水道の蛇口の交換について解説!交換時期ややり方は?業者に頼むといくら?

水道の蛇口の操作しようとしたら固くて動きが悪かったり、反対にハンドルがぐらついてしまったりすることもあるものです。他にも錆びてしまったり、ビスの頭が潰れてしまうなど様々な不具合が起こりえます。 このような場合、水道の蛇口を交換してしまった方が良いです。ここでは、水道の蛇口の交換について解説していきます。交換時期はいつなのか?交換方法はどうするのか?業者に依頼する場合、代金はいくらかかるのか?など水道の蛇口の交換に関する様々な疑問を解決していきます。

こうなったら水道の蛇口は交換しよう!

経年劣化によって蛇口を交換するべき時期としては、一般的に10年経ったら交換するべきです。10年とはいえ、1人暮らしと4人暮らしとでは水道を使う回数も違います。また、同じ人数でも家にいる時間が長いか短いかでも変わってきます。つまり、使用頻度によって異なります。 では、具体的にどのような場合、水道の蛇口の交換を検討したら良いのでしょうか?それは、以下の症状が出た場合、交換を検討すると良いでしょう。
  • ・温度調整がうまくできない
  • ・接続部が緩んで水漏れする
  • ・レバーの動作が固くなってきた
  • ・デザインが気に入らない
蛇口の状態によって、蛇口本体を交換すべきか部品の一部を交換すべきかが変わってきます。 水漏れの原因がパッキンなどの一部の部品の破損などによるものであれば、その部品だけを交換することで問題は解決です。しかし、全体的な劣化が進んでいることによりトラブルが生じているなら、部品だけを交換するよりも、蛇口や水栓を丸ごと替えてしまったほうが安心できます。さらに、部品を個別に交換するよりも、蛇口や水栓を丸ごと交換してしまうほうが、交換にかかる費用も抑えられることが通常です。 このため、交換を考えている部分がある場合には、ほかの部分にも劣化や破損がないか全体的に見直してみるとよいでしょう。

【場所別】蛇口の選び方

キッチンでは飲料用の水が出るようにしたい…浴室はシングルレバーの蛇口にしたい…など場所によって蛇口の希望は異なります。ここでは、キッチン・洗面台・浴室における蛇口の選び方をご紹介します。

キッチンにおける蛇口の選び方

キッチンの蛇口 キッチンでは、飲用や料理用で浄水器を使っていた人もいるでしょう。据え置き型の浄水器で分岐水栓を使う場合は、その分浄水器を置くスペースも必要になります。キッチンの広さを確保しつつ設置できるのは浄水機能付きの蛇口ハンドルです。蛇口本体に浄水器が内蔵されているタイプなら、外付けの浄水器を置く必要がありません。余計なコードや浄水専用の蛇口もないため、スペースを十分に使えます。 2つのハンドルで湯量と水量を調節しながら使っていた人は、温度調整が1つのレバーで済むシングルレバーの手軽さは魅力です。 他にもスイッチのオンオフで操作できるものや、センサー付きで手をかざして水栓の開閉ができるタッチレスの自動水栓など、様々な種類の蛇口があります。手が汚れていたり物を持ったりしているときだとタッチレスはかなり便利です。調理中などの使い勝手をシミュレーションし、どんな機能を優先するかを考えて選ぶとよいでしょう。

浴室における蛇口の選び方

浴室の蛇口 小さな幼児がいる家庭では、お湯と水の量を調節しながら適温にして使うタイプの2ハンドルは使い勝手が良いとはいえません。適温にするまでの間にかなりの湯量を消費してしまいます。 また、ひねるタイプのハンドルでは力の弱い子どもや高齢者では、ハンドルを締めたつもりでも完全に閉じずに水が流れたままということもよくあります。 なので、幼児や高齢者のいるご家庭であればシングルレバーをオススメします。シングルレバーなら軽い力で温度と湯量が調節できるため便利です。サーモスタットなら設定した温度のお湯がすぐに使えるため、さらに簡単に使えます。 浴室の蛇口ハンドルは、洗い場と浴槽で分けてある配管なのか、洗い場と浴槽で共用するタイプの配管かで求めるタイプが異なるため、現在の浴室に取り付けられるのか、取り付けに必要なスペースがあるのかなどを考えるようにしましょう。

