排水管のつまりはなぜ起こる!?原因と効果的な対処法を紹介!

排水管のつまりはなぜ起こる!?原因と効果的な対処法を紹介!
排水管は人間が生活していくうえで欠かせないものです。キッチン、洗面所、風呂場やトイレなどあらゆるところに排水管は設置されています。人間が使用した水を流すのが排水管の主な役割なので、人々の生活に密着しているということです。そのため、何らかのトラブルによってつまってしまったときは、とても不便な思いをすることになります。このような状態になってしまったときに重要なのが、すぐに対処するように動くことです。今回の記事では、排水管のつまりの原因と対処方法について幅広く解説します。

目次

排水管がつまる主な原因

配水管がつまるときは、いくつかの原因が考えられます。もっとも多い原因の一つは、異物によって排水管がつまってしまっているパターンです。たとえば、トイレを使用しているときに誤って財布やスマホなどを落としてしまい、それが排水管のつまりとなっている状態です。このようなときは、目に見える位置に異物があるなら取り除くことができるでしょうが、排水管の奥に入ってしまうと対処が難しくなります。また、似たようなパターンでゴミや汚物が蓄積してしまい、排水管がつまっているときもあります。

ゴミや汚物を具体的にいうと、風呂場の髪の毛やキッチンの生ゴミ類などが挙げられるでしょう。さらに、トイレでも長年の使用で文字通り、汚物類が蓄積してしまうこともあります。このとき少量なら問題はありませんが、長年時間をかけて、少しずつ排水管がつまっていくのが特徴です。そのため、気付いたときには早めに対処することが肝心です。このような原因以外にも、排水管そのものが破損してしまうパターンも存在します。通常の使用方法で排水管が破損することは滅多にないため、多くが経年劣化によるものです。経年劣化はどんなに大切に使っていても防ぐことが難しいため、一定の期間が経ったら、専門業者に点検や修理をしてもらうことを考えるようにしましょう。

排水管のつまりは自分で対処できる?

排水管のつまりが発生したとき、自分自身の力で解決を試みることもあるでしょう。自分で排水管のつまりに対処する場合には、いくつかの選択肢があります。よく知られている方法としては、市販の薬剤を使用する方法が挙げられます。キッチンの排水管専用のものなどが売られており、軽度のつまり程度なら市販の薬剤でも対処できる可能性があるのです。また、異物が排水管につまっているときに多いパターンとして、手の届く範囲ならそのまま物理的に取り除くことも可能です。ただし、このパターンに当てはまるのは、排水管の入り口付近に異物が存在するときだけになります。無理に排水管の奥まで手を入れることは危険ですし、排水管そのものの破損にもつながるので注意するようにしましょう。

さらに、もう少し本格的な方法としては、自分で排水管洗浄機を購入して汚れを除去する方法もあります。排水管洗浄機はホームセンターなどで購入可能であり、汚れを除去することが排水管のつまり解消につながるのです。しかし、専用の機械を買うのである程度の出費は覚悟する必要があるでしょう。また、いずれも自分自身でできるものですが、すべてのつまりに対処できるわけではないことは覚えておく必要があります。

自分で対処する際に有効なアイテム1:専用の薬剤

自分自身で排水管のつまりに対処する場合、専用の薬剤は真っ先に出てくる選択肢になります。専用の薬剤は排水管のつまりに特化してつくられたものであり、原因となる物質を溶かすように設計されています。このような薬剤はさまざまな種類がありますが、メーカーなどによっては、トイレやキッチン専用などの用途別に分かれているのが特徴です。そのため、購入の際はどんな薬剤なのかをよく把握するようにしましょう。また、メーカーを問わず、一般的な洗剤よりもかなり強力につくられているのが専用の薬剤です。その中でも、業務用の薬剤はもっとも強力なものとなっています。したがって、通常の洗剤では対処できないような頑固なつまりには、業務用の薬剤が力を発揮することになります。

ただ、専用の薬剤は強力な分、取り扱いには注意するようにしましょう。使用するときは部屋の換気に気を付ける必要がありますし、直接手で触れることも危険です。商品によっては、毒物や劇物に指定されていることもあります。また、使用方法を間違えると排水管そのものを傷つけてしまう恐れもあるのです。一見すると万能なアイテムに見えますが、専用の薬剤にはこのようなリスクも存在します。

