トイレの修理が必要!?トラブル別の対処法と業者選びのコツを紹介!

トイレの修理が必要!?トラブル別の対処法と業者選びのコツを紹介!
日常生活を送るうえで欠かせないトイレは、水まわりのトラブルが起きやすい場所でもあります。万が一、予期せぬトラブルが起きてしまったとしても、慌てず適切な対処をとれば被害を最小限に抑えることも可能です。ただし、全てのトラブルを自分で解決するのではなく、状況に応じて専門の業者に相談するべきか、正しい判断が求められます。ここでは、トイレでトラブルが起こったときの対処法や修理が必要な事例、業者の選び方などを紹介します。

トイレでよくあるトラブルとは?

トイレで起こりやすいトラブルには、いくつかのパターンがあります。まず、便器から水溢れてしまったり、水が流れっぱなしになったりといった症状がよく見られます。主な原因として挙げられるのは、水溶性ではない紙類や固形物のつまりです。また、便器のさらに奥にある汚水管が詰まってしまうこともあります。水が流れたまま止まらなくなってしまうのは、トイレタンクの異常や水位の変化などが考えられるでしょう。逆に、レバーを回しても水が流れなくなってしまう症状もよく見られます。断水のような設備の問題で水が流れなくなることもありますが、それ以外にはトイレの詰まりやタンク内部の部品の故障などが考えられるでしょう。

水漏れもトイレで起こりやすいトラブルですが、水が漏れる場所は原因によりさまざまです。給水パイプなどの配管や温水便座、便器本体と排水管の接続部など、多くの箇所から水が漏れる可能性があります。便器の破損も水漏れが起きる原因の1つです。一般的な家庭で使われている便器やトイレタンクは、ほとんどが陶器でできています。そのため、強い衝撃を加えたり、想定されていない使い方をしたりすると、破損するおそれがあるのです。

トイレのつまりトラブルで多い原因

トイレがつまる原因はさまざまですが、特に多いのは汚物や固形物によるトラブルです。携帯電話やスマートフォン、掃除用のスポンジなどの異物を流してしまった結果、排水の通り道が塞がれ、トイレのつまりにつながります。また、大量のトイレットペーパーや汚物も、一気に流すとつまりを引き起こすおそれがあるため注意が必要です。また、ティッシュペーパーやウエットティッシュ、掃除用のペーパークリーナーなど水溶性ではない紙類もつまりの原因となります。トイレットペーパーは水に溶けやすい材質が使われていますが、多くの紙製品は水に溶けにくく頑丈な材質となっており、そのまま水に流すとトイレを詰まらせてしまうのです。

生理用品や紙おむつは吸水性が高い分、放っておくと排水管の中で水を吸って大きく膨れ上がってしまう可能性があります。使い始めてから期間が経っているトイレや、家族の人数が多く頻繁に人が出入りするトイレでは、蓄積した尿石が排水管を詰まらせてしまうケースも多いです。なお、節水のためにタンクの中にペットボトルを入れているとトイレもつまりやすくなるので気を付けましょう。ペットボトルを入れていると節水につながる一方で、タンクにたまる水の量が少なくなり、流れる水量も減るので汚物やトイレットペーパーが流れにくくなってしまいます。

トイレの水漏れトラブルで多い原因

トイレが水漏れする原因は、配管の異常から便器のトラブルまで多岐に渡ります。タンク内部の部品の劣化や破損も、よくある原因の1つです。特に、タンクの中にペットボトルを入れていると、部品に悪い影響を与えてしまうおそれがあります。トイレタンクと便器の接続部分や、給水パイプのジョイント部分に内蔵されているパッキンの劣化にも注意が必要です。新しいパッキンは柔らかい粘土状ですが、経年劣化により次第に固くなり、最終的に割れてしまいます。パッキンが破損すると、いくら接続部のナットをきつく締めても、隙間から水が漏れてしまうのです。

トイレタンクの部品や配管の接続部に異常が見られない場合、便器の破損が疑われます。一般的な陶製の便器の耐用年数は、25~30年程度です。それ以上長く使用している便器は、経年劣化により破損してしまっている可能性があります。また、高い場所にあるものを取るために便器を踏み台がわりにしたり、便器のフタの上に乗ったりすると、無理な力が加わり便器がひび割れてしまうことがあるのです。便器の中には常に大量の水が貯まっているため、便器が破損すると床が水浸しになってしまいます。すると、床材の腐敗やカビの発生といった二次被害も起こってしまいます。特に、アパートやマンションなどの集合住宅では、階下の部屋に迷惑をかけるおそれがあるため、早めの対処が必要です。

