水道のつまりは場所によって対処法が違う!失敗しないための業者選びとは?

水道のつまりは場所によって対処法が違う!失敗しないための業者選びとは?
家の中で傷みやすく修理やリフォームの対象となりやすいのが水まわりです。排水のつまりは放っておくと取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。何はともあれ、汚水があふれて床を汚してしまうと、後の始末も大変です。同じように見える水道のつまりでも、実は、水周りごとの場所によってつまりの対処法が異なります。こちらの記事では、それぞれの水まわりの場所別の対処法や、業者に依頼する際の失敗しない業者選びなどの方法について詳しく紹介していきます。

トイレの水道がつまってしまう原因とは?

トイレの排水は強い水流で一気に流すため、何でも問題なく流れていきそうな錯覚を起こす人も多いのではないでしょうか。そのような誤解が元でトイレの下水をつまらせてしまう人は少なくありません。実際にトイレがつまる原因になる事例を紹介します。

トイレの排水レバーには「大」と「小」が備わっているものがありますよね。このレバーの使い分け、人によっては大きく認識が異なるのです。いついかなるときでも「大レバー」しか使わない人、節水のためになるべく「小レバー」を使う人など、特に不都合がなければ習慣化してしまうのでしょう。節水のためにトイレタンク内にペットボトルを沈めて使用水量を減らす裏ワザもありました。

しかし、それでは必要十分な水量で流すことができないため、トイレつまりの原因になることがあります。「小レバー」はトイレットペーパーを使わないときのみに限定し、少量でもトイレットペーパーを使ったときは「大レバー」で流しましょう。家族それぞれで誤った使い方をしているかもしれません。レバーの使い分けについて、一度確認しておくと良いでしょう。

また、トイレットペーパーの使用量が多いときもつまりの原因になることがあります。一度に巻き取るトイレットペーパーの量が大量の人も要注意です。使うトイレットペーパーの長さが同じでも、切れ目なく使う場合と、短めに切って使う場合とでは流れやすさが違うのです。特に水分の摂取量が少なく便秘になりやすい人の排便後に大量のトイレットペーパーを使うとさらにつまりやすくなってしまうため気をつけましょう。

さらに、本来トイレに流すべきではない異物を流してしまうことも原因です。トイレットペーパーの買い置きがないときに、水に溶けないティッシュペーパーで代用するのもつまりの原因になってしまいます。水に溶けないものを続けざまに流すとそれだけつまるリスクが高まります。ポケットに入れた固形物などもうっかり流さないように気をつけましょう。

トイレのつまりが長年かかって蓄積した排水管のつまりが原因のこともあります。古い建物の排水管によく見られるのが、古い汚れが固くこびりついて排水の通り道を狭くすることにより、流れが悪くなる状態です。こうなると、いつもより多めにトイレットペーパーを使っただけでもつまってしまうことがあります。

キッチンの水道がつまってしまう原因とは?

キッチンのシンクも流れが悪くなり下水がつまりやすい場所です。お米をといだり洗い物をしたりしているといつまでも汚水が流れず、水が引くのを待つのでは家事に支障をきたしてしまいますよね。キッチンはさまざまな性質のものを流しやすい部分であり、何がどこにつまっているのかによって対処法も異なります。シンクがつまるにはどのような原因が考えられるのでしょうか。

キッチンの排水管がつまってしまう原因として一番多いのは「油」です。植物油をイメージすると、なぜ液体の油がつまりの原因になるのだろうと思いますよね。たとえば、豚の脂のラードや牛脂も白い塊ですし、焼いた後のフライパンや皿には油が冷えると白い塊になるので、動物性の油脂はつまりの原因になるのは納得がいくでしょう。しかし、植物油も安易に流してしまうとつまりの原因になります。料理で使う植物油は、揚げ物用の天ぷら油をそのまま流すことはまずないでしょう。しかし、フライパンや食器に微量に残った油はそのまま洗い流すことが多いのではないでしょうか。そのベタついた油が洗剤カスと混ざって塊になり排水管に貼り付き、徐々にその塊が大きく広範囲に広がるため排水の流れが悪くなるのです。

このまま油汚れを放置しておくと、ますます流れが悪くなりついにはつまってしまいます。築年数の古い建物などによく見られる症状です。長い年月をかけて油汚れが蓄積し、残飯や野菜くずなどが溜まって流れず排水管の通り道を塞いでしまうのです。それ以外にもスプーンや洗剤のフタ、果物のタネや野菜の皮やヘタなど大きめの固形物を流してしまうこともあります。

お風呂の水道がつまってしまう原因とは?

