トイレの水漏れで困ったときの応急処置や対処法を紹介!

トイレの水漏れで困ったときの応急処置や対処法を紹介!
トイレから突然水漏れしてしまうとどうすれば良いのか慌ててしまうものです。とりあえず専門業者を呼べば良いと思うかもしれません。それも決して間違いではありませんが、業者が来るまでトイレをそのままにしておくわけにもいかないでしょう。トイレから水が漏れてしまったときにはどんな風に対処するのが正しいのでしょうか。すぐにやるべきことや応急処置について解説していきます。タンクや配管、便器や床といった場所毎に紹介していきますので、1つずつチェックしてみてください。

トイレの主な水漏れの原因には何があるの?

トイレの水漏れの原因は部品の経年劣化によるものが多いです。水漏れを確認したら、まずは部品の劣化を疑いましょう。トイレのタンクやパイプ、パッキンが劣化しているのなら、部品を交換する必要があります。トイレのどの部分から水が漏れているのかによって、破損している部品がどこなのか判別もしやすいでしょう。便器だけではなく、便器の周りが損傷することによって水漏れするケースもあります。結合部分は特にひび割れてしまったり、緩んでしまったりする可能性があるため、注意しておきましょう。

経年劣化による不具合として温水洗浄便座に問題があるケースもあります。温水洗浄便座のノズルから水漏れがしたり、水が止められなくなってしまったりする不具合が起こる可能性もあります。また、床に流れ出しているわけではなく、便器の中の水が流れ続けてしまっている場合は、タンク内の部品に問題があるケースが多いです。浮き玉が沈んでいたり、栓が外れていたりしないかをチェックしておきましょう。

トイレで水漏れ!はじめにすべきことは?

トイレが水漏れしているのを発見したなら、そのまま放置するのは危険です。水の漏れ具合によっては、そのままだとどんどん床を侵食してしまいますし、水道代も無駄にかかってしまいます。特に、アパートやマンションに住んでいる場合は、階下の住人に迷惑をかけてしまう可能性もあるため、要注意です。水漏れを発見したら、放置せずに止水栓を探してすぐに水を止めましょう。

止水栓は給水管の接続口付近に設置されていますから、簡単に見つけられます。そのまま手で回して止められるハンドル付きのタイプもあれば、マイナスドライバーを使わないといけないタイプもあります。止水栓を時計回りにひねれば、水を止められますので、それ以上の水漏れを防ぐことが可能です。まずは水をしっかりと止めてから水漏れしている箇所を特定しましょう。

トイレの止水栓について注意すべきこと

トイレが水漏れをしているとなれば、慌ててしまい、スムーズに止水栓を見つけることができないかもしれません。止水栓の場所がわかっていたとしても、上手く締められないという可能性もあるでしょう。もしトイレの止水栓を締められないという場合には、家全体の止水栓を止めましょう。戸建ての場合は宅地内の地面に設置されています。集合住宅の場合は、玄関横のパイプシャフトの中にあります。普段から場所がわかっていないとスムーズに止水栓を締められない可能性がありますので、前もって場所を確認しておきましょう。

家全体の止水栓はメンテナンスをしておかないと錆びてしまい、締めにくくなってしまう場合もあります。そのため、定期的に止水栓のお手入れをすることを忘れないようにしましょう。ただ、家全体の止水栓を締めると、水道やシャワーで水を流すことはできなくなります。入浴や食器洗い、洗濯ができなくなってしまうため、修理できるまでに時間がかかるようなら、なるべくトイレの止水栓を締めるのが適切です。どちらにしても、止水栓をできる限りすぐに締めることを心がけましょう。

トイレタンクの水漏れは水位の確認をしてみよう!

