気づいたら大変なことに!床下の水漏れの対応策

床下の水漏れは、水まわりトラブルのなかでも厄介なトラブルです。普段の生活で床下を見る機会がほとんどないため気がつきにくく、気づいたときには進行して水溜まりができているといったことがしばしば起きています。床下の水漏れは家屋に重大な影響を与えますので、原因を突き止めて早めに対処することが必要です。 ここでは、床下が水漏れするのにはどのような原因があるのか、また起こったときはどう対応すればよいかなどについて説明していきます。

床下の水漏れで考えられる原因

床下の水漏れは、配管からの漏水や雨水の侵入などいくつかの原因が考えられます。なかでも多いのが、給水管や排水管からの漏水です。毎日のように大量の水が内部を流れる給水管や排水管は、劣化も比較的早く進みます。老朽化した管本体にひび割れや亀裂が生じたりパッキンなどの内部パーツが傷んだりして、そこから水が漏れるようになることが多いです。

雨水も床下の水漏れの原因であるというと、意外に感じる人は多いでしょう。しかし、床下に雨漏りが起こることもあるのです。その原因については、対処方法と合わせて後の段落で詳しく述べます。また、地下水の侵入も床下で水漏れが起こる原因の1つです。家を建てた場所によっては地盤のすぐ下に地下水が流れていることがあります。そういった状況では、大雨が降ったり雪解け水が出たりすると地下水位が上昇して床下に沁みだしてくることがあるのです。地下水が流れている地域は意外と多く、地方に限らず都会でも地下水が原因の水漏れが起こることがあります。

給水管から漏れている場合の対処

給水管とは、水道局の配水管から分岐して住宅内の蛇口まで水を届けるためにつなげてある管のことです。給水管の内部には毎日大量の水が通りますので、年を経るごとに自然と劣化が進んでいきます。また、給水管の継ぎ目に使われているパッキンは樹脂製で、あまり耐久性が高くありません。給水管からの水漏れの多くは、老朽化によって本体に亀裂が入ったりパッキンが脆くなったりといったことが原因と考えられます。なお、使用環境や状況にもよりますが、ほとんどの給水管は5~10年ほどで水漏れなどが起こってもおかしくない状況になります。

水漏れが起きていることに気がついたら、業者に連絡して処置してもらうことがもっとも確実な対処方法です。しかし、連絡してすぐに専門業者が来てくれるとは限りません。たまたま業者の休みに当たっていることもありますし、予約が埋まっていてすぐに対応をしてもらえないこともあるでしょう。業者が来るまで放置していると水が漏れ続けて被害を拡大させてしまいますので、まずは水を止める必要があります。

水が給水管まで入ってこないように、まずは止水栓を止めましょう。止水栓はそれぞれの器具に備えつけられている栓です。管のどこにあるかわからないときや、どの給水管から漏れているかわからないときは、元栓を閉めましょう。元栓を閉めれば、家中の水を止めることができます。元栓は、住宅の形態によって設置されている場所が異なり、マンションの場合は玄関の隣にあるパイプシャフトに、アパートの場合は建物外部の地面に埋め込まれた水道メーターのボックス内に設置されていることが多いです。パイプシャフトも水道メーターボックスも、複数の部屋の元栓が設置されていることが一般的ですので、自分の部屋の元栓かどうかをしっかり確認してから閉めるようにしましょう。通常は、栓のどこかに部屋番号が書かれていてわかるようになっています。

一戸建てでは、敷地内の地面の道路に近い場所に水道メーターボックスが埋め込まれていることが多いです。ボックスの蓋を開けると水道メーターがあり、普通はその隣に元栓が設置されていますので、それを閉めましょう。通常はハンドルがついていますが、古いタイプではついていないことがあります。その場合はモンキーレンチなどを使って閉めると良いでしょう。

業者が来るまでに日にちがかかるときは、それまでずっと水を止めておくことはできません。その場合は、水漏れ専用テープを使って応急処置をしておきましょう。水漏れ専用テープには、自己融着テープや防水補修テープ、水道用ラップテープなどがいくつかの種類があります。自己融着テープは、癒着する性質をもった素材でできたテープです。のりを使用していないため、水漏れの上からでもしっかりと巻きつけることができます。防水補修テープは、防水性に優れたテープで伸びがよく、凹凸のある部分でもしっかり巻けるのが特徴です。水道用ラップテープは、料理用ラップのように密着して張りつく性質があります。接着剤は使用されていないため、べたつきがなく使いやすいのが特徴です。価格はいずれも500~3000円程度で、ホームセンターやオンラインショップなどで購入できます。

