トイレの水漏れへの対処法は?

トイレ水漏れ
トイレは毎日使う場所だからこそ、トラブルが発生すると焦ってしまうものです。なかでも、トイレのトラブルとして多くみられるものには「水漏れ」が挙げられます。トイレの水漏れを発見したら、放置せず速やかに止水栓の水を止めるなどの対処を行うのが大切です。止水栓の水を止めたら、きちんと水漏れの原因を特定して、部品を交換するなどの対策を行いましょう。ここでは、トイレの水漏れが起こる原因や、水漏れトラブルへの対処法について紹介します。

トイレの水漏れの主な原因は?

トイレの水漏れといっても、原因は1つとは限りません。水漏れの原因はさまざまであり、水漏れしている箇所をきちんと調べるのが肝心なのです。トイレの水漏れとして多くみられる原因には、以下の3つが挙げられます。1つ目は「便器自体の破損」による水漏れです。便器本体にひびが入っているなどの破損があると、水漏れを起こす可能性があります。なお、便器自体の破損であれば、下方からの水漏れがみられるのが特徴です。便器本体が破損する原因は、強い衝撃を与えることや、年数の経過による老朽化などが挙げられます。便器本体が破損していないか確認するには、まず便器についている水分や汚れをしっかりと掃除しておくのが重要です。その後、目で見たり指で触ったりするなどして、ひびが入っているかどうかよく確認しましょう。万が一、チェックしにくい部分がある場合は、鏡を使うと全体をチェックできます。

2つ目は「便器の外側の破損」による水漏れです。便器の外側の破損であれば、便器とタンクの隙間から水漏れがみられます。通常、便器とタンクは配水管でつながれています。この配管の接続部分から水漏れが起きるケースがあるのです。配水管の接続部分はナットで固定されており、なかにはパッキンと呼ばれる部品が取りつけられています。そのパッキンが劣化してしまうと、ポタポタと水漏れが起きてしまう原因につながるのです。3つ目は「タンク内部の部品が壊れている」ことによる水漏れです。タンク内部の部品が壊れている場合は、手を洗う場所のフタから水漏れがみられます。ホースに穴があいていたり、ジャバラホースが外れていたりなどの原因によって、水漏れが起きる可能性があるのです。また、排水をスムーズに行うためのオーバーフロー管に異常がある場合も、タンクから水が漏れてしまう大きな原因につながります。

トイレで水漏れ!はじめにやるべきことは?

トイレで水漏れが起こると、「早く対処したいけれど何をすべきかわからない」という人も多いのではないでしょうか。トイレの水漏れが起きたとき、はじめにやるべきことを知っておくと、万が一の事態にも焦らずに対応しやすくなります。トイレで水漏れが起こったときに、はじめにすべきなのは「止水栓を閉める」ことです。止水栓は水道水を出したり閉めたりする、重要な水量調整の役割を持ちます。水漏れを見つけたら、はじめに便器の脇にある止水栓を閉めて、水が流れないようにするのが重要なのです。止水栓の設置場所は、一般的に、便器の脇付近にあります。止水栓の閉め方は、マイナスドライバーを使って時計回りに閉めれば大丈夫です。止水栓を閉めておけば、水が大量にあふれ出したり、被害が大きくなったりするのを防止できます。

止水栓ではなく溝がある場合は、溝をマイナスドライバーで回して止水するのです。万が一、止水栓や溝などが見当たらなかったり、うまく探せなかったりする場合は、屋外の止水栓を止めるという方法もあります。戸建ての場合は、屋外の敷地内に止水栓が設置されているケースが多い傾向です。多くの場合はフタに止水栓と書かれているため、それを目印にすると見つけやすくなります。マンションなどの集合住宅の場合は、玄関にあるパイプシャフト付近に設置されているケースが多くみられます。探してもどうしても見つからないという場合は、集合住宅の管理人に聞いてみるのも一案です。

