【場所別】水道のつまりはこれで解決!自分でできる対処方法!

水道のつまりは場所によって対処法が違う!失敗しないための業者選びとは?
台所や浴室、洗面所など水道のトラブルは様々な場所で起こります。水道がつまると水が流れなかったり、悪臭がしたりするなど日常生活にも支障をきたす恐れがあり、放置することはできません。 この記事では、水道ごとのつまりの原因や対処方法を紹介します。まずはここで紹介する修理方法を試してみてください。

キッチン(台所)のつまりの原因と対処方法

原因:油・固形物

油汚れ キッチンの排水管がつまってしまう原因として一番多いのは「油」です。油には植物制油と植物油があります。 動物性油は、豚の脂のラードや牛脂も白い塊ですし、焼いた後のフライパンや皿には油が冷えると白い塊になるので、それがつまりの原因になります。 植物油は、フライパンや食器に微量に残った油をそのまま洗い流すことによって、そのベタついた油が洗剤カスと混ざって塊になります。それが排水管に貼り付き、つまりの原因になるのです。
このまま油汚れを放置しておくと流れが悪くなり、最終的にはつまってしまいます。築年数が古いとそのリスクも高まります。
それ以外にもスプーンや洗剤のフタ、果物のタネや野菜の皮やヘタなど大きめの固形物を流してしまうこともあります。こちらは比較的気づきやすいですが、排水管の奥の方でつまってしまうと取るのも一苦労です。

対処方法:排水口周りの掃除、薬品・ワイヤーの使用

まず排水口周りを掃除してみましょう。排水口のフタや菊割れフタ、バスケット、プラスチックの椀などの汚れも取り除きます。バスケットはもちろん、バスケットの下にあるプラスチックの椀も取り外して掃除するようにしましょう。軽度のつまりであればこれで解決します。
掃除で解決しない場合は、市販の薬品を使いましょう。パイプクリーナーなどはスーパーなどでも売っています。薬品を使うことで、油汚れを溶かして、つまりを解消してくれます。
排水管の奥でつまった場合は、上記の方法だけでは解決できないこともあります。そんなときは、排水管の入り口からワイヤーを入れてつまりの原因を取り除く方法があります。固形物を落とした場合はこのワイヤーで書き出すようにし、手強い汚れなどはワイヤーで排水管周りの壁をこするなどして水の流れをよくします。 ワイヤーを使うときは、誤って落とさないように注意して行いましょう。

洗面台のつまりの原因と対処方法

原因:髪の毛や石鹸、ワックス、アクセサリー

ヘアワックス 洗面台の排水はS字トラップになっていて、その曲がった部分に髪の毛が溜まりやすくなっているのです。ほかにヒゲやヘアワックス、アクセサリーなどもつまりの原因となります。洗面台にもヘアキャッチャーがありますが、目が粗いため、小さなアクセサリーなどはすり抜けてしまいます。
浴室と同じように、髪の毛がつまりやすいのが洗面台です。洗面台には大きな鏡があるので、朝の身支度をしたり身だしなみをチェックしたりする人も多いですよね。髪の毛を整えたときになどに、ピアスが外れ、小さなキャッチなどが排水口に落ちてしまうケースもあるのです。大切なアクセサリーだった場合は、奥まで流れていかないように、すぐに水を止める必要があります。そして、専門業者に依頼して取ってもらいましょう。
排水管を外して掃除をすることでつまりを解消することができます。しかし、接続方法を誤ってしまうと、水漏れを起こしてしまう恐れがあるのです。そうならないためにも、排水口周りの掃除でつまりが解消されない場合は、専門業者に依頼して修理してもらうのがおすすめです。

対処方法:排水口・S字トラップ周りの掃除、薬品

排水口周りには髪の毛が溜まりやすいです。まずは排水口を雑巾などでキレイに拭き取りましょう。 排水口周りの次はS字トラップの中も掃除するようにしましょう。S字トラップとは、洗面台の下の戸を開けると配管がS字に曲がって設置されています。その部分をS字トラップといい、小さなアクセサリーなどが落ちると、それ以上落ちないようにその曲がっている部分に異物が落ちる仕組みになっています。レンチなどで取り外しが可能なのでつまりが発生しているときはここも確認しましょう。なお、必ず止水栓を締めてから行うようにしましょう。
これでもつまりが解消されない場合は、排水管の中に問題がある可能性があります。髪の毛がこびりついていたり、石鹸やワックスなどのカスが固まっている可能性もあります。 そんなときは、薬品を流し込むことでつまりの原因を溶かして解消します。液体状の薬品を流し込みましょう。水が溜まっているようであれば固形の薬品をそこへ落とすのも良いでしょう。

お風呂のつまりの原因と対処方法

原因:髪の毛、皮脂汚れ、石鹸、スポンジのカス

髪の毛のつまり お風呂のつまりで多いのが洗面台と同じく髪の毛です。髪の毛以外では、身体を洗ったときに出る皮脂汚れや石鹸のカスなどもつまりの原因になりやすいです。これらはキャッチャーの網目をすり抜けて排水管へと入り込んでしまいます。
また、お風呂掃除に使うスポンジのカスや洗剤のパッケージ、絆創膏、カミソリの替えの刃なども落としやすいです。 入浴中には身につけていたアクセサリーやコンタクトレンズも落としやすく、これがつまりの原因になることも考えられます。

対処方法:排水口の掃除、薬品の使用

まずは排水口につまっている髪の毛や汚れなどを掃除しましょう。ヘアキャッチャーの目皿は古歯ブラシなどでよく洗い必ず使用しましょう。ヘアキャチャーを外したままでは大きな異物も簡単に流れてしまうため、排水管を塞いでしまう可能性が格段に高くなってしまいます。ヘアキャッチャーの掃除が面倒なら、一度きれいに洗浄したあとに100円ショップなどでかぶせるタイプの髪の毛取りネットなどを利用するのも便利です。
掃除で直らない場合は、お風呂も他の場所と同じように薬品を使いましょう。なお、お風呂の排水管は中を開けて掃除することも難しいです。

自分で修理できない場合は…

上記で解説した対処方法を試しても直らなかった場合、業者に相談するようにしましょう。自分で無理にやろうとすると、状況を悪化させてしまう可能性もあるので、難しいと感じたらすぐに相談するようにしましょう。
ザットマンでは出張料、お見積り無料でご対応いたします。お困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するコラム

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る