お風呂の水道がつまってしまう原因とは? 髪の毛が長いなら、浴室で洗髪をしているときに排水の流れが悪いと感じたことがある人も案外多いのではないでしょうか。髪の毛が長いと洗髪時の抜け毛が排水口のヘアキャッチャーに絡まりやすいですし、髪の毛が長い分すすぎにも時間がかかるからです。ずっとお湯を流しっぱなしにすると、排水がスムーズにいかなければお湯を出す量のほうが多いと自然とお湯が溜まってしまいますよね。この場合は、排水管に流れる前にヘアキャッチャーで髪の毛を受け止めてくれるため、絡まった髪の毛を取り除けば排水の流れは良くなります。

しかし、ヘアキャッチャーから髪の毛を取り除き、目皿を掃除しても、排水の流れが悪い場合があるのです。それは、ヘアキャッチャーの網目をすり抜けてしまう石鹸カスや皮脂などの汚れが原因です。そこに髪の毛や整髪料の汚れなどが付着して蓄積するため、排水管の流れが悪くなってしまいます。スポンジのかけらや詰替えパッケージの切り口のゴミなどの固形物を流してしまうとますます流れが悪くなります。ヘアピンやカミソリの替え刃、絆創膏やコンタクトレンズなども流しやすい固形物です。

流れが悪くなるからとヘアキャッチャーを外したまま入浴する人もいますが、それは排水管のつまりを引き起こす原因となってしまいます。ヘアキャッチャーの目皿は古歯ブラシなどでよく洗い必ず使用しましょう。ヘアキャチャーを外したままでは大きな異物も簡単に流れてしまうため、排水管を塞いでしまう可能性が格段に高くなってしまいます。ヘアキャッチャーの掃除が面倒なら、一度きれいに洗浄したあとに100円ショップなどでかぶせるタイプの髪の毛取りネットなどを利用するのも便利です。

異物で考えられるものとは?

排水管がつまって流れが悪くなる原因の1つに異物を流したケースがあります。水道のある場所で使うため誤って流すことが多い事例が、ペットボトルのキャップや洗剤やシャンプーなどのボトルのフタです。ぬるぬるしていると、あっと思った瞬間に手から離れて流れていってしまいます。

キッチンでストレーナーを外して洗っている最中に、古歯ブラシやメラミンスポンジ、スプーンやフォークなどを流してしまうこともあります。お風呂ではヘアキャッチャーなどの目皿を外していると、子どもの小さなおもちゃの部品なども流してしまうことがあるため気をつけましょう。湿布を貼っていたのを剥がすのを忘れてシャワーを浴びた時に剥がれて流してしまうケースもあります。

トイレにつまった事例で多いものが、オムツやナプキン、ペットシーツなどです。これらには、水分を吸収する働きを持つ高分子ポリマーが含まれています。水分があるとゼリー状に膨張して、固まってしまうと排水の流れが悪くなってしまいます。また、ポケットに入れたハンカチや腰に貼った湿布などが剥がれ落ちて流れてしまうこともあるようです。子どものおもちゃやスマートフォンなどはトイレ内に持ち込まないか、小物を置く棚を設置するなどして異物を流さない工夫も大切です。

水道がつまってしまった場合の症状

下水の排水管がつまるとさまざまな不快な症状が現れます。まずは、水はけが悪くなり完全に水が流れ終わるまでに時間がかかるようになります。ひどい場合は、汚水が溢れてしまうこともあるため侮れません。2階以上に住んでいれば、汚水が下の階につたってしまいます。大切なものを濡らして汚してしまったり、天井や壁に変色やシミができ、カビなどを発生させることもあります。大切な電化製品などが水に濡れて使えなくなってしまうこともあるので、ほんの少量の水でも放っておけません。

また、排水の流れが悪いと異臭の原因になり、清潔に使いたいキッチンやお風呂場に嫌なニオイが発生してしまいます。

水道のつまりは自分で対処が可能?

