トイレのつまりは早めの対処が大切!業者選びのポイントとは?

トイレのつまりは早めの対処が大切!業者選びのポイントとは?
トイレのつまりはできる限り避けたいものですが、つまりはどの家庭でも起こり得る日常的なトラブルで、決して特別なものではありません。そんなトイレのつまりが発生した際には、早めの対処をすることが必要です。とはいえ、時と場合によってはすぐに業者が来てくれないこともあり、そうなると、水回りなので困ってしまいますよね。この記事では、トイレのつまりに対して自分でもできる対処法と、良い業者選びのポイントについて紹介します。

トイレがつまってしまった場合の症状1:水の流れが悪い

トイレがつまってしまった場合の症状としては、水の流れが悪いことが挙げられます。排水管に詰まりが生じているので、トイレがスムーズに流れていかないのです。ときどきはうまく流れても、何となく流れが悪いような気がしているうちに、急に詰まって慌てることが少なくありません。水を流したときに、途中からゴボッと流れたりするような場合は、排水口や排水管がつまり始めている可能性が高くなります。

また、トイレが詰まるのは排水口や排水管ばかりとは限りません。タンク部分に何らかの不具合があることによって流れが悪くなっている可能性もあるので注意しましょう。たとえば、タンク内の水がうまく流れ出ていかなくなっていたり、そもそも水がタンク内に必要なだけ溜まっていかないこともありえます。トイレがつまってしまった場合には、まずタンクをチェックしてみると良いでしょう。トイレタンクを開けてみて、タンク内の水が水位線まであるなら、タンクの水に特に問題はないと考えて大丈夫です。この場合は、排水口や排水管のつまりが原因と考えられるので、排水口や排水管の対策をすることが重要です。

トイレがつまってしまった場合の症状2:水位が上がる

トイレのつまりの症状としては、水位が上がることが挙げられます。通常の場合、水を流すといったんは便器内の水位が上がりますが、そのあとで急に下がって排水口へと勢い良く流れ出て行きます。しかし、排水口や排水管がつまっていると、通常下がっていくべき水位が上がってしまいます。ここで、トイレがつまってしまっていることがチェックできるというわけです。

水位の上がり方はさまざまで、一気に上がる場合は早めの対処が必要です。もし、少しでも水が流れる余地があるようなら、いつもよりは高いものの、水位の上がり方はゆるやかになるはずだからです。「流す」のレバーを動かすと、押し出せるだけの水流を作るために、勢いをつけて大量の水が一気に出てきます。このとき、排水口がすでにつまっていると、水がまったく流れ出ないことになるので、大量の水が排出されずに水位が一気に上がって、便器からあふれ出てしまいます。このようなときは、ラバーカップなどで早急に排水口のつまりを解消しないと、もう一切水が流れていかないので注意しましょう。

水を流したときに、いったんは水位が一気に上がっても便器からあふれるほどではなく、水位が徐々に下がるようならば、つまりの初期段階と考えられます。このような症状を見逃してしまうと、その後で大きなつまりにつながる危険性が高いので、この段階でつまりを解消しておくことが大切です。

トイレがつまってしまった場合の症状3:水が溢れる

トイレがいよいよ本格的につまってしまっていると、使用したときに水が一気に溢れ出してしまうことがあります。排水口や排水管がつまってしまうと、水がまったく流れなくなるため、便器からあふれてしまうことがあるのです。つまり具合に応じて、水量はさまざまです。便器の容量ギリギリで留まるケースや、場合によっては床下まであふれてしまうケースもあります。

便器の外にまで水があふれてしまったまま気がつかないでいると、マンションなどでは階下への漏水につながるケースもあるので注意しなければなりません。早急な対処が必要な症状といえるでしょう。このレベルのつまりを解消するためには、ラバーカップを使う方法がありますが、どうしても自分で解決できないほどのつまりの場合は、水道の専門業者を呼んだほうが良いケースもあります。何度もこのようなつまりを経験するようなら、一度専門的なチェックを受けたほうが良いかもしれません。

