一体何が起こってるの?トイレの異音の原因を探る方法

トイレの水を流したときに、いつもと何か音が違うというような経験はありませんか。トイレで異音がする場合、水トラブルのサインであるケースが多いのです。異音を放置してしまうと、トイレの水が流れないといったトラブルに発展する可能性もあります。しかし、水トラブルに詳しくないと原因を探ることも難しいでしょう。今回は、そんな異音での水トラブルを未然に防ぐため、異音別に原因を探す方法や対応策などを紹介していきます。

トイレの異音の多くは水トラブルが原因

トイレから変な音が聞こえてきたら故障のサインです。異音の多くは、水トラブルが原因で異音の種類に合わせて対応が変わってきます。主に、異音は便器やトイレタンクからする場合が多く水漏れや詰りが原因です。やっかいなのは、放置すると悪化することです。トイレのトラブルを放置すると、水が流れないことや他の部品の故障に発展することも十分に考えられます。そのため、異音の種類に応じて正確な原因を見つけることが大切です。

水トラブルの中には、単純に異物が詰まっているだけのケースもあります。この場合は、ラバーカップなどを使えば自分で改善させることも可能です。しかし、詰まりではなく水漏れの症状だと、部品の破損や劣化が原因となり交換が必要となってきます。知識がある人や経験がある人は自分で行っても良いですが費用が余計にかかったり、悪化したりする原因にもなりかねません。そのため、できるだけ専門業者にお願いした方が無難です。水トラブルの中には、原因が見けられないことや専門業者でないと直せないことも多いので、早めに相談するようにすると良いでしょう。

トイレの外側から聞こえる異音の場合

トイレの外側から聞こえる異音は、ポタポタ・シュー・ゴン・ガンなど特徴的な音がします。音によって、それぞれ意味が違ってくるので理解していきましょう。まず、ポタポタやシューという音が壁から聞こえる場合は、給湯・配管設備のトラブルが疑えます。そのため、トイレ自体に問題があるわけではありません。しかし、マンションやアパートだと同じ配管を利用しているケースがあり大問題に発展する可能性があります。原因の特定が難しく、自分の家なのかも把握できない場合がほとんどです。そのため、早急に水道局や業者に相談し対応してもらいましょう。

続いて、ゴン・ガンという音も配管・給湯設備の故障が原因となります。一見、ポタポタやシューの音と同じように思えますが症状が全く違うのです。この、ゴン・ガンという壁を叩いたような音は、衝撃音でウォーターハンマー現象と呼ばれています。ウォーターハンマー現象は、水漏れではなく、急激な圧力変化で配管内の水がぶつかり合って起こるものです。これは、トイレだけではなく、風呂場や台所など水場ならどこでも起こります。

例えば、蛇口を急にしめたり、食洗器が作動したりするとコンをいう音がするケースがあるのです。これも、ウォーターハンマー現象で、圧力による現象となります。現代では、機器の進歩で節約家電が目立ちボタン一つで動作させることができるようになっていますよね。そのため、ウォーターハンマー現象が起こりやすくなっているともいえます。実は、このウォーターハンマー現象は放置しておくと危険で、水道管の破損に繋がってしまうのです。水道管や給湯機の配管が破損すると、工事中は水やお湯を使うことが困難になります。さらに、マンションやアパートだと、住んでいる住民すべてに関係してくるので大きな問題です。そのため、ゴン・ガンという音を聞いた場合は、早めに水道局や専門業者に連絡しましょう。

他にも、カンカン・コンコンという音がする場合があります。この場合は、冬場に多く気温が大きく関係していることが多いでしょう。具体的には、排水の温度が下がり配管が膨張することが原因です。設計の段階で膨張を計算して作っていれば音はなりませんが、そうでない場合は壁に当たって音がなります。しかし、季節が変われば音は消えるので心配ないでしょう。どうしても音が気になる人は、業者に相談するもの1つの方法です。

トイレタンクから聞こえる異音の場合

トイレタンクから聞こえる異音を聞き分けることで、ある程度の故障原因を特定することができます。トイレタンクの異音はコポコポ・シュー・ブーン・チョロチョロの4種類があり、それぞれ原因が異なるのです。聞き方によっては、よくわかない場合もありますが、あくまでも目安として理解していきましょう。まず、コボコボやコポコポという音がしたら排水管や排水路に異物が詰まっている可能性があります。その場合、トイレタンクの異常ではないため便器や配管の点検を行いましょう。

続いて、タンク内からシューという音がする場合、部品の故障が原因の可能性があります。最も多いのが水漏れで、部品の破損箇所から水が噴き出ているのです。もし、原因が水漏れならば放置しておくとタンクの水が溢れてしまうかもしれません。また、水が出続けているため水道料金も大幅に上がってしまうでしょう。早期対処するために、タンク内のチェックをおすすめします。点検方法は、まずトイレタンクの蓋をあけ、タンク内にある部品を確認しましょう。

主に、ボールタップやフロートバルブ、浮き球などが破損しているとシューという音が大きくなっている場所があるはずです。例えば、ボールタップの根元が破損していれば、水がシューという音と一緒に出ています。見て判断できない場合は、手を当てて水が漏れているのかを確認すると良いでしょう。破損箇所が特定できたら部品を自分で手に入れて交換も可能です。しかし、部品には型があり、失敗するケースも少なくありません。そのため、部品の購入や交換に自信がない人は専門業者に依頼することをおすすめします。