水道の流れが悪くつまってしまったときは、放っておけばそのうち解消するだろう、と思うのは間違いです。早めにつまりを解消しなければますます手が付けられなくなります。最悪の事態を迎える前に、自分で対処できる場合は速やかに試してみましょう。まずは簡単な方法として、ドラッグストアやホームセンター、スーパーなどで購入可能な市販の薬剤を使用してみる方法があります。排水パイプの洗浄剤として液体タイプや発泡タイプの錠剤などがありますので、説明書きをよく読みつまりの症状に合ったものを選んで試してみましょう。髪の毛を溶かすタイプの強力洗剤などもあります。

また、つまりの原因が異物なら菜箸やトングなどを使って手で取り除けないかチャレンジしましょう。ドレンクリーナーや高圧洗浄機などの排水管洗浄機に特化した清掃用具を購入して、排水管に蓄積した汚れを除去してつまりを解消する方法もあります。ただし、ある程度のつまりなら解消することもありますが、完璧にキレイにはならない可能性もあります。

自分で対処する場合のリスクも知っておこう!

自分で水道のつまりを直したい場合は、さまざまなケースすべてに対処できるわけではないこと、場合によっては排水管を傷つけてしまう恐れがあることなどを理解して自己責任で行う必要があります。たとえば、つまりの原因が金属製の固形物を流したときなどは、髪の毛を溶かす洗剤をいくら使っても取り除けません。つまりの原因を把握して、それに合った対応をしなければお金をかけて無駄な努力をしていることになってしまいます。水道のつまりの原因は多くの場合、外から見ただけでは原因が特定できません。原因を正しく把握して対処するには、専用の道具を持っていない個人では難しいのです。

無理に対処しようとすると、つまりの原因の固形物をさらに奥に追いやったり排水管を傷つけてしまったりする危険性があります。排水管が破損すれば汚水が漏れ出してしまいます。建物内や地中の排水管を新品のものに交換するための修理が大掛かりになり、部品代や修理費に多額の費用がかかるかもしれないのです。築年数が浅い住宅なら耐久性のある素材の排水管を使っていますが、古い建物では排水管がボロボロになっている可能性は大いにあります。ちょっとしたことで破損させかねないため、自分で対処するリスクは大きいでしょう。

自分で対処する際に有効なアイテム1:専用の薬剤

自分でつまりを解消する対処法として、市販の薬剤を使う方法が簡単です。排水が悪い場合のパイプクリーナーやパイプ洗浄剤などの薬剤で、髪の毛や油汚れなどつまりの原因物質を溶かしてみましょう。ジェル状で汚れに長時間付着するタイプや髪の毛を溶かすことに特化したタイプなど、さまざまな効能を持つものが販売されています。一般の洗剤よりもかなり強力な薬剤なので、これで排水のつまりが改善すれば安いものです。試して見る価値はあるでしょう。

中でも、業務用の薬剤はさらに強力なものもあり、頑固なつまりにも有効とされるものもあります。業務用では大容量のものが多く価格も高くなってしまいますが、少量のものから試してみると良いでしょう。

自分で対処する際に有効なアイテム2:ラバーカップ

流れが悪いというだけでなく、もはや完全につまってしまった状態では困ってしまいますよね。一番実害が大きいのはトイレでしょう。何とか水が引いてくれないことには、トイレが使えません。自分でできる緊急の応急処置として「ラバーカップ」があれば急場をしのぐことができます。ラバーカップとは、長い柄の先に黒い半球状のお椀型のゴムが付いたスッポンやカッポンと呼ばれるものです。学校や職場などのトイレの掃除用具置き場で見かけたことがある人もいるでしょう。

ラバーカップは、排水管に固形物がつまっている場合に使うと有効な道具です。固形物を押し出すのではなく、吸い込んで引き出すようなイメージです。排水管につかえて流れをふさいでしまっている固形物を動かし、水の通り道を作ることによって溜まった汚水を流すことができます。排水管に汚れが溜まっている場合などはあくまでも応急処置に過ぎず、固形物を取り去ることができなければ根本的解決にはなりません。しかし、応急処置としてはかなり有効な方法です。

まずは、汚水が飛び散る可能性があるため便器の周囲にシートを敷きます。もしくは、ビニール袋の中央に穴を開けてラバーカップの柄に通します。便器をビニール袋で覆って汚水の跳ね返りを防ぐためです。汚水が便器のフチぎりぎりまで押し寄せているときは、バケツにビニール袋などを二重にして被せ、紙コップなどで汚水を移しましょう。便器の上限より10cm以上水位が低くなってからでないと、最悪の場合汚水が逆流して溢れてしまうことがあるからです。準備ができたら、ラバーカップを静かに沈めて奥の排水口を塞ぐようにゴムのフチを密着させます。