自分で対処する際に有効なアイテム2:ラバーカップ

ラバーカップは別名でスッポンなどと呼ばれており、学校等のトイレ掃除でも使われることの多い掃除用具です。そのため、正式な名称は知らなくても、目にしたことのある人は多いのではないでしょうか。ラバーカップは固形物がつまっている場合に威力を発揮し、有効といわれています。具体的には、トイレなどの排水管にゴム部分をゆっくりと押し当て、押し切ったら素早く引っ張るように使用するのです。

そのように使用すると強い吸い上げる力が働き、固形物を引き出すことができます。値段も比較的安いものがそろっており、必要に応じて利用してみるのも悪くはないかもしれません。ただ、ラバーカップを使用すれば必ず排水管のつまりを取り除けるわけではなく、あくまでも簡易的な対処方法になります。そのため、排水管の本格的なつまりに困っているときには、他の方法を模索することも必要になります。基本的には、小さな固形物などが排水管の入り口付近にある場合などに限って有効な方法なのです。

自分で対処する際に有効なアイテム3:真空式パイプクリーナー

ラバーカップをより強力にしたようなアイテムが、真空式パイプクリーナーです。真空式パイプクリーナーもラバーカップと同様に、排水管のつまりを直すためのアイテムになります。その特徴は吸い上げる強さと圧力にあり、ラバーカップでは対処できないような異物にも有効です。使い方としては、真空式パイプクリーナーのゴム部分を水を満たした排水管にセットして、ハンドルをゆっくりと押していきます。押していくと強い水圧がかかるので、その際に引き上げると強力な吸い上げる力も発生するという仕組みです。この力を利用しながら、排水管につまっている異物を排除していくのです。

真空式パイプクリーナーの種類も用途別にさまざまなものがあり、目的に合わせて購入することができます。値段も一般的にはそれほど高くはないので、排水管の異物に困っているときは購入を検討してみても良いでしょう。ただ、洋式のトイレは利用不可など、商品によっては一部使用できない場所が存在し、使い方も最初はしっかりと覚える必要があります。上手に活用するにはコツを習得することも大切なので、その辺まで含めて苦にならない人が利用することが望ましいといえます。

自分で対処する際に有効なアイテム4:ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシは古くから存在しているアイテムであり、原始的な方法ながら上手に使えば確実につまりの原因を除去できます。ワイヤーブラシはその名の通り、長いワイヤーの先にブラシが付いていることが特徴で、このブラシを使ってつまりの原因を削り取っていくのです。ただ、長いワイヤーを排水管の中に入れて確実にアプローチできる反面、場合によっては排水管を傷つける恐れがあることが欠点です。排水管は必ずしも直線とは限らず、無理にワイヤーブラシを入れようとすると、破損の原因となります。そのため、使用するときは事前にワイヤーブラシを使えるかどうかを調べておくと良いでしょう。

ワイヤーブラシもホームセンターなどで購入することができ、値段もそこまで高いものではありません。もし、安全に利用することを考えるなら、ワイヤーブラシを使うのは無理なく入れられる部分までにして、奥には入れないことです。無理に排水管の奥まで入れると傷つけるだけではなく、取り出せなくなって余計に状況が悪化することも考えられるからです。そのような状況になってしまうと自分での対処は難しく、業者を呼ぶことになります。

自分で対処する際に有効なアイテム5:高圧洗浄機

高圧洗浄機は水圧によって、排水管のつまりの原因物質を一気に排水枡まで押し流すアイテムです。水圧を利用したアイテムというのはもともと洗浄効果が高く、排水管以外にも頑固な汚れを落とすときに使われます。また、一般的に市販されているものは業務用に比べると水圧が弱くなっているのも特徴です。これは安全性の問題もありますし、業務用のアイテムは値段も高い分、本格的なつくりとなっているからです。ただ、市販されているものが業務用に比べて水圧は弱いといっても、普段使うには充分な性能があります。そのため、必要性を感じるなら、購入して試してみるのも悪くはないでしょう。

高圧洗浄機を利用するときの注意点としては、配管にホースを通すことに技術がいるため、間違えると取り出せなくなる恐れがあるということです。ワイヤーブラシも同様に配管を傷つけるリスクがありましたが、さらに取り扱いに神経を使うことになります。したがって、複雑な形をしている排水管や初心者が操作する場合には、本当に使うべきかよく考えるようにしましょう。もし、自信がないのなら専用の業者に頼むほうが安全といえます。

排水管のつまりを自分で対処する際の注意点とは?

