ウォシュレットの噴射が止まらない!困ったときには慌てずに対処を

ある日突然起きる水回りのトラブルは、対処方法がわからず困ってしまう人も多いのではないでしょうか。特に、ウォシュレットの噴射が止まらなくなってしまうと、大いに慌ててしまいますよね。まごまごしていると、トイレだけでなく廊下や床の上まで水浸しになりかねません。今回は、いざというときに困らないよう、ウォシュレットの噴射が止まらなくなったときの対処法を具体的に紹介します。自宅と外出先、2通りのケースで解説するので覚えておきましょう。

ウォシュレットの不具合に多いのは?

ウォシュレットで起きやすい不具合は、主に「ノズルが出てこないまたは戻らない」「温水だけ出ない」「ノズルから水漏れがある」「水が出ない」などが挙げられます。1つ目の「ノズルが出てこないまたは戻らない」というトラブルは、電気系統がうまくつながらずに誤作動を起こしている可能性が高いです。コンセントがしっかり差さっているか、そもそも電源がオンになっているかなどをチェックしてみましょう。停電が起きた場合、スイッチをリセットしないと正しくノズルが動かないこともあります。

2つ目の「温水だけ出ない」というトラブルも、比較的よく見られるものです。ヒヤッとした水が当たると驚いてしまいますが、これは単に温度設定が低すぎる可能性があります。気温の低い冬場になると、それまでの温度設定では冷たく感じてしまうこともあるので注意しましょう。この場合、操作ボタンで温度を変えれば解決します。また、ウォシュレットを長時間使い続けると、内部にためていた温水を使い切ってしまうこともあります。温水がなくなると冷たい水が噴射されますが、時間が経てば再び温水がたまるので待ってみましょう。

3つ目の「ノズルから水漏れがある」という不具合で、まず疑われるのは電源トラブルです。ウォシュレットを使用したあと、電気系統がうまく作動せず、停止させられずに水が漏れてしまうこともあります。電気系統を正しくつなげるために、コンセントを抜き差ししたり、プラグについているリセットボタンや操作ボタンの電源を押したりしてみましょう。また、本体ではなく壁付けのリモコンでウォシュレットを操作するタイプの場合、リモコンの電池切れで正しく作動していない可能性もあります。電池残量を確認したり、新しい電池に交換したりして様子を見てみると良いでしょう。

4つ目の「水が出ない」というトラブルでまずチェックしたいのが、水圧設定です。ウォシュレットは好みに応じて水圧を変えられるのですが、最も弱い水圧に設定していると水がなかなか出ないこともあります。また、ノズルに設置されているフィルターが汚れでつまっている場合、水がスムーズに出てこられません。フィルターは取り外して清掃可能なので、まずは汚れ具合を確認してみましょう。さらに、ウォシュレットそのものに寿命が来た可能性もあります。一般的なウォシュレットの製品寿命は、約4年です。使う頻度や掃除などによって寿命は変わりますが、4年以上使っていると故障して水が出なくなるケースもありえます。

このように、ウォシュレットにはさまざま不具合が起こります。毎日使っていると、逆に小さな違和感や異常などを見落としがちなので注意が必要です。ここで紹介した不具合は比較的軽いものなので、緊急性が高いわけではありません。その場でパニックになるほど慌てることは少ないでしょう。しかし、「噴射された水が止まらない」状態になると非常に困ることになります。服や体が濡れてしまう可能性がありますし、そのまま放置してトイレを出るわけにもいきません。噴射が止まらない場合の対処法は、しっかり覚えておくようにしましょう。

水が止まらない場合に考えられる原因

ノズルから水の噴射が止まらなくなると、トイレから立ち上がるのも躊躇してしまいますよね。パニックにならないためにも、水が止まらない原因を知り、落ち着いて素早く対処できるようにしておきましょう。原因としてまず疑われるのが、リモコンの電池切れです。ウォシュレットには、本体の横に操作ボタンがあるタイプと、壁にリモコンがついているタイプがあります。本体の横にある操作ボタンは、コンセントから直接電気を受け取っているので電池切れが起きる心配はありません。

ところが、壁についているリモコンは、内蔵された電池で動いています。電池の残量が少なかったり完全になくなったりすると、正しく作動せず噴射を止められなくなってしまうのです。リモコンタイプのウォシュレットで、ボタンを操作してもなかなか水が止まらない場合は、家族に頼むなどして新しい電池を持ってきてもらいましょう。新しい電池に交換すれば、すぐに水が止まる可能性もあります。

電池を交換しても水が止まらない場合は、ノズルについている「弁」の故障を疑いましょう。ノズルには、流れる水を正しくコントロールして噴射するための弁が備えられています。何らかの原因で弁が誤作動を起こしてしまうと、水が正常に流れず、止まらなくなってしまうケースがあるのです。この場合は弁の修理をしなければなりませんが、専門知識が必要な難しい作業なので素人には難しいでしょう。無理に自分で修理すると、逆に状態を悪化させてウォシュレットをまるごと交換する事態になりかねません。余計な手間と費用を省くためにも、素直に修理の専門業者に依頼したほうが良いでしょう。

