蛇口の交換を専門業者に依頼する場合の費用相場は?

蛇口の交換
水道の蛇口の操作しようとしたら固くて動きが悪かったり、反対にハンドルがぐらついてしまったりすることもあるものです。また、日々使用しているなかで、蛇口から水が漏れてきたり、部品が破損してしまったりといったトラブルが起こる場合もあります。水道の蛇口で起きたトラブルを解決するためには、専門業者に依頼すると安心です。ただし、業者に依頼するとなると気になるポイントに費用があります。そこで、この記事では蛇口交換を専門業者に依頼する場合の費用相場とともに、専門業者に依頼するのではなく自分で交換する場合の方法や注意点についても併せて紹介します。

蛇口の交換時期ってあるの?

蛇口は、汚れが気になったり、デザインや機能を新しいものに替えたいと思ったりしたときだけではなく、水漏れなどの不具合が起きて交換することが多い場所です。水道の蛇口を交換する目安は15年程度といわれています。何十年も継続的に使用することが難しいのは、もともと水道の蛇口が金属でできているからです。金属は腐食が起こりやすく、経年劣化が生じやすい素材となっています。見た目ではそれほど劣化していないように見えても、実際には内部で腐食が進んでいることも少なくありません。

ただし、15年という期間はあくまでも一般的な経年劣化による交換時期の目安です。使用頻度が高ければ、交換時期は早まる可能性があります。蛇口の使用頻度はその家によって異なっているものですよね。一般的に考えると、たとえば、洗面所の蛇口を1日に使用する回数は、ひとり暮らしの家と大家族の家では大きく変わります。また、使用する人の数が同じ場合でも、1日中家にいて水道を使用する機会が多くなっているケースと、家にいる時間が短いためほとんど自宅の水道を使用しないケースとでは、使用頻度は異なってくることが通常です。このため、蛇口の寿命は使用している年数からではなく使用している頻度から判断し、交換するタイミングを見極めることが必要となります。頻繁に使用していると感じているなら、目安となる期間よりも早めに交換しておくほうがよいでしょう。

また、蛇口を交換する方法には、部品のみを替える部分的な交換と、蛇口や水栓をまるごと交換する方法があります。たとえば、水漏れの原因がパッキンなどの一部の部品の破損などによるものであれば、その部品だけを交換することで問題は解決です。しかし、全体的な劣化が進んでいることによりトラブルが生じているなら、部品だけを交換するよりも、蛇口や水栓を丸ごと替えてしまったほうが安心できます。さらに、部品を個別に交換するよりも、蛇口や水栓を丸ごと交換してしまうほうが、交換にかかる費用も抑えられることが通常です。このため、交換を考えている部分がある場合には、ほかの部分にも劣化や破損がないか全体的に見直してみるとよいでしょう。

自分で交換する方法もある!

蛇口の交換は自分ですることも可能です。ただし、自分で交換する場合には水漏れなどのリスクもあるため注意が必要となります。交換する際には、まずは、事前に蛇口の種類を確認し、特徴をきちんと把握しておかなければいけません。蛇口には主にワンホール・ツーホール・壁付けタイプ・単水栓の4つの種類があり、種類によって作業に必要となる工具や交換方法が違ってくるからです。

具体的な交換作業の流れとしては、まず、作業前に、蛇口の種類により、モンキーレンチや六角レンチ、マイナスとプラスのドライバーといった工具を準備しておきます。モンキーレンチとはボルトやナットを回すときに使用する工具です。口径の調整が可能であるためボルトやナットのサイズに関わらず使用できます。ただし、商品ごとに調整できる開き幅に限度があるため、新たに買い揃えるなら前もって水栓で使用されているナットのサイズを測っておくと安心です。一方、六角レンチはボルトの六角形の穴に差し込み、ボルトを締めたり緩めたりするときに使います。