排水管のつまりを自分で対処する際の注意点とは? 自分自身で排水管のつまりに対処するときには、いくつかの注意点もしっかりと覚えておかなければいけません。なぜなら、専門的な知識を持たない素人が行うので、どうしてもリスクがあるからです。一番怖いリスクとしては、無理に対処しようと強引な行動に出て、排水管そのものを破損させてしまうことです。こうなると排水管の修理が必要になりますし、金銭面でも損をする恐れがあります。また、似たような事例で、配管内のつまりを悪化させてしまうのもよくあるパターンです。これは知識不足が原因であり、中のつまりを悪化させてしまうと時間も手間もよりかかるという悪循環に陥ります。

排水管のつまりに対応するときには、原因に対して適切な対処を行う必要があり、素人ではその辺が難しいことが多々あるのです。一般的に排水管がつまっている原因は分からないことが多く、見ただけでは明確な答えを知ることができません。もちろん、原因が明確に分かっているときや自信があるときは自分で対応しても問題はありませんが、注意点もしっかりと頭に入れておこなうようにしましょう。

排水管のつまりを業者に依頼するメリット

専門業者に排水管のつまり解消を依頼することは、有効な選択肢の一つです。専門業者は豊富な知識や経験があるので、効率的に排水管のつまりを解消してもらえることが期待できるからです。たとえば、薬剤や専用の道具は市販のものよりも性能が良いものを使い、的確な対処をすることが可能になっています。素人判断では解明が難しかった原因と適切な対応も、専門の業者なら安心して任せることができます。言い換えれば、排水管を破損させる恐れもなく、つまりを悪化させる心配もしないで問題を解消できるということです。

もちろん、専門の業者に依頼をすれば、場合によっては自分で対応するよりも金銭面は高くなるときがあります。しかし、安心して失敗するリスクがほぼない状態で任せられるというのは、大きな利点ではないでしょうか。このような精神面のプラス効果や自分で行う手間を考えると、専門業者に依頼することは賢い選択といえるのです。また、いきなり依頼することに抵抗のある人は、まずは見積もりなどの相談からはじめてみるのも一つの方法です。業者によっては、見積もりだけなら無料のところも存在します。

業者が排水管のつまりを解決する方法1:薬剤を使う

薬剤は、自分自身で対処するときに使うことがあるのと同様に、業者の人も排水管のつまり解消の方法として利用することがあります。自分で使う薬剤と専門業者の使う薬剤の違いを挙げるとすれば、その効果になります。自分で利用する場合は市販のものを買うので効果が限定的ですが、業者は業務用の強力なものを使っているので効果が高くなるのです。さらに、専門的な知識も持ち合わせており、状況別の適切な薬剤を選択できるのも強みです。そのため、業者用の薬剤は自分で行うときと比較ならないほど、大きな効果を発揮します。

なお、使い方そのものは、特殊な薬剤を排水管に流してつまりを解消しようとするもので、個人で行うことと大きな違いはありません。作業自体も難しい部類には入らないため、料金が安いことも利用者には嬉しい利点です。薬剤を排水管に投入して一定時間待つだけなので、時間も短時間で終わるでしょう。この方法は比較的簡易的なつまりに使われることが多く、業者に相談すればすぐに問題解決するはずです。

業者が排水管のつまりを解決する方法2:高圧洗浄機を使う

高圧洗浄機の利用とはその名の通り、洗浄機の高い水圧によって排水管のつまりや汚れを一気に排水枡まで押し流す方法です。家庭で使用するものもホームセンターなどで売っていますが、業者が使うものは水圧や威力、水量が格段に違うことが特徴です。具体的には、業者が使う高圧洗浄機には標準、中度、高度の3種類があり、排水管のつまりの状況に応じて使い分けています。したがって、家庭用のものとはまったくの別物といっても良いでしょう。

