水道管の修理は専門業者へ依頼しよう!応急処置のポイント

水道管修理
水道管が水漏れを起こしたり、破裂をしたりした場合、素人でそれを修理するのは困難です。下手をすると、事態をよけいに悪化させてしまったということにもなりかねません。したがって、水道管のトラブルに関しては早めに専門業者に依頼するのが賢明です。ただ、すぐには業者がこられない場合もあり、そういうときには応急処置が必要になってきます。そこで、緊急の際に困らないように、自分でできる応急処置の方法と専門業者に依頼することの重要性などについて解説をしていきます。

水道管の応急処置の方法

水道管が破裂するなどして水が漏れだした場合は応急処置をする必要があります。なぜなら、業者が訪れるまで何もしないで放置していると、その間に被害はどんどん拡大していってしまうからです。しかも、戸建て住宅なら自分だけの問題ですが、アパートやマンションなどの場合は下の階まで水が漏れてしまい、他人に迷惑をかけてしまったということにもなりかねません。そこで、重要になってくるのが止水栓の存在です。止水栓とは給水器具と給水管の間にある栓のことです。そこを締めれば水漏れを止めることができます。

ただ、止水栓は住んでいる人の目のつかないところに配置されています。いざというときに慌てないためには日頃からその位置を確認しておくことが大切です。止水栓がある可能性が高い場所は給水箇所の下の収納ボックスです。また、トイレの場合は大抵、給水管を辿っていくと壁際に止水栓が設置されています。ちなみに、止水栓にはハンドル式・ドライバー式・内ネジ式の3種類があります。ハンドル式は手で回すタイプ、他の2つはドライバーなどを使って回すタイプです。いずれにしても、水が漏れている場合は右回りで最後までしっかり締めることが重要なポイントとなります。締め方が甘いと、いつまでも水が漏れ続けてしまいます。

水が止まったなら、水が漏れていた部分に布やテープなどを巻き、これで応急処置は終了です。あとは業者に連絡し、本格的な修理をしてもらいましょう。間違っても、修理費がもったいないなどの理由から、独力で修理を行ったりしてはいけません。状況が悪化し、かえって被害が拡大してしまうおそれがあります。それから、もし給水箇所周辺に止水栓が見当たらない場合は家屋全体の元栓を締めるというのも一つの手です。この元栓は水道メーターの周辺に設置されています。

水道管を修理するための補修材

水道管の応急処置をする際には、補修材に何を使用するかといった問題も重要なポイントになってきます。まず、ぽたぽた水が漏れたり、にじみ出たりしている場合ですが、そういうときは「アーロンテープ」がおすすめです。アーロンテープとはアメリカで開発された特殊なテープで、強く引っ張りながら巻きつけるとテープ同士が自己癒着するという性質があります。つまり、これを使うと水道管の破損した部分がぴったりと塞がり、水が漏れにくくなるというわけです。しかも、配管にかなりの圧力がかかっている場合でも、それに負けることなく、密着した状態を維持できるのも魅力です。

ただ、その効力を十分に発揮させようと思えば、正しい方法で使用することが重要になってきます。手順としては、最初に、テープを巻きつける部分の汚れをきれいに拭き取ります。次に、テープを20~30cmほどの長さにカットし、それを巻きつけていくのです。思いっきり引っ張るとテープが伸びるので、元の半分ぐらいの幅になった状態をキープしながら巻きつけるのがコツです。そして、最後に、テープの端を巻き終わったテープに強く押し付けて密着させます。ちなみに、このテープには裏表がありません。そのため、テープ同士がしっかりとくっつき合うという利点があります。また、あらゆる材質のパイプに使用できるのもうれしいところです。

さらに、グレーの色をした「アローンテープ・グレー」を選択すると、より高い強度が期待できます。単にぽたぽたと漏れているような場合だけでなく、水道管から水が噴き出しているようなケースでも使用できるのです。次に、水道管に穴が空いている場合などには破片とパイプをくっつけるパテが必要になります。そこでおすすめなのが「レクターシール」です。硬化するとガチガチに固まり、ちょっとやそっとの力では剥がれなくなります。温度変化にも強く、マイナス40~200度までの環境に耐えることができます。それに、パテなので厚く塗って破片の欠損部分を埋めることも可能です。

その使用方法ですが、まず、封を剥がして必要な分だけカッターナイフでカットします。断面を見ると色が2色に分かれているはずです。そこで、その2色を色むらがなくなるまで練り合わせます。時間にすると1分か2分ほどです。ただし、練り過ぎると接着不良や硬化不良の原因となるので注意が必要です。練り終えれば、それを接着部分や充填部分に押し込みながら形を整えていきます。あとは固まるのを待てば作業は完了です。その際に、やり直しをすると、やはり、接着不良や硬化不良の原因となってしまいます。したがって、くれぐれも慎重に行うようにしましょう。

最後は、水に浸してから巻く「レクターハイテープ」です。これは乾けば金属のように固まって、半永久的に硬化し続けるという優れものです。使用する際には、20~30秒間水に浸し、それを引き延ばしながら強く巻きつけていきます。そして、巻き終われば、テープを絞るようにして全体になじませます。これは中に空気が入らないようにするのが目的です。レクターハイテープは30秒ぐらいで硬化するため、素早く作業を終わらせることが重要なポイントとなります。

水道管の修理代金はどれくらい?