次に、ブーンやゴーといった音がした場合は、共鳴現象が発生している可能性が高いでしょう。共鳴現象は、楽器を鳴らすようにトイレタンクからの振動が配管に伝わる現象です。この共鳴現象が起こると、トイレタンク内のボールタップやパッキンの劣化が原因の可能性があります。また、ボールタップは浮き球とも連結しているため原因を特定するのが難しいのも特徴です。自分で対処する場合は、ボールタップ・浮き球、パッキンいずれかの交換が必要となってきます。しかし、原因究明が不十分だと交換しても改善されず、逆に悪化してしまうかもしれません。判断が難しい場所のため、このケースも専門業者に依頼した方が解決は早いでしょう。

他にも、タンク内からチョロチョロという音がする場合もあります。チョロチョロという音は明らかに水漏れが原因のため、ボールタップかフロートバルブが故障している可能性が高いでしょう。フロートバルブが原因の場合は、便器内に水が漏れてきます。そのため、チョロチョロという音がして便器に水が漏れていた場合は、タンクを開けてフロートバルブを確認しましょう。便器に水が漏れていない場合は、タンクを開けて水位を見ます。水位が標準よりも高いとボールタップや浮き球の故障が予想できるのです。しかし、あくまで予想なので、絶対ではありません。中には、原因が全く違うケースもありますし、音の聞き間違えも十分に考えられます。

タンク内での異音は、故障のサインなので見逃さないよう注意が必要です。放置すれば、水道料金や悪化に繋がり使えなくなることも考えられます。そのため、タンク内の異音に気付いたら早期対処を心掛けましょう。しかし、自分での対処はリスクを伴います。異音は紹介した以外にも、さまざまなパターンがあるため、不安な人は積極的に専門業者に相談することをおすすめします。

便器から聞こえる異音の場合

トイレを流したときに、便器からゴボゴボと聞こえた場合は異音のサインです。正常な場合トイレを流せば、ジャーという音が聞こえますよね。しかし、ゴボゴボという音は水に空気が混ざっているときに聞こえる音なのです。水に空気が混ざる原因は、異物が詰まっている可能性が高いと考えられます。また、節水型のトイレは水圧が抑えられているため、普通のトイレに比べて異物が詰まったと困る人も少なくありません。では、どのようなものが詰りやすいのでしょうか。

最も詰まりやすい異物がトイレットペーパーです。少ない量だとしっかり流れるのですが、一度に大量に流してしまうと詰りの原因となってしまいます。他にも、ティッシュペーパーなどの紙類やアクセサリー類・オムツやナプキンなども対象です。ティッシュペーパーには、流せるタイプと流せないタイプがあり、流せないタイプだと水に溶けないため詰まりの原因となるでしょう。また、アクセサリー類は配管に詰まり、トイレットペーパーをせき止めてしまうのです。そのため、便器からゴボゴボと音がしたら、詰まりの原因になるものを流していないか思い出してみることが重要となります。

また、異物が詰まっている場合、異音だけでなく便器の水が引かないなどの状態になるケースもあります。例えば、レバーを倒して水は出たが、便器一面に水が溜まってしまう現象です。この場合、明らかに配管に異物が詰まっていることが目で分かります。そのため、便器のゴボゴボという異音は、音や目で判断できるため原因究明が簡単な特徴もあるので覚えておきましょう。このケースだと、ラバーカップで異物をかきだしてあげると水が流れるケースがほとんどです。しかし、詰まっている異物をすべて取り除けるわけではありません。対処の有無に限らず、業者に依頼することをおすすめします。

他にも、異音だけがする場合でも業者に相談した方が良いでしょう。しかし、訪問までには時間がかかる可能性も考えられます。その間、トイレを使うなというのも難しいですよね。その際はトイレの使い方を工夫しましょう。まず、トイレットペーパーの流す量を減らすことです。流す水の割合が多ければ、それだけで改善される可能性もあります。次に、オムツやナプキンなど紙類を流してしまったときは40~60度のお湯を足してみましょう。水温を上げることで、異物が溶けやすくなります。ただし、異物が不明な場合は無理に自分で行うことは避けましょう。勝手に水の量を変えたり、タンク内のチェーンを変えたりすると逆効果になる可能性があります。

わからないときには専門家に見てもらう

今回は、一部の異音を紹介しましたがあくまでも一例に過ぎません。2つの異音が重複している場合もあり、素人が特定できるケースはごく一部なのです。そのため、異音の原因を突き止めることは必要ですが、部品交換などの専門的な作業は業者にお願いするのがベストでしょう。また、記事を見たけど、音がどこからしているのかわからない人や判断しにくいという人は、早めにザットマンに相談するのがおすすめです。 ザットマンでの相談や訪問は無料なので気軽に相談できます。

参照サイト

【JMS株式会社】壁から音がする?ウォーターハンマー現象って何?
https://jms2015.com/what-is-water-hammer-phenomenon

【住まい水道】被害拡大の前に!壁の中から水漏れの音が?原因と配管修理方法
https://mizumore365.com/useful/mizumore/kabe-mizumore-oto-repair/

【水道トラブルネット】トイレから音がする。異音の種類と原因まとめ
https://www.suido-trouble.net/toilet/post-4/

【JBR生活救急車】トイレタンクから異音?チェックするべき箇所は音から調べる!
https://sq.jbr.co.jp/library/430

【安心生活・アンセイ】トイレを流すと異音がする・・・その原因と対処法は?
https://803535.jp/blog/post-13/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る