蛇口の水漏れ!いざというときの応急処置や対処法を押さえておこう

蛇口の水漏れ
蛇口の水漏れが起こったときには、慌てずに応急処置を行うことが大切です。きちんとした対処法を知っておくと、被害の拡大も防げるでしょう。ただ、水漏れの原因の特定は難しく、素人が自己判断で修理をしてしまうと状況が悪化してしまうこともあります。そのため、困ったときには専門業者に依頼しましょう。それでも、専門の業者に依頼する前に応急処置をしておくと安心です。そこで、蛇口の水漏れの原因を解説し、応急処置や対処法についても説明します。

はじめにするべき蛇口の水漏れの応急処置!

蛇口から水漏れが起こったときは、まずは止水栓か水栓を閉めておきましょう。これは、全ての水漏れの修理にいえることですが、止水栓や水栓を閉めずに作業をすると、突然水が噴き出すということがあります。作業の途中に水が噴き出してしまうと、パニックになってしまうことも考えられるでしょう。そのため、家中の水道は必ず止めてから作業を始めます。また、シンク下の水栓もしっかりと閉めておきましょう。ハンドル形のレバーのものであれば手だけで閉めることが可能ですが、なかにはマイナスドライバーが必要なものもあります。

レバータイプのものであれば、右に回すと水が止まるでしょう。また、止水栓や水栓を閉めるときには、どのくらい回したのかを覚えておきます。そうすることで、修理や交換が終わった後に回した分だけ戻すと、簡単に調整が可能です。もし、止水栓が見つからないという場合には、元栓を閉めて家中の水道を止めましょう。元栓は水道メーターのそばにあり、マンションの場合には玄関を出てすぐの壁の中にあります。賃貸物件で水漏れが起こった場合には、管理会社に連絡をしてから部屋ごとの止水栓を止めましょう。

蛇口の水漏れへ対処する方法は?

蛇口が水漏れする際には、蛇口や配管などの一部分が緩んでいることがあります。各パーツの接続部分が緩み、以前の位置と変わることで水漏れが起こるのです。蛇口や配管を締め直してみると水漏れが改善することも考えられるでしょう。大きな地震や、近隣の工事などで大きな振動が発生している場合には、パーツの接続部分が緩むことが多くみられます。そのため、まずは各部のゆるみを確認してみましょう。

もし、水量が多すぎる場合には、水による振動から止水栓が開いてしまうこともあります。水漏れの程度がそれほどひどくない場合には、止水栓で水量を調整するのもいいでしょう。止水栓はハンドルを右へ回すと水量が減ります。反対に左に回すと止水栓が開き、水量が増える仕組みです。設定されていた水量が多すぎると感じる場合には、この部分を調整することで適度な水量に戻してみましょう。そうすると、水漏れが解決できることもあります。

しかしながら、プロではない人が勝手な判断で修理を行うと、事態を悪化させてしまうこともあります。家中が水浸しになってしまい、大切な家具などを破損させてしまうことも考えられるのです。また、マンションなどの場合には、隣や階下の人に迷惑をかけてしまうこともあります。そういった理由から、作業に不安があるという場合には、自分で判断をせず、プロに任せるのが安心です。

シングルレバー混合水栓への対処法

蛇口にはいくつかの種類がありますが、一般家庭に広く普及しているもののひとつに「シングルレバー混合水栓」があります。これは、温度調節や水量の調節を、1つのレバーで行うタイプの蛇口です。多くのシングルレバー混合水栓では、水を出すときにレバーをあげ、水を止める時にレバーを下げます。このレバーの下側から水が漏れてくることが多く、ほとんどの場合で、レバーを上げて水を出しているときに水漏れが起こります。蛇口から出る水の他に、レバーの下側からも水が漏れているという状況です。

シングルレバーは「左右」や「上下」だけでなく無段階に動くことができます。そのため、レバーの下に遊びのスペースが生まれやすく、その部分から水漏れが発生するのです。この遊びの部分から起こる水漏れは、バルブカートリッジの何らかの部品が消耗していると考えられるでしょう。この際は、バルブカートリッジを交換すると水漏れは解消されます。もし、10年以上バルブカートリッジを交換していないという場合には、バルブカートリッジが消耗している可能性が上がるでしょう。バルブカートリッジは自分でも交換が可能です。しかしながら、メーカーによってバルブカートリッジは異なります。間違ったものを使用してしまうと、水漏れが悪化してしまうこともありますので、気をつけなければいけません。

ハンドル混合水栓への対処法

築年数の古い住宅では「ハンドル混合水栓」タイプの蛇口も多くみられます。これは、古いタイプの水栓で、新しく取り付ける際にこのタイプを選ぶことはめったにありません。冷水と温水の2種類のハンドルがあり、その2つをまわすことで水量と水温の調節を行います。温度の調節がレバー1つではできないため、温度の調節に時間がかかるのが特徴です。一方で、非常に単純な構造をしていますので、壊れにくく、修理がしやすいといった特徴もあります。