トイレがつまって水が溢れてしまった場合の対処法

トイレがつまって水が溢れてしまった場合の対処法 トイレがつまってしまったときに、手軽にできる解消法が、ラバーカップを使った方法です。ラバーカップは排水口の中を真空状態にすることで、つまった異物を除去できます。ラバーカップはホームセンターなどで比較的安価で手に入るため、異常があったときに備えて常備しておくのが良いでしょう。ラバーカップを使うときは、壁面や床に汚水が飛び散る可能性もあるので、あらかじめビニールシートやポリ袋などを使って、汚したくない部分をカバーしておくと安心です。

準備ができたら排水口にラバーカップを隙間なく押し付け、ゴムでできている部分が全て水に浸かるようにします。このとき、注意しなければいけないのは、異物を奥へ押しやろうとしないことです。異物を引き抜くようなイメージで、吸盤部分を押しこんだら一気に引き抜きましょう。一度で異物が出てこない場合は、数回繰り返します。出てきた異物はそのまま水に流すのではなく、バケツなどに一旦移します。正常に水が流れるかを確かめる際は、別のバケツに貯めた水を流してみましょう。問題なく流れるようなら、つまりが解消した証拠です。

水が溢れていない状態なら、自分で対処できるか試してみるのも良いでしょう。しかし、既に便器から水が溢れている場合は、なるべく早めに業者へ連絡したほうが効果的です。特に、マンションなどの集合住宅では、階下にも影響が出る可能性があるので、無理せず業者に依頼をしましょう。排水口ではなく汚水管そのものに異物がつまっている場合もあるため、業者に任せたほうが安心です。

トイレの水が流れたままになる場合の対処法

トイレの水が流れたまま止まらないときは、まず止水栓を閉めましょう。止水栓はトイレの奥の壁や床にあります。マイナスドライバーで時計回りに回すとトイレタンクへの給水が止まるので、何度かレバーを回してタンクの水を一旦空にしましょう。次に、タンクのフタを開け、タンクの内部を確認します。手洗い管がついていないタンクなら、フタをそのまま持ち上げるだけで外せるでしょう。手洗い管がついているタンクは、フタを外せるタイプと外せないタイプがあるので、慎重に動かさなければいけません。万が一、フタを持ち上げても外れなかった場合は、フタを開けてから手洗い管の根元にあるナットを回し、手洗い管を外しましょう。手洗い管が外せれば、フタも外せるようになります。

タンクのフタが外れたら、タンク内部の浮き球やゴムフロートに異常がないか確認しましょう。軽度な異常であれば、部品の位置を確認・修正するだけで解消する可能性があります。ただし、ゴムフロートやパッキンなどの部品が劣化している場合は、専門業者へ部品交換を依頼したほうが安心です。十分な知識がないまま自分で部品を交換しようとすると、かえってトラブルが悪化するおそれがあるため、無闇に部品を取り外さないようにしましょう。

トイレのレバーを回しても水が流れない場合の対処法

トイレのレバーを回しても水が流れないときは、まずタンクの中に水が貯まっているかを確認しましょう。水が貯まっていない場合は、止水栓が閉じている可能性が高いです。水が貯まっているにも関わらず水が流れないときは、フロート弁や浮き球、ボールタップなどの部品に異常があると考えられます。たとえば、タンクの中にあるレバーの鎖が錆びたり、切れてしまったりすると、弁が正常に動かないため水が流れません。さらに、ゴムフロートにゴミや水垢が付着すると、やはり動かなくなってしまいます。他にも、浮き球がタンクの中で引っかかっていると、流すための水が供給されません。

また、水道代を節約するために、タンクの中に石やペットボトルを入れている場合はすぐに取り除きましょう。タンク内の異物を取り除き、部品を正常な位置に戻すことで、問題が解決する場合があります。しかし、水が止まらないときと同様、タンク内の部品が破損していると、いくら正しい位置に部品を戻しても効果がありません。部品に破損や劣化が見られたら、業者に依頼して交換してもらいましょう。

トイレが水漏れしている場合の対処法

トイレで水漏れが発生したときも、まずは止水栓を閉めましょう。一旦止水栓を閉めることで、水漏れの被害が広がるのを防ぐとともに、水漏れが起きている箇所を探しやすくなります。タンクの内部や便器、配管の接続部などは水漏れを起こすことが多いので、最初に確認しましょう。どこから水が漏れているか特定できたら、ひとまず応急処置をします。軽微な水漏れであれば、水が漏れている箇所に融着テープを巻きつけたり、パテやコーキング剤を使って破損している箇所を塞いだりするだけでも被害を抑えられます。ただし、自分でできるのはあくまで一時的な応急処置です。再発する可能性が高いので、早めに業者へ依頼しましょう。

