トイレのつまりを直したい!自分で解決する方法と業者の料金相場

トイレつまり料金
トイレがつまってしまったが直し方がわからずに困っているという人も多いでしょう。つまったのが紙などの水に溶けるものであれば、トイレのつまりは自分でも比較的簡単に直すことができます。しかし、自分でつまりを解決することにはメリットとデメリットがあり、場合によっては業者に依頼したほうがよい場合もあるのです。今回は、トイレのつまりを自分で解決する方法やそのメリットとデメリット、そして業者に依頼する場合の料金相場について解説していきます。

トイレがつまる原因で多いものは?

まず、トイレがつまってしまったときにみられる症状として多いのは、水の水位がいつもより高い、水の流れが弱いといったことなどです。ちょっとしたことなので見過ごしてしまいがちですが、トイレがつまっている兆候をみつけたときはなるべく早めに対処する必要があります。トイレのつまりが悪化すると、水が逆流して便器から汚水があふれ出し、床を水浸しにしてしまう恐れがあるためです。そうなると、階下の部屋まで水が漏れて二次災害を引き起こしてしまう恐れもあるのです。

それでは、トイレは何が原因でつまってしまうことが多いのでしょう。まず考えられるのが、掃除用のペーパーやウェットティッシュ、ティッシュペーパーなどがつまっていることです。基本的に、トイレに流すことができるのはトイレットペーパーのような水に溶ける紙類のみです。特に、ティッシュペーパーなどは流れると思い込んで流してしまったことがあるという人も多いでしょう。トイレに紙類を流そうとするときは、それが水に溶けるものなのかどうかを前もって確認しておく必要があります。また、紙おむつや猫のトイレ用の砂なども水に溶けるものではないので、排泄物と一緒に流してしまわないように注意しましょう。

この他に、誤って落としてしまった芳香剤のキャップやハンカチなどの小物類がつまりの原因となっていることもあります。「小さいものだから問題ないだろう」などと高を括って流してしまうことのないように、便器にものを落としたらすぐに拾うようにしましょう。また、子どもがいる家庭では誤って入れたおもちゃなどがつまりを引き起こしているというケースもあります。さらに、たとえ水に溶ける紙類であっても大量に流すとトイレをつまらせてしまう恐れがあります。そのため、トイレットペーパーを大量に使用するのは避け、使用量が多くなる場合は複数回に分けて流すようにするとよいでしょう。

トイレがつまったときの解決方法

トイレがつまってしまったときに自分で解決する方法にはさまざまなものがあります。まず、異物が上から確認できるようであれば、ゴム手袋などをはめて直接取り除くのが最も手っ取り早いでしょう。また、トイレットペーパーなどの水溶性のものがつまった場合であれば、比較的簡単な方法でつまりを解消することができます。それが、バケツや大きめのペットボトルに水をためて便座に注ぐという方法です。

この方法には、便器に水を注ぐことで便器とつまっている異物の間に空間を作り、異物を溶けやすくするという効果があります。便器に水を注ぐときは、少し高めの位置から排水口めがけて注ぐようにしましょう。注意点として、便器内の水位が上がっているときは排水口に直接水を注げる程度まで水をくみ出しておく必要があります。また、つまりが解消して水位が正常の位置に戻るまではレバーを引かないようにしましょう。

次に、重曹や酢を使って異物を流れやすくするという方法もあります。まず、計量カップ4分の1程度の重曹と酢100ml、そして40〜50度の湯を便器に半分程度の量だけ用意しておきましょう。作業の手順としては、最初に重曹を便器に入れ、それから酢を注ぎます。次に湯を入れると泡立ってくるので、そのまま1時間ほど放置しましょう。1時間後、バケツから便器に水を注いでみて問題がなければつまりが解消されたことがわかります。

ラバーカップで水流を作って流すというオーソドックスな方法も効果的です。ラバーカップを使ってつまりを解消するときの注意点は、水が飛び散らないように便器をビニールシートなどで覆うようにするということです。大きめのビニール袋の中央に穴をあけ、そこにラバーカップを通して作業を行うとよいでしょう。排水口にラバーカップを押しつけて引っ張るという作業を繰り返すうちにつまりは解消していきます。直ったと感じたら、バケツなどから便器に水を注いでみましょう。スムーズに排水されているようであれば作業完了です。ラバーカップで効果がない場合は、さらに吸引力の強い真空式パイプクリーナーを使ってみるのもよいでしょう。