柄をゴムのカップが変形するまでゆっくりと押し当てます。十分に柄を押し込めたと思ったら、次は、素早く柄を引っ張ります。うまくいけばゴゴーッという音がして汚水が流れていくでしょう。一度でうまくいかないときは何度か同じように繰り返します。コツは柄を押し当てたあと勢いよく手前に引っ張ることです。また、溜まっていた汚水が流れたからといって、いきなり排水レバーを動かして水を流さないように気をつける必要があります。まずは、バケツに少量の水を入れて問題なく流せるかを確認することが先です。

つまりが取れて水の通り道が十分に確保できなければ、またタンクの水を流すと便器から水があふれてしまうことになります。便器内の水が少し浮き上がってくるものの、少しずつ排水はできているというときは、また早々につまる危険性があります。早めに業者に点検してもらうことが大切です。

自分で対処する際に有効なアイテム3:真空式パイプクリーナー

ラバーカップと似た作りのもので「真空式パイプクリーナー」または「真空ポンプ」というものがあります。手動のラバーカップとは異なり、ポンプで真空にして強力な圧をかけることができるものです。トイレだけでなく、風呂場や洗面台、台所の排水管のつまりにも効果があります。ただし、カップの大きさが排水口に合っていなければ効果がありません。製品によってはカップの替えが付属しているものもあります。購入する際は用途やカップの大きさを必ず確認しましょう。排水管に異物がつまって水はけが悪くなっている場合に、とても有効なアイテムで、これがあれば薬剤などは不要という製品レビューもあるほどです。

使い方はラバーカップ同様ですが、圧力が強力なため汚水が飛び散ることも考え、周囲をシートや新聞紙などで覆っておくと安心です。また、排水管がつながっている他の排水口から汚水があふれてくる可能性もあります。栓をして重しを乗せておくか、何重かにしたビニール袋に水を入れてゴムで口を縛ったものを乗せておくかして汚水の逆流を防ぎましょう。排水口が小さければ雑巾などを詰めてふさぐのでも大丈夫です。

周囲の養生ができたら、真空式パイプクリーナーを排水口にゴムのカップ部分を当てカップが完全につかるように水を流して溜めます。完全に水が流れないようにゴムのカップを密着させるのがコツです。すき間をなくしたほうが真空にして圧をかける効果が得られやすいからです。カップを固定してハンドルを十分に押し下げてからハンドルを引き上げます。押し下げる圧力と引くときの吸引力で固形物のつまりを取り除くことができます。

何度か押し引きを繰り返したあとは、少量の水を流して排水を確認しましょう。浮いてきた固形物や大きなゴミが見られたらすくい取ります。危険な金属製品などがつまっているかもしれないので、始めからゴム手袋などで肌をガードしておくと安全ですね。

自分で対処する際に有効なアイテム4:ワイヤーブラシ

排水管の内側に付着した汚れを掃除するのに有効なアイテムに「ワイヤーブラシ」があります。ホームセンターなどで家庭用の製品が売られています。金属のワイヤーの先についたブラシを使って、水道のつまりを削りとるための道具です。ワイヤーブラシは細いものや太いもの、長いものなどさまざまあります。また、ブラシの大きさや素材も異なり、高性能のものほど高額です。水道のつまりの原因にアプローチできたとしても、排水管は直線ではないため作業は簡単ではありません。

何かに引っかかって引き抜こうとした時に排水管を傷つけてしまうリスクもあるものです。また、強い力でゴシゴシとこすると、古い排水管を傷めてしまう危険性もあります。水道の流れは一時的に良くなっても、内側を完璧にキレイに清掃できるとは思わないほうが良いでしょう。

自分で対処する際に有効なアイテム5:高圧洗浄機

噴射する水圧によって汚れを落とす「高圧洗浄機」という清掃道具もあります。マンションなどの共同住宅では、定期的に排水管の清掃が行われ、専門の業者が使用するのも高圧洗浄機です。建物の階数に応じたホースの長いものが使われます。硬いホースの先端から強い水流が飛び出て汚れに当て、排水枡まで一気に押し流す道具です。業務用の高価な高圧洗浄機とは別に、ホームセンターや電気店などで一般家庭用の高圧洗浄機が売られているのを見たことがある人もいるでしょう。業務用ほど水圧は高くはないものの、排水管だけでなく洗車や外壁の清掃など、さまざまな場所の清掃に使えます。

長年蓄積した固くこびりついた汚れにはそれなりに水圧が強くなければ洗浄効果は得られません。しかし、家庭用のものは業務用に比べると水圧こそ低いものの、何もしないよりもはるかにマシで洗浄効果は高いです。ただ、しっかりと配管にホースを通して支えながら少しずつ進める技術が必要です。高水圧で弱くなった排水管を傷めたり抜けなくなったりしないように慎重に行う必要があります。

