トイレの流れが悪くなったら浄化槽の詰まりを疑ってみよう

水洗トイレの水の流れが悪い、トイレが詰まったなどのトラブルが起こった場合、早急に何らかの対処をする必要があります。トイレの詰まりを放っておくと、汚物や汚水が溢れ出してくる可能性があり、ひどい故障になるとしばらくトイレが使えないという不便な生活を強いられてしまいます。トイレの詰まりにはさまざまな原因が考えられますが、浄化槽が原因となっていることも多いようです。ここでは、浄化槽とはどのようなものか、浄化槽が詰まった場合にはどうすればいいかなどについて解説します。

浄化槽とはなに?役割と特徴

汚水処理施設である「浄化槽」とは、微生物などの働きを利用して汚れた水を浄化し、自然に放流するための設備です。各家庭に配置されていることから、もっとも身近な汚水処理施設といえるでしょう。水洗トイレの場合、通常トイレ使用後の汚水は下水道やコミュニティ・プラント、もしくは浄化槽のいずれかに流されます。汚水をそのまま河川などに放出すると環境を汚してしまうことになるため、これらの場所で処理しているのです。以前は、水洗トイレの汚水だけを浄化する「単独処理浄化槽」の設置が認められていましたが、平成13年以降は台所排水や洗濯排水、浴室排水などの生活雑排水と一緒に処理する「合併処理浄化槽」の設置が義務付けられました(ただし、平成13年から7年以内に下水道が供用開始になる区域・下水道予定処理区域は例外とされていました)。

水の汚染源となるものには、水中に存在する固形物と水に溶け込んでいる有機物質(溶解性物質)などがあります。固形物は浮上や沈殿させることで分離除去したり、濾過材で漉したりして取り除き、溶解性物質は微生物を利用して取り除きます。浄化槽はその種類によってさまざまな処理方法がありますが、ここでは一般家庭でよく使用される浄化槽(嫌気ろ床接触ばっ気方式)の仕組みを見ていきましょう。まず、嫌気ろ床槽と呼ばれる箇所に汚水が入り、濾過材と微生物の力で溶解性物質が除去されます。続いて、もう一つの嫌気ろ床槽を通過して同様の処理が行われた後、接触ばっ気槽と呼ばれる槽に入るのです。

ここでは、好気性微生物が溶解性物質を除去してくれます。その後、水は沈殿槽に送り込まれ、これまで浄化の役割を担ってくれた微生物の塊である汚泥を沈殿させます。最後に、浄化された処理水は塩素剤で消毒された後、河川へと放出される仕組みとなっているのです。浄化槽に関する法律として、昭和58年に「浄化槽法」が制定され、浄化槽に関するさまざまな事項が定められました。浄化槽法には、浄化槽の製造や保守点検、清掃などに関する事項や、浄化槽に関係する事業に従事する者の責任を明確にする事項、また浄化槽の使用者に対する正しい使用方法に関する事項などが盛り込まれています。

トイレの詰まりは浄化槽が原因?

水洗トイレで水が流れず、トイレが詰まったという経験はありませんか。実は、トイレの詰まりの原因に浄化槽が関係している場合があるのです。浄化槽とはもともと、下水道設備が整っていない、もしくは下水道の接続工事を行っていない場所に設置するのが一般的です。前述した通り、浄化槽には「単独処理浄化槽」と「合併処理浄化槽」の2つのタイプがあり、単独処理浄化槽はトイレの汚水のみを処理するため、台所や浴室などから出る生活雑排水はそのまま河川に放出されている状態でした。そのため、生活環境や自然環境への配慮から、平成13年以降単独処理浄化槽の新たな設置はできなくなっています。

単独処理浄化槽は、トイレから出た汚水や汚物をバキュームカーで汲み取る必要があります。一方の合併処理浄化槽は、トイレや台所、浴室などから出るすべての汚水を浄化槽によって浄化することができ、各家庭に設置されているものです。特に、人口が多くない地域などでは大掛かりな下水処理施設をつくることが難しく、合併処理浄化槽が使用されているのがほとんどという状況です。単独処理浄化槽の場合であれば、トイレからの汚水のみを処理するため、トイレの詰まりの原因が浄化槽によるものである可能性は高くなるでしょう。一方、合併処理浄化槽を使用している場合は、台所や浴室などの汚水も浄化しているため、一概にトイレの詰まりの原因を浄化槽によるものと特定するのは難しくなります。

ちなみに、浄化槽以外でトイレの詰まりの原因となりやすのが、便器に異物を流してしまった場合です。トイレットペーパーは水に溶けやすい性質の紙ですが、トイレットペーパー以外の紙を便器に流してしまうと、紙が溶けきれずに詰まりの原因となります。また、トイレットペーパーの場合でも、一度にたくさんの量の紙を流すことで詰まりの原因となるでしょう。他には、紙おむつやお掃除シート、生理用品などを誤って流してしまうなども詰まりの原因となり得ます。

