水漏れが発生!考えられる原因と正しい対処法を紹介!

水漏れが発生!考えられる原因と正しい対処法を紹介!
キッチンやお風呂、トイレなどさまざまな場所で活躍し生活には欠かすことのできない水。だからこそ、さまざまな場所で水漏れが発生する可能性があります。水のトラブルは、前触れもなく突如として起きてしまうこともあるため、発生すると生活へダイレクトに影響してしまうものです。しかし、水漏れを見つけたとき、業者を呼ぶ前に自分でできる範囲で対処するポイントを知っておけば、被害を少しでも抑えることができるのではないでしょうか。この記事では、水漏れの原因を知ることで、緊急時にも対処できる方法を紹介します。

水漏れが発生しやすい6つの場所

一般的な家庭の場合、水漏れが発生しやすい6つの場所があります。それは、「キッチン」「お風呂」「洗面台」「トイレ」「洗濯機」「壁や天井」です。これら6つの場所について説明していきます。

「キッチン」では、蛇口などが古くなり劣化してくると、水漏れが発生しやすくなります。蛇口のレバーや吐水口まわりから、チョロチョロと少しずつ水が漏れる現象です。それ以外にも、シンクの下などにある給水管や排水管からも水漏れが発生することがあります。蛇口からの水漏れは、目に見える場所なので比較的容易に発見できる水漏れですが、給水管や排水管の水漏れは容易に発見することができない場所です。そのため、給水管や排水管の水漏れは床に水が浸透し濡れているなどで、ようやく水漏れに気がつくというケースが多くなっています。

「お風呂」では、キッチンと同様に、蛇口からの水漏れが目に見える部分では発生しやすい場所です。そして、シャワーも古くなり劣化してくると、シャワーヘッドの付け根や根本、ホースからの水漏れも気になる場所となります。また、浴槽からの水漏れは発見しづらいということがありますので、気がついたときには浴槽下で腐食が進行しているケースも考えられます。 「洗面台」では、古くなり劣化すると、やはり蛇口からの水漏れが発生します。そして、キッチンと同様に給水管や排水管からの水漏れも多くあります。また、シンクの割れによる水漏れが発生することも、洗面台の特徴といえます。

「トイレ」では、給水管や止水栓からの水漏れが多く見られます。また、便器本体の接合部からの水漏れも多くあり、トイレの水漏れは比較的わかりやすい場合であることが特徴です。 「洗濯機」では、主に蛇口と洗濯機をつなぐ給水部分や、排水ホースと排水管をつなぐ排水部分での水漏れが多く見られます。洗濯機の水漏れによる大きな問題は、集合住宅などで下の階の部屋にまで水が漏れてしまうというトラブルが起きてしまうことです。水漏れを発見した場合は、すぐに給水元である蛇口を閉め、洗濯機の排水を停止することが重要となります。

「壁や天井」では、ほとんどのケースでは湿気による結露が原因といわれています。しかし、水漏れが発生している部屋の上に部屋がある場合などでは、そうとはいい切れません。上に部屋がある場合は、天井裏に水道管が通っているため、その水道管から水漏れしているケースがあります。また、上の部屋にもキッチン・お風呂・洗面台・トイレ・洗濯機など、生活に必要なる設備があるので、そこからの水漏れも考えられるのです。

水漏れの症状1:ハンドルや接合部から水が流れ続ける

水漏れの症状1:ハンドルや接合部から水が流れ続ける 前章では大まかに水漏れする場所を説明しましたが、ここからは具体的にどのような部位から水漏れが発生し、どのような症状があるのかを説明します。

蛇口のハンドルや接合部からの水漏れ原因として考えられることが、ナットやボルトが緩んでいる可能性があることです。これが原因だった場合は、緩んでいる部分を増し締めするだけで改善することが多いので、まずは自分で締めてみましょう。それでも、改善しない場合はパッキンやバルブなど、内部部品の劣化や摩耗が進行していることが考えられます。パッキンやバルブなどの部品は、ホームセンターで容易に手に入れることができますので自分で交換することが可能です。

