トイレのつまりの原因や対処法を知っておくべき!

トイレのつまりの原因や対処法を知っておくべき!業者へ依頼する判断基準は?
トイレのつまりが起こると多くの人が焦ってしまい、どのように対処したら良いのかがわからなくなってしまうものです。実は、トイレのつまりはその状況によって、いろいろな原因が考えられます。また、トイレのつまりの原因によっては、業者に依頼しなくても自分で対処できる可能性もあります。この記事では、トイレがつまる原因について詳しく触れ、対処法や専門業者へ依頼するときの判断基準についてもあわせて解説していきます。

トイレがつまる原因には何があるの?

トイレがつまる原因としては、いくつかのことが挙げられます。まず、トイレの便器には構造上、つまりやすい場所があります。具体的には、トイレの便器の「せき」と呼ばれる部分に関しては、排水路のなかでも最も狭く、急カーブになっていることが特徴です。この部分はトイレのつまりやすい箇所の代表格といえるでしょう。他には、便器のなかで常時水が溜まっている、便器排水路の出口付近にあるくぼみも、トイレのつまりが起こりやすい場所といわれています。

次に、トイレを流すときの水流が弱いことも、つまりの原因となっている場合があります。タンク式のトイレの多くには、大小のレバーがついているケースがほとんどです。このレバーは用途によって使い分ける必要があり、たとえば大便をしたあとには「大」のレバーを使用しなければ、大便を流すのに必要とされる強い水流が得られない可能性があります。加えて、節水を目的として、トイレタンクに水をためたペットボトルなどを入れている場合も、水量が確保されないことがつまりの直接的な原因となっているケースも実際には多く見られます。そのため、トイレのつまりを起こしてしまう原因となることを考慮すると、トイレタンクのなかには不要なものを入れるのは避けるべきといえるでしょう。

さらに、トイレに異物が入ってしまった場合です。トイレでは、トイレットペーパーを使用します。トイレットペーパーは水に流すと溶けるという性質があるにもかかわらず、トイレットペーペーがつまりを引き起こしているケースもあります。たとえば、トイレットペーパーを使いすぎてしまい、それをそのまま流してしまうと、トイレはつまってしまう場合があるのです。また、トイレに携帯電話や鍵、キーホルダーなどの異物を落としてしまって水を流すと、トイレットペーパーと異物が絡まってしまうことからつまりの原因となってしまう恐れもあるでしょう。

トイレがつまる状況別に判断しよう!

トイレのつまりについて、状況別に判断することができると適切な対処を行うことができます。まず、トイレがつまる状況のひとつとして、水は流れているにもかかわらず、便器内の流れが悪いということが挙げられます。これは、比較的軽いつまりであるといえるでしょう。このようなケースは便器や排水管に異物があり、それが水の流れをふさぐことによって起こる症状といえます。また、このような状況では、少量でも一応水は流れているため、状況を改善しないままトイレの使用をそのまま続けてしまう人もたくさんいます。ただし、水が少量流れているという状況のままトイレを使い続けていると、状況が悪化してしまう恐れがあるため、早い段階でつまりを取り除いて状況を改善することが大切です。

一方で、便器のなかをよく見てみると、底に溜まっている水が普段よりも多い場合があります。便器の水が多い場合は、異物がつまっている可能性を視野に入れて対処法を考えると良いでしょう。ただ、異物の種類によって、対処の方法が異なるのが一般的です。そのため、一旦は水位が変化する様子をしっかりと確認することがポイントです。たとえば、ある程度時間が経っても水位が変化しないというのであれば、何らかの異物がつまっている可能性が高いといえます。他には、時間の経過とともに少しずつでも水位が下がっている場合です。この状況では、異物はつまっているものの、便器や排水管には少し隙間があるケースが多く見られます。これらのことからもわかるように、一定の時間をおいてつまりの状況を確認すると、トイレがどの程度つまっているのかを判断するのに役立ちます。

加えて、トイレがつまっていることに気づくと、状況やつまりの程度に関係なく、レバーをひいて水を流してしまう人もいるでしょう。つまりの程度がそれほど高くないと判断した場合では、水流の強さによってはトイレのつまりがそのまま押し流されてしまうケースも実際にはあります。しかし、つまりの程度が高い場合、安易にレバーをひいて水を流してしまうと便器から水があふれてしまう可能性があるため注意をしましょう。

自然につまりが解消されるケースもある!?

