排水管のつまりの原因や対策を紹介!予防法も押さえよう

配水管のつまり
キッチンやトイレ、お風呂場などには排水口がつけられています。これらの排水口は日頃から掃除しておかなければ、いつかつまってしまう恐れがあるポイントです。排水管のつまりは、臭いのもととなったり、雑菌が繁殖したり、日常生活に大きな影響を与えることもあります。そのため、排水管のつまりの原因や対処法、予防方法などを把握して適切に対処することが重要です。今回は、このような排水管のつまりに関する情報を紹介します。

排水管が詰まる原因で考えられること

排水管全般で起こりうるつまりの原因としては、生活排水に含まれる水以外のものが流されている、ということが挙げられます。家やマンションなどに設置された排水管は生活の中で出る水のみを流せるような設計です。キッチンやトイレ、風呂場、洗濯機などの排水管に異物が混入すると、長い時間をかけて少しずつつまっていきます。特に多い異物は髪の毛です。髪の毛はどの排水管でも混入しやすく、特に風呂場や洗濯機などで流れる水の中には混入しやすくなっています。さらに、水に溶けない紙もつまりの原因としては多い傾向です。小さく破れた紙を流したとしても、排水管内にへばりついている他の汚れに吸着されてしまうと、つまりの原因になります。

また、石鹸や油などもつまりを起こす原因の一つです。石鹸の場合は溶けきれずに排水管の中にへばりつくことで、徐々に大きな塊となっていきます。そして、この塊に他のゴミも蓄積していくことで、排水管がつまります。油は粘度が高く、排水管にへばりつきやすいです。これも石鹸と同様に他の汚れやゴミを吸着し大きくなることにより、つまりの原因となります。また、人の身体から出てくる皮脂や垢などもつまりの原因です。他にも、小さい子供のいる家庭の場合は、オモチャなどがつまりの原因になるケースもあります。子供の遊んでいた小さいオモチャが排水管に流れていくと、曲がっている管で他のゴミと引っかかったりします。

これらの異物は、本来であれば排水管にあるフィルターで取り除かれます。しかし、長期間同じフィルターを使用することで劣化していると、うまく汚れが取り除けません。すると、少しずつ排水管内に異物が混入していき、つまりの原因となっていきます。

排水管のつまりへの対処法は?

つまってしまった排水管へ対処する場合は、まずパイプクリーナーを試すようにしましょう。パイプクリーナーは排水管につまった汚れを溶かし、分解する力があります。身体から出た皮膚や皮脂はもちろん、髪の毛などを溶かしてつまりを解消する効果に期待できます。また、このクリーナーにはキッチン用やお風呂場用など、いくつか種類があるので使用する場所に応じて選ぶようにしましょう。また、使用する際は、しっかりと商品説明を読んでおくことも大切です。

強力な製品になると手のひらの皮膚を分解する恐れがあります。そのため、詳細な使用方法をあらかじめ確認し、正しい使い方を把握してから使用しましょう。さらに、パイプクリーナーは効果が現れるまでの時間も決まっています。製品ごとの適切な時間を守って使用しなければ期待する効果が得られない恐れがあります。さらに、あまり長時間放置しすぎないことも大切です。商品説明に記載されている時間を越えて、クリーナーを排水管に放置してしまうと、溶けた汚れが再度固まり始め、つまりの原因になってしまいます。

また、パイプクリーナーは完全につまってしまった排水管や、古くなった油汚れなどの場合、落ちにくいことがあります。そのため、少しでも水の流れが悪くなったと感じたタイミングで使用することが重要です。定期的に使用し、排水管の中を清潔に保つよう心がけましょう。また、プロではない人が排水管のつまり除去を行うと、なんらかのトラブルが発生するリスクもあります。特に、排水管のつまりがひどいケースではプロに依頼して、適切に対処してもらうことも検討しておきましょう。

クリーナーでは解消しないときの対処法!

つまりがひどく、パイプクリーナーで解消できない場合、専用の道具を使ってみましょう。排水管のつまり解消に使用できる道具として、ラバーカップがあります。使い方は、まず排水口周りについている蓋やフィルター、ワントラップなどを全て外し、ラバーカップをしっかり当てます。次は、カップよりも高い位置に水面がくるまで、水を出し続けます。そして、ラバーカップを下に押し付け、限界まで下げたところで引き上げましょう。すると、排水口の中に入った水が引き上げられるような流れになり、つまっているものが吸い上げられ、つまりが解消されます。ただし、この方法は固形物以外の油汚れなどのつまりに対して有効な方法です。

また、ワイヤーブラシでつまりの原因となったものを除去する方法もあります。これは、ワイヤーの先端に汚れを落とすためのブラシがつけられており、カーブした排水管の中でも汚れを落とすことが可能です。使用方法は、まず先端のブラシを排水管の中へ押し込みます。つまっている箇所があれば途中でブラシがぶつかります。ぶつかったあとは、手元のハンドルを回転させブラシをこするように動かしてみましょう。すると、少しずつつまっているものが取れ始めます。

他にも、排水管を外して、直接つまりを取る方法もあります。外し方は簡単で、排水管をつなぐためにつけられているナットを外すだけです。外したあとは、排水管の中を掃除すると、つまりを解消できます。注意点として、排水管を外す際は、中に溜まっている水がこぼれても問題ないように、バケツや雑巾も用意しておきましょう。もし、これらの方法でもつまりが解消できない場合は、プロに依頼して解消してもらうしかありません。あまり無理をしてしまうと排水管を破損させてしまう恐れもあるので気をつける必要があります。

自分でつまりへの対策を行うときの注意点!

