水漏れトラブルに対処するには?二次災害による影響も把握しよう!

水漏れトラブルに対処するには?二次災害による影響も把握しよう!
水道からの水漏れは、いつでも起こる可能性のある身近なトラブルです。ただ、水漏れの量が少ないからといって、放置しておくと大きな被害をもたらすことがあります。マンションなどの集合住宅では、他の人の住宅に迷惑をかけてしまい、高い修理費用や損害賠償が発生することもあるのです。今回は、水漏れを日頃から未然に防げるようにする方法と、水漏れが行ったときの対処方法について紹介します。

目次

もしかして水漏れでは?自分でできる確認方法

水を使用方法はいつもと変わっていないのに、水道料金が今までよりも高くなってしまっていれば、見えないところで水漏れの発生が疑われます。水漏れの発生の有無を自分で調べる方法があるので、確認してみましょう。

水道料金の明細書で確認

シンクの下の目視で確認できる排水管からの水漏れならば、簡単に見つけることは可能です。しかし、目の届かないところでも水漏れが起こっている可能性もあります。目視で確認できないところで起こる水漏れは、知らず知らずのうちに被害が広がってしまうことがあるので、非常に厄介です。こういった水漏れを解消する方法としては、定期的な点検する必要があります。もし、水の使用量が大きく変わっていないにも関わらず、水道料金が異常に上がっているようであれば、見えないところで水漏れが起こっている可能性が高いです。よって、ここ最近の水道料金に大きな変動がないかを確認するようにしましょう。

水道メーターで確認

水道メーターで水漏れを確認する方法があります。まず、家の水道の蛇口をすべて閉め、メーターボックスを確認しましょう。次に「パイロット」という水道メーターの左側にある小さな羽型のところに注目します。蛇口をすべて閉じている状態であれば、パイロットは動くことなく止まっています。しかし、パイロットが動いているのであれば、目の届かないところで水漏れが起こっていることになります。水漏れ自体が軽微なものであるときには、パイロットが回っているかどうかを確認することが難しいため、水漏れが発生しているか判断できません。パイロットが微妙に動いている可能性があるため、凝視するようにしましょう。

もし、パイロットが動いていれば、水漏れの発生場所を見つける必要があります。

家中の水道の蛇口を確認

洗面所、お風呂場、キッチンやトイレなど家の中で水を使用するところは、たくさんあります。こういった場所で、水漏れの発生がないかを確認するためには、蛇口周辺や配管のつなぎ目のところのチェックが必要です。もし、そのあたりが湿っているようであれば、水漏れしている可能性があるので確認しましょう。また、水道とは関係のないエアコンや室外機でも、水漏れが発生していることもあります。その周辺の壁や床が湿っていたり、床に水が溜まっていたりしないかも確認すべきポイントです。

賃貸物件で水漏れが起きた場合の対処法!

賃貸物件での水漏れは、自分だけの問題ではありません。放っておかず、建物の管理者へ連絡する必要があります。また、アパートやマンションでは、自分以外の住人に迷惑をかけてしまうこともあるので、どのように対処すべきなのか知っておきましょう。

管理会社や大家へ連絡する

マンションやアパートなどの賃貸物件に住んでいるときに水漏れを発見したら、管理会社か大家へ連絡するようにしましょう。連絡すると、管理会社が水道業者を手配してくれることもあります。もしくは、自分で水道業者に連絡するように指示を受けることもあるでしょう。もし、ひどい水漏れが発生している場合は、すぐに直さなければ大きなトラブルに繋がる可能性があります。水漏れが起こった時間帯が夜中であれば、管理会社などへ連絡ががつかないことがあるので、自分で水道業者へ連絡しなければなりません。建物の管理者に連絡が取れず、先に水道業者へ連絡したとしても、必ず報告をするようにして、後々のトラブルを回避しましょう。