ワンホールやツーホールのように蛇口がデッキ部に設置されているタイプの交換作業では、この六角レンチやプラスのドライバーが必要です。たとえば、蛇口の取り付けで、上面施工用アダプターのネジを回すときなどに使用します。工具を使ってネジをしっかりと締め、きちんと取り付けないと、水栓本体が固定されないことでガタがきたり、水漏れの原因となったりする場合があるため注意しましょう。さらに、マイナスドライバーは蛇口交換の前に止水栓を締める際に使います。これらの工具以外にも、水道管に残っている水に対処するためのバケツや洗面器、雑巾なども準備しておくと安心です。

準備が整ったら、どのタイプの場合でもマイナスドライバーなどで止水栓を締めることが最初の作業です。止水栓が無いときには元栓を止めておくようにしましょう。続けての作業についてはタイプごとにプロセスが異なります。ワンホールはキッチン天板に取り付けられ、穴がひとつだけとなっているタイプの蛇口です。このタイプでは、ナットを緩めて止水栓上部にある配管を撤去した後、蛇口本体の根元にある六角ナットを取り外し、本体を上に引き上げることで古い蛇口を引き抜きます。また、キッチン天板かステンレスプレートに設置されているツーホールタイプであれば、水栓の台への取り付け部の裏に2つの穴があり、それぞれにナットが付いているため、これを取り外すことが必要です。加えて、古いパッキンがあれば、このタイミングで新しいものに替えておくと作業が楽になります。

さらに、蛇口が壁に取り付けられている壁付けタイプもあります。「壁付2ハンドル」とも呼ばれていてハンドルが2つある種類です。このタイプは、先に蛇口・配管間につながるクランクと蛇口本体をつなぐ部分に付いているナットを緩めて古い蛇口を取り除き、クランクを反時計方向に回すと取り外すことができます。そして、単体の水栓、つまり、水だけ、またはお湯だけが出る単水栓の場合は、蛇口やハンドルも含めて水栓の根元から全体をしっかりと持ち、反時計方向に回すと蛇口を外すことが可能です。

どのタイプの交換でも、取り外しが終わったら、それぞれ新しい蛇口の部品や本体を設置することとなりますが、取り付け前には結合する部分に溜まったゴミやサビ、汚れなどは掃除しておきましょう。汚れが詰まったままでいると、せっかく新しいものと交換しても水漏れなどのトラブルが起きやすくなるからです。ワンホールを取り付けるときには上面施工用アダプターを取り付け、穴に先に差し込んでおきます。逆止弁を新しい蛇口に付けたり、給水ホースとつないだりするのは最後の作業です。ツーホールの取り付けの際には新しい蛇口を2つの穴に差し込み、必要なら逆止弁も付けます。そして、給水管・給湯管と、水栓の下にある2つのねじ部分を結合したら終了です。

壁付けタイプなら、クランクのナットのないほうのネジ部分に巻かれている古いシールテープを先に外しておきます。そして、外した後に新しいものを時計回りに巻き替えましょう。その後、蛇口本体が水平になるように角度を調整しながらクランクを壁に取り付け、クランクに新しい蛇口を設置したら完了です。単水栓は、新しい蛇口に付属する座金を先に本体に取り付けてから作業を行います。ただし、蛇口を真っすぐに設置するために、奥まで回しきらずに余裕を持たせておかなければいけません。その後は、古い水栓があった設置穴と同じくらいの大きさになるように新しい水栓のねじ部分にシールテープを巻き、巻き終えたらシールテープは切って指で強く押さえ蛇口に貼り付けます。そして、壁の穴に新しい水栓を差し込み、回して取り付けましょう。それぞれのタイプに合った方法で新しい蛇口や部品を正しく設置できたら、最後に止水栓を開き、漏れなどが起きないかチェックして交換完了となります。

業者に依頼する場合の費用

蛇口の交換を専門の業者へ依頼する場合、たとえば、軽作業程度の水回りの部品を交換するのであれば8000~1万1000円程度が一般的です。単水栓の場合には、8000~1万2000円程度が相場となります。さらに、ワンホールの混合水栓の交換依頼だと、費用は1万~1万4000円程度です。ただし、交換する蛇口の種類やメーカー、修理時にどのような状況となっているのかによって費用は大きく変わってきます。このため、紹介した費用は、あくまでも目安としてとらえておくようにしましょう。