トイレの水漏れを直す手順

トイレの水漏れへの対策には、以下の方法が挙げられます。ただし、水漏れ対策は原因を特定し、交換すべき部品をきちんと準備するのが大切です。さらに、部品の説明書をよく読み、充分に内容を理解してから、作業を進める必要があるのです。専門の知識がない人には交換が難しい場合もあるため、そのような場合は無理せず、速やかに専門業者に依頼することを心がけましょう。なお、部品を交換するには、専門の工具が必要です。具体的には、止水栓を閉めるときに必要となる「マイナスドライバー」、ナットの調整をするための「モンキーレンチ」、パッキンのおさえが円形タイプのときに使う「ウォーターポンププライヤー」などがあります。さらに、配水管の修理をするときに使う「モーターレンチ」、交換作業中の水漏れを防ぐための「バケツとタオル」も用意しておくと良いでしょう。これらの工具は、ホームセンターや通販などで購入できます。

まず、便器からの水漏れの対処法です。便器とタンクの連結部分から水漏れしている場合は、パッキンの交換によって、水漏れが解消される可能性があります。パッキンの交換手順は、まず止水栓を閉めて、便器とタンクを分離させるのです。タンク下にあるナットを外すと、便器とタンクを分離できます。なお、分離する前に給水管をタンクから外し、タンクの水を空にしておくのが重要です。分離させたら、タンクの底にあるパッキンを新しいものと交換して、タンクと給水管を元通りに取りつけます。便器自体が破損して水漏れを起こしている場合は、新しい便器に交換するのが無難です。もしも、無理にパテなどを塗って水漏れを直そうとすると、かえってひびが深くなってしまったり、便器が割れてしまったりして、新たなトラブルを引き起こしてしまうおそれがあるので要注意です。便器自体から水漏れしている場合は、無理せず新しい便器に交換したり、専門業者に相談をしたりすると良いでしょう。

次に、タンクからの水漏れの対処法です。タンク内でチョロチョロと水が流れ続けるような水漏れは、タンク内のボールタップと呼ばれる部品を新しいものと交換すると、水漏れが解消する可能性があります。ボールタップの交換手順は、まず止水栓を閉めて、タンクの側面にある、給水管とボールタップの接続部分をチェックします。給水管側とタンク側の両方についているナットを取り外すと、ボールタップが引き抜けるようになるのです。ボールタップを引き抜いたら、新しい部品と交換し、タンクに取りつければ完了です。

止水栓からの水漏れの対処法には、パッキンの交換が挙げられます。パッキンの交換手順は、まず止水栓を閉め、水を止めてレンチでハンドルの元栓を外します。この元栓はスピンドルと呼ばれ、スピンドルを外すと黒いゴムがついた、コマパッキンが見えるようになるのです。このコマパッキンを新しいものと交換したら、ずれないようにしっかりとはめ込み、ナットを締めて完了です。また、止水栓からの水漏れは、パッキンではなくスピンドルが緩んでいる可能性もあります。その場合は、スピンドルを締めると水漏れを解消できる場合があるため、よく状態を確認するのが大切です。

トイレの水漏れで注意すべき点は?

トイレの水漏れで注意すべき点には、以下の2つが挙げられます。1つ目は「タンクの結露の可能性を考慮する」という点です。トイレは環境や室温により、タンクの結露が起こる可能性があります。タンクが結露すると、水漏れによく似た症状がみられるため、勘違いをしてしまう人も少なくないのです。そのため、水漏れが発生したら、まずは結露の可能性を考慮し、よくトイレの状態を確認する必要があります。また、結露だった場合は、しっかりと結露対策を取り入れるのが肝心です。万が一、結露をそのまま放置してしまうと、カビが発生してしまうリスクが高まります。すると、衛生上や見た目にも影響をおよぼす可能性があるため、注意が必要です。