蛇口を閉めているのに、ポタポタと水が流れ続ける症状を見たことがあるのではないでしょうか。そういった、少しずつ水が蛇口から漏れるということは、接合部の緩みや内部の部品劣化の初期症状である場合が多いと考えられます。そのような症状を確認できたら、早めに対処をすることで、水漏れ被害を最低限に抑えることが可能です。

水漏れの症状2:吐水口から水が流れ続ける

蛇口の水漏れで気になる症状といえば、蛇口をしっかりと閉めているのにも関わらず、吐水口からポタポタと水が落ち続けるという症状です。このような、吐水口からの水漏れはフィルターやカートリッジの汚れが原因である可能性があります。フィルターは吐水口の先端につけられているもので、主に水をが正しく流れるように調整したり浄水したりする部品です。そして、カートリッジは吐水口から出る、水や湯などの水量や水温を調整するための部品となります。

こういった症状は、キッチンで発生することが多く見られます。キッチンでは、毎日数十回と蛇口の開け閉めを繰り返します。そのため、キッチンは、ほかの場所より内部の部品劣化や摩耗の進行が早くなったり、汚れやすくなったりする場所というわけです。カートリッジの不具合が発生すると水はポタポタと絶え間なく流れ続けるため、水道利用料が大幅に高くなってしまうことになります。少しでも吐水口からの水漏れに気がついたら、確認してみるようにしましょう。

水漏れの症状3:蛇口の根本や壁面の設置部分から水が漏れている

蛇口からの水漏れでは部品以外にも、蛇口本体の根本や壁面の設置部分から水漏れが発生するということもあるのです。蛇口本体の根本から水漏れが発生する場合で考えられることは、ねじ部分の摩耗やシールテープの劣化が原因である可能性があります。また、パッキンの劣化により水が漏れていることも考えられます。パッキンが原因なら、ホームセンターなどで購入し交換することができます。ねじ巻き部分が原因だった場合でも、一般的な工具とシールテープがあれば補修することで改善が可能です。シールテープも、ホームセンターなどで手に入れることができます。ただし、シールテープは巻きつける方向がありますので注意が必要です。

壁面の設置部分からの水漏れでは、配管の内部がつまっている可能性が考えられます。配管のつまりが原因だと思われるときは、自分でなんとかしようとは考えずに、専門業者へ連絡し確認してもらうようにしましょう。配管のつまりは、自分で改善しようとしてもうまくいかずに、悪化させてしまうケースがあります。

水漏れの症状4:配管やパイプの根本から水が漏れている

配管やパイプの根本から水漏れが発生するという症状もあります。こういった症状で、まず考えられることはナットなどが緩んでいる可能性です。これが原因だった場合は、自分で工具を使い閉めるだけで解決できることなので、すぐに確認してみましょう。ナットなどの緩みが原因ではなかった場合は、パッキンなどの内部パーツが劣化している可能性があります。この場合でも、ホームセンターなどでパッキンを購入し交換することにより、自分で修理することも可能です。ほかにも、フィルターやカードリッジが汚れているという原因で、水漏れが発生している可能性もあります。フィルターやカートリッジが吐水口に設置されている種類の場合には、自分で部品を用意し交換することが可能です。

しかし、フィルターやカートリッジは、すべてのものが吐水口に設置されているわけではなく、配管の根本付近に設置されている場合もあります。そういった場合には、一般工具では修理することが困難な場所というケースがほとんどです。そのため、特殊な工具を用意する費用をかけるより、専門業者へ依頼するほうが良いでしょう。

水漏れの症状5:壁や天井から水が漏れている

キッチンなどの水まわりだけではなく、壁や天井から水漏れが発生する場合もあります。こうした症状で考えられるのは、ほとんどの場合が湿気による結露だったり、雨漏りだったりが原因となっている可能性があるということです。しかし、すべてがこういった自然に起こるものではなく、水が大量に壁や天井から漏れてくる場合は、水道管が破裂している可能性が考えられます。もし大量の水漏れが発生しているなら、すぐに専門業者などに連絡するようにしましょう。また、マンションやアパートなどの集合住宅では、上の階のトイレやお風呂などの排水管接続部や、パッキンの劣化によって水漏れする場合もあります。このような場合は、管理会社や管理人などへ連絡し確認してもらいましょう。

