水道の水漏れ修理を専門業者に依頼!気になる料金相場は?

水道水漏れ修理料金
水道の水漏れはすぐに修理しないと大変です。水がいつまでも流れ続けることによって、高額な水道料金を請求されてしまうばかりか、水漏れした場所によっては壁紙や床など建物本体への損傷が発生する可能性があります。そのため、しっかりとした修理をしたほうがよいのですが、専門業者に依頼したときに気になるのが料金でしょう。どのくらいの料金がかかるかわからないと、見積もりを依頼するのも怖いですよね。そこで、この記事では水道の水漏れ修理における一般的な費用相場を紹介していきます。

蛇口周り修理の費用相場

水道の蛇口周りから水漏れをするときの修理で一番多いのはパッキンの交換で、修理費の目安としては出張費込みで8000~1万円程度です。パッキンは、水道の水を直接止める部分についているゴム製の弁のようなものです。すぐに劣化するということはないのですが、自動車のタイヤが年数の経過とともにひび割れてくるように水道のパッキンに使われているゴムも徐々に劣化していきます。パッキンのゴムが劣化してひび割れが起こると、その隙間から水が漏れるので、いくら蛇口を閉めても水が止まらなくなってしまうのです。

ゴム製のパッキンは、水道の蛇口の大きさに合わせて専用のものがあります。基本的には、蛇口の大きさが大きいほど使用するパッキンも大きくなるので、費用が高くなる可能性が高いです。とはいえ、パッキン自体はそれほど高いものではありません。ホームセンターで売られている小さいパッキンであれば、安いもので200円程度です。そのため、どちらかというと、パッキンの交換にかかる費用については出張費の負担割合のほうが大きくなるでしょう。

また、蛇口の破損状況にとっては丸ごと取り替えたほうが良い場合もあります。蛇口を丸ごと取り替えた場合の修理費用の目安は1~3万円程度です。パッキンと比べて値幅が大きい理由としては、蛇口本体の値段がピンからキリまであるためです。単純に蛇口をひねって水を出すようなものであれば、それほど高額にはなりませんが、高価なシステムキッチンに付属している蛇口などは交換費用も高くなるケースがあります。蛇口を丸ごと交換したほうが良いケースはそれほど多くありません。なぜなら、基本的に蛇口の構造は比較的単純で、パッキンの修理で大抵の水漏れは解消するからです。

蛇口を丸ごと交換するときの事例として考えられるのは、人や物がぶつかって蛇口本体が曲がってしまった場合などが挙げられます。このような場合では、物理的に修理をすることはできませんので、丸ごと交換することになるでしょう。ただし、今回紹介している費用相場はあくまでも目安でしかありません。実際の修理費用は現場の状況によって、大きく変わりますので、明確な料金については明言できないのです。水道の蛇口に関する修理費用は大体これぐらいだということを頭に入れて、修理業者へ問い合わせをしてみましょう。

トイレの水漏れ修理の費用相場

トイレの水漏れ修理の目安としては、7000~2万円程度です。トイレの水漏れで多いのは給水管からの水漏れや便器と床の間から水漏れが発生するケースが挙げられます。給水管からの水漏れでは、給水管内のゴムパッキンの劣化や給水管本体の劣化による水漏れが想定されます。ゴムパッキンだけの交換で済めばそれほど高い料金にはなりませんが、給水管本体の交換となると、数万円程度の費用がかかるケースもあるでしょう。

便器と床の間から水漏れを起こすケースでは、トイレ本体に問題があればそれほど高額になることはありません。しかし、問題は、トイレの床下の配管に原因がある場合です。このような場合は、床下の配管を確認する必要があるうえ、もしも配管そのものを交換するということになれば、かなり高額な出費が予想されます。最悪の場合では、10万円以上の大掛かりな修理となるケースも考えられるでしょう。

トイレの水漏れとして、そのほかによくあるのがトイレタンクが原因であるケースです。「トイレタンクからポタポタと水が漏れる」「便器へいつまでたっても水が流れ続ける」などというものがあります。これらも基本的には、ゴムパッキンの劣化が原因であることが多いです。とくに、いつまでたっても水が流れ続けるというときは、トイレタンク内のボールタップが劣化していることが原因である可能性が高いでしょう。いずれの場合も、軽微な修理であれば5000~1万5000円程度かかると考えておくとよいです。

ただし、トイレタンクの水漏れトラブルについては、ある程度年数が経過すると部分的な修理では追いつかないことがあります。ある部分を修理しても、すぐ次の箇所に問題が発生してしまうのです。ある程度年数が経過したトイレタンクについては、丸ごと交換をしたほうがよいケースもあります。また、トイレの修理で気を付けておくべきなのは、ユニットバスを使用している人です。ユニットバスでトイレから水漏れが発生した場合はトラブル内容によっては、ユニットバスそのものを入れ替えなくてはいけないケースがあります。すると、数十万円単位の費用が発生する可能性があるのです。トイレの修理費用相場についても、現場の状況によって見積もり金額は大きく異なります。料金についての明言はできませんが、参考にしてみてください。