自分で排水管のつまりを解消するときは、いくつかの注意点も把握しておきましょう。一つは、ワイヤーブラシを使用する際の注意点です。ワイヤーブラシはワイヤー部分が柔らかくなっているものや、先端が小さくなっているものがあります。ワイヤーが柔らかくなっていると、排水口の奥までうまく押し込めないことがある他、途中で絡まってしまうこともあり注意しなければなりません。さらに、先端が小さいものは、うまく汚れを除去できないケースもあります。このように、製品によっては取り扱いが難しくなっているため、業者への依頼も検討してみましょう。業者であれば、短時間で確実に処理してもらえます。

また、排水管を外してつまりを解消する場合は、キッチンと洗面台のみにしておきましょう。排水管を自分で外すことができるのは、この2箇所のみとなっています。他の箇所の排水管は専門業者でなければ外せないため、無理に行わないようにしなければなりません。さらに、この方法でつまりを解消した際は、汚れが完全に落ちたかどうかを確認することが大切です。少しでもつまりの原因となっていた汚れやゴミが残っていると、またすぐに蓄積してつまりの原因となります。汚れやゴミは徹底的に落として、排水管の中を清潔な状態にしておきましょう。

他にも、歯ブラシを使って排水管を清掃する際にも注意が必要です。このような小さい掃除道具を使用すると、誤って排水管の中に落としてしまう恐れがあります。このような場合、さらなるつまりの原因を作ってしまうことになるので、扱いには注意して清掃を行わなければなりません。

排水管がつまらないように予防しよう!

排水管のつまりを予防するには、定期的に清掃を行い清潔にしておくことが重要です。効果的な方法として、たっぷりのお湯を流す方法があります。この方法は大量のお湯と水圧によって、汚れを一掃することが可能です。1カ月に1度くらいの頻度で行うと、つまりの予防や排水口から漂う嫌な臭いなども防げます。特に、キッチンの場合は油を使うので、その油が食品と一緒に固まってつまってしまいます。使用頻度の高い場所でもあるので、定期的に行わなければつまりやすいです。

具体的な方法は、まず排水口をタオルや雑巾などでしっかりと蓋をします。そして、40~50度程のお湯を流し込み、お湯をはります。このとき、お湯の量が少ないと期待している効果を発揮できないので注意しましょう。そして、蓋を一気に外すとお湯が流れ込み、つまりの原因である汚れを除去できます。また、多少つまりぎみのときも、40~50度程度のお湯を排水口に少しずつ流し込むと、つまり予防に効果的です。他にも、水切りネットなどを使用して、細かい食材を排水管に流さないようにする必要もあります。

日頃から小さくなった食材を排水管に流さないようにすることで、つまりを予防できます。生ゴミなどは、どれだけ小さくても流さないよう注意しましょう。また、重曹とお酢を使った予防方法もあります。まず、排水管へ直接重曹をふりかけ、その上からお酢をまいていきます。そして、40~50度程度のお湯を流し込み、30分~1時間程放置しておきましょう。すると、排水管に溜まっている汚れなどが溶かされ、洗い流されます。これは排水管のヌメリや嫌な臭いの予防にもつながります。これらの方法のポイントは、必ずお湯を使うことです。お湯によって固まった汚れをふやかし、流しやすくする効果に期待できます。

排水溝のつまりの程度で専門業者への依頼を判断しよう!

排水管をつまらないようにするには、日頃からのメンテナンスが重要です。完全につまってしまった場合、自分で処理するのが難しくなるケースもあるため、注意しなければなりません。また、排水管がつまりぎみのときは自分で対処しても解消できるケースは多いです。しかし、全く改善されない場合は専門業者へ依頼しましょう。自分一人で対処したことによって、状況が悪化してしまったり、排水管を傷つけてしまったりなどのトラブルに発展するケースがあります。このようなトラブルを防ぐためにも、専門知識を持つプロに依頼して、安全に対処してもらうことが大切です。

参照サイト

【町の水道修理センター】排水管の詰まりを即日直すなら原因究明がカギ!
https://0120656889.net/haisui/haisui7/

【水道1番館】DIYで解消する排水つまり・排水管つまり
https://sos-mizu24365.com/diy/other/diy44.html#toc03-04/

【生活水道センター】台所のつまり直し方と排水溝のお掃除方法
https://www.suidou.org/trouble/clogging-kitchen-fix-clean-drains/

【生活水道センター】台所のつまり直し方と排水溝のお掃除方法
https://www.suidou.org/trouble/clogging-kitchen-fix-clean-drains/

【町の水道修理センター】トイレや浴室など、どの排水管でも簡単に洗浄する方法とは?
https://0120656889.net/haisui/haisui6/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

排水口、配水管のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る