結露や雨漏りなのか、水漏れなのかを判断する方法は、天気が良い日が続いているのに天井が濡れているかどうか、ということです。明らかに雨が続いてもいない天気が良い日に、天井から水が漏れてくるのは雨漏りが原因とは考えられません。また、特別なにも変わらない生活を送っているにも関わらず、いつもより水道使用料が極端に高くなった場合も水漏れが考えられます。このように、目に見えない場所からの水漏れには、さまざまな原因がありますので壁や天井裏を確認する際は専門業者へ依頼することが大切です。稀なことですが、動物が天井裏に住みつき、尿などで天井が染みてしまうこともあり、野生動物の場合、非常に危険なため自分で確認する場合は十分に注意しましょう。

蛇口の水漏れで役立つ工具を紹介!

蛇口の水漏れを修理するときに、あれば役立つ工具を紹介します。まず、水漏れ修理ではナットなどを締めるという作業が必要です。そういった作業には、モンキーレンチやプライヤーが役立ちます。モンキーレンチはナットを締めるときに一定幅でサイズを調整することが可能なので、ある程度のサイズ幅のナットには対応可能です。プライヤーは、ウォーターポンププライヤーが使いやすいケースが多くなります。ウォーターポンププライヤーは、一般工具では欠かせないくらいに幅広い業種で使われている工具です。この工具も、一定幅で自在にサイズを調整できるので、蛇口や配管を押さえたり締めたりと両方の作業に使うことができます。

配管などを締めつける作業では、締める工具の他に押さえる工具が必要です。こういったとき、例えば他の工具が無くてもウォーターポンププライヤーが2本あれば、ある程度の作業は行うことができます。水まわりを修理する工具としては必須だといえるでしょう。また、蛇口を外す作業が必要な場合に役立つ工具は水栓レンチです。これは、壁にねじ込まれた蛇口を外すときに便利なものになります。水栓レンチは、蛇口の交換やシールテープの交換時などに利用することが多いので、一般家庭では見かけないものです。また、パッキンやカートリッジなどの蛇口部品を交換するときに役立つ工具がピンセットとなります。蛇口内部の細かな部品を扱う際には、便利な工具となることでしょう。

蛇口の水漏れを自分で直す手順1:止水栓を閉める

蛇口の水漏れを自分で直す手順1:止水栓を閉める 水漏れを自分で修理するには、どのようなことに注意して作業するべきなのでしょうか。ここからは、水漏れを自分で直すときの手順を解説します。

まず、水漏れ箇所を特定し修理をする場合、その蛇口につながる止水栓を閉める必要があります。しかし、修理するまで放置はせずに、水漏れを悪化させないためにも、水漏れを発見したらすぐに閉めましょう。止水栓は、キッチンや洗面台ではシンクの下にある場合が多いので、緊急時すぐに対応できるように、普段から場所を把握しておくことが重要です。

そして、止水栓にはハンドル式と工具を使って回すタイプがあります。ハンドル式なら問題ありませんが、工具を使うタイプだと緊急時には対応が遅れてしまいますので、自分の家の止水栓のタイプは把握しておくようにしましょう。また、止水栓の場所が分からなかったり、本当に水を止めることができるのか不安に感じたりするなら、水の元栓を閉める方法も効果的です。水の元栓の場所は、戸建ての場合は敷地内の水道メーターと同じ場所にあります。マンションなどは、玄関ドア付近にある扉の中にあることが多いので、あらかじめ把握しておくことが大切です。

蛇口の水漏れを自分で直す手順2:蛇口を分解する

水漏れ修理では、バルブやナットを締め直しても水漏れが改善しない場合には、蛇口を分解する必要があります。ここで注意したいことは、水漏れが起こっている箇所のみを分解するということです。それ以外の部分を分解してしまうと、更なる水漏れを起こしてしまう可能性があります。関係の無いパッキンを傷つけてたり無くしたりなど、水漏れの原因を作ってしまうことになりかねません。分解したものは元通りに組み立てる必要がありますので、部品はすべて順序が分かるように保管しておきましょう。保管するときは部品を無くさないように、部品を並べるスペースを設けてから作業することで紛失を防ぐことができます。