なお、床から水が漏れている場合は、排水管など目視では確認できない部分から水が漏れている可能性もあります。排水管は床下に埋設されていることが多く、状態によっては大規模な工事が必要です。経年劣化により排水管が破損している場合は、排水管を丸ごと取り替えなければいけません。なお、水漏れの原因はトイレの排水管とは限りません。お風呂やキッチンの排水管から漏れた水がトイレに染み出すケースもあります。原因を確実に突き止め、適切な対処を行うためにも、業者に修理をしてもらったほうが安心です。

トイレが破損している場合の対処法

コーキング剤 トイレは住宅と同じように、長期間使用することを前提に作られているため、丈夫な構造になっています。しかし、経年劣化や間違った使い方により便器やタンクが破損すると、水漏れなどのトラブルを引き起してしまうのです。一般家庭に普及しているトイレの多くは、タンクも便器も陶器でできています。陶器は汚れがつきにくく丈夫な素材ですが、一方で重量があり、割れてしまうリスクもあるため、取り扱いが難しいのが難点です。掃除のためにタンクのフタを開けようとすると、手を滑らせて便器に落としたり、ぶつけてしまったりすることもあるでしょう。

さらに、汚れを落としやすくするために、熱湯を使って便器やタンクを拭くと、かえってヒビ割れや破損を招くおそれがあります。陶器は熱に耐性がないため、掃除に熱いお湯を使うのは禁物です。対処法は状態によりさまざまですが、破損した箇所だけを修理すれば良い場合もあれば、トイレ一式を交換しなければならない場合もあります。修理や交換するまでの間に、被害が広がってしまわないか心配なときは、ひとまず応急処置を施しましょう。

まずは止水栓を閉め、便器の中にある水を汲み出します。全ての水を汲み出す必要はありませんが、破損している箇所よりも水位が下になるようにしましょう。バケツや給油ポンプを使うと汲み出しやすいです。その後、ホームセンターなどで防水パテやコーキング剤を購入し、破損した箇所を補修します。ただし、これらはあくまで応急処置です。ひび割れが大きい場合は、応急処置をすることで状態を悪化させてしまうおそれがあります。破損や水漏れを発見した時点で、速やかに専門業者へ修理を依頼しましょう。

トイレの修理を自分で行う場合の準備とは?

自分でトイレの修理や応急措置を行う場合は、事前にしっかりと準備をしてから作業を始めましょう。感染症防止のために、ゴム手袋は必ず必要です。温水便座を使用している場合は、忘れず電源を切り、プラグを抜いておきましょう。特に、水漏れを起こしているときや、便器の中から水が溢れているときは、感電してしまうおそれがあります。次に、ラバーカップやバケツなど、処置に必要な道具が一通りそろっているかを確認します。接続部の緩みを直したり、パッキンなどの部品を交換したりする場合は、レンチやドライバーといった工具も必要です。

部品は必ず同じものを用意しましょう。修理に必要な部品は、必ずしもホームセンターなどで市販されているとは限りません。修理する箇所によってはメーカーから取り寄せる必要があります。価格も数百円で手に入るものから、数千円ほどかかるものまでさまざまです。万が一、製造終了などで全く同じ部品が手に入らない場合は、メーカーに問い合わせてみましょう。どうしても必要な部品や道具が揃わないのであれば、すぐに業者へ依頼したほうが安心です。

自分で修理する場合のリスクを知ろう!

業者へ修理を依頼すると、どうしても費用が発生します。価格はトラブルの内容や状況によって異なるため、一概にはいえません。そのため、修理費用を安く済ませるために、自分で修理しようとする人もいます。しかし、自分で修理する場合、必ずリスクが発生することを忘れてはいけません。たとえば、トイレがつまってしまった場合、自分でつまりの原因を取り除こうとして、余計に排水管の奥へ入り込んでしまうことがあります。さらに、誤った対処法をした結果、汚水や汚物が室内に飛び散ってしまうケースも珍しくありません。その場合、修理だけではなく、後始末をする手間や時間もかかってしまいます。

無理に対処をすると便器やタンクが破損し、被害が拡大してしまうリスクもあるので気をつけましょう。また、正しく処置ができなかった場合、後から修理をやり直さなければいけません。すると、修理に必要な部品や材料も改めて購入することになり、最終的に業者へ依頼するよりも費用がかかってしまう場合もあるでしょう。原因が特定できていない場合は、決して無闇に修理を試みてはいけません。たとえトラブルの原因がはっきりと分かっている場合でも、自信がない場合は専門業者に修理を依頼した方が安心です。

業者に依頼してトイレ修理する場合の料金目安はどれくらい?