依頼費用が高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれです。ただし、蛇口の交換は細かな作業も多く、慣れていない場合には自分での交換は不安なものでしょう。また、普段から物作りや修理などを自分で行っていない人であれば、工具も一から揃えなくてはならず、準備コストもかかります。工具や新しい部品選びを間違えると、無駄な出費となってしまう可能性もあります。さらに、交換の際に間違った部品を気付かずに使用してしまえば、後でトラブルの原因にもなりかねません。このようなことから自分で作業をするのが心配なら、業者に依頼するほうが安心です。

自分で蛇口を交換するときの注意点

専門的な知識がない人が自分で交換する場合には、後々水漏れなどのトラブルが起こるリスクについても考慮しておかなければいけません。テープやネジなどをきっちりと結合すべき部分に隙間が空いてしまっていたり、部品の設置にゆがみが出てしまっていたりすることで水漏れなどのトラブルを引き起こすことがあります。

また、作業にはいくつものステップがあるため、自分で交換していると手順が分からなくなってしまう可能性がある点も様々なトラブルのリスクを生じさせる原因です。手順を間違えたり、やるべき工程を抜かしてしまったりすれば、水道のトラブルを改善させるどころか悪化させてしまい、結局は業者に依頼しなければいけなくなる場合もあります。自分で手を出したばかりに、かえって作業を複雑にしてしまい当初よりも交換費用がかかってしまうケースもあるものです。このため、交換が必要となったときには無理に自分で行おうとはせずに、最初から専門家に依頼したほうが安心できます。

蛇口の交換は専門家に依頼するのがおすすめ!

蛇口を正しく交換するためには、それぞれの蛇口に合った工具や部品などが必要です。適したものを選び、正しく使用しないとトラブルが起きる可能性が高くなるため、専門家でないと扱いは難しくなります。また、自分で交換するとかえってトラブルとなるリスクもあるものです。毎日の生活で安心して使用できるようにするためにも、蛇口を交換する際には、専門業者に依頼するようにしましょう。

参照サイト

【KTC 工具の基礎知識】LESSON9 モンキーレンチ
https://ktc.jp/kiso/lesson/adjustable_wrench.html/

【KTC 工具の基礎知識】LESSON2 六角棒レンチ類
https://ktc.jp/kiso/lesson/hex_wrench.html/

水まわりのトラブル解決
サービス概要


  • トイレの
    つまり・水漏れ

    タンクのレバーを操作しても水が流れない、水が止まらない、なかなかタンクに水が溜まらない、タンクから水漏れするなどのタンク回りの問題はタンク内部を点検し、パッキンやフロートの交換、パーツのズレなどを直します。また、トイレにスマホやボールペンなどの異物を流してしまった、原因は分からないがトイレをつまらせてしまって流れない、便器の水が溢れてくる、トイレから悪臭がするなどの場合は、排水管を調査、清掃し異物を除去します。古くなった便器の交換、修理、ウォシュレットへの交換なども早急に対処しますのでご相談ください。
  • キッチンの
    水漏れ・つまり

    キッチンの蛇口を開いても水やお湯が少ししか出ない、蛇口を閉じても水やお湯が止まらない、蛇口から水がポタポタ漏れてくる、蛇口レバーが固くて動かないなどの蛇口のトラブルは、パッキンやパーツ、あるいは蛇口自体を交換します。シンクの水が流れない、流れが悪い、つまっていて悪臭がする、シンクがぬめっている、シンク下の排水管から水が漏れているなどのシンクのトラブルは、排水口や排水管の中のしつこい油汚れを除去し、除菌します。また、排水管内部のゴミを取り除き、排水管のパイプに問題がある場合は交換し、水漏れを解消します。
  • お風呂の
    水漏れ・つまり

