蛇口からポタポタが止まらないときの対処法は?

蛇口ポタポタ
何かした覚えはないのに、どんなに蛇口を締めても水道から水がポタポタ出て、止まらなくなることがあります。いつまでも出ていると音が気になりますし、水を使ってもいないのに水道代が高くなるのも困りものです。自分で直せるものなら少しでも早く解決したいものですが、どこまでのことができるのか、どんな故障だと業者でなければ修理ができないのかを知っている必要があるでしょう。それでは、この嫌なポタポタの原因と解決方法について紹介します。

蛇口から水がポタポタ漏れる原因は?

蛇口を締めても水がポタポタ漏れる原因について、何か思い当たることがある人はあまりいないのではないでしょうか。大体の場合、いつもと同じように水道を使っていただけなのに、水漏れはある日突然、よくわからないタイミングで起こるものです。そして、新築の家や交換したばかりの水道では水漏れが起こることはあまりありません。つまり、蛇口を締めても水漏れする原因のほとんどは、水道のハンドル周りの部品の経年劣化でしょう。部品の劣化による水漏れが考えられる目安は、約10年といわれています。

その水漏れを自分で直せるかについては、まず水道の蛇口の構造を知っていることが大前提です。それに、部品には細かいものや繊細なつくりのものもあります。DIYや仕事でそれらの取扱いにある程度慣れており、物の構造について感覚的に把握するのが得意な人なら、自分で修理するのに挑戦してみても良いでしょう。水道にはハンドルやレバーの違いによっていくつかの種類がありますが、基本的な構造はどれも同じです。ハンドルの下にはパッキンとスピンドル、さらにその下にはケレップ・コマといった部品があります。ハンドルを回すことでスピンドルが上下し、ケレップ・コマが水道管の弁に押しつけられることで水の通り道を塞いで水が止まります。逆に、隙間ができると蛇口から水が出るという仕組みです。

ハンドルタイプの蛇口であれば、ハンドルを回すことでスピンドルが上下します。シングルレバータイプの蛇口の場合、スピンドルとケレップ・コマと同様の働きをしているのが、レバー下にあるバルブカートリッジという部品です。修理の難易度は、レバータイプのほうが多少高いことが多いでしょう。このような部品のうち何が水漏れの原因になるかというと、スピンドルやゴム製のパッキンであることが多く、劣化してゆるんだり、ひびが入っていたりすることが考えられます。もちろん、ほかにもさまざまな原因が考えられるため、まずは原因を特定することが修理の第一歩です。

ハンドルタイプの蛇口を修理する方法

では、まず古くからある単水栓のハンドルタイプの蛇口を修理する方法について解説しましょう。単水栓は構造が単純なので、最初に試してみるべきことは、ナットが緩んでいないかどうかを確認することです。それで水漏れが直らなければ、中の構造や部品に何かしらの不具合がある可能性があります。自分で修理する場合に必要な道具は、レンチ、ドライバー、モンキーレンチかウォーターポンププライヤーなどです。まず初めに水道の元栓、あるいは水道メーターボックス内にある止水栓を閉めます。家全体の水が止まることになりますので、しばらく水を使う用事がない時間に行いましょう。アパートやマンションなど集合住宅では、部屋ごとに止水栓を閉めることになりますので、必要に応じて管理会社に相談するようにします。

水を止めたら、ビスを外してハンドルを取り、中の部品を1つ1つ外して状態を見てみましょう。外した順番がわからなくならないようによく注意します。ハンドルタイプの場合、水漏れの原因になることが多いのがゴムパッキンです。ゴムパッキンは、金属の部品に取りつけることで、わずかな隙間を埋める役割をしています。金属に比べて劣化が早く、弾性がなくなることで隙間が埋まらなくなる消耗品なので、定期的に交換が必要です。もしパッキンが劣化していたら、ホームセンターやネットで入手できるので同じ物を購入して交換しましょう。他の部品についても同様で、スピンドルやケレップ・コマに破損がある場合には新しい物と交換します。サイズや種類が合っていなければ交換できないので、心配であれば実物をホームセンターに持っていって、比べながら選ぶのがおすすめです。