トイレの修理にかかる費用は、トラブルが起きた原因や被害の状況、依頼する業者によって変わります。実際に業者へ相談して、見積もりを出してもらうまで、はっきりとした金額は分かりません。しかし、相場を知らないまま適当な業者に依頼をしてしまうと、悪質な業者に引っかかり、高額な費用を請求されてしまうおそれがあります。被害に遭わないためにも、大まかな相場を知っておきましょう。まず、トイレのつまりは4000~8000円ほどで対応している業者が多くなっています。トイレの排水口ではなく排水管がつまっている場合は8000~1万5000円と、やや相場が上がります。

水漏れの修理は4000~1万8000円と、漏れている箇所や状態によって幅があるため、しっかりと見積もりをとってもらいましょう。便器を丸ごと交換する場合の相場は3~5万円です。実際に依頼をすると、修理そのものにかかる費用のほか、基本料金や出張費が加わります。休日や夜間に修理を依頼する場合は、割増料金や特別料金が発生するケースが多いです。無料で見積もりや相談を受け付けている所や、出張費が発生しない業者もあるので、慎重に比較検討しましょう。

業者選びのコツを押さえよう!

修理を依頼する業者を探す際、電話帳やインターネットを利用する人も多いでしょう。しかし、修理を請け負っている業者は多く、どの業者を選ぶべきか判断するのは難しいでしょう。そこで、良い業者を選ぶためのポイントを知っておきましょう。水まわりのトラブルは放置するほど被害が深刻になっていきます。そのため、なるべく早く対応してくれる業者に連絡をするべきです。対応エリアに支店や営業所を多く持っている業者や、24時間365日対応可能な業者なら、スピードも期待できるでしょう。また、料金が分かりやすく良心的であるという点も見逃せません。

早く修理をしたいからといって、見積もりをとらずに修理を依頼するのは危険です。依頼者に無断でオプションを足して、高額請求をする悪徳業者もいます。必ず事前見積もりをして、費用の詳細や内訳を確認しましょう。また、見積もりは安ければ安いほど良いとは限りません。料金設定が安すぎる業者よりも、適正な価格を設定している業者の方が信頼できます。できれば依頼をする前に、業者のホームページなどで大まかな料金や実績を確認しておきましょう。トラブル解決の実績が豊富な業者なら、安心して依頼ができます。

自分で対処するか業者に頼むかを判断するポイント

トイレで水漏れなどのトラブルが起きたとき、状態によっては業者に頼むべきか、自分で対処するべきか悩む場合もあるでしょう。水や汚物がひどく漏れ出ていたり、便器の損傷が激しかったりなど、急を要する状態でなければ、まずはできる範囲で対処してみましょう。手持ちの工具を使って修理ができる場合や、部品の位置を調節するだけで解決できるトラブルなら、業者の到着を待つよりも自分で処置を施したほうが早いです。ただし、トラブルの原因によっては自分で対処できるケースとできないケースがあるため、慎重に判断しましょう。

たとえば、トイレがつまる原因はさまざまですが、つまっているものがトイレットペーパーなら、自分で直せる可能性があります。また、完全につまっているわけではなく、便器の中の水がゆっくり引いている場合も、自分で直せることが多いです。ただし、排水管の奥に異物が詰まっている場合や、トイレットペーパー以外の異物がつまっている場合は、すぐに業者へ修理を依頼した方が効率的で安心です。

トイレ修理ならザットマンにおまかせ!

トイレの修理が必要になったものの、どの業者に依頼するべきか迷ったときは、ザットマンへ相談してみましょう。ザットマンは水道局指定の店舗です。その地域の水道局から指定を受けているということなので信頼できます。急を要する事態でも、連絡をすれば最短30分で訪問が可能です。相談料や出張費、見積料は全て無料なので、できる限り費用を抑えたいという人も安心して相談できます。さらに、年中無休で24時間対応のため、日中は留守にしている人や、土日祝日しか時間がないという人でも依頼しやすいでしょう。

さらに、ザットマンは1級建築士取得店であり、給水装置工事主任技術者取得店でもあるため、十分な技術力を備えています。PL保険加入店でもあり、修理中に予期せぬトラブルが発生しても保証が可能です。月間修理件数は約3000件と豊富な実績があるため、「このようなケースでも対応してもらえるのか?」と迷ったときは、まず相談してみましょう。