場所別に見る!水道のつまり対処法のポイント

トイレとキッチンのつまりは、お湯を流しかける方法もこびりついて固くなった油脂汚れや尿石の除去の前処理などに有効な場合があります。ただし、熱すぎる熱湯は排水管を破損させる可能性があるため避けましょう。お風呂やキッチンの場合は、重曹やクエン酸、お酢などを使う清掃方法もエコな掃除方法として人気があります。特殊な洗剤を次々に購入してあれこれと試す前にまずは身近にあるものから試してみても良いでしょう。さまざまな場所の清掃で使えるため、応用範囲も広く、無駄になりません。

また、排水管のつまりだと思っていたら、排水管ではなくその先にある排水枡にゴミや汚泥があふれてつまりの原因となっていることもあります。まずはつまりの場所と原因を知ることが大切です。

業者に依頼するメリットとは?

水道のつまりは1カ所だけでなく数カ所に及ぶこともあります。築年数が古く、定期的に排水管の清掃を行っていない戸建てなどによく見られる症状です。自分で水道のつまりの対処をしたとしても、一時的に少し流れが良くなっただけで、またすぐに流れが悪くなったりするものです。その都度、強力な薬剤を購入したり面倒な清掃作業をしたりすることになるでしょう。下手をすると、排水管を損傷させて交換のための大掛かりな工事が必要になることもありえます。そうなっては多額な出費となり精神的にも経済的にもダメージが大きいでしょう。そもそも、つまりの原因がわからないと正しく対処することもできません。

それなら、専門の水道業者に依頼したほうが、原因がわかり適切な対処もしてもらえるため、結果的には安くつくでしょう。自分で悪戦苦闘するよりも、短時間で効率よくつまりを解消してもらえます。プロが使う専用の機材で安全に確実に作業してもらえるため、つまりを悪化させる心配は無用です。個人で高価な洗浄器具や薬剤を買う前に、まずはプロの業者に相談してみると良いでしょう。

業者に依頼する場合の費用の目安

業者に水道のつまりを直してもらう際は、以下の費用相場が目安です。ただし、現場の状況次第で対応の難易度が異なるため費用が前後する可能性があります。トイレのつまりは、一般的には薬剤を流す程度なら1万円前後の場合が多いです。しかし、トイレの排水管に限ってはなかなか薬剤だけではつまりがきれいに解消されない場合がほとんどです。根本的に解決するには高圧洗浄をすることになるでしょう。その場合は便器を外すなどの作業工程が必要になるため、2~3万円程度見ておく必要があります。

キッチンのつまりは、築年数や前回の排水管清掃からどの程度経過したかによっても症状は異なってきます。油脂に絡みついたゴミなどが少しずつ堆積して排水管の内壁にこびりつき、排水の通り道が狭くなりついには遮断されてしまいます。これでは、シンクの排水口から薬剤を流し込んだだけでは堆積した油脂汚れを完全に取り除くことは難しいのです。築年数が浅ければ特殊な薬剤を流して通りを良くすることもできます。その場合は5,000~1万円程度で済むでしょう。しかし、長年かけて堆積した汚れを取りたいなら高圧洗浄機を使用することになります。排水管の長さがどの程度かによっても費用は異なりますが、少なくとも1万円以上、場合によっては3~4万円ということもあります。

排水管のつまりで一番多いのがお風呂です。人間の皮脂や泥汚れ、洗剤カス、髪の毛に加えて、ゴミやヘアピンなどのさまざまな物が流される可能性が高い場所だからです。専用の薬剤を使用する場合は5,000~1万円程度が相場となります。しかし、高圧洗浄機を使用した作業になると1万円から2万円はかかるものと見ておいたほうが良いでしょう。(参考料金は2019年4月20日現在の相場を目安にしています)

業者はしっかり選ぼう!

国民生活センターには、排水管のつまりの修理で高額請求されたというトラブルについて警鐘を鳴らしています。というのも、低料金を謳っているにもかかわらず、料金に対する明確な説明もなく作業後に高額な料金を請求したり、水周りのリフォームを勧めたりする業者がいるからです。そのため、業者の質を見極めしっかりとした優良な業者を選ぶ目が大切です。

業者選びのポイントは、困ったときに出張料や見積料無料でなるべく早く対応してくれることが挙げられます。次に、料金がわかりやすく良心的であることも大切です。作業に取り掛かる前に大体の見積もりを提示してもらいましょう。口約束だけで済まそうとする業者は信用できません。そして、何よりさまざまな水まわりトラブル解決の実績が多くあることもポイントです。

ザットマンなら水道のつまりもおまかせ!