トイレがつまってしまった場合の症状4:異音や異臭がする

トイレがつまってしまった場合の症状としては、異音や異臭がするケースもあります。水を流したときに、いつもとは違う音や、変な臭いを感じたときは、トイレの排水口や排水管に何らかのトラブルがあることを疑いましょう。

水を流すときによく発生するのは、「ゴボゴボ」という音ですが、これは異音というわけではありません。排水する際に空気を取り込んでいるためにする音なので、基本的には問題はないと考えて大丈夫です。ただし、異音がするのと同時に水の流れが悪いような場合は、排水管がつまっている可能性も否定できません。「ゴボゴボ」といいながら、水位が上がってから一気に流れ出ていくようなときは、どこかにつまりが生じているかもしれません。放置すると、あふれ出るような大きなつまりにつながる可能性があるので、対策を講じましょう。

異臭がする場合は、排水口や排水管がつまっていたり通気不良が起こっている可能性があります。トイレは各所に一定の水を溜めておくことで排水口や排水管からの臭いが逆流しないよう工夫されています。排水口や排水管にトラブルがあると、この機能がうまく働かなくなるので、異臭がするようになってしまうのです。これもつまりの重要なサインなので、見逃さないようにしましょう。

トイレがつまってしまう原因1:異物

トイレのつまりの特徴がわかったところで、では、どうしてトイレは詰まってしまうのでしょうか。トイレがつまってしまう原因にはいろいろありますが、排水口や排水管に異物が入り込んでしまって、水の出口を塞いでいる可能性があります。つまっている物として考えられるのは、次のような物です。

・生理用品
・おむつ
・ペン
・スマホ
・カイロ
・おもちゃ


トイレ周りに通常あるような物だけでなく、意外な物がうっかり流されてしまっていることがわかります。これらはトイレで用を足すときに、間違えて流してしまうケースのほか、ポケットからうっかり落ちてしまって気づかないまま水を流してしまうケースが多いです。カイロは、ポケットに入れていたり、服に貼っていたものが剥がれて流されてしまうことがあります。そのため、カイロを使うことが多い冬場は、よく注意しておきましょう。おもちゃなどは、トイレの水が流れていくのを面白がった子供が、興味本位で流してしまうケースもあるようです。いずれにしても、比較的大きいものが多いので、たった1つ流すだけでもトイレのつまりを引き起こしてしまう可能性が高く、注意が必要です。

トイレがつまってしまう原因2:トイレットペーパー

トイレがつまってしまう原因としては、トイレットペーパーも挙げられます。本来トイレットペーパーは水に溶けやすいように作られているので、通常の使用でトイレがつまることはありません。ただし、一気に大量のトイレットペーパーを流すと溶けきらずにつまりの原因になることがあるので注意が必要です。トイレットペーパーにはシングルとダブルがあり、厚みが異なります。シングルよりもダブルのほうが2枚重ねになっているぶん厚いので、同じ量を流したときには、ダブルのほうがつまりやすいともいえます。

トイレットペーパーはトータルでたくさん使っても、こまめに流すようにしていれば、通常はつまることはありません。ペーパーに問題があるのではなく使用方法が原因なので、使い方に気をつければ普通はつまらないので大丈夫です。

トイレットペーパーがつまりの原因になるのは、単にペーパーを使い過ぎた場合だけではありません。異物などにトイレットペーパーがひっかかってつまりの原因になるケースもあります。さほどペーパーを使ったわけでもないのに流れが悪くなるようなら、排水口や排水溝に何か詰まっていないか確認してみましょう。

トイレがつまってしまう原因3:尿石の蓄積

トイレがつまってしまう原因として、尿石の蓄積にも注意が必要です。尿石とは、尿に含まれるカルシウム成分が固まってできる塊のことで、どの人の尿にも含まれています。尿が出されるときに便器につくと、化学反応を起こしてカルシウム化合物となり、付着します。