水道業者と電気会社へ連絡する

自分から水道業者へ連絡するときには、電力会社にもあわせて連絡するようにしましょう。水漏れによって、漏電も起こっていることがあるからです。水漏れを発見したら、忘れずに水道業者と電力会社へ連絡しましょう。また、水道業者が修理を行うときに、修理だけではなく水漏れの原因を特定してもらうように伝える必要があります。水漏れの原因が自分にあるのか、それとも長年使用することで起こる設備の劣化によるものなのかを判断してもらうためです。どちらが原因かによって、費用を負担する人が変わってきます。

加入している火災保険の補償内容を確認する

自分が原因で水漏れが発生している場合は、水漏れを直すのにかかった修繕費を請求される可能性があります。また、自分の部屋以外の他の住人の部屋にも、水漏れの被害が及んでしまえば、損害賠償費用も請求されることもあります。ただ、請求されてしまった費用が、自分が加入している火災保険や個人賠償責任保険で補償してもらえる可能性があります。せっかく保険料を払っているのですから、使わない手はありません。補償内容を確認し、対象となるかどうか調べるようにしましょう。

水漏れの修理を専門業者に依頼する判断基準は?

専門業者に修理を依頼すれば、当然費用が発生してしまいます。自分で直すことができれば費用は発生しませんが、修理をしようとして逆に壊してしまうこともあるかもしれません。そうなると、余計な費用が発生して高くなる可能性があります。では、専門業者に依頼しなければならないボーダーラインは、どういったところにあるのでしょうか。

水漏れの量が多い

まず、判断するポイントとしては「水漏れの量」です。水漏れの量が多ければ、専門業者でなければ直せないような状態になっている可能性があります。また、素人が修理をすれば、水道に関する知識がないため、直せたとしても時間がかかってしまうでしょう。直るまでにも水が流れ続けてしまうため、水道代が高くなってしまいます。加えて、床や家具などにも悪影響を与える可能性があります。水漏れの量が多いときは、迷わずに専門業者へ依頼しましょう。

修理のしかたがわからない

水道管に使われている部品には、さまざまな種類があります。よって、持参している道具では、水漏れを起こしているところの部品を取り外せない可能性があります。ホームセンターなどへ行って、部品を取り外すための道具を購入すれば、行く時間と買うお金を使うことになるでしょう。また、せっかく購入した道具も部品に合わず、使えない可能性もあります。修理の仕方がわからず、道具が揃っていないのであれば、専門業者に依頼した方が簡単に解決できるでしょう。

水漏れの原因がわからない

水漏れの発生場所や原因が特定できない場合は、専門業者に依頼する必要があります。原因を探るべく、素人判断でさまざまなところを触ってしまった結果、状況が発生当初よりも悪くなってしまうこともあります。自分で直すことができないと思ったら、できるだけ早めに専門業者に修理を依頼するようにしましょう。専門業者によっては依頼したときに、応急処置を教えてくれるところもあります。こちらから、応急処置の方法を聞き、修理業者が自宅に来るまで水漏れに対応するようにしましょう。

賃貸物件での水漏れの修理費は誰が払う?

水漏れの修理で、ネックになってくるのが修理費用です。マンションなどの賃貸物件における水漏れは、原因が経年劣化によるものか、自分の過失によるものかによって修理費を負担する人が変わってきます。

経年劣化による水漏れの場合

水漏れが発生した原因が配管や給水管の劣化などであれば、建物の管理者側が責任を取る必要があります。よって、自分の住居で水漏れが起こっていたとしても、費用は管理者側が支払ってくれます。水漏れの被害が大きいのであれば、直すのための費用が高くなってしまいます。高い費用を払わないようするためにも、責任の所在を明確にして自己防衛につとめなければなりません。ただ、責任が本当に管理者側にあるのかどうかを調査するには、素人では非常に難しいです。水道業者であれば水回りのプロなので、水漏れの原因がどういったところにあるのかを、正確に見極めることが可能となっています。自分が不利な立場にならないように、しっかりと調査してもらいましょう。