トイレタンクから水漏れしている場合、部品に亀裂が入っているといった経年劣化による破損以外の可能性があります。タンクが水漏れしているということなら、はじめに水位を確認してみましょう。タンクの内部にあるパイプ部分には水位線というラインが設けられているため、そのラインと実際の水の高さで水位が高いか低いかを確認できます。水位線よりも水位が高い場合は、タンク内の水の量が多く、逆に水位が低い場合はタンク内の水の量が少なくなっているということです。

水位線よりも低い水位になっている場合はまず、トイレのレバーを回してみましょう。レバーを回して水位が戻る場合はゴムフロートに原因がある可能性があります。戻らない場合はレバーの不具合の可能性を疑いましょう。逆に、水位が水位線よりも高い位置にある場合は、レバーではなく、浮き球を使って確認します。浮き球を持ち上げてみても漏れている水が止まらない場合は、ボールタップに不具合が生じている可能性があります。持ち上げて水が止まる場合は、タンク内の水の量が多くなっていることが水漏れの原因ですので、深刻な問題というわけではありません。

これらの要因に当てはまらないようであれば、オーバーフロー管に問題がある可能性もあります。外れていたり、折れていたりすると水漏れすることがありますので、併せて確認しておくと良いでしょう。どこに不具合があるのかによって交換すべき部品や対処の仕方は変わってきます。最初からすべて業者任せにせずにチェックしておくと修理がスムーズに進められます。

タンク内の少量の水漏れ1:ボールタップの不具合

タンク内の少量の水漏れ1:ボールタップの不具合 タンク内の少量の水漏れをしている場合は、ボールタップの不具合の場合があります。ボールタップとは、トイレの給水設備のことです。給水弁やフロート弁と呼ばれることもあり、形状はメーカーや商品によって異なりますが、基本的には浮き球や支持棒、管の部分を指します。タンクの蓋を外してみて、水が管の中に流れ続けているなら、ボールタップに不具合がある可能性を考えましょう。水を出したり、止めたりするパッキン部分が消耗することによって、水漏れしてしまいます。ボールタップは消耗品ですから、使っているうちに不具合が起こったり、破損したりする可能性は十分にあります。

ボールタップの一部であるパッキンを交換すれば良いと考えるかもしれませんが、技術がないと難しい問題です。せっかく交換しても正常に動かないこともありますので、ボールタップごと交換したほうが良いでしょう。ただ、ボールタップの交換にしても、素人が交換をすると水漏れの改善が上手くできない可能性が高いです。正しい手順を守りながら丁寧に行えば、素人でも不可能ではありませんが、繊細な作業が多いため、プロに任せるのが無難です。下手をすれば、タンクの外へと水漏れする可能性もありますので、専門業者に依頼をしたほうが良いでしょう。

タンク内の少量の水漏れ2:排水弁の不具合

タンク内の水漏れはボールタップだけではなく、排水弁による不具合が原因の場合もあります。排水弁とは、タンクの底にあるゴム栓のことです。フロートバルブとも呼ばれ、細かな形状はメーカーによって異なります。ゴム製の部品であるため、劣化しやすいのが特徴です。排水弁の劣化による水漏れだと確認できたなら、部品を交換することで対処できます。排水弁を交換する際は、同じ形状のものを用意するようにしましょう。自分で部品を購入する場合は間違えないように注意してください。部品名や形状、サイズを覚えられないという場合は、劣化している排水弁を取り外し、店舗へと持ち込むのが確実です。ホームセンターのスタッフなどに現物を見せて同じものが欲しいと伝えれば、スムーズに案内してもらえるでしょう。

新しい排水弁を用意したら、サイフォン管と呼ばれる部品へと取り付けることになります。正しく取り付けないと上手く機能しないため、細心の注意を払いましょう。取り付けるときは力を加え過ぎないのがポイントです。力を入れ過ぎてしまうと、サイフォン管が折れてしまう可能性があります。そうなると新たにサイフォン管も交換して修理しなければならなくなるため、要注意です。排水弁の交換作業に少しでも不安に感じるようであれば、専門業者に依頼しましょう。プロの業者であれば、誤って折ってしまう可能性も限りなく低いですし、安心して任せられます。

トイレタンクの水漏れの注意点

あからさまに水漏れしているとトイレが不具合を起こしていることが目に見えるものです。一方で、トイレの内側はぱっと見て確認することはできないため、より深刻な状態になるまで気付きにくいという面があります。しかし、実際のところ、トイレが水漏れを起こす原因の多くはトイレタンクにあります。普段は目にしたり、確認したりする箇所ではないからこそ、定期的に水の流れ方や音に異変がないかをチェックする習慣を持つと良いでしょう。少しの異常で気付くことができれば、深刻に故障してしまう前に対処できます。できれば、トイレタンクの水位も異常がないかどうか定期的に確認すると良いでしょう。