尿石は、こまめな掃除で取り除くことはできますが、使用頻度や年数とともにどうしても蓄積しやすいものです。尿が便器に飛んでいることに気がつかないで拭き取らず放置すると、だんだん頑固な尿石となって便器にこびりついてしまいます。尿石の特徴は、黄色い汚れです。ひどいものになると、臭いも出てきて、トイレの嫌な臭気の原因にもなります。いったんこびりついてしまうと、通常の拭き掃除では除去できず、専用の薬剤でしか落とすことができません。

この尿石が便器内だけでなく排水口や排水管にまでついてしまうと、排水管が狭くなり、トイレつまりの原因になるのです。こうなった場合には、薬剤で尿石を溶かして流すしかありません。軽微なこびりつきなら自分でも対処できますが、見えない奥の部分の尿石だと自分ではどうにもできないので、専門業者に依頼するほうが良いでしょう。

トイレでつまりやすい場所を知ろう!

トイレは毎日の生活の中で非常に重要なもので、トイレがつまってしまうと生活に大きな支障をきたします。そのため、トイレのつまりやすい箇所を知っておいて、定期的にチェックしたり掃除をしたりするのが有効です。

トイレでつまりやすい場所としては、排水路とせきの部分が挙げられます。排水路とは、トイレの下の下水道手前にある部分のことです。せきとは、流れてくる水をせき止めるためのS字に作られた水の通り道のことです。ここに一定量の水が溜まっていることで、臭いの逆流なども防止することができます。ただし、S字になっているぶん汚れもたまりやすいので注意が必要になるわけです。さらに、せきと床下の下水道間にある排水路も、構造が複雑になっているため、つまりを生じやすい部分です。

このように、トイレの見えない部分は複雑な作りになっているため、トイレは意外と汚れがつきやすく、つまりやすいということがわかります。排水路もせきも決して広くはないので、ちょっとした異物やトイレットペーパーの使いすぎでも簡単につまってしまいます。通常は流した水の勢いで流し出すことができますが、異物で排水路やせきがあまりに狭くなっていると、水圧でも流しきれません。

トイレのつまりを自分で対処する場合に必要な準備

トイレがつまってしまった場合でも、簡単なつまりであれば、自分でも十分対処できます。業者を呼ぶ間もなく急ぎの対応を迫られるケースもあるので、対処法を知っておくと安心です。トイレのつまりを自分で対処する場合には、いろいろと必要な準備があります。まず、つまり除去に取りかかる前にゴム手袋をつけましょう。これは、感染症予防のためです。トイレは排出物を流すところなので、決してきれいではありません。衛生的につまりを取るためには、掃除する手を保護することが大事です。

ウォシュレットなどの場合は、電源を切りましょう。これは、感電予防のためです。トイレがつまって水が流れなくなっているため、通常よりも多くの水がトイレ内に溜まっています。掃除途中でうっかり感電することがないとも限らないので、電源はコンセントから抜いておくと安心です。

最後に、用具を揃えましょう。ラバーカップやバケツなど、必要なものが揃っているかを確認します。トイレのつまりで効果を発揮するのは、ラバーカップです。つまりをゴムの圧力で解消して、水が流れる状態にしてくれます。ただし、自宅に備えていない人も少なくありません。もしなければ、ほかに効果的につまりを除去できる物がほとんどないので、すぐに業者に依頼したほうが安心です。

自分で対処する方法1:お湯を加える

自分で対処する方法としては、水を流す代わりにお湯を加えるという方法があります。実は、つまりに対してはお湯が大きな効果を発揮するのです。この方法の効果があるのは、トイレットペーパーなどがつまってしまっている場合です。このときは、水ではなくお湯を加えることで溶けやすくなります。つまりの原因が、便器内の大量のトイレットペーパーである場合には、まずこの方法を試してみると良いでしょう。

この際のポイントとしては、つまりによって便器内の水の量が多くなっている場合は、水をかきだしてからお湯を加えるということです。そうでなくてもあふれそうなほど水があるところへ、さらにお湯を加えては便器の外にまであふれ出す恐れが高くなります。できるだけ便器内に溜まった水をかき出してから、バケツにお湯をくんで流し入れましょう。このときも、お湯のぶんだけ水量が増えてしまうので、少しずつ様子を見ながら加えていくことが大切です。