「トイレがつまっているかも?」と思っていても、何もしなくても、自然にトイレのつまりが解消されるケースも見られます。たとえば、トイレットペーパーが一時的につまった場合では、2~3時間で自然に水に溶けて流れる可能性もあります。ただし、海外製や粗悪品のトイレットペーパーは水に流れにくいものもあるため、つまりの原因となるケースも見られます。また、トイレのつまりが排泄物の場合も、2~3時間で自然に解消される可能性があります。排泄物の量が多いときなどは一度に流そうとせずに、数回にわけて水を流すことがポイントです。

次に、トイレ掃除用のペーパーで「流せる」と表示があるものがつまった場合も、時間が経過すると自然につまりが解消される場合があります。ただし、トイレのお掃除シートなどは、トイレットペーパーと比較すると水に溶けにくいという特徴があります。したがって、「流せる」と表示があるトイレのお掃除シートなども、水に溶けきるまでには半日程度の時間がかかるといえるでしょう。

トイレのつまりへの対処法は?

トイレがつまったときの対処法を心得ておくと、冷静に状況を改善することができるようになります。まず、トイレがつまったら、ラバーカップやワイヤーブラシを使用してつまりを解消するという方法があります。ラバーカップは「すっぽん」などと呼ばれることもあり、トイレがつまって困ったときに活用する原始的な道具のひとつといえるでしょう。ラバーカップは取っ手が棒状で、先端には半球のゴムがついています。ラバーカップは洋式用と和式用があり、またサイズも大・小と種類があるため、購入時には注意をしましょう。

ラバーカップを使用するときは、トイレの便器の排水口に強く押し当てて、隙間ができないように密着させることがポイントです。このとき、ラバーカップのゴムの部分がしっかりと水に浸かっていることを確認しておきましょう。ゴムの部分が水に浸かっていないと空気が入ってしまい、つまりが改善されません。便器のなかの水が少ないようであれば、水を継ぎ足しておくと良いでしょう。そして、排水口に向かってラバーカップ垂直に立て、便器の底に押し当てて、真下にゆっくりと押していきます。そのあとは、ラバーカップを勢いよく引き抜きます。排水口に水が流れるようになるまで、この作業を数回繰り返すとつまりが解消される可能性があるでしょう。

また、ラバーカップを使ってもつまりが解消されない場合は、ワイヤーブラシを使用してみましょう。ワイヤーブラシは排水管をそうじするときに使うもので、細長い金属製のブラシの先がらせん状になっている道具です。ワイヤーブラシを便器のなかに直接入れて、ブラシを前後させることによってつまりを取り除いていきます。

ラバーカップやワイヤーブラシなどを使ってトイレのつまりが解消されたときは、バケツに水を汲んで流してみて、排水されていることをチェックしてみましょう。排水がスムーズになったという実感が得られたなら、トイレのつまりは解消したといえるでしょう。加えて、ラバーカップ・ワイヤーブラシなどの道具を用いてトイレのつまりを取り除く場合、汚水が周囲に飛び散ってしまう恐れがあります。そのため、作業を始める前には汚物や汚水の跳ね返りを防ぐために、ビニールシートや大きいサイズのゴミ袋を使ってトイレの周辺を覆っておくなどの工夫することが必要です。

ただし、専門家ではない人がトイレのつまりの対処法を講じる場合には、間違った対応をしてしまうなどのリスクもあるため注意が欠かせません。たとえば、トイレのつまりを無理に直そうとしてしまうと、異物が余計奥に入ってしまうなど状況が悪化するケースもあります。加えて、トイレの排水が上手く行われていないにもかかわらず、なかには焦っているためにレバーを引いて水を流してしまう人もいるでしょう。トイレのつまりがあるときに不用意に水を流してしまうと、便器から水があふれてしまい床が水浸しになってしまう場合があります。これらのことからも理解できるように、専門的な知識や技術を持たない人がトイレのつまりを解消しようとしたら、多少のリスクはあるといえます。

トイレのつまりは専門業者に依頼するのがおすすめ!

トイレがつまったとき、焦って熱湯をかけるなど間違った方法で無理やりつまりを取り除こうとすることにはリスクもあります。たとえば、多くの家庭で使われているトイレのほとんどが衛生陶器と呼ばれるものです。家庭用のトイレは頑丈に作られてはいるものの、硬いものをぶつけた場合には壊れてしまいます。また、便器は全体の体積が大きく作られていることが特徴ですが、熱湯を注ぐと壊れてしまう可能性もあります。特に、寒さが厳しい冬などには、冷えた便器に熱湯をかけてしまうと陶器が部分的に急激に膨張することからひび割れが生じるケースもあるのです。加えて、トイレの排水パイプなどのパーツは熱湯に耐えられるように設計されているものではないため、熱湯をかけることによる破損の恐れもあります。

このように、「便器の水位が変わらない」や「トイレのつまりの原因がわからない」、「水の流れが悪い」など、トイレの排水などに何らかの異常を感じており、自分で解決することが難しい場合は、専門業者に依頼することも検討してみましょう。

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る