分解作業前や作業中など、スマートフォンなどで写真を撮っておくと分かりやすいです。また、部品を勢いよく外すと、細かい部品がその勢いで外れてしまい、どこについていた部品なのかが分からなくなってしまうことがあります。パッキンの入っていた順番や枚数などは、外してしまうとわからなくなってしまうものです。部品を外すときは、目で追いながらゆっくりと作業するようにしましょう。

蛇口の水漏れを自分で直す手順3:部品を交換する

水漏れの原因が、部品の劣化である場合には、部品を交換して新しくする必要があります。部品は、ホームセンターや量販店、インターネットで購入することができる部品がほとんどです。ここで注意しておきたいことは、必ず同じ部品を購入し取り換えるということになります。メーカーが分かり型式などが分からない場合は、メーカーに問い合わせるかインターネットのHPで確認するなどして調べましょう。メーカーも分からないという場合は、蛇口本体にステッカーや刻印で記載されているものもあります。また、家を購入したときの設備関係一式の説明書などでも確認できるでしょう。

例えば、パッキンを間違えて違うものと交換してしまうと、水漏れは交換前より悪化してしまうことがあります。同じような形状だから大丈夫だと考えても、パッキンのサイズはシビアなものなので、それを間違えるとうまく機能しません。水自体も、どんなに小さな隙間へでも浸入しますので、パッキンひとつの間違いでも、水漏れの原因となってしまうのです。メーカーが分かり型式も分かったなら自分で交換できるものですが、分からなくて不安を感じるなら、専門業者へ相談することも考えましょう。

蛇口の水漏れを自分で直す手順4:元通りに組み立てる

部品交換などの修理が終わったら、分解した蛇口を元通りに組み立てる作業になります。前章でも触れたように、分解前や分解途中をスマートフォンで撮っておいたり、紙にかいたりなどして正確に覚えておくことが大切です。パッキンの順番や枚数などを間違えてしまうと、水漏れの原因となります。そして、ナットやボルトは緩すぎず締めすぎないように注意しましょう。緩すぎた場合は、水漏れの原因となりますが、締めすぎた場合にも同じことがいえます。締めすぎてしまうと、パッキンがつぶれて損傷したりシールテープが片寄ってしまったり、水漏れの原因にもなるのです。

また、配管なら大丈夫なのですが、ボルト・ナットなどでは、締めすぎると折損してしまうことがあります。折損してしまうと、自分ではなかなか直すことが難しい作業になってしまうので、十分に注意して締めつける必要があります。すべての組み立てが完了してから、作業前に閉めていた止水栓や元栓を開けます。そして、水を流してみて異常が無いかを確認し、異常が無ければ水を止め修理した部分の水漏れが改善したかを点検してみましょう。

自分で水漏れを直す場合のリスクも知っておこう!

ここまでは、水漏れの症状や原因についてと、それを自分で直す手順などを紹介してきました。ここからは、自分で水漏れを直す場合には、どのようなリスクがあるかについて紹介します。

水漏れの原因を間違って判断し、それを自分で直そうとすると、場合によっては水漏れが悪化してしまう可能性があります。例えば、接合部からの水漏れで、実際はパッキンの劣化による水漏れなのに、「締めつけが甘い」と判断したとしましょう。そこで、力いっぱい閉めつめることにより、劣化したパッキンが完全に破損してしまい、水漏れが余計悪化してしまうというような事例があります。

また、分解するときにも、新たな水漏れ箇所を作ってしまうことも考えられるのです。それは、分解して交換した箇所が間違っていた場合や、組み立てを間違えた場合に起こる可能性があります。そもそも、分解して交換したものが間違っているということは、違う原因だったわけですので分解して元通りにしても改善しません。組み立てるときには、部品を組む順番を間違えたり入れ忘れてしまったり傷つけてしまっていたりと、さまざまざ要因が考えられます。原因がはっきりとしないなど、自分では判断しきれない状況での水漏れ修理は、さまざまなリスクがあります。原因が分からない場合は、専門業者へ相談することが大切です。

水漏れ修理での業者選びのポイント!