お湯の温度は、ぬるま湯程度で大丈夫です。お湯の温度が高いほど、トイレットペーパーがよく溶けるというわけではありません。逆に、熱すぎるお湯は便器を破損させてしまう可能性があるので注意が必要です。お風呂の残り湯などをうまく利用すると良いでしょう。

自分で対処する方法2:ラバーカップを使用する

自分で対処する方法2:ラバーカップを使用する トイレのつまりに対して自分で対処するのに手軽で効果の高い方法は、ラバーカップを使用することです。ラバーカップとは、スッポンなどと呼ばれるトイレの掃除用具のことです。長い棒の先に丸いゴム(ラバー)製の半球状カップがついていて、洋式用と和式用の2種類があります。もともとラバーカップはトイレだけでなく、キッチンや洗面所、浴室の排水口のつまりにも使えるものとして開発されています。

ラバーカップは、トイレに固形物がつまっている場合に有効です。排水口や排水管に何か物が詰まっているときに、棒などで無理にかき出そうとすると、便器を傷つけてしまうことがあります。この点、ラバーカップは真空原理を利用してつまりを除去するもので、ゴムの部分を排水口に押し当てるだけなので、便器を傷つけません。

使い方はとても簡単です。ゴム部分を便器の奥に押し当ててゆっくりと押し、押し切ったら素早く引っ張ります。カップを便器に押し当てるときにカップ内の空気を全部出し、 引き上げるときに吸引力で水が持ち上げられて逆流するので、つまりが解消されるという仕組みです。引き上げるときに、トイレ側に引っ張られるような力を感じたら、正しく使用できています。

自分で対処する方法3:真空式パイプクリーナーを使う

つまりを自分で解消する方法として、真空式パイプクリーナーもあります。これは、ラバーカップの仕組みを応用して考案された商品です。ラバーカップをより強力にしたアイテムになっており、排水管のつまりを効果的に取り除きます。排水管に異物がつまっている場合などは、とても有効なアイテムといえるでしょう。

形状はラバーカップに似ていますが、より複雑な構造をしています。見た目は消火器の先にラバーカップのラバー部分がついているような形をしており、持ち手もきちんと付いていて、一般的なラバーカップよりも使いやすくなっています。ラバーカップは正しい使い方ができないと本来の吸引力を発揮しにくくなりますが、真空式パイプクリーナーは改良版なので、初めての人でも正しく使えるように工夫されているのがメリットです。

使い方は、ラバーカップと基本的には同じです。ゴム部分を排水管にセットしたら、ハンドルをゆっくりと押して水圧をかけ、一気にハンドルを引き上げます。商品によっては、吸引する口の大きさに合わせて2つの大きさのラバーが用意されているものもあり便利です。

自分で対処する方法4:薬剤を使う

トイレつまりの対処法としては、薬剤を使う方法もあります。これは、尿石などによってつまってしまっている場合に効果的です。尿石によるつまりは、ラバーカップなどでは原因を除去できません。そこで、尿石の場合は専用の薬剤で溶かして、排水口自体を広げなければなりません。場合によっては、トイレットペーパーなどによってつまっている場合でも、薬剤が有効となる場合もあります。

薬剤はなるべく使いたくないという場合は、重曹を使って除去することも可能です。カップ2分の1のお酢とカップ4分の1の重曹を便器に入れ、ぬるま湯を便器半分ほど入れます。ぬるま湯は、便器の半分くらいまで入れると良いので、最初に便器内に溜まった水はかき出しておき、あふれないようにしておきましょう。重曹と酢にお湯を追加すると、ブクブクと泡立ちます。この状態で60分ほど放置します。仕上げに様子を見ながら水を流し入れ、つまりが解消されたのを確認して完了です。

薬剤を使う場合は、必ず換気をするように注意しましょう。 尿石除去剤は、基本的に酸性のトイレ用洗剤です。尿石はアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤を使うことで溶かすことができるのです。化学反応を起こさせて尿石を除去する方法なので、換気を良くして行うようにします。

自分で対処する場合にはリスクも考慮しよう!