自分の過失による水漏れの場合

水道の蛇口を閉め忘れてしまったり、洗濯機のホースが外れてしまったりしたことが原因で水漏れが起こることもあります。また、水道を乱暴な使い方をして破損させてしまったときにも、水漏れが起こることがあります。こういった原因で水漏れが起こった場合は、自分の過失による水漏れと判断されてしまします。自分の過失で水漏れが起こった場合には、水漏れを直すのにかかった費用を支払う責任が出てきてしまいます。さらに、他の住人の部屋に水漏れの被害が及んだときには、迷惑をかけた人に損害賠償金を支払う必要もあります。もし、高額な家具や家電にも被害があれば、賠償金がその分上乗せされるため、支払う金額が高くなってしまいます。

水漏れ修理費用の目安は?

水漏れ修理費用の目安は? 水漏れを修理するときにかかる費用は、作業の大きさや交換が必要な部品によって大きく違ってきます。そのため、どういった作業にどれくらいかかるのかを確認しておきましょう。また、水道業者の多くは出張費を基本料金の中に含まれていますが、別で請求するところもあります。水道業者に修理の依頼をするときには、料金について詳しく聞くようにしましょう。

蛇口周り

ゴム性のパッキンの劣化により、蛇口周りで水漏れが起こることが非常に多いです。蛇口の根元から水が漏れていたり、蛇口を締めても水漏れが発生するような水道のトラブルであれば、比較的簡単な作業で直すことができます。こういった蛇口回りの修理だけであれば、作業費は3000~5000円くらいが目安であり、出張費を入れても1万円くらいでしょう。ただし、この金額はあくまでも目安です。修理のときに交換する部品や作業内容が変われば、費用が変わることがあります。もし、正確な修理費用を確認したいのであれば、水道業者に見積もりを作ってもらいましょう。

トイレや浴室

同じ水漏れのトラブルであっても、トイレや浴室の場合は値段が大きく変わってくることがあります。トイレや浴室での修理のときに、部品の劣化などがあって交換しなければならないケースであれば、3万円くらいになることもあります。パッキンの交換だけなら5000~1万円くらいで済みますが、水の開閉操作を行う水栓の交換が必要となってしまうと費用が高くなる可能性が大いにあります。蛇口周りのときと同様に、水漏れの状況によって費用は変わってきます。これらの費用はあくまで目安とし、依頼する水道業者にどれくらいの費用かを確認しましょう。

保険で水漏れによる損害をカバーできる?

管理会社ではなく自分に過失がある場合、水漏れの損害を補填する必要があります。大きな金額となることもありますが、火災保険や個人賠償責任保険に加入していれば、カバーされることがあります。では、どのような場合に保険の適用となるのでしょうか。

火災保険が適用になるケース

火災保険が適用されるのは、自宅の設備に起こった事故です。事故が発生し損害が生じると、修理にかかる費用などが保証されることがあります。適用される自宅の損害というのは、水道管が凍結することで起こる破損や、隣接する他の住民の部屋からの水漏れ被害などです。他には、住宅の近くで発生した火事を鎮火するための放水によって起こった被害など、あくまで予想外の水漏れ事故に対して補償されます。よって、自分のミスで洗濯機の排水ホースが外れていたり、お風呂の水が溢れさせてしまったりするような場合は、適用されない可能性が非常に高いです。

個人賠償責任保険が適用になるケース

個人賠償責任保険が適用されるのは、自分や自分の家族が他の人にケガをさせてしまったり、他の人の物を損傷してしまったりするケースが対象となります。人や物にかかってくる損害にかかる賠償金や、相手と交渉するときの弁護士の費用も補償してもらえるので、金銭面で非常に助かります。自宅で発生した水漏れによってご近所に迷惑をかけてしまい、物が破損してしまった場合の賠償金については、個人賠償責任保険で補償されます。

水漏れが起きたときの二次災害の影響

水漏れが発生したにもかかわらず放置し続けていると、さまざまな二次災害につながるため危険です。壁の湿気や結露、電気配線の漏電、カビの発生などが起こる可能性があり、放っておけば健康被害が出てしまうこともあります。ここからは、水漏れの二次災害について紹介していきます。