また、高圧洗浄機は家庭用や業務用を問わず、高価なのが特徴です。家庭用のものでも全部しっかりとそろえようと考えれば、10万円以上かかってしまうこともあります。業務用のものはさらに高価です。仮にそれだけお金をかけてそろえたとしても、上手に使えなければ排水管のつまりを悪化させたり、最悪の場合は配管を壊してしまったりすることもあります。このようなリスクや手間を考えると、高圧洗浄機を使ったつまり解消も、業者に依頼したほうが良さそうです。

業者が排水管のつまりを解決する方法3:トーラーやドレンクリーナーを使う

トーラーやドレンクリーナーは排水管のつまりの状況に応じて、業者が使用する道具の一つです。使用する道具自体が専門的で値段も高いため、一般の人で利用する人はほとんどいないでしょう。具体的な使い方としては、ワイヤーの先端に金具がついた道具を上手に利用して、つまりの原因を取り除きます。この道具の特徴はつまりの原因を削っていくことであり、頑固な汚れでも解消しやすいことにあります。そのため、髪の毛や油などによる排水管のつまりを取り除くのに効果的なのです。

髪の毛や油などは最初のころはまだ良いですが、時間が経つと固形化して硬くなる性質があります。そして、このようなものが排水管に積み重なってくると個人での対応は難しくなり、業者に頼むことになるのです。トーラーやドレンクリーナーを使った作業は、まさしく専門業者ならではのものといえます。したがって、排水管のつまりで髪の毛や油が原因と疑われる場合は、早めに相談して対応してもらうことが大切です。初期の段階なら対応もしやすく、料金面でも安く済む可能性があるからです。

排水管のつまり解消を業者に依頼した場合にかかる料金

排水管のつまり解消のため専門の業者に依頼をすると当然、その内容に応じた料金を請求されることになります。この料金は選ぶ業者や、排水管の状態などによっても変わってきます。具体的な料金体系は、各業者によっていろいろあるので一概にはいえません。ただ、一般的には、排水管の場所や環境によって料金が設定されていることが多いのです。また、排水管そのものの長さによっても変わってくることもよくあります。たとえば、一定の長さまでは定額料金ですが、それ以上の長さの排水管だと延長した分の料金がかかることがあります。

このように料金設定はさまざまなパターンがありますが、もっとも標準的といえるのが基本料金、施工料金、休日や深夜料金がかかる料金体系です。基本料金は工事内容にかかわらず一律で払うものであり、施工料金は作業料のようなものです。この2種類を基本として、深夜や休日などの作業員の人の負担が大きいときに費用が上積みされます。さらに、場合によっては排水管の調査をするための、調査費用がかかることもあります。調査費用そのものも最初の30分は無料のものなど、業者によっても対応は変わってくるのです。

したがって、しっかりとした料金を知りたい場合は事前に自分で調べておくか、各業者に問い合わせて聞いておくことが必要になります。調べたり問い合わせたりして聞いておくと、詳細な料金内容だけではなく、場合によってはお得なキャンペーン情報などを知ることができるので一石二鳥です。

キッチンの排水管つまりを修理する場合の料金相場

キッチンは排水管のつまりが多い箇所の一つです。キッチンの排水管がつまる原因としては、料理のときに使う油が考えられます。油汚れは調理に使用したフライパンなどを洗うと排水管に流れ出し、それが長年をかけて蓄積していくのです。さらに、その蓄積した油汚れに食材などが触れると固形化してより頑固な汚れとなり、排水管のつまりを引き起こします。このようなつまりは年数をかけて進行していくので、なかなか個人では対応が難しいのが実情です。

専門業者にキッチンの排水管つまりの修理を依頼した場合は、主に特殊な薬剤を使って問題解決することになります。この薬剤は市販の商品よりもはるかに強力なものであり、大抵の場合は薬剤使用で解決します。このときの相場は、大体5,000~1万円程度といったところでしょう。また、業者は必要に応じて高圧洗浄機を利用することがあります。このときはもう少し高額になることが普通で、大体相場として1~4万円程度の費用がかかります。高圧洗浄機を利用するときは、排水管の長さによっても料金が変わってくるのが特徴です。なお、これらは現場の状況次第によって対応難易度が大きく異なります。したがって、そのときの状況によって料金自体も変わってくるのです。