固い異物が排水管の内部でつまっているような状態であれば、ワイヤーブラシを使って直接取り除くという方法で対処できます。トイレのつまりを解消する目的で使われるワイヤーブラシは通常のものとは異なり、細長いバネのような形状をしています。ホームセンターなどで買い求める場合、あくまでも目安ですが価格の相場は2000~5000円程度です。手順としては、汚水が飛び散るのを防ぐために便器をビニールシートなどで覆ったうえでワイヤーブラシを排水口に差し込みます。このとき、排水管内部の壁面をなぞるようにねじりを加えながらブラシを伸ばしていきましょう。

先端が異物までたどり着いたら、突き崩すようなイメージでブラシを前後させてつまりを解消させます。最後に、使い終わったワイヤーブラシをきれいに掃除すれば作業完了です。ちなみに、ワイヤーブラシが手に入らないようであれば、太い針金製のハンガーを伸ばして針金状にすることで代用するという方法もあります。ただし、ワイヤーブラシやハンガーを使ってつまりを解消させようとするのはかなり難易度の高い方法です。そのため、他の方法を試してみて効果がなかったときに最後の手段として行ってみるのがよいでしょう。

トイレのつまりを自分で直すメリット

メリットがある一方で、トイレのつまりを自分で直すことによって生じるいくつかのデメリットもあります。まず、自分でつまりを直そうとしても症状が思った以上に深刻で、完全に直すことができないということもあるでしょう。そのときはあらためて業者に依頼する必要があるので、時間と手間を無駄にすることになります。また、無理に直そうとして排水管に傷をつけてしまう場合があるのもデメリットの一つだといえます。特に、ワイヤーブラシなどの扱いにくい用具を使う場合は排水管を傷つけるリスクが高いでしょう。さらに、流さずに取り除くべき異物がつまっている場合、作業に慣れていないと余計奥に入ってしまうこともあります。そうなれば症状はさらに悪化してしまうので、自分では無理だと感じたらすぐに業者に連絡するようにしましょう。

トイレのつまりを自分で直すデメリット

メリットがある一方で、トイレのつまりを自分で直すことによって生じるいくつかのデメリットもあります。まず、自分でつまりを直そうとしても症状が思った以上に深刻で、完全に直すことができないということもあるでしょう。そのときはあらためて業者に依頼する必要があるので、時間と手間を無駄にすることになります。また、無理に直そうとして排水管に傷をつけてしまう場合があるのもデメリットの一つだといえます。特に、ワイヤーブラシなどの扱いにくい用具を使う場合は排水管を傷つけるリスクが高いでしょう。さらに、流さずに取り除くべき異物がつまっている場合、作業に慣れていないと余計奥に入ってしまうこともあります。そうなれば症状はさらに悪化してしまうので、自分では無理だと感じたらすぐに業者に連絡するようにしましょう。

業者に依頼する場合の料金相場は?

自分では解決が難しい場合、業者に依頼してつまりを解消してもらう必要があります。業者に依頼するべき症状としては、つまりが発生してからいつまで経っても便器内の水位が下がらないというケースが挙げられます。軽度のつまりであれば、少しずつであっても水位は下がっていくものです。つまり、まったく水位が下がらないということはつまりの症状が重いということになるので、早めに業者に頼むのが賢明でしょう。また、つまりの原因が水に溶けないものである場合や、何がつまっているのかわからない場合も業者に依頼するべきケースだといえます。特に、何がつまっているのかわからないときは汚れの蓄積などが原因となっている可能性が高く、素人では対処することができないでしょう。

業者にトイレのつまりを直してもらう際の料金相場として、作業費は5000〜3万円程度かかると考えておくとよいでしょう。また、出張費として8000円程度が別途で請求されることもあります。さらに、作業の内容に応じてオプション料金がかかるということも知っておきましょう。例えば、部品を外す必要がある場合は1万2000〜1万5000円程度の費用がかかります。また、便器自体を外す必要があるときは4万5000〜5万円程度の料金が加算されるでしょう。

高圧洗浄機を使う場合は、戸建であれば1万5000~2万円程度、集合住宅であれば3万~4万5000円程度の料金がかかります。その他にも、必要に応じて交換部品の材料費などがかかる場合もあるので注意しましょう。ただし、実際の状況やどの業者を呼ぶかによって料金設定はさまざまなので、ここで紹介した金額はあくまでも目安として考えておくとよいです。

24時間対応の業者に相談しよう

自分でトイレのつまりを直す方法もありますが、基本的にはプロの業者に任せるのが安心でしょう。しかし、深夜や早朝にトイレがつまってしまったときなどはすぐに対応してくれる業者がみつからないこともあります。そのようなときは、24時間営業のザットマンに相談すれば迅速に事態の収拾を図ってくれるでしょう。

参照サイト

【JBR生活救急車】トイレつまりの直し方まとめて全部紹介
https://sq.jbr.co.jp/library/376/

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る