浴室の水漏れ修理の費用相場

浴室の水漏れでよくある事例としては、蛇口やシャワーが原因であるケースが多いです。シャワーの水が出る面を上に向けても水が出てくるような場合は、漏水している可能性があります。そのような場合はすぐに専門業者に連絡しましょう。浴室のシャワーや蛇口から水が漏れている原因として多いのは、やはりゴムパッキンの劣化です。シャワーホースとシャワーヘッドのつなぎ目や、蛇口内部には水を止めるときに栓となるパッキンが入っています。

パッキンが水道の蛇口と同じように劣化すると水が漏れる原因となるのです。パッキンのみの交換であればそれほど高い料金はかからないでしょう。蛇口の交換と同じく、8000~1万円程度と考えておけばよいはずです。しかし、パッキンの問題だけでなく、蛇口そのものに問題がある場合には交換費用代金がかかりますので、修理費用はもう少し高くなります。たとえば、「お風呂場の蛇口からの水漏れ修理」における費用の目安は1万2000円程度です。

ただし、「浴室の混合水栓の故障による水漏れ」を修理した場合では、6万円程度かかった事例があります。また、「シャワーから水が止まらなくなってしまった」という事例では5万3000円ほどが修理費用の目安です。同じお風呂場の修理でも、これほど費用が変わるのかと思う人もいるかもしれません。しかし、あくまでもこれは費用の目安であることを理解しておいてください。実際の現場状況によって修理費用は大きく変わります。たとえば、シャワーヘッド一つとっても、安価で使いやすいものから高額な素材を用いているものまでさまざまです。それらを修理して使用していた元の状況に戻すわけですから、当然のことながら修理費用に大きな差がでます。

さらに、修理によっては元の部材をそのままいかして応急処置で対応できるものもありますが、根本的に取り替えなくてはいけないものもあります。当然のことながら、応急処置で対応したほうが一般的には、修理費用は安いです。しかし、根本から取り替えたほうがその後の経過については良好であるケースもよくあります。そのあたりの判断によっても、修理費用の金額は変化しますので、実際の現場を見てみないとわかりません。そのため、具体的な料金については明言できないのです。

専門業者に修理を依頼するときのポイント

専門業者に修理を依頼するときのポイントは、まず「修理する箇所や内容によって、費用が大きく変わる可能性がある」ことを理解しておくことです。水漏れが起こっている根本的な原因をまずは調査して、それを解決するためにはどのようにすればよいかは、現場の状況によって大きく異なります。解決する手段が現場の状況によって異なるということは、つまり、修理にかかる費用も現場によって異なるということです。基本的な料金相場を覚えておくことは悪質な業者を見抜くために必要な知識ですが、相場より高い料金を提示されたとしても必ずしも悪質な業者だとは限りません。そのため、大前提として現場の状況によって修理費用が変わるということを覚えておきましょう。

また、水漏れ原因として多いのは経年劣化による部品の損傷ですが、事前の電話連絡をした段階では業者側もはっきりとした原因を述べることは不可能です。使用状態によって、部品の劣化スピードは大きく異なります。たとえ、同じ時期に建てられた住宅内に同じ蛇口があったとしても、部品の劣化スピードはそれぞれ異なるのです。そのため、どれだけ経験年数の長いベテラン作業員であっても、電話だけで原因を特定できることはほとんどありません。実際に現場を見てみないとどのように修理してよいかわからないので、修理費用の正確な見積もり金額は電話だけでは出せないことは知っておきましょう。

利用者側の立場からすると、現場によって修理費用が大きく異なると聞くと不安に思う人もいるかもしれません。相場より高い金額を請求される可能性があるからです。そこで大切なのは、「修理内容について、専門業者とよく話し合って納得してから作業してもらうこと」だといえます。たしかに、個々の状況によって修理費用は異なります。しかし、料金の見積もりは何かしらの根拠があって出されている金額です。相場よりも費用が高いのであれば特別な事情があるかもしれませんので、遠慮せず聞いてみるとよいでしょう。善良な専門業者であれば、嫌な顔をせずに答えてくれるはずです。

水道の水漏れ修理は内容によって費用相場も変わることに注意!

専門業者に水道の水漏れ修理を依頼するときは、まずは現場を確認してもらうことから始めましょう。なぜなら、現場の状況によって見積もり金額は大きく変わるからです。蛇口、トイレ、浴室それぞれの修理費用の目安はありますが、あくまでも目安でしかありません。もしも、専門業者が相場と違う金額を提示してきたら、現場に何かしらの理由がある可能性が高いです。そのようなときは、遠慮せず専門業者にわからないことを聞いてみるとよいでしょう。善良な業者であれば専門的なことであっても、わかりやすくきちんと説明してくれるはずです。頼りになる業者を見つけておけば末永くお世話になることもできるので、探すときは大変ですが頑張りましょう。

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る