トイレタンクから水漏れしている際は、ボールタップか排水弁に異常があることが多いですが、部品を交換しても直らない場合があります。その場合は、サイフォン管やタンク自体に異常がある可能性が考えられます。これらの不具合はより深刻な問題ですから、ただちに専門業者に修理を依頼しましょう。放置しておくと大量に水漏れしてしまいます。そうなれば、水道代をより多く支払うことになってしまいます。そうならないようにするためにも、早めに専門業者へ依頼しましょう。

配管からの水漏れ1:トイレタンクと便器の間から

トイレタンクと便器の間にある配管から水漏れしているというケースでは、配管のナットやパッキンが経年劣化していることによって起こっている可能性が考えられます。ナットが緩んでしまっているようなら、レンチを使って締め直しましょう。ナットが緩んでいないのにも関わらず、水漏れしているのなら、パッキンに不具合があるということです。この場合は新しいパッキンに交換する必要があります。交換用のパッキンはホームセンターやネット通販で手軽に入手可能です。

ただ、自分で修理する場合、パッキンが正しく入らないと不具合を起こしてしまいます。ナットを傷つけてしまう可能性もありますので、そういった作業に慣れていない場合は自分で修理するのは避けたほうが良いでしょう。施工費用を削減する目的であっても、失敗したらさらに費用がかさんでしまう可能性もあります。不具合が出ないようにきちんと直したいのであれば、専門業者へと依頼しましょう。専門業者へ依頼するのであれば、道具の準備や新しい部品の購入は必要ありません。プロに任せればスピーディーに対処してくれますので安心です。

配管からの水漏れ2:トイレタンクと排水管の間から

トイレタンクと排水管の間から水漏れしてしまっている場合は、パッキンの経年劣化による不具合が原因となっているのが主です。パッキンを新しいものに交換し、ナットを締めることで修理できます。ただ、トイレタンクと便器の間にある配管の修理と同様で、ナットを傷つけてしまう可能性がありますし、パッキンを正しく交換できないこともあります。自分でパッキンを交換する際には傷つけたり、接続部分がおかしくなったりすることのないように気をつけましょう。

トイレの水漏れを修理する方法としては比較的手軽な方法ではありますが、誤って部品を傷つけてしまう可能性があるのなら、自分で修理するのは控えましょう。部品を傷つけてしまうと、さらに新しい部品を用意しなければならなくなるといった手間や費用もかかります。そもそも、自分では適合する部品を見つけられないという問題も出てくるでしょう。確実に直したいのであれば、専門業者への依頼が適切です。

配管からの水漏れ3:給水管の分岐点から

配管からの水漏れは、給水管の分岐点から起こることもあります。排水管と給水管のあたりから水が漏れ出ている場合は、分岐点に不具合があると考えて良いでしょう。分岐点から水が漏れているのであれば、他の配管からの水漏れと同じく、パッキンの不具合が原因です。分岐点の場合、まずは排水管のナットを外し、それから止水栓のナットを外してからパッキンを交換することになります。部品の構造をきちんと理解していれば、自分でできなくはありません。しかし、他の配管の水漏れと同様で、自分での修理は失敗するリスクが伴います。

給水管の分岐点は他の配管部分に比べると、少し複雑化しています。部品を間違えてしまう可能性があるため、ナットを外す順序を間違えたり、パッキンを交換する箇所がわからなくなったりして戸惑うこともあるでしょう。ナットを取り外す部分が2カ所となるため、パッキンを交換しようとしても、最後にナットを上手く締められない可能性もあります。なんとか修理できたとしても、慣れていないのであれば時間がかかり過ぎてしまうことも考えられるでしょう。このような不手際が発生する可能性がありますから、専門業者への依頼を検討しましょう。

配管を修理するときの注意点は?

