管のつまり、料金相場】排水管のつまり料金相場
http://排水管.xyz
11段落:【排水管のつまり、料金相場】排水管のつまり料金相場
http://排水管.xyz
13段落:【トイレのつまり、水漏れ修理なら水のトラブル解決プロ集団『ザットマン』】水まわりのトラブル解決サービス概要
https://thatman.jp
14段落:【トイレのつまり、水漏れ修理なら水のトラブル解決プロ集団『ザットマン』】当社が選ばれる理由
https://thatman.jp/strength/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するコラム

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る