リフォームしなくてもできる?水道管の交換にかかる費用目安

老朽化した水道管をそのまま使い続けることは難しいため、リフォームを検討する場合があります。しかし、老朽化した水道管を交換することで、快適に使えるケースも少なくありません。リフォームに比べると交換は手間も少なく、費用も抑えることができます。水道管を交換したほうがいいタイミングや症状などを知っておくと、いざというときに慌てずに済むでしょう。この記事では、水道管を交換するときにかかる費用の目安について解説します。

水道管の寿命はどれくらい?

日常生活に欠かせない水は水道管を流れて供給されます。水道管は金属で作られていることも多いため、長年使用していると劣化を避けることができません。水道管の耐用年数は、素材や使用する環境によって異なるため、一概にはいえません。昭和40年代までは水道管用亜鉛めっき鋼管が使われており、耐用年数は15~20年でした。安価である代わりに亜鉛が水に溶けたり亜鉛が剥がれてサビたりするなどの不具合も多かったため、最近の水道管には使われなくなっています。そのため、まだこのタイプの水道管を使っているなら、早めに交換をすることが望ましいです。

昭和40年代以降は、水道管の内側をビニル系の樹脂でコーティングした硬質塩化ビニルライニング鋼管が使われており、耐用年数は20~25年となっています。この材質だと直管の部分はサビにくくなりましたが、管をつなぐ継手の部分は亜鉛めっきが使われていたため、サビの問題からは解消されませんでした。昭和50年代からは、管自体は耐用年数20~25年の硬質塩化ビニルライニング鋼管で、継手にサビが発生しないように樹脂でできた管端コアが使われています。ただし、施工が徹底されていない場合も少なくないため、直管と継手の間から腐食やサビが発生していました。

平成元年以降は、管自体は耐用年数が20~25年の硬質塩化ビニルライニング鋼管が使われているのはこれまでと一緒です。しかし、管端防食継手が開発されて、継手のサビや腐食を抑えられるようになりました。施工がきちんと行われていれば、耐用年数は30年とされています。また、サビが発生しない樹脂製の水道管も広く使われるようになり、こちらも耐用年数は30年と長いのが特徴です。

水道管の材質によって耐用年数は異なるものの、東京都の水道局では旧大蔵省の「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」を鑑みて、耐用年数を15年としています。また、給水管や給湯管の洗浄を行うメーカーでは、15~25年経過すると、かなりの割合でサビが発生しているという見解です。これらを考え合わせると、施工してから15年を経過した水道管は、交換を考えるタイミングであるといえるでしょう。また、水道管は毎日使うため、施工してから10年の経過を目安として点検やメンテナンスを行っていけば、突然不具合や故障が起こる可能性を減らすことができます。

水道管が劣化したときの症状

水道管が劣化して給水管や給湯管にサビが生じた場合、水道水や湯にサビが混じってしまいます。その結果、サビが混じった水や湯を恒常的に飲むことになるのです。実際には、サビが発生していても、すぐに赤茶色になる訳ではなく、水自体は無色透明の場合も少なくありません。そうすると、知らず知らずのうちにサビを含んだ水を飲むことにもつながります。すぐに健康被害が出るわけではないといっても、お茶やコーヒーの味が変化する場合もありますし、鉄分の過剰摂取になる可能性もあります。

さらに、水に色がついた場合は、洗濯物が赤茶色に染まったり、便器が赤茶色に染まったりするなど、生活への支障も起きてくるでしょう。また、水やお湯が赤茶色に染まるくらいにサビが多く発生していると、事態はかなり深刻な状況になっていることも少なくありません。ひどくなると、水道管に穴が空いてしまい、水漏れが起こり、部屋が水浸しになることもあります。

水道管の劣化は、サビだけが原因ではありません。一般的に最低気温が氷点下になることが少ない地域では、冬の寒い朝に凍結によって水道管が破裂してしまうことがあります。特に危険なのは、寒気の影響で気温がマイナス4度を下回ったときです。庭の水やりや車の洗車のために庭に露出している水道管は、寒さが原因で水道管の破裂や接合部の破損が起こることがあります。これらを避けるために、気温が下がる前に水道の水を細く出しておくことや、水道管に布や保温テープを巻くことが効果的です。

地震が起こると、パイプに負荷がかかるため、水道管が破裂したり亀裂が入ったりすることも少なくありません。特に、水道管が経年劣化している場合は、地震の揺れがさほど大きくなくても破裂する場合があるため、注意が必要です。新築でも地震の揺れにより水道管が破裂する場合もあります。そのため、地震が起こったときは、揺れがおさまってからすべての水道を止めたうえで、水道メーターを確認してみましょう。すべての水道を止めているにも関わらず、水道メーターが動いている場合は、どこかで漏水していることが考えられます。