洗面台における蛇口の選び方

洗面台の蛇口 洗面台は、手を洗ったり歯を磨いたりするときに、水を流しっぱなしにすることもあります。ハンドルを回転するタイプだと、ひねる動作が面倒でついつい少量ずつ流しながら使っている人もいるでしょう。 レバーで操作できるタイプの蛇口ならワンタッチで水を出したり止めたりできるので節水になります。また、センサー付きの自動水栓や温度調節がしやすいものは便利です。 洗面台のスペースに対してのサイズバランスや、家族それぞれの使い勝手などを考慮して選ぶとよいでしょう。

自分でできる蛇口の交換方法!

ここからは蛇口の交換方法について解説していきます。交換自体は自分自身で行うことが可能ですが、一部は業者に頼まないと難しい場合もあります。そんなときは迷わずに業者に依頼するようにしましょう。 また、作業にはいくつものステップがあるため、手順を間違えたり、やるべき工程を抜かしたりしないよう注意して行いましょう。

水道の蛇口を交換する準備

まず、交換にあたって用意するものは以下の通りです。
  • ・スパナ/モンキーレンチ
  • ・プラス/マイナスドライバー
上記2つは必須と言えるでしょう。他にも錆びなどでナットが固く締まっているときは、ウォーターポンププライヤーという専門の道具があるとしっかりとホールドして動かせます。壁付タイプの蛇口の交換は水漏れ防止のため、専用のシールテープが必須です。念のため、バケツとタオルも用意しておきましょう。 交換方法としては、まずは作業を始める前に水道の栓を閉めましょう。水道のメーターボックス内にある止水栓のツマミを時計と同じ右回りに回せば止められます。 戸建てでは玄関先の地中に埋められていることがほとんどです。マンションでは玄関ドアの脇の扉の中などに設置されていることが多いです。井戸水ならポンプのバルブを閉めるか、コンセントを抜きましょう。もしくは、シンクの下や洗面台の下のキャビネット内の止水栓を閉じる方法もあります。

水道の蛇口の交換手順

ここでは、ツーホールタイプの蛇口ハンドルの交換方法を例に説明します。
  1. 1.下の給水管と給湯管に接続しているナットをモンキーレンチで緩める
  2. 2.接続していた給水管と給湯管を外す
  3. 3.蛇口の根元に付いているナットやパッキンなどを全て取り外す
  4. 4.古い蛇口ハンドルを上から引き抜く
  5. 5.新しい蛇口の2つの管に付いている金具やパッキンを外す
  6. 6.2つの穴に上から差し込む
  7. 7.下から出ている2つの管に、外しておいたゴムパッキン、座金、ナット取り付ける
  8. 8.元通りに給水管と給湯管をつないでナットで締める
  9. 9.取り付けた蛇口ハンドルにガタツキなどがないかを確かめて止水栓を開ける
  10. 10.水漏れがないか確認し問題なければ完了
ワンホールタイプも壁付タイプも基本的には同様の作業で交換ができます。

蛇口の交換が上手くできない場合は…

交換できるかどうかわからない、交換しようとしたもののナットが錆びついて動かない、交換したら水漏れする…など上手くできなかったら業者に相談するようにしましょう。 蛇口を正しく交換するためには、それぞれの蛇口に合った工具や部品などが必要です。適したものを選び、正しく使用しないとトラブルが起きる可能性が高くなるため、専門家でないと扱いは難しくなります。また、自分で交換するとかえってトラブルとなるリスクもあるものです。 水道局指定工事店のザットマンでは、通話料・出張料・見積もり料は無料で、即日対応いたします。ご不明点等あればぜひ一度ザットマンにご相談ください。

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る