浄化槽の詰まりは必ず業者に依頼する

トイレの詰まりに気づいたら、まずは専門業者に依頼することをおすすめします。浄化槽が詰まっている可能性がある場合の対処法として、トイレから浄化槽につながっている排水管を調べてみるという方法があります。屋外に設置されている排水管の中を確認し、詰まりの原因となる物質があれば取り除くことで問題が解決するでしょう。しかし、排水管や浄化槽などを扱うには高度な専門知識と技術が必要となるので、素人が簡単に解決できる可能性は低くなります。最悪の場合、排水管などを傷つけて、思いがけない修理費用がかかってしまう可能性もあるのです。

トイレの排泄物やトイレットペーパーなどが溜まって詰まりの原因となることもあるため、まずはバキューム清掃を行う業者に依頼し、浄化槽の清掃を行ってもらう必要があります。あまりにも詰まりを放っておくと、浄化槽から汚物や汚水があふれ出てくる恐れもあるので注意が必要です。浄化槽で汚水をきれいにするためには、2種類の微生物の力を利用します。素人では微生物を扱うことができないことに加え、浄化槽で濾過もしくは微生物によって分解された物質が沈殿するので、定期的に業者にこれらを汲み取ってもらうことも欠かせません。

また、汲み取りの際には、浄化槽の付属機器の洗浄なども行ってもらえ、清掃の頻度は浄化槽法によって詳しく定められています。浄化槽法では、浄化槽の通常使用状態において年1回以上の清掃が定められており、槽内水位の上昇や汚泥の著しい蓄積、処理水質の低下などが見られた場合には、状況に応じて対処する必要があるとされています。業者の清掃方法などについても浄化槽法で取り決めがあるため、素人判断で対応するのはやめ、トイレの詰まりや異変を感じた場合はすぐに業者に連絡しましょう。業者に連絡する際には、いつ頃からトイレの詰まりが見られるか、何か異物を流した覚えがあるか、トイレの築年数などを伝えることで、問題解決が早くなる可能性があります。

浄化槽の補助金制度がある

すでに単独処理浄化槽や汲み取り便槽などを使用している人が合併処理浄化槽に転換したいという場合、各都道府県による浄化槽のための補助金制度があります。補助内容も各自治体によって異なりますが、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽へ転換する際にかかる工事費や、浄化槽の維持費などを一部負担してもらうことができるのです。浄化槽の維持費としては、浄化槽の保守点検や清掃などが挙げられます。害虫駆除や消毒薬の補充、故障の際には修理が必要となるうえ、浄化槽法により年1回以上の清掃が義務付けられています。

さらに、浄化槽の使用開始3カ月目から5カ月目までには「設置後の水質に関する検査」を、その後毎年1回の「定期水質検査」も必要となるのです。処理対象人員10人槽以下の浄化槽の場合、地域によっても異なりますが、水質検査の料金は使用開始3カ月後の検査が1万3000円程度、定期検査が毎回5000円程度かかります。浄化槽を維持管理していくためには意外と費用がかかることがわかりますね。これらの費用を補助してくれる補助金制度をぜひ利用し、自己負担をなるべく抑えたいものです。自分が住んでいる地域にどのような補助金があるのか、各自治体に問い合わせてみましょう。自治体のホームページなどでも情報を収集することができます。

補助金制度に申請する際には、自分が補助金の対象となるのかを事前に確認しておくことが必要です。中には、建築物の新築や改築、増築などに伴う浄化槽の転換については、補助の対象外としている自治体もあるようです。

浄化槽の清掃や詰まりを相談してみよう

トイレの水が流れないという場合、多くの家庭ではラバーカップ(通称スッポン)を使用して対処することが多いですね。便器の中に異物が詰まってしまったという場合には、詰まりの原因となる物質を除去することで問題が解決することもあるでしょう。しかし、詰まりの原因が浄化槽にある場合、素人判断で対処するのはとても危険です。浄化槽の点検や清掃、修理などには専門的な知識や技術が必要となり、その対応方法は法律によって詳しく定められています。そのため、トイレの詰まりに気づいたら、すぐに専門業者に修理を依頼することをおすすめします。ただし、中には悪質な業者もいるため、きちんと信頼できる業者を選ぶことが大切です。

「ザットマン」は水道局指定工事店のため、水回りの工事を安心して任せることができます。また、給水装置工事主任技術者取得店、1級建築士取得店、PL保険加入店として、数々の修理実績を誇っていることも見逃せません。トイレの詰まりにも迅速に対応し、浄化槽の点検や清掃などについても熟知したスタッフが対応してくれるので、トラブルをより早く解決することができるでしょう。また、出張費や見積もり料などが0円なのもうれしく、初回限定のキャンペーン料金の設定があるなど、良心的な料金で対応してもらえるのもザットマンの特徴です。

水回りの修理は対応が遅くなればなるほど症状が重症化し、修理にかかる時間が長く、かかる費用も大きくなってしまう可能性があります。ほんの少しでも異変に気付いたら、自分で対応しようとせずにすぐに専門業者に依頼しましょう。

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る