これまで紹介してきたように、トイレのつまりにはさまざまな方法で自己対処できます。ただし、自分で対処する場合にはリスクもあることをしっかり考慮しておくことが重要です。

まず、つまりの原因が何らかの物である場合、無理につまっているものを取ろうとして、余計悪化させてしまう場合があります。取り出そうとしているうちに逆に奥に押し込んでしまったり、取るのに使った物を落としてさらにつまらせてしまうようなケースです。固い物を使って取り出そうとして、便器を傷つけてしまうこともありえます。こうなると、全くの逆効果になってしまうので注意が必要です。

また、対処法を誤ってしまうと、汚水が室内に飛び散ってしまう場合があります。トイレは汚物を流す場所で便器内は衛生的ではありませんから、汚水が飛び散ることで感染症のリスクが高まります。早くなんとかしなければと慌ててしまうケースが多いですが、くれぐれも落ち着いて対処するようにしたいものです。

無理に自己対処してしまうと、便器を破損してしまう可能性もあります。便器は丈夫ですが、いろいろな素材からできており、デリケートな側面も持ち合わせています。対処の知識があまりない人が自己判断でつまりを取ろうとすると、場合によってはトイレそのものを交換しなくてはならないケースも想定されるので、わからない場合は無理せず業者に依頼するのが良いでしょう。

安心の業者を選ぶためのポイントとは?

万が一のことを考えると、水回りのトラブルは業者に依頼するほうが安心なことも多くあります。トラブルが生じてから業者を探しても間に合わないこともありますから、普段からいざというときの依頼先を考えておくと安心です。

安心の業者を選ぶためのポイントとしては、まずなるべく早く対応してくれることが挙げられます。トイレのつまりは早急に対処しないと大変なことになるケースも少なくありません。業者の中には、電話連絡から何時間以内に駆けつけることをうたっているところもあります。住まいの近くに出張所などがあれば、スピーディーな対応が期待できるでしょう。

料金がわかりやすく良心的であることも大事なポイントです。一般的に、急ぎの出張修理は費用がかかりますが、慌てているときに業者を比較検討するのは難しいため、高い業者に依頼してしまう失敗が多くあります。料金も作業内容も、業者によってまちまちです。どんな修理をいくらで引き受けてもらえるのか確認しておきましょう。

水回りトラブル解決の実績が多くあることも重要です。ひとことでトイレつまりといっても、つまりの原因などによっていろいろなケースがありえます。トイレの仕組みもメーカーごとに違うので、できるだけさまざまなケースを扱った経験がある業者だと安心です。

業者に依頼した場合にかかる料金の目安

トイレがつまってしまったとき、きちんとした業者に安心して依頼するためにも、作業料金の目安を知っておくことが大事です。想定外の高額な出費になることも多いので、相場を知っておけばいざというときに慌てずに済みます。およその目安としては、トイレのつまりを修理する作業は4,000~8,000円程度、排水管のつまりは8,000~1万5000円程度となっています。便器交換が必要になる場合は作業工程も多いので、3~5万円くらいが一般的です。このほかに、基本料金や出張費、休日夜間料金などが発生するケースが多いため、実際にはさらに高くなるでしょう。出張料金は遠方なほど高く、平日よりも土日休日、夜間や早朝のほうが高いというのが一般的です。また、現場の状況次第で対応難易度も違い、難しい対応になればなるほど料金も高くなる傾向があります。

ザットマンがおすすめな理由とは?