結露や湿気による住宅への影響

水漏れを放置することによって、壁や天井の表面が湿気で湿ったり、結露が発生することがあります。湿気が高い状態が続いてしまえば、カビが発生してしまうでしょう。表面だけではなく、壁や床の内部にまでカビが発生してしまうこともありますが、見えない部分であるため発見が遅れてしまいます。カビや結露が発生した状態が長く続いてしまうと、フローリングや壁の内部が腐食してしまう恐れがあります。賃貸住宅から退去するときには、借りる前と同じ状態に直す必要があるため、腐食したところの修繕が必要となります。退去するときにも、費用が発生することがあります。したがって、水漏れ被害が軽い状態のときに対処するようにしましょう。

漏電による家電への被害や事故

水漏れによって家電やコードが濡れてしまうと、絶縁体で覆われている部分の中へ浸水してしまい、漏電が起こるので危険です。では、漏電が起こってしまったら、どのような被害が起こるのでしょうか。漏電が起こったときに怖いのは、人への被害があるところです。漏電による感電が、痛みを伴い動けないレベルのものであれば、人命にかかわる事故になってしまうこともあります。また、建物の金属部分などが漏電により漏れでた電流で発火してしまい、火災の原因となることもあります。その他には、余計な電気が漏れでているため、電気代が高くなっていたり、故障した家電や建物の修繕に費用が発生してしまうこともあります。

水漏れは、水だけではなく電気関係の被害も広げてしまうことがあるので、早急に水道業者に連絡するようにしましょう。

カビによる健康被害や住宅への影響

水漏れにより湿気が増えれば、カビが発生してしまう可能性が高いでしょう。カビが床や天井、壁や家具などに発生すれば、修理をしたり、買い替えたりする必要が出てきます。しかし、カビがもたらす被害は、それだけではありません。カビは、人にも悪影響をもたらすのです。アレルギーやアトピーの人が、カビの胞子を吸い込むことで、呼吸器症状や皮膚疾患を引き起こしてしまう恐れがあります。また、シックハウス症候群やダニの繁殖が盛んになるなど、生活している場所で発生するカビは非常に厄介です。カビを取り除くことができれば、そういった症状が改善する可能性が高くなるため、できるだけ早く水漏れを解消するようにしましょう。

日常で心がけたい簡単な水漏れ防止策と、水漏れ発生時の修理方法について

普段、生活しているときにも水漏れを防止できる簡単な方法があります。ここからは、家で水漏れが発生しやすい場所ごとに水漏れ防止策と、水漏れが発生したときの修理方法について紹介していきます。

洗濯機の水漏れ

洗濯機に水を入れる蛇口には、4つのネジで固定するニップルと呼ばれる部分があります。ニップルが劣化してしまうと、水漏れが起こることがあります。洗濯機が必要な水の量を出し、自動で水を止めていますが、あくまで仮止めをしているにすぎません。ニップルが劣化していれば、少しずつ水漏れが起こってしまう可能性があります。また、蛇口のナット部分が緩んでいたり、給水ホースに穴が開いていたりすれば、水漏れが起こってしまいます。水漏れを防止するためにも、洗濯機を使っていないときには、水道の栓を締めておきましょう。また、使っているときに水漏れが発生することもあるので、普段から蛇口のナット部分、ニップル、ホースの状態を確認しましょう。

お風呂の水漏れ

お風呂での水漏れで多いのはシャワーの部分です。シャワーの中には、手元で水を止められるタイプのものがあります。手元で止めたとしても、水栓は開いたままであれば、シャワーのホースの部分やパッキンに圧がかかった状態が続いていしまいます。そうなると、部品の劣化が早めてしまうのです。よって、使用しないときには、手元で止めるのは一時的にしておき、浴室から出るときには元栓を締めることを忘れないようにしましょう。また、バスタブに水が溜まらない場合は、バスタブの栓が劣化していたり、循環器の調子が悪かったりします。ゴム栓を替えれば解決することもあるので、確認してみましょう。