トイレをなるべく修理なしで使うための掃除ポイント

トイレのトラブルは設備の経年劣化など予防が難しい理由で発生するケースもあります。しかし、日頃から掃除のやり方などに気をつけていれば、修理をせずにトイレを使うことも可能です。こまめな掃除はもちろん、定期的に酸性洗剤などを使って、便器の黄ばみや尿石を除去しましょう。汚れが蓄積すると、排水口などを詰まらせる原因になってしまいます。タンクの内部も定期的な掃除が必要です。タンクを掃除するときは事前に止水栓を閉め、タンクの水を抜いておきます。中性洗剤を使い、タンクの内部に溜まったゴミや汚れを取り除きましょう。

パーツにゴミがこびりつくとうまく作動せず、水がうまく流れなくなったり、流れっぱなしになったまま止まらなくなったりします。便器の中やタンク内だけではなく、床や手洗い管の掃除も忘れてはいけません。掃除はトイレを清潔に保つだけではなく、いち早く異常に気付くための手段でもあります。掃除の最中にトラブルを発見したり、配管やパーツの劣化に気付いたりすることもあるでしょう。便器の背面や床の継ぎ目など、すみずみまで目を配ることが重要です。

トイレ修理は安心できる業者に任せよう!

トイレの修理が必要になると、日常生活を送る上でも大きな不便が発生します。万が一、トイレでトラブルが起きたときは、早めに業者に依頼をして対応してもらいましょう。実績豊富な専門業者なら、自分で修理を試みるよりも迅速に、効率良く修理をしてもらえます。依頼する業者選びに迷ったときは、ザットマンに相談すると安心です。

参照サイト

1段落:【水110番】トイレの水漏れ・詰まりトラブル等の原因と解決法 https://www.decadesdecades.com/toilet/
【水道1番館水まわりお助けナビ】トイレのトラブルの修理方法・交換手順 https://sos-mizu24365.com/diy/toilet/
2段落:【生活救急車】トイレに異物を流した!ナプキン パンツ おもちゃ 携帯 メガネ https://sq.jbr.co.jp/library/216
【水道1番館水まわりお助けナビ】トイレつまりの直し方(完全ガイド) https://sos-mizu24365.com/diy/toilet/diy6.html#
【水道トラブルネット】焦ったらダメ!『トイレのつまり』で困ったら試す6つの対処法 https://www.suido-trouble.net/toilet/post-246/
3段落:【リフォーム・修理なら【リフォマ】】トイレの床からの水漏れの修理方法と料金相場 https://reform-market.com/toilet-leak/contents/diy-floor-toilet
【生活救急車】トイレ便器・陶器のひび割れ!原因と補修方法とは https://sq.jbr.co.jp/library/251
4段落:【水道1番館水まわりお助けナビ】トイレの水が止まらない(タンクの水が止まらない) https://sos-mizu24365.com/diy/toilet/diy4.html
5段落:【水道1番館水まわりお助けナビ】トイレの水が止まらない(タンクの水が止まらない) https://sos-mizu24365.com/diy/toilet/diy4.html
6段落:【水道1番館水まわりお助けナビ】トイレの水が流れない https://sos-mizu24365.com/diy/toilet/diy5.html
7段落:【住まいる水道】トイレのパイプ・配管や床から水漏れした時の補修方法を原因別に解説 https://mizumore365.com/useful/toilet/toilet-haikan-mizumore-repair/
8段落:【生活救急車】トイレ便器・陶器のひび割れ!原因と補修方法とは https://sq.jbr.co.jp/library/251
9段落:【水110番】トイレの水漏れ・詰まりトラブル等の原因と解決法 https://www.decadesdecades.com/toilet/
10段落:【LIXIL SQUARE】かなり困るトイレのつまり!自分でできる直し方と予防法まとめ https://www.lixil.co.jp/square/articles/007/
12段落:【【水道業者比較Navi】】水道業者の選び方はこの5ポイントをチェック! http://www.toilets-bitya2.com/choice/
【スイドウサービス】トイレの修理業者の選び方とは https://www.suido-service.com/contents/toilet/trader-select
13段落:【アクア救急センター】トイレがつまった時に業者に依頼するべきかどうかの判断の仕方とは https://www.0120441599.com/column/theme01/column40.html
【水道救急センター】プロが教える!トイレつまりの6つの直し方【トラブル解決】 https://0120245990.com/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%82%8A.html#rink_3
15段落:【水道トラブルネット】焦ったらダメ!『トイレのつまり』で困ったら試す6つの対処法 https://www.suido-trouble.net/toilet/post-246/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム

トイレのつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る