ノズルが出たまま戻らなくなってしまうと、水も止まらないことがあります。ノズルが出たり戻ったりするのは、内部に設置されたスプリングの働きによるものです。このスプリングが故障してしまうと、物理的にノズルが元に戻れなくなってしまいます。使い始めてから長い年月が経っている場合は、経年劣化によってスプリングが伸びきったり外れやすくなったりすることもあります。手でそっと押し込むと元通りに戻るケースもあるので、試してみると良いでしょう。ただし、スプリングの故障を放っておくと、いずれ再びノズルが戻らなくなってしまう可能性が高いです。こちらもできるだけ早く、修理業者に依頼するようにしましょう。

自宅のトイレで水が止まらないときは?

もっともウォシュレットを使う頻度が高いのが、自宅のトイレです。それだけ水の噴射が止まらないトラブルに見舞われやすいので、正しい対処法を知っておくことが大切です。自宅のトイレの場合、ウォシュレットを使う前や後にノズルから少しずつ水が出ていることがあります。機種によってこのような状態が見られますが、決して故障ではありません。少量の水を流してノズルを清潔に保つ「自主掃除機能」が働いているだけで、水が止まらないわけではないのです。

ただ、自主掃除機能はあくまでも「少量の水」が流れます。水の量が多いときや、いつまで経ってもチョロチョロと出続けているときは故障の可能性が高いので注意しましょう。実害がなくても、できるだけ早く修理業者を呼んで調べてもらった方が安心です。ウォシュレットを使っている最中のような勢いの水が出続ける場合も、故障が疑われます。このような場合は、まず止水栓を閉めて修理業者に連絡しましょう。止水栓を閉めてしまえば、トイレに水が来なくなるためウォシュレットの噴射も自然と落ち着きます。

止水栓の種類はさまざまですが、マイナスドライバーで開け閉めできるタイプが多いです。右方向に回すと栓が閉まり、水が流れなくなります。止水栓は基本的にトイレの配管のどこかにあるので、探してみましょう。止水栓がわからない場合は、水道局に聞くと教えてもらえることが多いです。すぐに連絡できない場合は、水道の元栓を閉めるという方法もあります。ただし、元栓から閉めてしまうと、ウォシュレットだけでなくすべての水道が使えなくなります。トイレを流すことはもちろん、キッチンや洗面台などあらゆる場所で水が使えないので注意しましょう。

外出先で水がとまらなくなったときは?

日本はトイレの整備が進んでおり、ウォシュレットを備えているショッピングモールなども珍しくありません。このため、自宅だけでなく外出先でもウォシュレットを使っているという人も多いでしょう。非常に便利ですが、外出先だからといってウォシュレットが故障しない保証はありません。自宅と同じように、自分が使っているときに突然故障する可能性もあるのです。外出先のトイレでウォシュレットの水が止まらなくなった場合は、勝手に修理するわけにはいきません。無理な使い方をしていない限り、故障の責任を負わされる心配もほとんどないので、速やかにトイレの管理者に報告しましょう。

病院やショッピングモールなどの場合、トイレの中に緊急呼び出し用のボタンがついていることも多いです。管理者のいる場所が遠かったり、どこに連絡すれば良いかわからなかったりしたときは、遠慮なく呼び出しボタンを使いましょう。くれぐれも、そのまま放置して立ち去ってはいけません。トイレの床が水浸しになってしまいますし、長時間水が止まらなければウォシュレット本体まで故障してしまうおそれもあります。トイレを使用した者のマナーとして、すぐに管理者に知らせることが大切です。

普段からこまめなメンテナンスを!

ウォシュレットの噴射が止まらなくなってしまうと、トイレが快適に使えなくなってしまいます。水の勢いが強く床まで水浸しになってしまうと、集合住宅なら階下の部屋に漏水するおそれもあります。大きなトラブルになる可能性もあるため、放置せずすぐ対処することがポイントです。ただ、ウォシュレットの故障は頻繁に起きるものではないため、どのように対処すれば良いかわかりにくいですよね。対処に困ったときは、さまざまな水回りのトラブル解決実績をもつザットマンに連絡しましょう。

トラブルの内容に応じて適切な修理をしてくれるのはもちろん、定期的なメンテナンスにも対応可能です。こまめにメンテナンスをしておくと、ウォシュレットを長持ちさせられるだけでなく、異常を早期発見して大きなトラブルになるのを防ぐこともできます。トイレが使えなくなると非常に困るので、ザットマンに相談するなどして普段からウォシュレットの状態に注意するようにしましょう。

参照サイト

【水回りナビ】ウォシュレット・シャワートイレの水漏れ原因と修理方法
https://www.qracian.net/toilet/153/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る