具体的には、「換気」を行うのが結露の対策法として挙げられます。そもそも結露とは、温度差が激しいときに水分が凝結して引き起こされる現象です。そのため、こまめに換気を行って温度差をなくすのが大切なのです。換気扇がある場合は、こまめに回すように心がけましょう。窓を開けて換気する場合は、外出時などはきちんと閉めて、防犯対策をするのが重要です。在宅中に窓を開けて、空気を循環させましょう。また、トイレを使っていないときに、ドアを開けておくのも空気の循環に役立ちます。さらに、「防露便器や防露タンクを取り入れる」という方法もあります。防露便器や防露タンクとは、便器やタンクの内側部分に、断熱のための仕組みが設けられており、結露を防ぎやすくなるものです。タンクの内側には結露防止のため、発泡スチロールが貼りつけられている製品が多くみられます。しかし、発泡スチロールは経年劣化によって膨張してしまうケースがみられ、防露の役割が充分ではない可能性があるのです。トイレを長年使用していて結露に悩んでいる場合は、結露対策として新しい防露便器や防露タンクに交換してみるのも良いでしょう。

2つ目は「便器や部品の交換は取りつけ不良のリスクがある」ことが、注意点として挙げられます。トイレの水漏れは、発生する原因や発生箇所がさまざまです。専門的な知識がない人の場合、水漏れの原因や発生箇所を正確に見極められない可能性があるため、安易な自己判断には注意が必要です。それに、便器や部品の交換は、専門の知識がない人が行った場合、取りつけ不良による水漏れの原因にもなり得ます。トイレの水漏れトラブルを安全かつスムーズに解消するには、専門業者に依頼すると安心です。自力で対処するのが難しかったり不安だったりする場合は、無理せず専門業者を頼りましょう。

トイレの水漏れに注意!専門業者に依頼しよう

トイレの水漏れにはさまざまな原因があるため、安易な自己判断で修理や交換作業などを行うのは避けたほうが無難です。トイレの水漏れトラブルは、便器やタンクの構造をきちんと理解したうえで、慎重に行う必要があります。万が一、自分でトイレの水漏れを直そうと修理や交換作業をすると、後々水漏れが起きたり、新たなトラブルの原因につながったりするリスクが生じます。トイレは生活に不可欠な場所であるからこそ、きちんと専門業者に修理を依頼し、安心して使用できる状態にしておくのが大切です。

参照サイト

【水まわりナビ】トイレで水漏れが発生しやすい箇所と修理する場合の直し方
https://www.qracian.net/toilet/4501/

【Yamashinaリフォーム】トイレや床が濡れてる!?トイレの結露の対処法
http://www.yamashina-reform.com/new/1254/

水まわりのトラブル解決
サービス概要


  • トイレの
    つまり・水漏れ

    タンクのレバーを操作しても水が流れない、水が止まらない、なかなかタンクに水が溜まらない、タンクから水漏れするなどのタンク回りの問題はタンク内部を点検し、パッキンやフロートの交換、パーツのズレなどを直します。また、トイレにスマホやボールペンなどの異物を流してしまった、原因は分からないがトイレをつまらせてしまって流れない、便器の水が溢れてくる、トイレから悪臭がするなどの場合は、排水管を調査、清掃し異物を除去します。古くなった便器の交換、修理、ウォシュレットへの交換なども早急に対処しますのでご相談ください。
  • キッチンの
    水漏れ・つまり

    キッチンの蛇口を開いても水やお湯が少ししか出ない、蛇口を閉じても水やお湯が止まらない、蛇口から水がポタポタ漏れてくる、蛇口レバーが固くて動かないなどの蛇口のトラブルは、パッキンやパーツ、あるいは蛇口自体を交換します。シンクの水が流れない、流れが悪い、つまっていて悪臭がする、シンクがぬめっている、シンク下の排水管から水が漏れているなどのシンクのトラブルは、排水口や排水管の中のしつこい油汚れを除去し、除菌します。また、排水管内部のゴミを取り除き、排水管のパイプに問題がある場合は交換し、水漏れを解消します。
  • お風呂の
    水漏れ・つまり

