トイレのつまりは自分で解決できる?ラップや日用品を使う方法

トイレがつまってスッポン(ラバーカップ)がなくても、日用品で代用できることを知っていますか?スッポンを常備していないと、トイレがつまったときに困ってしまいます。しかし、多くの家庭にある日用品でスッポンの代用が可能です。ここでは、簡単に試すことができるトイレのつまりを解消する方法を3つご紹介します。用意するものも少なく、誰でもすぐに試すことができる方法です。トイレのつまりで困っているのであれば、試してみてはいかがでしょうか。

つまったときには専用器具がないときには?

トイレがつまってしまったときに使うのが、スッポン(ラバーカップ)という専用器具です。常備していない家庭もありますが、いざというときにスッポンを持っていればとても役に立ちます。家庭にまだスッポンがない場合には、常備しておくことがおすすめです。スッポンには和式用と洋式用の2種類があり、洋式用は先が出っ張っているのが特徴です。和式用は一般的な形をしており、形の違いは吸引力にあります。そのため、家庭のトイレに合ったスッポンを選びましょう。また、スッポンを常備していないときにトイレがつまってしまうと困りますよね。そんなとき、どこの家庭にもあるものを使うことで、スッポンの代用が可能です。いざというときに簡単につまりを解消できる方法なので、困ったときに試してみてください。

その1:ハンガーでつまりを解消する

まず、太い針金ハンガーを1本用意します。用意した針金ハンガーをまっすぐに伸ばし、先端を円形にしてください。円形部分はトイレの排水管に入れるため、排水管の大きさに合わせて円を作りましょう。また、反対側の先端を少し曲げて持ち手の部分を作ります。持ち手部分を作ることで、排水管の中に針金ハンガーを入れやすくなるのです。針金を使いますが、先端を円形にすることで便器を傷つける可能性を最小限にできます。器具が完成したら、円形部分をトイレの排水管に入れていきましょう。

少しずつ針金ハンガーを奥に入れていくと、つまりの原因部分に到達します。針金ハンガーを上下左右に動かし、つまりの原因を確認することが大切です。針金ハンガーを動かすときは、ゆっくりと動かすようにしてください。つまりの原因部分が確認できたら、つまりを崩すように針金ハンガーを動かします。このときも、針金ハンガーは上下左右にゆっくりと動かすようにしましょう。水に溶けないものがつまっている場合は、円形部分で手前に出して取り除きます。トイレットペーパーなどの水に溶けるものであれば、ゆっくりと奥に押してください。

つまりの原因部分が崩れ、少しずつ水が流れるようになります。完全に便器にある水が流れたら、つまりが解消されたかどうか水を流して確認してみましょう。しかし、いきなりトイレの水を流してはいけません。まずはバケツの水を流して、うまく流れるかを確認しましょう。水が流れるようであれば、つまりが解消されている証拠になります。針金ハンガーを使ったつまりを解消する方法は、水に溶けないものがつまっている場合には注意が必要です。

スマホや生理用品などがつまった場合、円形部分で取り除ける可能性はあります。しかし、最悪の場合は奥にいってしまうことがあるので、少し危険な方法です。そのため、トイレットペーパーや便など水に溶けるものがつまったときに、この方法を使うことをおすすめします。また、針金ハンガーは形が変わるので、強く押し込まないようにしましょう。無理に押し込んでしまうと、排水管の中で針金ハンガーが変形して取れなくなる可能性があります。また、便器を傷つけてしまう原因にもなるので、針金ハンガーを使用するときはゆっくり動かすことを心がけましょう。

その2:お湯で異物を流してしまう

トイレのつまりには、お湯を流すことが効果的です。しかし、お湯が熱すぎてしまうと便器がひび割れてしまう原因になります。その他にも排水管を傷めるなど、つまり以外の問題が発生する可能性があるのです。つまり以外の問題を防ぐために、流すお湯の温度は40~60度程度にしましょう。鍋やヤカンでお湯を沸かす場合、湯気が出たらOKのサインです。沸騰させてしまったときは、沸かしたお湯と同量の水道水か冷水を混ぜてください。同量の水を混ぜることで、お湯を50~60度にすることができます。湯気を目安にお湯を沸かすよりは、沸騰させてから水を足す方法の方が簡単なのでおすすめです。

お湯の準備ができたら、あらかじめ便器内の水は抜いておきましょう。便器の水を抜いておくことで、準備したお湯の効果を高めることが可能です。便器の水を抜く方法は、100円ショップでも購入できる給油ポンプでバケツに移します。給油ポンプで取り切れなかった水は、雑巾や新聞紙等に吸わせて取ってください。便器内の水が抜けたら、いよいよ流す作業に入ります。しかし、先に流すのはお湯ではなく水です。流し方にポイントがあり、高い位置から排水口に直接注ぐように水を流していきます。勢いが強すぎてしまうと水が溜まって逆効果になるので、細く長い滝をイメージしながら行ってください。