水道のつまりならザットマンにご相談ください。ザットマンのサービスエリア内では一部のエリアを除き水道局指定工事店となっているため、水周りのトラブルの修理に特化したプロのスタッフが最短30分で駆けつけます。水回りトラブルの相談、出張、見積りは全て無料で、年中無休で24時間対応しています。また、1級建築士取得店であり、給水装置工事主任技術者取得店、PL保険加入店という点でも安心できる業者といえるでしょう。月間修理件数が約3,000件という豊富な実績からも、客から信頼されて任された業者であることがわかります。

ザットマンはメリットがあるから選びやすい!

ザットマンは水まわりのトラブルがあった際に、依頼するさまざまなメリットがある点も選びやすいポイントといえるでしょう。初めて利用する人限定のキャンペーンとして、基本料金5,000円が初回は0円です。2回目以降は作業料金10%OFFとなります。この激安の料金体系は、専門の広告チームにより宣伝広告費を大幅に抑えているため実現できるものです。これにより、適正価格で良心的な料金で利用できるメリットを享受できるわけです。

現金やクレジットカード払い、分割やNP後払いも可能など、さまざまな支払い方式に対応している点も安心して依頼しやすいポイントです。

水道のつまりを予防するコツを紹介!

水道のつまりを予防するコツを紹介! 排水のつまりの対処法をさまざまに紹介してきましたが、その前に、排水管をつまらせないための予防が大切です。油汚れや食べかす、ゴミや髪の毛などはなるべく排水管に流さないように、目のできるだけ細かいネットなどを使って予防しましょう。溜まったゴミも小まめに捨てればヌメリなどが付着して流れが悪くなるのを防ぐことができます。また、水道がつまってから慌てることのないように、期間を決めて定期的に市販のパイプクリーナーなどの洗剤で排水管をきれいに保つことも効果的です。これなら嫌なニオイが付くこともありません。

築年数の古い建物では、どうしても排水管の流れが悪く、つまりやすくなるのを100%防ぐのは難しいものです。徹底的に自分で洗浄しようとして排水管を傷めるのも避けたほうが無難といえます。そのような古い住居の場合は、どこか1カ所だけの流れが悪いだけでなく、他の水周りの排水も悪くなっていることが一般的です。できれば業者に依頼して、水道全般のメンテナンスをしておくと安心できるでしょう。

水まわりのトラブルは原因に合わせた対処をしよう!

水道の排水のつまりは薬剤や洗浄道具などで一時的に流れが良くなっても、自己流の対処法では、またしばらくすれば流れが悪くなることがほとんどです。高価な薬剤をその都度使用することを思えば、業者に依頼して根本的なつまりの原因を探ってもらうのも1つの方法です。自分で思っているのとは別の原因があるかもしれません。実績の豊富な信頼のおける業者に依頼して、一度徹底的に原因を究明してもらい的確な対処をしてもらってはどうでしょうか。つまりの原因さえわかれば、今後の生活においてつまらない工夫や対策ができ、結果的にお金の節約にもつながるでしょう。

参照サイト

1段落:【LIXIL】かなり困るトイレのつまり!自分でできる直し方と予防法まとめ
https://www.lixil.co.jp/square/articles/007/
1段落:【TOTO】便器のつまりの対処方法便器のつまりを取ります
https://jp.toto.com/support/repair/solution_t/02_1.htm
9段落:【TOTO】便器のつまりの対処方法便器のつまりを取ります
https://jp.toto.com/support/repair/solution_t/02_1.htm
10段落:【水まわり修理の教科書】プロが教える真空式パイプクリーナーの使い方
https://www.water-leakage.com/how-to-use-vacuumpump
10段落:【amazon】SANEI 【パイプのつまりを強力解消】 真空式パイプクリーナー 台所・洗面・トイレ用 PR870 ? カスタマーレビュー
https://www.amazon.co.jp/SANEI-%E3%80%90%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%82%92%E5%BC%B7%E5%8A%9B%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%80%91-%E7%9C%9F%E7%A9%BA%E5%BC%8F%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E5%8F%B0%E6%89%80%E3%83%BB%E6%B4%97%E9%9D%A2%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E7%94%A8-PR870/product-reviews/B003PHM5IK/ref=cm_cr_dp_d_show_all_btm?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するコラム

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る