トイレつまりの原因と対処方法!ラップやすっぽん、重曹などの日用品でも解決できる!?

トイレつまりはどの家庭でも起こり得る日常的なトラブルで、決して特別なものではありません。そんなトイレのつまりが発生した際には、早めの対処をすることが必要です。とはいえ、時と場合によってはすぐに業者が来てくれないこともあり、そうなると、水回りなので困ってしまいますよね。
この記事では、トイレのつまりの原因について解説し、自分でもできる対処方法について解説していきます。

トイレつまりはどんな症状?

「トイレのつまり」といっても、その症状は様々です。以下はトイレつまりにありがちな症状になります。

  • ・水の流れが悪い
  • ・水位が上がる(水が溢れる)
  • ・水を流すと異音がする

トこれらに当てはまれば対処が必要です。まずはトイレの状況を見て、異常がないか確認しましょう。

トイレつまりの主な原因

トイレがつまってしまう主な原因は以下の通りです。

  1. 1,トイレットペーパー
  2. 2,トイレットペーパー以外の紙類
  3. 3,流しても良い掃除用シート類
  4. 4,尿石・吐瀉物
  5. 5,ゴミ・落とし物

1,トイレットペーパー

トイレットペーパー

用を足した後にトイレットペーパーを大量に使うと、それがつまりの原因になることもあるのです。トイレットペーパーは水に溶けますが完全に溶けるわけではなく、あくまでも「水にほぐれやすい」ものに過ぎません。あまりにも多くの量を一度に流そうとすれば、狭くなっている排水管の出入口をつまらせてしまうことがあるのです。

2、トイレットペーパー以外の紙類

ティッシュ

水に溶けるトイレットペーパーは別ですが、それ以外の紙類は溶けないのでトイレに流してはいけません。ありがちなのがティッシュペーパーを流してしまうことです。基本的にトイレットペーパー以外は流してはいけないのです。

3,ペット用のトイレ

ペット用トイレ

「水に流せます」などと記載された掃除用シートや便座シート、赤ちゃんのお尻ふきなども流しすぎると詰まってしまう可能性があります。少量であれば問題ありませんが、トイレットペーパーと比べると水にほぐれにくいため、大量に流せばほかの紙類と同じようにつまってしまうおそれがあります。

4,尿石・吐瀉物

嘔吐

尿石とは尿に含まれるカルシウム成分が結晶化した物質のことで、便器内に少しずつ蓄積していきます。長年にわたって使い続けている場合など、便器に蓄積した尿石によって排水管が狭くなり、つまりを招くこともあるのです。
吐瀉物はようするに「ゲロ」のことです。トイレで吐いてしまいがちですが、嘔吐物の状態や量によっては排水管につまってしまうケースもあります。

5,ゴミ・落とし物

トイレにものを落とした

「自宅に生ごみを置きたくない」と、食べられなくなった食品や残飯などもトイレに流すとつまる可能性があります。
また、捨てるつもりはなかったとしても、落とし物を流してしまうとつまってしまいます。スマートフォンや財布など普段身につけているものを落としてしまうこともあれば、掃除中に洗剤のキャップなどを落としてしまうこともあります。落とした状態でトイレを流してしまう状態を悪化させてしまいます。

自分でできるトイレつまり対処方法!

それではトイレがつまった場合はどうすればよいのでしょうか?
ここからは自分でできるトイレつまりの対処方法を解説していきます。家庭でもあるようなアイテムで対処したり、専用の用具を用いてつまりを解消させる方法など様々ですので、ぜひ実践してみだくさい。

以下、トイレつまりの対処で使用するアイテムになります。これらによってつまりを解消する方法について解説していきます。

  • ・水・ぬるま湯
  • ・洗剤(重曹&クエン酸)
  • ・ラップ
  • ・ハンガー
  • ・すっぽん(ラバーカップ)
  • ・ワイヤーブラシ
  • ・真空パイプクリーナー
  • ・薬品

水・ぬるま湯でトイレつまりを直す方法

トイレットペーパーや排泄物を流してつまってしまった場合、バケツなど水を汲んで流すことでつまりが解消されることがあります。水を流すときは、一度に大量の水を流してしまうと溢れてしまうこともあるので、少しずつ流すようにしましょう。

また、ぬるま湯で流すのも効果的です。ぬるま湯だと流したものが溶けやすくなります。40度を超えるお湯だと便器にヒビが入る可能性があるので注意しましょう。

洗剤(重曹&クエン酸)でトイレつまりを直す方法

重曹とクエン酸で洗剤を作って、それをお湯と一緒に流すことでつまりを解消する方法です。

まずは、重曹4分の1カップ、酢(もしくはクエン酸)2分の1カップとぬるま湯を便器半分くらい用意します。材料が用意出来たら、便器の汚水を減らしておきます。水位が低い場合には問題ありませんが、高い場合にはしっかりと汚水を汲み取って水を少なくしておくようにしましょう。
そのあと、便器の電源コードを抜いておきます。まず初めに重曹4分の1カップを便器に投入します。次にお酢もしくはクエン酸2分の1カップを入れます。最後にお湯を入れると、ぶくぶくと泡立ってきますのでそのまま1時間ほど放置してください。1時間ほど経ったら、少し高めの位置から水を少しずつ流していきましょう。
一気に流すと、つまりが解消していなかった場合に逆流してくるので少しずつ流すのがポイントです。きちんと水が流れていくようならつまりが解消されたということになるでしょう。