    お風呂の蛇口が固くて動かない、蛇口を操作してもお湯が出ない、蛇口を閉めてもお湯がポタポタ漏れてくる、蛇口回りから水が漏れているなどのお風呂の蛇口のトラブルは、蛇口のパーツやパッキンの交換、カランとシャワーの切り替え部分の調整、パーツの交換などを行います。シャワーヘッドやホースの付け根から水漏れがある場合は各種パーツを交換し、シャワーヘッド自体に問題がある時はヘッドを交換します。湯船の排水口や風呂場の排水溝から異臭がする、お湯が流れていかないなどのトラブルは、ゴミや髪の毛を除去し、つまりを解消します。
  • 洗面所の
    水漏れ・つまり

    洗面台の排水管に、ヘアピンや綿棒などの異物を落としてしまい水がなかなか流れない、洗面台に水が溜まっている、排水溝から異臭がする、S字状の排水パイプから水が漏れる、こういった排水管のトラブルは排水管内部を調査し、異物を除去します。排水パイプに問題がある場合はパイプを交換します。排水管からの水漏れは接合部のパッキンやパーツを確認し、交換します。また、洗面台の蛇口を操作しても水やお湯が出ない、蛇口が固い、蛇口から水がポタポタ漏れているなど、蛇口に問題がある場合は蛇口を調整し、摩耗したパーツやパッキンを交換します。
  • 水道・蛇口の
    水漏れ・つまり

    蛇口のハンドルやレバーを操作しても水が出ない、出る水の量が少ない、蛇口が固くて動かしにくい、蛇口のハンドルが全く動かない、蛇口ががたついている、蛇口を閉めても水が止まらない、蛇口を固く閉めてもポタポタ水が漏れるなどの蛇口のトラブルは、蛇口自体が原因になっていることがあるので、パーツやパッキンを交換しても水が漏れる時は蛇口自体を交換します。蛇口と水道管の接合部からの水漏れ、水道管からの水漏れ、水道管のがたつきなど、水道管のトラブルは接合部を確認し、パッキンの交換、水道管の交換を行います。排水溝のつまり、異臭はゴミを除去し、つまりを解消します。
  • 給湯器やポンプの
    水漏れ・つまり

    給湯器のお湯が出ない、温度調整がきかない、給湯器が点火しにくい、点火しなくなった、給湯器から異臭がする、給湯器を使用すると異音がするなどの給湯器のトラブルは、給湯器を調べて原因を特定し、修理します。給湯器各メーカーに対応しているので安心してお任せください。また、給湯器内部から水漏れしている、給湯器のホースから水漏れしている、接合部からポタポタ水がしたたるなどのトラブルは、パッキンやパーツ、ホースを調べ交換します。ポンプ部分の故障や水漏れ、動作不良などのポンプの異常も原因を調査、特定し、修理します。
  • 屋外排水の
    水漏れ・つまり

    屋外の蛇口を閉めても水が漏れる、蛇口が固くて動かない、水の出が悪い、蛇口と水道管の接合部から水が漏れるなどのトラブルは、蛇口の経年劣化の可能性が考えられます。屋外にあるため外気温や強風、振動などの影響で劣化をすることが多く、パッキンを交換しても問題が解決しない場合は蛇口自体を交換します。排水桝が溢れた、屋外排水溝がつまった、悪臭がする、水漏れする、逆流するなどの屋外排水溝のトラブルは、水に溶けない、流れないゴミが堆積していることが多いのでゴミを除去し、流れをよくします。また、給水機のトラブルに関しても対応していますのでご連絡ください。
  • 漏水、悪臭調査
    高圧洗浄、管内カメラ

    水道料金が最近高額になったが、その原因が分からない、床下が濡れている、上の階から水漏れがする、漏水の可能性を水道局から指摘されたが漏水場所を特定できない、このような原因不明の水漏れのトラブルに関しては、管内カメラを使用して原因を調査し、水漏れ場所を特定し対処します。また、グリストラップのつまり、溢れ、受水槽、汚水槽、浄化槽や排水管のつまり、悪臭でお悩みなら、高圧洗浄でゴミを除去し、つまりや悪臭を解消します。その他にも、蛇口の修理や交換、移設、調理台の交換なども行っていますので、お気軽にご相談ください。
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。
タップで電話
PAGE TOP