ハンドル混合水栓で水漏れが起こる場合には、ハンドルの下部から水が滴り落ちるのが特徴です。水道を使用する際にハンドルをひねることで、ハンドルと本体の結合部にあるパッキンが消耗していきます。パッキンが消耗し、隙間が生まれてしまうことでハンドルのねもとから水が滴り落ちるのです。ハンドル混合水栓の内部には、バルブカートリッジのような複雑な装置がありませんので、水漏れの原因のほとんどはハンドル部分のパッキンの劣化であると考えられます。

水漏れが発生しても、ポタポタと滴り落ちるような軽い症状でおさまることが多く、パッキンを新しいものに交換するだけで水漏れが解消するケースがほとんどです。パッキンは、ハンドル部分に取り付けられていますので、比較的簡単に交換ができます。ホームセンターなどでも購入ができ、価格も安いため修理にかかる費用も安く済むといえるでしょう。

ほとんどの場合において、パッキンを交換するだけで、ハンドル混合水栓の水漏れは解決できるといえるでしょう。ただ、パッキンのサイズが合わない場合には水漏れが解消しないというリスクもあります。パッキンのサイズをしっかりと確認し、正しいパッキンを選んで修理を行いましょう。その他にも、ナットの緩みによる水漏れも考えられます。ナットの緩みが原因である場合には、緩んだナットを締め直すだけで水漏れが解決することもあるのです。もし、パッキンを交換しても水漏れが解決しない場合には、ナットの緩みも確認します。

専門業者へ依頼する判断基準は?

蛇口の水漏れというのは、それほど頻繁に起こることではありません。普段の生活を続けている中で、思いがけないタイミングで突然起こります。「蛇口を新しいものに変えたら水漏れが起こるようになった」や、「家を新築したら水漏れがしている」というのが起こることは、ほぼないのです。蛇口を取り付けている業者は、新しい蛇口を取り付けたことで水漏れが起こってしまうと信用問題にかかわります。そのため、工事は万全を期して行われているのです。

水漏れが起こるほとんどの原因は、部品の劣化により起こるものであると考えましょう。蛇口の新設や、部品を交換してから10年ほどが経過すると水漏れが起こる可能性が高まります。これは、蛇口の中にあるパッキンや部品が消耗してしまうことで起こり、水漏れへとつながるのです。水漏れが少しの場合には、自分で修理ができる可能性もあります。パッキンにひびが入っているなどといった水漏れの原因がわかっている場合には、部品を取り外して交換するのがいいでしょう。ただ、自分では取り外せないような部品がある場合には注意が必要です。

さらに、水が大量に噴き出してしまっているという場合にも、専門の業者へ依頼するのがいいでしょう。水道の蛇口の水漏れといっても、さまざまな原因やタイプがあります。それらによって必要となる部品も違います。素人の判断で部品を交換しようと考えても、サイズが合わないことや、同じものが手に入らないこともあるのです。その他にも、水漏れのタイプによって修理の方法も変わります。水漏れの原因や、部品のサイズなどが正確に分からないといった場合には、専門の業者に任せるのがいいでしょう。

蛇口の水漏れは専門業者への依頼が安心!

蛇口の水漏れは、原因によっては自分で対処できることもあります。もちろん、自分で水漏れの修理を行うと、修理費が安くおさえられるといったメリットも考えられるでしょう。しかしながら、蛇口にはさまざまなタイプがあり、原因の特定が難しいこともあります。さらに取り外したはいいけれど、用意した部品が合わずに修理ができないということも考えられるのです。その他にも、水が噴き出してしまい、家じゅうが水浸しになってしまうこともあります。

マンションなどの場合には近隣に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。水浸しになってしまうことで、修繕費などがかかり、余計なお金が必要になることもあるのです。蛇口の水漏れの修理を自分で行うことは、そういったリスクもあるということを忘れてはいけません。そのため、水漏れが起こったら、はじめから専門業者へ依頼するのがいいでしょう。しっかりとした知識と、技術を持った専門業者であれば、スピーディーな水漏れの解決が可能です。

ただ、水まわりの工事には不当な料金を請求し、手抜き工事を行う業者もみられます。しかし、業者によっては、事前にしっかりと話し合いを行い、価格に納得がいった時点で修理を開始するところもあるのです。見積もりを出さない業者というのは、悪徳であるケースが少なくありません。良心的な業者は、必ず見積もりを出してくれるのです。また、水道局指定工事店であれば、熟練した技術が保証されていますので、安心して任せられるといえるでしょう。水漏れが起こった際には、まずはしっかりと業者を選ぶことが大切です。安心のおける水道工事店に工事を依頼し、水漏れによるトラブルを迅速に解決しましょう。

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

水道、蛇口のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る