【蛇口の種類別】水道が水漏れしたときの修理方法を解説!

水漏れトラブルに対処するには?二次災害による影響も把握しよう!

水道、蛇口の水漏れ・つまり修理と料金表

水道の水が止まらないと焦ってしまいますよね。ここでは蛇口が水漏れしたときに自分でできる修理方法を解説していきます。蛇口ごとに解説しているので、水漏れしている蛇口に合わせて参考にしてください。

蛇口が水漏れした際の修理方法

ここでは蛇口ごとに水漏れを修理する方法を解説していきます。蛇口の種類は様々で、シングルレバー混合水栓・ハンドル混合水栓・サーモスタット混合水栓・単水栓などが存在します。
種類によって修理方法も変わってくるので、水漏れしている蛇口に合わせてご確認ください。

シングルレバー混合水栓の水漏れ修理

シングルレバー混合栓

シングルレバー混合水栓は、台所や洗面所で用いられるタイプの蛇口になります。レバーが1つのみの蛇口で、レバーを倒す方向によって温度調節が可能になっています。
この蛇口の不具合としては、パッキンの破損・カートリッジの破損・ナットの緩みが考えられます。それぞれの修理方法を解説します。パッキンは水道のつなぎ目にある部品で、接続部から水漏れするのを防ぎます。パッキンの破損の場合、新しいパッキンに交換することで水漏れを止めることができます。
交換手順としては、まずは止水栓を締めます。蛇口のレバーを取り外し、レバーがついていた部分の部品を外していきます。蛇口の付け根部分にあるパッキンを取り外し、新しいものに交換します。カートリッジは、水・お湯を出したり止めたり、温度調整をするための内部の部品です。カートリッジの破損の場合、パッキンと同様に交換することで解決できます。
まずは現在使用している蛇口のタイプに合わせて、新しいカートリッジを用意しましょう。同じものでないと交換できないので注意してください。

交換手順としては、レバーを取り外すとカートリッジが露出するので交換していきましょう。簡単に交換することができます。 カートリッジには交換の説明書もついているので、迷ったら説明書も確認してみてください。

ナットが緩んだ場合、レンチで締め直すことで解決します。レンチはモンキーレンチを使用しましょう。ナットは蛇口内部の複数箇所にあるので、蛇口を分解して該当するナットを締めましょう。

ハンドル混合水栓の水漏れ修理

ハンドル混合水栓は、台所や洗面所で用いられるタイプの蛇口になります。ひねると水が出る方のハンドルとお湯が出る方のハンドルが存在し、温度調節はこの両方をひねることで調節するものになります。
この蛇口の不具合としては、パッキンの破損・コマパッキンの破損が考えられます。それぞれの修理方法を解説します。
パッキンは蛇口と給水管のつなぎ目にある部品で、水が漏れるのを防ぎます。パッキンの交換方法としては、ハンドルのキャップを外すとネジが見えるので、それをドライバーで取り外します。ハンドルが外れるようになるので、ナットをレンチで取り外してパッキンを交換します。コマパッキンはスピンドルという部品の下についているパッキンになります。こちらも破損していた場合、交換する必要があります。
手順は、通常のパッキン同様、ハンドルとナットを外し、その下にあるパッキンを取り外しましょう。その後にスピンドルがあるので、スピンドルを取り外し、スピンドルに付いているパッキンを交換しましょう。

サーモスタット混合水栓の水漏れ修理

サーモスタット混合水栓

サーモスタット混合水栓は、主にお風呂で使われるタイプの蛇口になります。レバーを上げ下げすることで、蛇口とシャワーから水が出る部分を変えることができるものです。
この蛇口の不具合としては、蛇口本体部分についているバルブの破損が考えられます。これの修理方法を解説します。

バルブの破損の場合、バルブ自体の破損とバルブ内部にあるスペーサーの破損が考えられます。
スペーサーの破損は、止水栓を締めたらハンドルを取り外します。ハンドルは引っ張って外すタイプかネジを緩めて外すものに分かれます。次に表示リングと固定ナットを取り外します。スペンサーと呼ばれる部品が中に入っているので、これも引き抜きます。スペンサーは特に工具は必要なく、手で引き抜くことができます。開閉バルブが見えてくるので、これも取り外します。開閉バルブについているスペーサーを取り外して、新しいものに交換します。これで直らない場合、バルブごと交換してしまった方が良いでしょう。

単水栓の水漏れ修理

単水栓

単水栓は、家庭では洗濯機のホースをつなぐ部分の蛇口に当たることが多いです。
単水栓の不具合としては、ハンドルの根元から水漏れする場合は、三角パッキンの劣化が原因だと考えられます。三角パッキンの交換方法は、取手の部分のナットを外し、ハンドルを取り外します。ハンドルの根元にあるパッキンが三角パッキンですので、これを新しいものに交換しましょう。

また、パイプの先から水漏れしている場合はコマパッキンが破損している可能性が高いです。
コマパッキンの交換方法としては、ハンドルを取り外すところまでは同じ作業になります。ハンドルを外したら、ピンセットなどでケレップを取り出し、ケレップについているコマパッキンを新しいものに交換します。コマパッキンを交換しても水漏れが直らない場合は、コマパッキンがついているケレップごと交換するのも手です。

水漏れ修理をする前の応急処置は?

工具がない…交換する部品がない…などすぐに水漏れをすることができない場合もあるでしょう。そんなときは応急処置として、止水栓を締めるという方法があります。
業者に修理を依頼しても到着に時間がかかる場合があります。そんなときは止水栓を締めることで、水が溢れるなどの二次災害を防ぎましょう。止水栓は水道メーターボックスの内部にあるので確認してみてください。

自分で水漏れを直せない場合は業者に相談を!

蛇口の種類によって必要となる部品も異なるので、間違えないように注意しましょう。パッキンの交換など、比較的簡単に自分で修理できるものもありますが、なかには複雑な修理が必要な場合や、専門的な知識がなければ難しい場合もあります。

自分で修理するのが難しいときや部品がないときなどは迷わずに業者に相談しましょう。ザットマンでは出張費用・見積もり無料で対応いたします。お困りごとがあればお気軽にご相談ください。

<@ class="single-ttl">トイレのつまり・水漏れに関連するコラム

漏水、悪臭調査・高圧洗浄・管内カメラに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る