水が流し終えたら、準備したお湯を水と同じ要領で流していきます。勢いをつけることで、つまりを短い時間で解消させる効果が期待できるのです。便器に水とお湯を流すときは、流す量が多いと便器から溢れ出てしまうので注意しましょう。また、お湯を流し終わったら、つまりの原因がふやけるまで時間をおくことが重要です。1時間程度を目安に、放置してください。放置後につまりが解消されていなければ、解消されるまで水とお湯を交互に流します。

トイレのつまりが解消できているようであれば、水を流してみましょう。ここで重要なのは、トイレの水ではなくバケツの水を流すことです。つまりが解消されていない場合、トイレの水を流すと便器から水が溢れる可能性があります。便器から水が溢れないように、バケツの水を少量ずつ流すようにしましょう。お湯で異物を流す方法は、トイレットペーパーや排泄物など水に溶けるものがつまったときに有効な方法です。また、2~3回程度水とお湯を流してもつまっている場合は、つまりの原因が他にある可能性があります。

その3:ラップをスッポン代わりに使う

準備するものは、食品用ラップのみです。まず、便座を上げて隙間ができないようにピッタリと便器をラップで覆います。密閉させることが重要なので、何枚もラップを重ねてください。力が加わっても大丈夫なように、強度を十分に上げておきます。しっかりとラップが張れたら、上から手でゆっくりと押していきましょう。手をラップから離し、押したラップが戻ってきたら再び手でゆっくりと押していきます。この方法は、便器を密閉するように張ったラップを手で押すことで、圧力が生まれてつまりを解消してくれるのです。

つまりが解消するまで、繰り返しゆっくり押す作業を行います。つまりが解消できたら、トイレの水を流して完了です。ラップをスッポン代わりに使うこの方法は、固形物がつまったときには向いていないので注意しましょう。また、ラップでつまりを解消する際のポイントは、スッポンと同じような要領で使うことです。ラップで密封空間を作り、手で押すことでスッポンと同じ吸引する力を使っています。手でラップを押すので、ある程度の強度をつけて強く押しすぎないように気をつけてください。

さらに、便器から水が溢れないようであれば、ラップで密封した後にトイレの水を流します。そうすると、ラップが少し膨らんでくるので膨らんだところを数回押してみましょう。水を流さずに行うよりも吸引力が少し上がるので、つまりの解消が期待できます。水を流してもラップが膨らまないときは、ラップのどこかに隙間がある状態なので張り方の確認が必要です。ラップを使ったトイレのつまりを解消する方法は、手を汚さずに簡単にできるのでおすすめの方法になっています。

解決しない場合は無理せず修理依頼を

スッポン(ラバーカップ)が家庭にないときの、トイレのつまりを解消する方法を紹介しました。ハンガーでつまりを解消するときは、太めの針金ハンガーを準備しましょう。細い針金ハンガーだと強度が弱く、うまくつまりを解消することができません。また、強い力でハンガーを排水管に入れて動かすと、ハンガーが変形してしまうので注意してください。トイレにバケツを使って水を流す場合も、勢いよく大量の水を流すと便器から溢れる危険性があります。トイレのつまりを解消するポイントは、どの方法もゆっくりと行うことです。家庭ですぐに試せる方法なので、トイレがつまって困ったときに試してみてはいかがでしょうか。

しかし、トイレのつまりの原因が固形物であれば、ハンガーを使った方法が有効的です。その他の方法は固形物を取る方法ではないので試さないようにしましょう。どの方法を試してみてもトイレのつまりが改善されない場合は、プロに修理をお願いすることをおすすめします。ザットマンは最短30分で水回りのトラブルを解決してくれる、水回りのトラブル解決プロ集団です。トイレであればつまりの他に、タンクからの水漏れなど幅広い修理を行ってくれます。特に、スマホや財布などがトイレにつまった場合は、プロに頼むことが大切です。自分でトイレにつまった固形物を取ろうとすると、さらに奥に行ってトラブルが悪化する恐れがあります。

自分では解決できない場合もあるので、悪化する前にプロに頼むようにしておきましょう。ザットマンであれば初回のみ限定で基本料が無料になります。また、訪問や見積はいつでも無料で行うことが可能です。さらに、24時間年中無休なので、トイレ以外にも水回りで困ったときに安心です。相談も無料で行っているので、水回りで悩んだときは相談してみると良いかもしれません。ザットマンでは、現金だけでなくクレジットや後払いなどの支払い方法の選択ができます。自分では解決できない水回りのトラブルが起こった際には、ザットマンを頼ってみてはいかがでしょうか。

参照サイト

【ラバーカップの使い方を覚えてトイレのつまりを即日解消!】町の水道修理センター
https://0120656889.net/toilet/toilet9/

【BIGLOBEニュース】詰まって溢れそうなトイレを「食品用ラップ」で直す方法!ラップカバーが無くてもOK
https://news.biglobe.ne.jp/trend/1028/9pt_171028_2092870508.html

【情報をまとめて創造するキュレーションメディアです】まとめいく
https://matomake.com/I0007815
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る