水漏れ専用テープを使うときは、補修部分の汚れや水気をしっかりと拭きとり、少しずつ引っ張るようにして巻くのがコツです。ゆるく巻くと、水漏れを十分に止めることができません。巻き終わったあとは、上から保護テープなどを張ると強度が増します。なお、水漏れの勢いが強い箇所は水圧で水漏れ専用テープが剥がれてしまうことがあります。水を使う必要があるとき以外は、止水栓を止めておくと良いでしょう。

排水管から漏れている場合の対処

排水管とは、洗面所やトイレ、キッチンなどで使用した水を外に排出するための管です。スムーズに排出するように、管は敢えて傾斜をつけて設置されています。汚れた水を外に流すものですので、排水管からの水漏れは住居内で水を使っているときにだけ発生します。そのため、給水管からの漏れのときのように止水栓や元栓を閉める必要はあまりありません。排水管から水が漏れる原因は、ナットの緩みや管の老朽化による亀裂の発生などが考えられます。

緩んでいるナットがわかれば、スパナなどで締めましょう。ナットの緩みが原因でない場合は、給水管からの水漏れと同様に、水漏れ専用テープが役に立ちます。専用テープで管の補修をするときは、まずは排水管をきれいに拭いて水気や汚れ、ほこりなどを取りのぞきましょう。水気や汚れが付着したままテープを巻くと、剥がれやすくなってしまいます。密着性を高めるため、テープを引っ張りながら固く巻き付けていきましょう。

ただし、専用テープによる補修はあくまで一時的な処置です。いつまでもテープで水漏れを防ぐことはできません。また、補修した箇所だけでなく別の箇所からも水漏れが起きている場合もあります。被害を拡大させないためにも、早めに業者に相談しましょう。被害が少ないうちに点検、修理をすれば、かかる費用も抑えられます。もちろん、どの排水管から漏れているかわからないときも、できるだけ速やかに業者に連絡することが大切です。

地下水や雨水の場合の対処方法

給水管や排水管に異常がないのに床下に水溜まりができている場合は、雨水や地下水の侵入の可能性が考えられるでしょう。1段落で述べた通り、床下であっても雨漏りは起こります。雨水が床下に侵入するルートはいくつもありますので、それに合わせた対策が必要です。

たとえば、外壁のクラックなどから雨が入りこみ、内部をつたって床下に流れこむケースです。風雨や紫外線にさらされている外壁は、およそ10年前後で劣化して表面にひび割れなどを起こすようになります。すると、防水性能が低下して内部への雨水の侵入を許してしまうのです。基礎に近い部分で外壁に欠損が起きれば、そのまま床下に雨が入ってしまいます。この場合は、専門業者に依頼して外壁を補修することが必要です。外壁内部にカビや腐食が起きている可能性があるため、その点も含めて確認するようにしましょう。

基礎部分に設置された換気口が雨の侵入経路となることもあります。通常はあまりありませんが、豪雨などで大水が出たときや換気口の取りつけ位置が著しく低いときなどに起こることがあるのです。基礎の打ち継ぎ部分から雨水が入ってくるケースもよく見られます。打ち継ぎとは、基礎コンクリートを底盤と立ち上がりの2度に分けて打設した際にできる継ぎ目のことです。この継ぎ目に、見ても気がつかない小さな隙間ができていることがあり、そこから雨が入ってくることがあります。

雨水の侵入や地下水の湧出は、適切な施工を行っていれば防げることが多いです。そのため、設計ミスや施工ミスがあった可能性も考えられます。その場合は、床下に水漏れが発生しないように対処する義務があるのは建設会社や住宅メーカーです。家を建てた際の担当者に連絡をとって、相談、確認した方が良いでしょう。

異常が見られたら早めに相談する

床下は、家屋を支える大切な土台となる部分です。ここに水漏れが発生したまま放置していると、カビの発生や建材の腐食などを招きます。カビが発生すると、害があるのは住宅だけではありません。住民にも気管支喘息やアレルギー性鼻炎などの健康被害を招く恐れがあります。じめじめした木材が好きなシロアリが侵入してくることもあるでしょう。床下の水漏れが起こった場合は、可能な限り速やかな対処が望まれます。

しかし、普段の生活では床下を見る機会はほとんどありませんので、水漏れが起こっていてもなかなか気がつかないものです。定期的に床下を覗いて、状態を確認すると良いでしょう。給水管や排水管から漏れているときは、漏れている箇所がわかれば水漏れ専用テープを使うなどして補修できます。ただし、これはあくまでも応急処置です。悪化させないためにも、後で本格的に修理する必要があるでしょう。雨漏りや地下水の侵入が原因の水漏れの場合は、素人が対応するのは困難です。

いずれにしても素人では判断できないことも多いため、高い技術を持った専門業者に相談することが必要です。まずは水のトラブル専門のザットマンに相談して、原因を究明してもらうと良いでしょう。ザットマンは24時間365日対応していますので、心配になったときにいつでも相談できます。

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

漏水、悪臭調査・高圧洗浄・管内カメラに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る