トイレのつまりを安心して依頼できる業者をお探しなら、ザットマンがおすすめです。ザットマンは水道局指定の店舗で、最短30分で訪問が可能です。早急な対応が必要な場合に30分で駆けつけてもらえるのは、とても心強いでしょう。相談、出張、見積りはすべて無料になっているのも大きなポイントです。急なつまりではなく、何となく調子がおかしいというときは、困った事態になる前にまず相談しておくと安心でしょう。

年中無休で24時間対応というのもおすすめのポイントです。いつでも困ったときにすぐに連絡することができます。ザットマンは1級建築士取得店で、給水装置工事主任技術者取得店、PL保険加入店でもあります。トイレのつまりに関するプロが集まっているので、どんな相談でも可能ですし、月間修理件数も約3,000件と非常に多く、実績も豊富です。多くのトラブル実例に接しているので、急な対処が迫られる状況でも、正確に状況を判断して、的確な対応策を講じることができます。トイレのつまりに関して全く知識や経験がない人でも、安心して任せることができるでしょう。

ザットマンのメリットを活用しよう!

トイレつまりの専門業者としてザットマンをおすすめするのは、いろいろな利用メリットがあるからです。まず、料金体系が明確で、なおかつ安いという点が挙げられます。ザットマンを初めて利用する場合には、特にお得です。通常は基本料金5,000円のところ、初回利用者は0円になります。また、2回目以降は作業料金が10%OFFとなる仕組みです。ザットマンは宣伝広告費を抑えているため、適正価格で利用できるようになっています。また、派遣されるスタッフの質が良いのもザットマンのメリットです。技術者が責任を持って対応するので安心して依頼できるでしょう。

利用方法にも、ザットマンのメリットがあります。まず、Tポイントが使えるので、利用料金に応じてTポイントを貯めることができます。料金の支払いは、現金のほかにクレジットカードの利用も可能です。いざというときに現金の持ち合わせがなくても、クレジットカードがあれば安心して依頼できます。NP後払い可能なのも、便利なポイントです。修理を依頼した後に郵送される請求書で、コンビニ・銀行・郵便局などで料金を支払うことができます。

トイレのつまりを予防するための方法

トイレのつまりを予防するための方法 トイレはいったんつまってしまうと、解消するのは大変ですし、最悪の場合はトイレから水があふれ出してしまうことにもつながります。そこで、そもそもつまらないように予防することが何よりも大切になります。予防するための方法としては、まずトイレットペーパーの使い方がポイントです。大量のペーパーを使って便器内に溜め、一気に流すとつまりやすくなります。使用するときは、少しずつこまめに流すように心がけましょう。

トイレ本体のメンテナンスをしっかり行うことも重要な予防策です。定期的に掃除をして、排水がつまらないような環境にしておきましょう。尿石は尿が付着してすぐであれば、水拭きでも簡単に取れます。拭かないで放置してしまうと硬い結晶になって便器や排水口にこびりついてしまうので、こまめな掃除が欠かせません。

物を流さないようにするためには、心がけが大事です。トイレに入る際には、ポケットの中のものをあらかじめ出しておく癖をつけましょう。小さな子供がいる家庭では、子供が物を流してしまわないように注意して見守ることも大事です。

安心して任せられる業者を選ぼう!

万が一トイレがつまってしまった場合は、急を要します。何となくやり過ごしていても、つまりが改善されるわけではありません。むしろ、放置することでつまりがひどくなり、ひどい場合には突然、便器から水があふれ出して、浸水や漏水の危険性も出てきます。このような状態になってしまうと、もはや単にトイレのつまりというだけの問題ではなくなってしまいますから、あふれ出るような状態にしないことが大事です。

物をうっかり流さないように気をつけたり、トイレットペーパーの使い方を工夫するなどして、つまりを予防することができます。また、万が一つまってしまっても、ラバーカップなどを常備しておけば自分で対応することもできます。ただし、ラバーカップを用意していなかったり、用意していてもうまく使えないこともあるでしょう。自分でやってもつまりが解消されない場合や、水が止まらなくなるような想定外のケースもありえます。そのような万が一の事態に備えるためには、いざというときに安心して任せられる業者を、事前に調べて選定しておくことが重要になります。いざというときに必要以上に慌てず対処できるよう、業者を知っておいてつまりを効率的に解決していきましょう。

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム

トイレのつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る