配管を修理するためにはまず、ナットを緩めて配管を外さなければなりません。配管を取り外す際は、配管内にある水がこぼれてしまうため、床が濡れてしまわないようにバケツや新聞紙などを下に置くようにしましょう。万が一こぼれてしまったときのためにもすぐに拭き取れる雑巾も用意しておけば慌てることなく作業できます。また、配管を分解して修理をしたら、再度組み立てる必要があります。このときに部品を紛失したり、組み立て方を間違えたりしないよう十分に注意しましょう。

トイレの修理に関する知識がない素人が行おうとすると、修理が不十分になる可能性があります。組み立て方がわからなくなってしまったり、部品を傷つけてしまったりするため、十分に配慮しながら修理しなければなりません。上手くできたと思っても、修理が不十分な場合は肝心の水漏れが解決しないこともあるでしょう。パッキンを交換し、ボルトもしっかりと締めたはずなのに解決できないという場合は、素人目には一体何が悪いのかなかなかわからないものです。水漏れをきちんと直したいのなら、最初から自分で修理をしようとするのではなく、専門業者へと依頼をしたほうがスムーズです。

温水洗浄便座の水漏れの原因は?

温水洗浄便座の場合は、洗浄ノズルから水漏れしたり、温かい水を溜めるための温水タンクから水漏れしたりするケースがあります。他にも、温水洗浄便座の横から水漏れする場合もありますし、便器内や便座からも水が漏れ出す可能性はあります。洗浄ノズルから水漏れするのは、バルブユニットというノズルの出し入れをするための部品が故障しているのが主な原因です。温水タンクや温水洗浄便座の横から水漏れしている場合は部品の経年劣化や緩みによる可能性が考えられます。便器内や便座の場合は、洗浄ノズルと同じくバルブユニットの不具合の可能性もありますが、手洗いタンク付きのトイレと同様にボールタップや排水弁に不具合がある場合もあるでしょう。

温水洗浄便座から水漏れしていることを確認したら、元栓が開き過ぎてしまっていないかをまずは確認しましょう。元栓の開き過ぎで水漏れしているケースもあるためです。元栓の開き過ぎが原因なら、適正にすることで水漏れを解消できます。パッキンの劣化が原因であればパッキンを交換すれば解決です。パッキンを交換しても水漏れが解消しないのであれば、温水洗浄便座の経年劣化を疑いましょう。ただし、バルブユニットのような温水洗浄便座ならではの部品は、パッキンのように手軽に部品交換はできません。

バルブユニットは市販されていませんし、分解や修理の仕方も複雑であるため、自分で修理することは不可能です。温水洗浄便座の部品が経年劣化していることで水漏れしているのであれば、専門業者へ依頼をして修理してもらいましょう。

便器からの水漏れには早期の対処が必要!

トイレタンクによる水漏れに比べればあまり多くはないケースですが、便器そのものから水漏れしてしまうこともあります。この場合は、便器自体がひび割れてしまっており、そこから水が漏れているということです。便器が割れているため、ボルトを締めたり、パッキンを換えたりすることによって解決できるわけではありません。防水性のあるパテやコーキング剤でひびを埋めることもできますが、応急処置に過ぎません。便器は陶器製ですから、一度ひび割れてしまうと時間が経過するとともにどんどん深刻な状態になっていきます。

便器がひび割れてしまって水漏れしたのなら、便器そのものの交換が不可欠です。応急処置としてひびを埋めるのもありですが、あくまでも応急処置として考え、修理の依頼をする予定を立てましょう。便器を購入することはできても、排水菅と接続しているため、交換作業は気軽に行えません。便器を持ち運ぶのでさえ慎重さを要する作業ですし、誤って床に落としてしまう危険性もあります。無理に自分でなんとかしようとするのではなく、早めに専門業者へ便器の交換を依頼しましょう。

トイレの床に水漏れがある原因と対処法は?

