水道の水漏れで高額料金を請求されたら?知っておくべきこと

水道水漏れ料金
地面の中や床の下にある給水管が破損すると、知らないうちに大量の水が漏れてしまうこともあります。驚くほど高額の水道料金を請求される場合もありますが、実は「支払う必要があるケース」と「減額に応じてもらえるケース」の2パターンに分かれることを知っているでしょうか。場合によっては大幅な減額も可能なので、水漏れによって高額請求された場合の対処法を知っておくことが大切です。今回は、水道料金の高額請求をされたらどうすれば良いのか、減額申請の条件や手続き方法などを詳しく解説していきます。

水漏れの料金を減額される条件とは?

自宅に設置してある給水管が経年劣化などで破損してしまうと、水漏れが起きることがあります。トイレやキッチン、洗面台などの管は目に触れやすいため、水漏れしていると比較的気づきやすいです。周辺が水浸しになっていれば、すぐに専門業者に依頼して修理に取りかかれるでしょう。ところが、床の下や地面の中などに埋まっている給水管は頻繁に目にするものではありません。破損による水漏れが起きていたとしても気づかないため修理できず、長い間水漏れが続いてしまうケースもあるのです。このような場合、怖いのが水道料金の支払いです。実際には使っていない水でも、自宅の敷地内で流れている以上「使った」と判断されて料金を請求されてしまいます。

水道料金を請求されるとはいえ、「自分が使った分ではないし、そもそも水漏れは仕方がないことだから支払いたくない」と思ってしまいますよね。しかし、気づかない場所で起きた水漏れだったとしても、その給水管が自宅の専有区域にあるのであれば支払い義務が生じてしまうのです。ただし、無条件ですべての料金を負担しなければならないわけではありません。状況によっては、料金を減額してもらえるケースもあるのです。

減額してもらえる条件は、各自治体によって異なります。たとえば、横浜市の場合は地中や壁の中で起きた水漏れの場合に減額請求ができると定められています。一般的には、目で確認できる場所で起きた水漏れや故意による水漏れだった場合、または不適切な管理をしていた場合は減額は認められません。洗面台の下からポタポタ水がしたたっていたり、トイレのタンクからずっと水が流れていたりした場合は、比較的簡単に気づけますよね。それにもかかわらず放置して水道料金が高くなった場合は、過失や故意だと判断されるため減額が認めてもらえないのです。

一方、目につきにくい場所にある給水管の破損で水漏れが起きた場合は、一般人には発見が難しいので減額が認められるケースが多いです。「水道の適切な使用方法を守っていた」「修理を速やかに終えた」「災害などの不可抗力による水漏れ」などの場合は減額される可能性があるので、自治体に問い合わせてみましょう。ただ、減額とはいっても、実際に使用した分の水もあるので全額免除というわけにはいきません。自治体によって異なりますが、水漏れしていなかった時期の2~4カ月の平均的な水道使用量を目安として、それを超えた金額の50~70%程度が減額される場合が多いです。あまりに大量の水漏れが起きていた場合、減額してもらったとしてもかなりの金額を支払わなければならないので注意しましょう。

水漏れによる水道料金の減額請求とは?

目につきにくい場所で水漏れが起きていた場合、水道料金の減額請求ができる自治体が多いです。減額請求とは、その名の通り請求された水道料金の額を減らしてもらうための手続きのこと。使用者に過失がない場合や自然災害による場合など、上述した請求の条件を満たしていれば手続きが行えます。自分が住んでいる地域の水道を管轄する自治体に対して請求するので、まずは自治体の担当部署を調べることから始めましょう。具体的な請求の方法も、自治体ごとに異なります。例として、横浜市のケースを見てみましょう。

横浜市では、水漏れの事実が判明したら速やかに修理をすることが求められています。修理がきちんと終わってからでないと、減額請求は申請できません。ここでいう「水漏れの事実」とは、水道メーターから蛇口にいたるまでに発生した給水管の破損や故障によって起きた水漏れを指します。使用者や第三者の故意または過失によって起きた水漏れは、「水漏れの事実」として認められません。また、水漏れを知りながら修理を先延ばしにしていた場合や、水道局から老朽化した排水管の取替を指導されていたにもかかわらず放置していた場合も請求できないので注意しましょう。

水漏れの修理が終わったら、水道局が発行している漏水減額請求書を取り寄せて必要事項を記入します。このとき、間違いなく修理を終えていることを確認できる書類の提出も必要です。業者からの修理代の請求書や領収書などのコピーをとり、減額請求書と一緒に自宅を管轄する地域サービスセンターまで郵送もしくは持参しましょう。その後は、地域サービスセンターの担当者とやりとりしながら、減額の決定を待つことになります。

基本的にはこのような流れで請求手続きを行うケースが多いですが、中には使用者ではなく、給水管の修理を行った指定工事店が請求を行う自治体もあります。また、請求そのものは使用者ができるものの、請求書に工事を行った会社の法人印が必要になるケースもあるなど、請求内容は自治体により実にさまざまです。減額請求する場合は、事前に必ず住んでいる地域を管轄する水道局などに問い合わせておくようにしましょう。