不具合の見つかった部品を交換したら部品とハンドルを元に戻し、水栓を開けて様子を見ます。それで直れば修理完了です。しかし、中には水漏れの原因がわからない場合もあります。水漏れが軽い場合には、止水栓で水量を調節してみるのが時に有効です。初めはまず閉めた状態から、少しずつ水量を増やして調節してみます。それでも直らなければ自分での修理は難しく、かえって悪化させるリスクがあるため、業者に修理を依頼するようにしましょう。

シングルレバータイプの蛇口を修理する方法

シングルレバータイプは、ハンドル部分がレバーになったタイプの蛇口です。一般家庭のキッチンでは、1つの蛇口からお湯も水も出るシングルレバータイプ混合水栓がオーソドックスなものとなっているでしょう。単水栓のハンドルタイプとは使われている部品が異なり、それにともなって水漏れの原因も変わってきます。

このタイプでレバーの下から水漏れが起こっている場合は、バルブカートリッジの劣化や故障が考えられます。バルブカートリッジとは、水量調節と温度調節をしている部品です。手前に伸びるパイプ部分・スパウトの上下から水漏れする場合には、スパウトの故障、ナットの緩み、バルブカートリッジの故障、パッキンの劣化など、いくつかの原因が考えられます。ナットを緩ませてスパウトの内側、パッキンを確認し、不具合があれば部品を取り替えて様子を見ましょう。その時点で水漏れが直らなければ、バルブカートリッジに問題があることがあるので、それも新しい物に交換してみます。それでも解決しない場合は、業者に修理を依頼しましょう。もしも、接続部から水が漏れている場合は要注意で、ナットのゆるみがないかを確認しても直らなければ、それ以上無理に触らずに業者に修理を依頼するべきです。

自分で修理してみる場合、分解の前にはやはり水道の元栓か止水栓を締めておきます。カートリッジを交換するためには、レバーを外してカートリッジ押さえを除く必要があります。ただし、ハンドルタイプよりも難易度が高く、不慣れな人が修理に挑戦すると逆に悪化するリスクがあります。少しでも不安を感じる場合は、業者に依頼したほうがいいでしょう。レバーの分解には千枚通し、六角レンチ、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーなどの工具が必要です。自分で修理する自信のある人なら、買いそろえて自宅に置いておくと不具合にすぐ対処することができて便利でしょう。カートリッジは、ホームセンターやネットで適合した物を購入して交換します。パッキンも同時に新品に取り替えておくのがおすすめです。交換が済んだら、掃除をしてレバーを元に戻します。水道の元栓か止水栓を開き、正常に水が出て水漏れが解消していることを確認したら、修理は完了です。

自分で交換しても直らないときは専門業者に依頼しよう!

蛇口のポタポタ水漏れを自分で修理できるのは、ほとんどの場合は単純に部品を交換すれば直る場合に限られるでしょう。多くの場合、ハンドルタイプならスピンドルやケレップ・コマ、シングルレバータイプならバルブカートリッジを新品に交換することで解消します。同様に水道パッキンもゴムという性質上劣化するのが早いため、水漏れの原因になりやすい部品の1つです。種類とサイズが豊富にあるので、間違えないように購入して交換することで、ポタポタ水漏れが解消される場合が多いでしょう。

しかし、中には部品を取り替えても水漏れが止まらないことがあります。そうなると、部品の消耗・劣化ではなく本体あるいはそれ以外に原因があることになるでしょう。DIYが得意な人であっても、素人目ではなかなか原因の特定が難しいものです。水道を分解して原因を探しまわっているうちに、一見重要ではなさそうな部分に傷をつけたり破損させたりして、取り返しのつかないことになる可能性もあります。それに、水道管が原因の場合は修理の難易度がはるかに高くなり、とても素人の手に負えるものではありません。結局かえって悪化して、最初から業者に依頼して修理するよりも料金がかさんでしまっては元も子もないでしょう。