トイレの床に水が漏れてしまっている場合、床下の排水管の経年劣化の可能性をまずは考えてみましょう。床下の排水管でなければ、トイレ横の配管から水漏れしていたり、便器がひび割れていたりする可能性があります。そのまま放置しておくと床が腐食してしまう危険性があります。2階以上に設置されているのであれば、階下の建材まで腐食してしまうため、早期の対策が不可欠です。床の水漏れに気付いたら、ただちに止水栓を締めて水を止め、濡れてしまった床を拭きましょう。

床下の排水管から水漏れしている場合の対策方法としては、劣化しているパッキンの交換がありますが、気軽に交換できる場所ではありません。他には、便器の設置不良による水漏れの可能性が考えられます。便器の中にある水を着色してしばらくの間放置しておくことで確認できます。色を付けた水が床から漏れているのならトイレの設置不良だと考えて良いでしょう。排水管の水漏れにせよ、設置不良にせよ、便器を取り外して修理しなければならないため、プロである専門業者に依頼しましょう。放置すると床材や階下の建材を腐食させてしまい、莫大な修繕費用がかかってしまうため、十分に注意しなければなりません。

床の水漏れへの対処法!便器と排水管の間は?

トイレの床が濡れる原因は、床下の排水管やトイレ横の配管、便器のひび割れだけではなく、便器と排水管の接続部分も挙げられます。接続部分に不具合があることで水漏れが起こり、床へと染み出してしまっているのです。このような場合は、フランジパテの劣化している部分を修理することで水漏れを解消できます。フランジパテとは、便器と排水管をつないでいる接続部分にある部品のことです。新しいフランジパテに交換するだけなので、方法としてはシンプルです。

止水栓を締めて水を止めたら、タンクの中にある水を排出します。このとき、便器の中に溜まっている水も出すのを忘れないようにしましょう。水の排出を終えたら、便器を取り外し、劣化しているフランジパテをマイナスドライバーで外します。取り外したら、新しいフランジパテを取り付け、便器を元に戻せば完了です。フランジパテ自体はホームセンターやネット通販で簡単に入手できますので、自分で修理する場合は前もって用意しておきましょう。

修理に必要なのはフランジパテの交換です。そのためには便器を一度取り外し、取り外した便器を元に戻さなければならないという工程があります。修理作業に慣れている人にとっては難しくないかもしれませんが、素人が挑戦しようとするとなかなか難しいでしょう。無理にやろうとすると思うように設置できない可能性があります。手順を間違えてしまったり、修理の過程で部品を破損してしまったりしては元も子もないですから、専門業者へ依頼をしたほうが良いでしょう。

応急処置用に準備しておきたいものは?

トイレが水漏れした際はスムーズに対処したり、修理業者に依頼したりすることはもちろん、もしものときに備えて日頃からの準備しておくことも大切です。いくら修理業者へ依頼するといっても、それまで何もせずに待っているだけではトイレの水漏れの状況が酷くなってしまう可能性もあります。そうならないようにするためにも、水漏れしたときのために応急処置用の道具を用意しておきましょう。

応急処置といっても、プロ顔負けの専門的な道具を用意する必要はありません。水漏れ対策としてまず重要な道具となるのはバケツです。トイレや床を洗浄するための水を入れたバケツと、漏れてしまった水を入れるための空のバケツの2つを用意しておきましょう。それから、新聞紙やゴム手袋、雑巾もトイレの水漏れ対策には有効です。あとはボルトを締めたり、部品を取り外したりするためのレンチやドライバーも用意しておくとなお良いです。

専門業者に修理を依頼するのであれば、修理用の道具はなくても問題はありませんが、最低限でも水を止めるための道具と拭き取るための道具は用意しておきましょう。専門業者が自宅へと修理に来る前に応急処置だけでも済ませておけば、業者としても修理を始めやすいです。それだけスムーズに修理作業が進みますし、トイレが再び使えるようになるまでの時間も短縮できるでしょう。また、道具とは異なりますが、故障してから修理するまでの間のトイレの確保も重要です。近隣にコンビニやスーパーのような店舗があれば借りるのも手ですが、近くにない場合は近所の人にトイレを貸してもらえるように頼んでおきましょう。賃貸物件であれば、大家さんに相談して借りるという手もあります。