お風呂の排水管つまりを修理する場合の料金相場

お風呂はもっとも排水管のつまりが多い箇所といわれています。その原因は抜け落ちた髪の毛と皮脂汚れ、シャンプーや石鹸のカスが混じりあったものです。お風呂は家族が毎日使うものであり、知らない間にこのような汚れが積み重なっていくことになります。そのまま放置して使い続けると排水管の中はどんどんつまっていくこととなり、酷いときにはまったく水が流れないなどのトラブルにつながることもあるのです。そのため、自分で対応できないと感じたら、早めに業者を呼ぶのが良いでしょう。

業者の対応もキッチンの場合と同じく、高性能の薬剤を使う場合が多いでしょう。薬剤は強力なので、排水管のつまりの原因を溶かしてくれます。このような対応を業者にしてもらったときには、大体5,000~1万円程度の費用が相場です。また、高圧洗浄機を利用するときには、大体相場として1~2万円程度がかかります。なお、お風呂場の排水管つまりの対応も現場の状況次第で対応難易度が大きく異なることが特徴です。そのため、キッチンと同じく状況次第で料金は変わってきます。

洗濯機置き場の排水管つまりを修理する場合の料金相場

キッチンやお風呂ほどではないですが、洗濯機置き場の排水管も油断しているとすぐにつまってしまうものです。洗濯機置き場の排水管がつまる原因としては、皮脂汚れや石鹸カス、髪の毛や衣類の糸などが考えられます。これらは洗濯機を使っているときに、洗濯ネットで取り除かれるものもありますが、完全に取り除くのは不可能といえます。そのため、少しずつ洗濯ネットで取り除けなかったものが排水管に付着してしまい、つまりを引き起こすのです。実際に排水管のつまりが起きるまでは気付きにくい場所でもあり、ある日突然、水が流れなくなったという事例もあるので注意しましょう。

洗濯機置き場の排水管トラブルも業者に依頼することが一番です。もっともよく使われる対応策は薬剤投入であり、それほど酷いつまりでなければ大抵これで解決します。一般的な料金相場としては、5,000~1万程度です。また、頑固な汚れの場合は高圧洗浄機も利用することになり、このときの料金相場が1~2万円程度といわれています。いずれにせよ、他の料金相場と同様に、現場の状況次第で対応難易度は変わります。その状況によって料金が変わる可能性があるので、しっかりとした料金を知りたい場合は、事前に業者の人に聞いてみるようにしましょう。

トイレの排水管つまりを修理する場合の料金相場

トイレの排水管つまりは特に古い家や便器などで多く、緊急を要するときもあるのが特徴です。トイレのつまりの原因として考えらえるものは、トイレットペーパーや汚物の蓄積です。他のパターンと同様、長年をかけてトイレットペーパーなどが排水管につまっていき、最終的には水が流れなくなります。さらに、それでも放置していると最後は汚水が便座から溢れ出す事態にもなるので、緊急に対応する必要があるでしょう。このような状態になったら自分で修理することは不可能に近く、すぐに業者に相談するしかありません。

実際に業者に依頼すると、排水管のつまりが初期の段階なら薬剤を使って対処してもらうことになります。このときの料金は各業者によっても異なってきますが、一般的な相場としては8,000~1万円程度です。また、さらに酷い状態なら、高圧洗浄機を使うことになります。トイレで高圧洗浄機を利用するときは便座を外す必要があり、業者としても手間がかかります。そのため、料金相場としても2~3万円程度がかかるといわれているのです。特に、汚水が溢れるような最悪の状況なら、ある程度の時間とお金もかかるかもしれません。こちらも現場の状況によって対応難易度は大きく変わってきます。

業者を選ぶ際のポイントとは?