水漏れしている箇所の管理区分を特定する

水道料金の減額請求をする場合、手続き内容とは別に「管理区分」を確認することも大切です。一般的に使用されている水道水は、道路に埋められている配水管から各家庭に向かう給水管に枝分かれしています。管の場所ごとにそれぞれ管理者が決まっており、故障箇所によって誰が修理業者を手配するのか、誰が修理代を支払うのかが変わるのです。管理区分を正しく知っておくことで、水漏れが起きたときにスムーズに修理を依頼できるようになります。

一般的には、配水管から自宅にある水道メーターまでは「一次側」と呼ばれ、地域の水道局の管理区分となっています。ここが故障して水漏れしている場合は、すべての手配を水道局が行うので水道局に連絡して後を任せましょう。水道メーターから蛇口までの給水管は「二次側」と呼ばれ、実際に水道を使用している人の管理区分となります。修理の手配は使用者が行い、修理代も支払わなければなりません。水道局に漏水している旨を連絡してから、専門業者を探して修理を依頼しましょう。

「管理区分が二次側でも水道局に連絡しなければならないの?」と不思議に思う人もいるでしょうが、連絡は必要です。水道局に連絡すると、どこから水漏れしているのか、修理の手配は済んでいるかなどを聞かれます。水漏れ箇所を聞かれるのは、水道局としても水道料金の減額請求が可能かどうかを確認したいためです。トイレやキッチンなど簡単に水漏れが確認できる場所だった場合、「減額請求は不可能」と判断してその旨を説明してくれることもあります。

修理の手配について聞かれるのは、使用者が適切な修理業者を選べないかもしれないからです。水漏れの修理は業者によって料金体系が異なることも多く、不当な高額請求によるトラブルも多発しています。このため、水道局が定めた要件を満たした優良な業者を使用者に紹介し、適切なサービスを受けられるようにバックアップしてくれる自治体も多いのです。どの業者を選べば良いかわからない、トラブルが怖いという場合は、水道局に連絡したときにおすすめの修理業者を尋ねてみると良いでしょう。

賃貸物件の場合はさらに管理区分が分かれる

マイホームではなく、マンションや借家などの賃貸物件に住んでいる場合は管理区分がさらに複雑になります。まず、配水管から水道メーターまでは水道局の管理区分なので、水道局に連絡して修理してもらいましょう。水道メーターから蛇口までの給水管は、貸主の管理区分となります。貸主や物件の管理会社に連絡すれば、修理の手配をしてもらえます。この場合、修理代の負担も貸主側になるので安心です。

ただ、水道メーターから蛇口までの間に水漏れが起きると、水道料金が高くなってしまいます。管理区分はあくまでも貸主側にあるため、本来なら高額請求された水道料金も負担する必要はありません。基本的に、減額請求をしたり水道料金を負担したりするのは管理区分である貸主になります。高額の水道料金が請求された場合は管理会社や貸主に相談し、水漏れによって高くなった分は貸主側に負担してもらうよう伝えましょう。

蛇口から先の部分の管理区分は、借主になります。蛇口から先とは、たとえば蛇口を閉め忘れて水を出しっぱなしにして壊してしまった場合など、過失によるトラブルを指すケースが多いです。借主には、賃貸物件を適切に使用する義務が課せられています。明らかな過失によって水漏れを引き起こしたり、設備の破損を知っていながら放置して水漏れを招いたりした場合、借主の責任として修理しなければなりません。管理会社などに相談すれば修理業者を手配してもらえることもありますが、その場合でも基本的に修理代は借主が支払うので注意しましょう。自分で業者を手配する場合は複数の業者から見積もりをとり、適切な修理代を提示する業者を選ぶことが大切です。

水漏れによる水道料金に注意しよう!定期点検で適切な管理を

水漏れが起きると、場合によっては10万円を超えるような高額の水道料金が請求されてしまうこともあります。請求されると泣く泣く素直に支払ってしまう人も多いですが、過失がない水漏れなら減額請求できる可能性もあるのですぐに支払う必要はありません。まずは自治体や水道局に事情を説明し、自分のケースが減額請求可能かどうか確認しましょう。状況によっては減額請求が認められず、高額の水道料金を支払わざるを得ないケースもあります。とんでもない額の支払いを避けるためにも、日ごろから水漏れの有無には注意することが大切です。専門業者による定期点検を行ったり、少しでも水漏れの兆候を感じたらすぐに点検を依頼したりして、適切に水道を管理しておきましょう。

参照サイト

【救水戦隊スイセンジャー!】水道料金が水漏れで高額に!返金請求はできるの?水道局に聞いてみた
http://ienokoto.top/wp01/suidoudai-henkin#i-2/

【パパセンス】漏水による水道料金11万円を2万円に減額した連絡手順
https://papa-sense.com/water-charge#3/

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る