修理依頼か買い換えをしたほうがよいケース

温水洗浄便座の場合は構造が複雑かつ手軽に部品を手に入れることはできないため、修理依頼や買い換えが必要不可欠なのは言うまでもありません。しかし、手洗いタンク付きの便座の場合は、修理依頼や買い換えをすべきかについてはケースバイケースです。自分で修理をする自信がなかったり、経験が全くなくて不安だったりする場合は専門業者へ依頼するのが無難です。修理やDIYの経験が豊富な場合は水漏れの原因や修理する方法によって依頼すべきか判断する必要があるでしょう。

手洗いタンク付きの便座でただちに修理依頼をしたほうが良いケースとしては、まず、タンクの蓋を開けた際、樹脂カバーに水が溜まっていたり、水漏れの跡があったりする場合が挙げられます。樹脂カバーに水が溜まるということは、整流スポンジが外れていたり、潰れてしまっていたりするのが主な原因です。整流ジャバラを交換することで修理できますが、開口部にはまるように上手く取り付けるのが簡単ではないため、業者に依頼するのが適切です。

また、便器に水滴が常に、あるいは頻繁についてしまっている場合も専門業者への修理を依頼しましょう。結露が起こるのは部屋内の湿度が高かったり、換気不足だったりすることもありますが、便器のひび割れの可能性もあります。場合によっては買い換えが必要です。買い換えまでとはいかなくても便器に異常があることは確かですから、まずは専門業者に相談しましょう。その他にも、自分では修理できそうにないようなトイレのトラブルに関しては早めに専門業者に問い合わせると良いでしょう。

専門家に修理を依頼するときのポイント

専門家に修理を依頼するときのポイント 専門家に修理を依頼するときは、ただトイレから水が漏れていることを伝えれば良いというわけではありません。もちろんそれでも対応はしてくれますが、専門業者としても修理へ行く前にトイレの故障状況を把握しておいたほうがスムーズに修理を行いやすいものです。専門的なことは詳しくわからなくても、トイレのどの部分から水漏れしているのかがわかるようであれば、依頼の時点でしっかりと伝えるのがベストです。専門業者からはトイレの状況について他にも質問される可能性がありますが、できる限りの範囲で答えられるようにしておきましょう。

また、専門家へ修理依頼をする際に多くの人が気になりがちなポイントは修理にかかる費用です。修理にかかるおおよその料金について前もって教えてくれる専門業者もありますが、あくまでも大体の見積もりであり、正確な修理料金ではないため、注意しておきましょう。パッキンの交換費用といったように、項目毎に明確な料金設定をしている専門業者は多いです。しかし、こういった料金表示は目安として考えておくべきです。理由は、トイレの故障の状態によって左右されることにあります。

修理をしていく過程で、予想していた修理箇所だけではなく、他にも不具合が見つかる可能性はあります。特に、タンク内や配管の不具合は素人目には把握しづらい部分ですから、追加費用がかかる可能性があることは覚悟しておくべきです。深刻な場合は、部品の交換ではなく、トイレの買い換えが必要になります。場合によっては高額な費用がかかることを理解しておきましょう。

トイレの水漏れで困ったら?早めに専門業者に依頼しよう!

トイレの水漏れにはさまざまな原因がありますし、原因によって細かな対処の仕方や修理方法は異なってきます。ただ、水漏れに関する不具合であれば、まずは止水栓を締めることが先決です。水をしっかりと止めてから水漏れ箇所を把握することが修理をする前の適切な対処方法になります。スムーズに修理をするためにも、トイレから水が漏れても慌てずに応急処置をしてから専門業者へ依頼をしましょう。

参照サイト

1段落:【トイレ詰まり水道業者徹底比較】トイレの水漏れ何が原因?
http://www.wc-trouble.com/water-leak/cause_pursuit.html
2段落:【TOTO】止水栓の閉め方と調整方法
https://jp.toto.com/support/repair/solution_t/shisuisen.htm
12段落:【生活救急車】ウォシュレット水漏れノズルからポタポタする原因と修理方法
https://sq.jbr.co.jp/library/381
15段落:【水道1番館】トイレと床の間から水漏れ
https://sos-mizu24365.com/diy/toilet/diy60.html
17段落:【生活救急車】トイレの結露の原因と対処方法とは
https://sq.jbr.co.jp/library/457
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム

トイレのつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る