キッチンの水漏れ

キッチンも水漏れが起こりやすい場所です。キッチンの排水口には、料理で使った熱いお湯を流すことがあるので、排水管を知らず知らずのうちに傷つけてしまいます。また、生ごみや油汚れが排水管へと流れていくので、詰まりが起こりやすいため、水漏れに繋がる可能性があります。予防策としては、普段からシンクや排水口を清潔に保つように心けることが必要となります。キッチンネットを排水口にかぶせれば、野菜くずや食べ残しが排水管へと流れないので、詰まりを予防することが可能です。

また、油汚れは冷えてしまうと固まってしまうので詰まりの原因になってしまいます。キッチンを使ったら、60℃以下のお湯を10秒ほど排水口に流し入れれば、油汚れが固まりにくくなります。また、普段から排水口のフタやゴミ受け、排水トラップのフタを綺麗に洗い、清潔な状態をキープしましょう。

トイレの水漏れ

トイレで起こる水漏れは、トイレを流すときに使う水をトイレタンクにそそぐ給水部分と、トイレタンクの内部、そして便器の劣化によるものがあります。給水部分の水漏れは、劣化したパッキンやナットといった細かい部品を交換することで予防することが可能です。定期的に交換する必要があるところなので、水漏れが起こる前に水道の専門業者へ依頼しましょう。また、トイレタンクの内部にあるパーツが劣化して起こる水漏れも、定期的に点検を行い、パーツを交換することで水漏れを防止することができます。

便器は長年使っていたり、強い負荷がかかったりすることで、ヒビが入ることがあります。そのヒビが原因で水漏れが起こることもあります。便器自体を交換する必要があるので、早めに専門業者に交換の依頼を行いましょう。便器の交換までの応急処置として、ヒビが入ったところに防水テープを貼ったり、パテを塗ったりして水漏れを塞ぐことができます。

洗面台の水漏れ

洗面台の蛇口から水漏れが起こる場合は、パッキンが劣化しているか、ナットが劣化もしくは緩んでいる可能性があります。パッキンやナットが劣化しているのであれば交換が必要です。専門業者に連絡して交換してもらうようにしましょう。ナットが緩んでいるのであれば、レンチを使って締めれば、水漏れが解消されることもあります。定期的に緩みがないか確認しましょう。洗面台の排水口の流れが悪くなり詰まってしまうと、排水管から水漏れが発生することもあります。洗面台の場合、詰まりの原因が髪の毛であることが多いです。詰まりを解消するために、パイプクリーナーを使って掃除しましょう。

水漏れは予防や対策が大切!保険の補償内容も確認しよう!

水漏れが発生してから放置し続けていると、大きなトラブルに繋がります。修理のために多額の費用を支払うことになったり、健康被害が出たりすることもあります。また、漏電を引き起こし、火災に繋がることもあります。そこまで酷くなる前に、早めに専門業者に修理の依頼をするようにしましょう。また、素人であっても対処するための方法や、自分の入っている火災保険などがどのような内容まで補償してくれるのかを確認するようにしましょう。

参照サイト

2-3段落:【火災保険の相場ガイド】火災保険で漏水による水漏れ事故を補償する条件とは?
https://www.carpathiansukraine.com/mizumore-jiko.html
6-1、6-2段落:【水漏れ修理水道屋さん比較隊】水漏れ対策に保険に加入しよう
http://www.mizumore-hikaku.com/knowledge/insurance.html
7-2、7-3段落:【水110番】水漏れが原因でカビや漏電が
https://www.decadesdecades.com/nijihigai#toc6
8-4段落:【水と暮らしの知恵袋】トイレの水漏れで慌てない!3つの原因別対処法を伝授!
http://www.mizu-support.com/chiebukuro/toilet/503/
8-5段落:【水道トラブルネット】洗面台で水漏れが起きた際の適切な対処法!原因確認から修理方法まで解説
https://www.suido-trouble.net/washroom/post-625/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

トイレのつまり・水漏れに関連するコラム

漏水、悪臭調査・高圧洗浄・管内カメラに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る