水道の修理を業者に依頼した場合、気になるのはやはり修理費がいくらになるかです。実際、水漏れや破裂している箇所を修理すると、代金は高額になりがちです。ただ、具体的にいくらになるかを明言することはできません。なぜなら、破裂した原因や依頼する業者によってその金額は変わってくるからです。一応の目安としては、水道管の破裂は1万円程度~、凍結の修理は8000円程度~、また、壁の中の水道管が破裂したといった特殊なケースでは3万円程度~といった数字を挙げることができます。

しかし、これも大まかな予想額にすぎません。水道管の状況を見てみないことにはなんともいえないというのが本当のところです。原因が同じでも状況次第では、数千円程度ですむ場合もあれば、数万円以上かかる場合もあります。したがって、業者に尋ねても、実際の状況を確認するまでは修理費について明言するのは避けるはずです。一般的な傾向としていえるのは、簡単な補修工事だけなら安くすみ、水道管自体が傷ついている場合は部品代や作業代が上乗せされて修理費は高くなる傾向があるといったことぐらいです。

また、修理代金と並んで心配なのが水漏れによって発生した余分な水道料金です。大量に水が漏れた場合には水道料金だけでもかなりの額になるおそれがあります。これに関しては水道料金減免制度を利用できるかどうかを確認することをおすすめします。水道料金減免制度とは災害や不可抗力による水道管トラブルなどで水道料金が高くなった場合にその一部を免除してくれるという制度です。この制度を利用できれば、負担も大幅に軽減できることになります。その代わり、気を付けなければならないのはこの制度の扱いは水道局によって異なっているという点です。したがって、まずは最寄りの水道局の窓口に問い合わせてこの制度が利用できるかどうかを確認することが大切になってきます。

なお、水道料金免除制度の申請書は水道局の窓口の他にも、水道局のホームページからデーターをプリントアウトして入手することも可能です。

水道管の修理で注意すべきこと

水道管の修理費が高額になる可能性があるというと、修理を依頼するのをためらってしまう人がいるかもしれません。しかし、だからといって、水漏れを放置していると余計な水道代がかかるだけです。水道料金減免制度もその対象は不可抗力の場合に限定されています。つまり、水漏れがあるのを知っていながら故意に放置していた場合は免除の対象外となるのです。そうなると、水道料金の損失分は修理費の比にならないほど大きなものになってしまいます。同時に、水漏れの放置はその他の面でもリスクを伴います。

まず、怖いのは感電です。電化製品は絶縁体によって人間が感電しない仕組みになっていますが、水漏れでコードや本体が濡れると、この絶縁機能が十分に機能しなくなります。その結果、電化製品に触れた人が感電してしまうリスクが高くなるというわけです。また、電化製品が絶縁不良の状態になると、故障につながりかねません。もし、大量の家電を買い替えなければならなくなると、損失額は莫大なものになってしまいます。

次に問題なのは、家屋の劣化です。湿気が高くなると床板などの木材部分の劣化が早くなりますし、木材を接合している接着剤も剥がれやすくなります。また、最悪の場合は床板の土台となっている部分を腐らせるおそれがあるのです。そうなると、被害総額は数十万円か、あるいはそれ以上に膨れ上がってしまいます。さらに、水漏れはカビを大量発生させる原因となります。油断していると、床・壁・天井などはあっという間にカビだらけです。しかも、それだけではなく、洋服などにもカビの菌が付着し、アレルギーなどの健康被害をもたらす原因となります。

こうしたリスクを総合的に考えると、水漏れの修理をなるべく早い段階で依頼することがいかに重要であるかが分かるはずです。

参照サイト

【SUUMO スーモ】住宅設備に関する用語一覧 止水栓
https://suumo.jp/yougo/s/shisuisen/

【TOTO】止水栓の閉め方と調整方法
https://jp.toto.com/support/repair/solution_t/shisuisen.html/

【miraie】元栓・止水栓の場所と閉め方について水回り作業時に確実に水を止める方法
https://miraie.me/articles/317/

【クリエイト株式会社】アーロンテープ
https://www.cr-net.co.jp/products/tool/205/

【水110番】少しの水漏れで多くの被害が!水漏れ放置5つのリスク
https://www.decadesdecades.com/mizumorerisuku/

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る