    お風呂の蛇口が固くて動かない、蛇口を操作してもお湯が出ない、蛇口を閉めてもお湯がポタポタ漏れてくる、蛇口回りから水が漏れているなどのお風呂の蛇口のトラブルは、蛇口のパーツやパッキンの交換、カランとシャワーの切り替え部分の調整、パーツの交換などを行います。シャワーヘッドやホースの付け根から水漏れがある場合は各種パーツを交換し、シャワーヘッド自体に問題がある時はヘッドを交換します。湯船の排水口や風呂場の排水溝から異臭がする、お湯が流れていかないなどのトラブルは、ゴミや髪の毛を除去し、つまりを解消します。
  • 洗面所の
    水漏れ・つまり

    洗面台の排水管に、ヘアピンや綿棒などの異物を落としてしまい水がなかなか流れない、洗面台に水が溜まっている、排水溝から異臭がする、S字状の排水パイプから水が漏れる、こういった排水管のトラブルは排水管内部を調査し、異物を除去します。排水パイプに問題がある場合はパイプを交換します。排水管からの水漏れは接合部のパッキンやパーツを確認し、交換します。また、洗面台の蛇口を操作しても水やお湯が出ない、蛇口が固い、蛇口から水がポタポタ漏れているなど、蛇口に問題がある場合は蛇口を調整し、摩耗したパーツやパッキンを交換します。
  • 水道・蛇口の
    水漏れ・つまり

    蛇口のハンドルやレバーを操作しても水が出ない、出る水の量が少ない、蛇口が固くて動かしにくい、蛇口のハンドルが全く動かない、蛇口ががたついている、蛇口を閉めても水が止まらない、蛇口を固く閉めてもポタポタ水が漏れるなどの蛇口のトラブルは、蛇口自体が原因になっていることがあるので、パーツやパッキンを交換しても水が漏れる時は蛇口自体を交換します。蛇口と水道管の接合部からの水漏れ、水道管からの水漏れ、水道管のがたつきなど、水道管のトラブルは接合部を確認し、パッキンの交換、水道管の交換を行います。排水溝のつまり、異臭はゴミを除去し、つまりを解消します。
  • 給湯器やポンプの
    水漏れ・つまり

    給湯器のお湯が出ない、温度調整がきかない、給湯器が点火しにくい、点火しなくなった、給湯器から異臭がする、給湯器を使用すると異音がするなどの給湯器のトラブルは、給湯器を調べて原因を特定し、修理します。給湯器各メーカーに対応しているので安心してお任せください。また、給湯器内部から水漏れしている、給湯器のホースから水漏れしている、接合部からポタポタ水がしたたるなどのトラブルは、パッキンやパーツ、ホースを調べ交換します。ポンプ部分の故障や水漏れ、動作不良などのポンプの異常も原因を調査、特定し、修理します。
  • 屋外排水の
    水漏れ・つまり

    屋外の蛇口を閉めても水が漏れる、蛇口が固くて動かない、水の出が悪い、蛇口と水道管の接合部から水が漏れるなどのトラブルは、蛇口の経年劣化の可能性が考えられます。屋外にあるため外気温や強風、振動などの影響で劣化をすることが多く、パッキンを交換しても問題が解決しない場合は蛇口自体を交換します。排水桝が溢れた、屋外排水溝がつまった、悪臭がする、水漏れする、逆流するなどの屋外排水溝のトラブルは、水に溶けない、流れないゴミが堆積していることが多いのでゴミを除去し、流れをよくします。また、給水機のトラブルに関しても対応していますのでご連絡ください。
  • 漏水、悪臭調査
    高圧洗浄、管内カメラ

    水道料金が最近高額になったが、その原因が分からない、床下が濡れている、上の階から水漏れがする、漏水の可能性を水道局から指摘されたが漏水場所を特定できない、このような原因不明の水漏れのトラブルに関しては、管内カメラを使用して原因を調査し、水漏れ場所を特定し対処します。また、グリストラップのつまり、溢れ、受水槽、汚水槽、浄化槽や排水管のつまり、悪臭でお悩みなら、高圧洗浄でゴミを除去し、つまりや悪臭を解消します。その他にも、蛇口の修理や交換、移設、調理台の交換なども行っていますので、お気軽にご相談ください。
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。
タップで電話
PAGE TOP