「専門業者へ相談してみましょう」といわれても業者が多すぎて、どのような業者へ相談して良いのか迷ってしまうものです。ここでは、水漏れ修理での、専門業者選びのポイントを紹介します。水漏れは、緊急事態ともいえるトラブルです。大切なポイントは、なるべく早く対応してくれる専門業者を選ぶことになります。専門業者の中には、土日祝日関係なく24時間で対応してくれる会社もありますので、そういった業者を選ぶようにしましょう。また、料金がわかりやすくて良心的であることも、重要なポイントになります。例えば、インターネットで調べたときに、おおよその金額が明記されている会社や、電話で問い合わせたときにすぐにおおよその金額を教えてくれる会社です。

この「おおよそ」の金額も答えられないような会社では、「行ってみないと分からない」「確認してからじゃないと」など、後々トラブルの原因になります。確認しないと分からないのは、利用する消費者も理解していることです。修理の数をこなしている会社の場合は、大体の状況を電話などで把握できることが多いので、「おおよそ」の金額を教えてくれます。こういった業者では、電話で水が漏れている状況を聞いて、ある程度の原因を掴むため段取りが早く作業もスムーズに行うことができます。これらのことを踏まえて、水まわりトラブルの解決実績が多くある専門業者を選ぶべきです。

水漏れ修理ならザットマンがおすすめ!

水漏れの修理業者に迷ったら、水道局指定の店舗である「ザットマン」をおすすめします。ザットマンは、年中無休の24時間対応なので、水漏れの連絡を受けると最短30分での訪問が可能です。突発的な真夜中の水漏れトラブルでも、安心して依頼することができます。月間修理件数は約3000件で、豊富な修理実績がある業者です。ザットマンでは、1級建築士や給水装置工事主任の取得店なので、その知識や技術には信頼がおけます。また、万が一に備えPL保険に加入している店舗なので、顧客のことも考えている業者だといえるでしょう。ザットマンでは、相談・出張・見積もりは、すべて無料になっています。水まわりの相談や水漏れ修理など困ったことがあるなら、ザットマンへ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

水漏れに有効な予防法とは?

部品の経年劣化などは消耗品である以上、ある程度の年月が経過すると交換の必要があります。しかし、早めに対処することなどで、水漏れを予防することはできます。蛇口のレバーやハンドルを強く締めすぎると、その摩耗などで部品の劣化が早まることにつながります。キッチンなど、毎日何度も水を使う場所では注意しましょう。そして、蛇口の水が止まりにくくなってきたら、フィルターやカートリッジなどが汚れている可能性があります。そういったときは、清掃するなど早めにメンテナンスすることが大切です。

また、メンテナンスの一環として、定期的にバルブやナットの締まり具合をチェックしましょう。このように、普段から蛇口など水まわりを意識しているだけで、水まわりの変化にも気づくことができ、突発的な水漏れを予防できることもあります。

水漏れは業者に修理してもらうと安心!

水漏れは、どの家庭でも起こり得るトラブルです。水漏れの原因を知ることで、緊急時にも自分で修理する方法もあります、しかし、自分で修理することはリスクが多くあることも忘れてはいけません。少しでも不安を感じたら、プロである専門業者に相談・依頼することが安心で安全な解決策となります。

参照サイト

1段落:【水道1番館】床・ホース・排水口など、洗濯機周りが水漏れした場合の対処と予防法
https://sos-mizu24365.com/diy/washstand/diy36.html
1・6段落:【雨漏り修理WEB】その天井染み雨漏りじゃないかも!雨漏り以外の水漏れの原因とは
https://yane-amamori-doctor.com/contents/not_a_roof_leaks/
2~5段落:【イエコマ】水のトラブルで困ったらおさえておくべき原因と対策
https://iekoma.com/part/sanitary/sa-5758/
3~5段落:【町の水道修理センター】キッチン(台所・流し台)の水栓で起こる水漏れは、原因次第で簡単に直せることがある!
https://0120656889.net/kitchen/kitchen5/
7~10段落:【町の水道修理センター】キッチン・洗面など、シングルレバー混合水栓の水漏れ修理、まずは水漏れ箇所の特定から
https://0120656889.net/jyaguti/jyaguti6/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

漏水、悪臭調査・高圧洗浄・管内カメラに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る