ラップでトイレつまりを直す方法

食品用のラップをすっぽん代わりに使用することでつまりを解消させる方法です。この方法は固形物がつまったときには向いていないので注意しましょう。

食品用ラップを用意し、便座を上げて隙間ができないようにピッタリと便器をラップで覆います。密閉させることが重要です。また、力を加えるので何枚もラップを重ねてください。
しっかりとラップが張れたら、上から手でゆっくりと押していきましょう。手をラップから離し、押したラップが戻ってきたら再び手でゆっくりと押していきます。

この方法は、便器を密閉するように張ったラップを手で押すことで、圧力が生まれてつまりを解消してくれるのです。つまりが解消するまで繰り返します。また、ラップでつまりを解消する際のポイントは、スッポンと同じような要領で使うことです。
さらに、便器から水が溢れないようであれば、ラップで密封した後にトイレの水を流します。そうすると、ラップが少し膨らんでくるので膨らんだところを数回押してみましょう。水を流さずに行うよりも吸引力が少し上がるので、つまりの解消が期待できます。

ハンガーでトイレつまりを直す方法

ハンガーでつまりの原因を押し込む/書き出す方法になります。トイレットペーパーなどの水に溶けるものは押しますが、固形物の場合は押し出さないように注意して行う必要があります。

太い針金ハンガーを1本用意し、まっすぐに伸ばして先端を円形にします。円形部分はトイレの排水管に入れるため、排水管の大きさに合わせて円を作りましょう。
反対側の先端を少し曲げて持ち手の部分を作ります。持ち手部分を作ることで、排水管の中に針金ハンガーを入れやすくなります。

器具ができたら、少しずつ針金ハンガーを排水口の奥に入れていきます。針金ハンガーを上下左右に動かし、つまりの原因を確認し、つまりを崩すように針金ハンガーを動かします。
便器を傷つけてしまう原因にもなるので、針金ハンガーを使用するときはゆっくり動かすことを心がけましょう。

すっぽん(ラバーカップ)でトイレつまりを直す方法

すっぽん

すっぽんでつまりを解消させる場合は、便器内に溜まっている水が十分あるかを確認する必要があります。一定量以上の水がなければすっぽん効果を発揮できないので、もし水がない場合は、バケツやヤカンなどで水を足しながら作業を行うようにしましょう。

すっぽんを使用する前に、汚水が周囲に飛び跳ねる恐れがあるので、便器の周りに新聞紙やビニール袋などを床に敷いたり、壁に貼ったりしましょう。ビニール袋で即席カバーを作るのも一つの手です。

すっぽんの使い方としては、すっぽんを押して引くの繰り返しです。
コツとしてはスッポンがしっかり水中に浸かるようにし、それからカップの中の空気をすべて出すような感覚でゆっくりと便器に押し付けていきます。そして、引き上げる際にはなるべく勢いを付けるとより大きな効果が期待できます。
そして、それを何度か繰り返せば、水がスーっと引いていくのを確認できるはずです。その際に、つまりの原因となったものが逆流してきた場合には便器から取り出して処分しておきましょう。

ワイヤーブラシでトイレつまりを直す方法

ワイヤーブラシは排水管を掃除するときに使うもので、細長い金属製のブラシの先がらせん状になっている道具です。ハンガーでの対処方法はこれの代用になるので、ハンガーで行うよりも効率的かつ効果的につまりを解消させることができます。

トイレのつまりを解消する目的で使われるワイヤーブラシは通常のものとは異なり、細長いバネのような形状をしています。ホームセンターなどで買い求める場合、あくまでも目安ですが価格の相場は2000~5000円程度です。

手順としては、汚水が飛び散るのを防ぐために便器をビニールシートなどで覆ったうえでワイヤーブラシを排水口に差し込みます。このとき、排水管内部の壁面をなぞるようにねじりを加えながらブラシを伸ばしていきましょう。先端がつまりの原因まで達したら、突き崩すようなイメージでブラシを前後させてつまりを解消させます。

市販のパイプクリーナーでトイレつまりを直す方法

パイプクリーナーといっても、その種類は様々です。液体タイプのもので、異物を溶かす用のパイプクリーナーや、すっぽんのように圧力によってつまりを解消するタイプのものがあります。

液体タイプのパイプクリーナーは、ぬるま湯に液体を溶かしてそれをトイレに流し込むことで使用します。
真空式パイプクリーナーはすっぽんを改良したものになるので、初めての方でも簡単に使うことができるようになっています。使い方はすっぽんと同じで、便器にセットしてハンドルをゆっくりと押して水圧をかけ、一気にハンドルを引き上げます。これによってつまりを解消します。
ワイヤー式パイプクリーナーは数メートルあるワイヤーの先にブラシがついているものです。これを便器から入れて、排水管内をくるくる回すようにして進ませることでつまりの部分に直接作用します。

このように様々なパイプクリーナーがあるので、ホームセンターで手にとって見てみると良いでしょう。

それでもつまりが解消されない場合は…

トイレのつまりにはいくつもの原因があり、それにより対処方法も異なります。対処法にはしばらく静観すべきものもあればすぐにでも修理したほうが良いものもあり、素人判断で対応すると悪化する可能性があるので注意が必要です。
トイレのつまりは基本的には放置せず、異常を感じたらすぐに専門業者に相談することが重要です。

ザットマンであれば初回のみ限定で基本料が無料になります。また、訪問や見積はいつでも無料で行うことが可能です。さらに、24時間年中無休なので、トイレ以外にも水回りで困ったときに安心です。相談も無料で行っているので、お困りであればお気軽にご相談ください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る