水道管の劣化は一律に起こるわけではありません。その結果起こる破裂や漏水などは、築10年で発生する場合がありますし、築50年でも発生しない場合もあります。水道代が普段と比べて突然高くなった場合は、どこかで破裂や漏水が起こっている可能性があります。そのため、普段から水道代のチェックをしておくと、異常が起こったときに早く不具合に気づくことができるでしょう。

水道管を交換する費用の相場

水道管の引き直し工事をする場合は、家の外装や内装とは異なり、地下に埋設されている部分が大部分であるため、基本的に素人が行うことは難しいといえるでしょう。特殊な機材を用いて行われることや専門的な知識と技術も必要であることから、工事はどうしても大掛かりになりがちです。一般的な住宅の水道管を交換する費用は35~50万円ほどが相場になります。しかし、埋設されている状況は個々に違うことと、業者によって費用の差もあることから、一概には言い切れません。

水道管の引き直し工事を依頼する業者としてハウスメーカーや住宅メーカーを選んだ場合、委託した業者が工事を行うことになります。その結果、中間マージンがかかってしまうため、工事費用は高くなりがちです。一方、水道修理の専門業者に依頼した場合は、依頼した業者が直接工事を行うため、費用も安く抑えることができます。

水道管の交換工事の発注方法

水道管の交換工事は業者によって費用も異なることから、複数の業者間での比較が欠かせません。まずは、水道管の交換工事を行っている業者を複数ピックアップするところから始めましょう。最近ではホームページに料金を記載している業者も少なくありません。ただし、ホームページに記載されている料金はあくまで目安であることから、実際にかかる金額そのものとは異なることがあります。また、業者によって工事の実績もそれぞれです。簡単な工事ではないため、依頼するなら実績の豊富な業者を選びたいものです。ホームページには実績が記載されているケースもありますので、参考にしてみましょう。

業者のなかには、問い合わせフォームに必要事項を記載して送信すると、見積もりを出してくれるところがあります。電話で対応してくれる場合もありますので、複数の業者に問い合わせて見積もりを出してもらいましょう。ただし、実際の詳細な見積もり金額を出してもらうためには、現地視察が必要なことがほとんどです。見積もりが揃ったところで、比較を行います。1つ1つの工事費用はもちろん、各種手続きや諸費用、手数料などを細かくチェックしましょう。業者によって見積もりの項目が異なる場合もあります。それぞれの項目の設定の仕方や金額が妥当かも検討しましょう。

場合によっては水量調節や水質などのサポートが必要となることがあります。そのため、水道管の交換工事以外にも対応可能かをチェックしましょう。総合的に判断して依頼したい業者が決まったら工事を発注します。なお、実際に水道管の破裂や水漏れが起こってしまってから業者を選定する場合、急を要するためにじっくり業者選びができない可能性があります。そのため、施工から10年を経過した後は、水道管の破裂や水漏れの事態を想定して早めに探すことで、希望に合った業者選びができる可能性が高いです。

まず見積もりをとって検討しよう

毎日使う水道管は、使われている材質にもよりますが、15~20年ほどで劣化することが少なくありません。水道管が劣化すると、サビが発生したり、水漏れが起こったり、地震や凍結などによって破裂したりすることがあります。水道管が劣化して水漏れや破裂が起こったときは、水道管を交換する必要があります。水道管の交換は素人には対処できないため、専門知識や技術を持ち合わせた業者に依頼することが必要です。

水道管の交換工事にかかる費用は業者によって、また実際に設置されている状況によって同じ業者でも異なります。そのため、現地を視察してもらうことが欠かせません。水道管の交換工事にかかる費用は高額なため、複数の業者から見積もりを取って比較検討したうえで、業者を選択したいものです。突然トラブルに見舞われて慌てないためにも、施工後10年を経過したら、点検やメンテナンスを視野に入れておきましょう。

水道に関するトラブルは、平日の昼間だけに起こるとは限りません。夜中や休日に起こる場合もあります。また、不具合が起こったら、なるべく早く対処を行うことが必要です。そのため、24時間対応をしている業者を選び、速やかに見積もりや施工に来てくれる業者を選ぶことがポイントとなります。「ザットマン」は24時間対応を行い、月間3000件の豊富な修理経験のある水道修理専門業者です。発注から最短30分で現場に急行し、無料で見積もりを行い、見積もりに納得できれば工事を行ってくれます。水道管の交換を検討しているなら、気軽にザットマンに問い合わせをしてはいかがでしょうか。

参照サイト

【桶川工業株式会社ブログ】プロが教える水道管の耐用年数とは?
https://www.okegawa.co.jp/knowledge_blog/2470/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る