実際にインターネットなどで水まわりトラブルに対応してくれる業者を探していると、多くの企業が存在することが分かります。特にはじめて依頼するときは判断基準が不明瞭なときもあるため、どうして良いか迷うこともあるでしょう。業者を選ぶときのポイントとしては3点があり、なるべく早く対応してくれること、料金が分かりやすく良心的であること、水まわりトラブル解決の実績があることが重要です。なるべく早く対応してくれることは消費者側から見て利便性が強く、緊急を要する場合でも安心できます。特に家のトイレなどの排水管トラブルは、呼んだときにすぐ来てもらえないと困ることになるからです。

料金が分かりやすく良心的であることは、依頼する業者に対する信頼性につながります。中には、とても複雑な料金体系で分かりづらいものもありますが、そのような業者は良心的とはいえないので利用しないほうが無難です。最悪の場合は、知らない間に追加料金を取られることもあり得るからです。また、対応や料金体系だけではなく、水まわりトラブルの実績もあれば、さらに信頼できる業者と判断できます。実績があるということは多くの人が依頼した証拠でもあり、それだけしっかりした企業だと考えられるからです。

排水管のつまりを予防する方法を知っておこう!

排水管のつまりが発生したときは業者に依頼して対応してもらいますが、自分自身で日頃から予防を行うことも大切です。なぜなら、排水管は少し意識するだけで、内部のつまりを防ぐことができるからです。具体的な予防策としては、油汚れや食べかす、髪の毛などをなるべく排水管に流さないようにすることが挙げられます。そのときはネットの利用が有効です。ネットはホームセンターなどはもちろん、安いものは100円ショップでも販売しています。

また、排水管が完全につまってしまう前に、自分でメンテナンスを行うことも有効です。たとえば、定期的に市販の薬剤などを利用して排水管をきれいにしておくと、内部のつまりを防いでくれます。排水管をメンテナンスする日を予め決めておけば、自然と習慣になって意識しなくても行いやすくなるでしょう。ただ、自分で薬剤を使うのが面倒であったり、あまりきれいにならなかったりする場合は、業者に依頼してメンテナンスする方法もあります。専門業者なので自分でやるよりもきれいになりますし、排水管つまり予防にもつながって安心です。

業者に依頼してメンテナンスするときも、事前の予定に組み込んでおけば、忘れずに行えます。たとえば、半年や1年ごとにメンテナンスするパターンなどが考えられます。多少の費用はかかりますが、完全につまってから慌てて業者に頼むよりは遥かに効率的です。

排水管のつまりはプロの技術で確実に解消しよう!

排水管のつまりはプロの技術で確実に解消しよう! 一言で排水管のつまりといっても、原因はさまざまなものがあります。排水管の中につまる異物の種類は、キッチンやトイレなどの水まわりの場所によって異なりますし、それぞれの家庭によっても状況は変わってくるからです。そのため、自分自身で詳しい状況が分からないのに対応しようとしても、予想以上に時間がかかってしまうことがあります。さらに、時間だけではなく、道具を買うための費用や失敗して被害がより拡大するリスクも潜んでいます。

そのような視点で考えると、排水管のつまりは業者に依頼して解決するのが安心です。業者に依頼すれば必要以上に時間を取られることもなく、ほぼ確実に排水管のつまりを解消できるからです。また、自分で行うときのように、排水管を傷つけてしまう心配もないでしょう。もちろん、業者に頼んだときも多少の費用はかかりますが、自分で試行錯誤するよりも合理的な選択なのは間違いありません。排水管のつまりをはじめとしたトラブルは、業者を有効利用して、効率的に解消することを目指していきましょう。

参照サイト

3段落:【Yahoo ショッピング】ピーピースルーK 1kg×2本セット 劇物 /PPスルーK 排水溝掃除洗剤 新快適屋 /劇物譲受書のご提示が必要です
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sinkaitekiya/a0055.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title#ItemInfo
5段落:【amazon】SANEI 【パイプのつまりを強力解消】 真空式パイプクリーナー 台所・洗面・トイレ用 PR870
https://www.amazon.co.jp/SANEI-【パイプのつまりを強力解消】-真空式パイプクリーナー-台所・洗面・トイレ用-PR870/dp/B003PHM5IK
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するコラム

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る