キッチン(台所)の水漏れ箇所別の対処方法!修理費用の相場はいくらになる?

キッチンが水漏れ!修理費用の相場は?自分でできる対処法もある!?

キッチンの水漏れ・つまり修理と料金表

キッチン(台所)は料理をしたりお皿を洗ったりと、頻繁に使う場所だけに水漏れなどの不具合があると気になりますよね。
ここではキッチンが水漏れしたときの場所別の対処方法について解説していきます。また、業者に依頼したときの修理費用の相場についても触れていきます。

キッチン(台所)の主な水漏れ箇所と対処方法

キッチンの水漏れは、主に蛇口・床下・シンクの下で水漏れしている場合の3パターンが考えられます。それぞれの箇所で水漏れする原因と対処方法を解説していきます。

蛇口からの水漏れの場合

蛇口がついている本体部分から水がにじみ出ているという症状です。この場合、水漏れする箇所は蛇口の取り付け部分、ハンドルの下、パイプに付け根などです。

キッチンの蛇口は主に2種類あり、シングルレバー混合栓ハンドル混合栓の2種類があります。それぞれの修理方法を見ていきましょう。

シングルレバー混合水栓

キッチンの蛇口

シングルレバー混合水栓の水漏れの原因は、バルブカートリッジの劣化、あるいはパッキンの劣化の可能性が高いと考えられます。これは部品を交換することで解決します。シングルレバー混合水栓で多いのがレバーハンドルの下からの水漏れです。ここから水漏れしているという場合は、バルブカートリッジが老朽化しているケースが多く、新しい部品に交換することで改善がみられること多くあります。

また、スパウトの胴体部分から水漏れしてくるということもあり、こちらも基本的にはバルブカートリッジの不具合によるものと考えられます。優先的にバルブカートリッジ交換を行い、それでも止まらない場合にはスパウトとほかの部品をつなぐパッキンの劣化が考えられるので交換しましょう。

水栓の根元部分から水漏れしている場合は、本体内部のパッキンが劣化していることがあります。10年ほど経っていると劣化している可能性が高いので、交換してみましょう。

ハンドル混合水栓

ハンドル混合水栓でもっとも起きやすい水漏れが、ハンドル下部分からのポタポタとこぼれるような水漏れです。このタイプの水漏れは、主にハンドル下のパッキンの劣化や不具合、あるいはナットの緩みだと考えられますので、新しい部品への交換で改善できるケースが多いでしょう。

蛇口の吐水口からの水漏れはハンドル下のパッキンの劣化や不具合のケースが多く、部品の交換が必要になってきます。パイプの付け根からの水漏れはパッキンを交換したり、ナットを締め直すといった対策が効果的です。

また、蛇口の取り付け部分の水漏れはパッキンやシールの不具合だと考えられますので、パッキンの交換やシールの調整で対処することで改善することが多いでしょう。

シンクの下からの水漏れの場合

キッチンの水漏れを予防するコツ

シンク下の戸棚を開けると排水溝と排水管があります。これらの接続部分に緩みがある場合、そこから水が漏れている可能性があります。ほとんどの排水溝・排水管の接続部分に装着されているのは、ボルトやナットで固定されたパッキンです。これらが緩んでいる場合は、しっかりと締め直すことで水漏れがストップすることがあります。

それでも水漏れが解消しない場合は、排水口と同様にパッキンの劣化が原因であることもあります。この場合、排水溝・排水管のそれぞれの接続部分に設置されたパッキンを新品のものに交換してみましょう。

それでも水漏れが止まらない場合は、排水管・排水ホースに穴が開いている可能性もあります。この場合、応急処置としてはビニールテープや補修パテで穴をふさぐという手段です。穴が多い場合など排水管・排水ホース自体が劣化している場合は、丸ごと新品に交換するのが望ましいでしょう。

床からの水漏れの場合

水道管修理

蛇口やシンク下の排水管は濡れていないのに、床やキッチンマットだけ濡れているという症状です。床だけでなく床下にも水が溜まっている可能性があります。階下に影響が出る可能性もあるので、すぐに対処する必要がある水漏れの症状です。

床下からの水漏れは、シンク下の配管が緩んでいる問題で、そこから垂れてきた水滴が床を濡らしている可能性があります。基本的には、前述した蛇口とシンク下の排水トラップ・排水管の確認と修理をして様子を見ましょう。それでも水漏れしているようであれば、すぐに業者を呼んでください。

業者に頼むメリットと修理費用の相場について

業者に頼むメリット

自分で水漏れの修理をしてみても上手くいかないこともあるでしょう。業者に頼むと水漏れの原因がわからなくても対応してもらうことができます。
また、自分で修理をすると失敗するリスクもありますが、業者に頼めば状況が悪化するリスクはありません。少しでも迷ったら業者に相談するなり、修理を依頼するようにしましょう。

修理費用の相場

接続部の調整やちょっとした補修などの場合、相場は4,500円ほどです。ナットの緩みを締めたり、部品を変えずに補修だけしたりという場合は、部品代がかからないため安く済みます。

部品や蛇口などの交換が必要な場合、相場は10,000円ほどです。修理費用にプラスして交換する部品代がかかるため、少し金額が上がります。蛇口修理の際に中の部品交換ではなく、蛇口本体の交換となった場合は、蛇口の種類によって大きく金額が変わるので気をつけましょう。シンクも補修ではなく交換が必要な場合は、蛇口と同様に新しいシンク代がかかるので金額の確認が必要です。

配管交換が必要な場合、相場は12,000円ほどになります。他の部品交換よりも高い相場なのは、修理に手間がかかるためです。配管は床下に埋設されていることが多く、時間も修理の手順も多いのです。
また、水漏れが原因で床が傷んでいる場合は、床の修繕費用も必要となり相場は数万円を超えます。賃貸の場合は、修繕費の負担が必要か管理会社に確認しましょう。借主の故意過失と判断されると自己負担になってしまうので、正直に現状を伝えるのが大切です。

水漏れの修理費用は現場の状況次第で変わります。対応難易度や必要な部品が変わると金額は変動するため、水漏れが深刻な状況になる前に早い段階で相談し、修理することが大切です。

キッチン(台所)の水漏れはザットマンへおまかせ!

ザットマンは水道局指定の店舗で、最短30分で対応することが可能です。年中無休で24時間対応しているので、何かトラブルがあればすぐに対応いたします。
また、相談・出張・見積もりは全て無料となっていますので、お気軽にご相談ください。

キッチンのつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る