途中まで修理に手をつけてしまうと、どうしても直してしまわないと気が済まなくなるかもしれません。しかし、すぐに直らない場合はそれ以上自分の力を過信せず、あきらめることをおすすめします。素人には思いもよらない原因がひそんでいることもありますので、はじめから専門の知識を持つプロの業者に修理を依頼するほうが、リスクがなく安心です。

蛇口のポタポタを解消しよう!専門業者へ相談を

水道がポタポタと水漏れしていても、業者に修理を依頼するのが今ひとつ面倒であったり、いざ問い合わせしてみると思ったより費用がかかることがわかったりします。自宅のような身近な場所の水道のポタポタ水漏れ程度なら、すぐに直せそうだから自分で対処しよう、と考える人は多いのではないでしょうか。DIYの得意な人ならやってみる価値はありますが、水道の分解は簡単そうに見えて意外と手強く、不慣れな人だと苦戦を強いられるでしょう。

そもそも、通常家庭にあるような簡単な工具だけでは分解ができません。最初にモンキーレンチやウォーターポンププライヤーのような本格的な工具を購入する必要があります。さらに、部品を交換すれば修理が可能なことがわかったとしても、部品の購入に手間取る可能性もあるでしょう。汎用性の高い部品が使われている場合はいいのですが、特殊な部品の故障が原因であった場合には、ホームセンターやネットでもなかなか見つけられないかもしれません。

また、リスクが高いことの1つに、分解してみたものの元に戻すことができなくなることがあります。分解自体は簡単であっても、分解した手順を覚えておかなければ、元に戻すときに混乱することもあるでしょう。それに、分解は素人の手でできても、再度の組立ては工場でないと不可能な場合もあります。完全に元に戻して修理が終わったつもりなのに、かえって水漏れが悪化しているという事態も起こりえるのです。

うまくいけば修理費用が安く済んで嬉しいものですが、辛いのは失敗した場合でしょう。苦労して分解したのに直らない、長い時間をかけて部品を探したのに見つからない、修理したつもりで逆に壊してしまった、ということになっては本当に悲劇です。そのようなリスクを避けるためには、水道の修理を簡単なものととらえずにはじめから専門業者に依頼したほうが、結果的に時間とお金が安くつくことも考えられるでしょう。

場合によってはポタポタ水漏れだけでなく、専門業者が見ればわかる意外な不具合が潜んでいることもあるかもしれません。水道のメンテナンスも込みと考えて、プロの目でよく見てもらい、修理を依頼することをおすすめします。

参照サイト

【生活水道センター】蛇口の水漏れを自分で解決する方法
https://www.suidou.org/mizumore/kitchen-faucet-yourself/

【水110番】自分で解決したいひと向け!蛇口別水漏れの直し方
https://www.suidou.org/mizumore/kitchen-faucet-yourself/

【町の水道修理センター】蛇口を閉めてもポタポタと水が流れてしまう原因と解決法
https://0120656889.net/jyaguti/jyaguti9/

【JBR生活救急車】水道の蛇口を閉めても水が止まらない『ポタポタ水漏れ』修理代金と対処方法!
https://sq.jbr.co.jp/library/219/

【YouTube】キッチンシングルレバー水栓パッキン交換
https://www.youtube.com/watch?v=aeQ76K26ub8/

【蛇口修理ガイド】シングルレバー混合水栓の故障と修理
http://zyaguti.com/singurureba/

【ポタポタ流れる蛇口の水漏れ問題~水道修理で迅速解決~】自分で修理するリスク
http://thehorseconnectioninc.net/risk.php/

【住まいる水道サポート】水道水漏れ修理は住まいる水道サポートにお任せください
https://www.smilesupport365.jp/column/suidou-packing.html/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る