キッチンのつまりの原因は?自分でできる対処法と注意点を知ろう!

キッチンのつまりの原因は?自分でできる対処法と注意点を知ろう!
キッチンは毎日使う場所であるため、家の中でもつまりが発生しやすい場所です。キッチンがつまってしまうと、料理ができなくなってしまいます。さらに、悪臭が発生する可能性もあるのです。キッチンがつまっても慌てないよう、つまりの原因と対処法を知っておく必要があります。ただ、自分で対処する場合には注意するべきポイントもありますので、知っておくのがいいでしょう。そこで、キッチンのつまりの原因と自分でできる対処法、さらに、気をつけておきたい注意点も交えて紹介します。

目次

キッチンに水が流れる仕組みを紹介!

キッチンのつまりの原因や解決策を説明する前に、まずは、キッチンに水が流れる仕組みを知っておきましょう。シンクまわりは簡単な構造に見えますが、たくさんの部品や、さまざまな機構があります。キッチンで水を使うと、水はシンクから排水口を通って排水管へと流れ込む仕組みです。ただ、排水管に流れ込む前に、ゴミ受けカゴを通過します。このゴミ受けカゴは、排水に混じった異物やゴミをこし取る役割です。ゴミ受けカゴにはフタがついているものが多く、フタの部分で大きなゴミを取り除きます。そして、さらに細かいゴミはゴミ受けカゴで受け止めるといった二重構造になっているのが一般的です。

ゴミ受けカゴでゴミをキャッチした後には、排水口の先にワントラップという仕組みが設けられています。これは、悪臭が発生するのを防ぐ仕組みです。排水管の一部に常に水をためて排水管に栓をすることで、悪臭や害虫を防ぎます。横向きのS字型をしたSトラップや、P型に湾曲したPトラップなどさまざまな種類があるのも特徴です。ワントラップの先につながるのが排水管であり、ワントラップを通過した水は、排水管へと流れ出ます。

キッチンがつまってしまうと現れる症状

料理や洗いものをしていると、排水口を流れる水の量が少なくなっていることに気づくときがあるでしょう。この場合には、キッチンがつまっている可能性が高くなります。また、シンクの中に水がたまってしまうケースや、シンクにたまった水がなかなか流れないといったケースも、キッチンのつまりによるものです。さらに、悪臭が発生している場合にも、キッチンのつまりを疑いましょう。なぜなら、キッチンがつまった場合には、生ゴミのような不快なにおいが漂うことが多いからです。キッチンのにおいは自分や家族が不快な思いをするだけでなく、来客にもいい印象を与えません。そのため、これらの症状が現れた場合には、正しい対策を行う必要があります。

キッチンのつまりが発生しやすい場所1:排水管や排水枡

キッチンのつまりが発生しやすい場所には、排水管や排水枡が挙げられます。排水管や排水枡は、目につきにくい場所にあるのがほとんどで、つまりを見逃してしまいやすいのです。なかでも、排水管は自分で点検や掃除をするのが難しいことから、長年の汚れが蓄積してしまうことが多いでしょう。また、排水管にはS字やクランクの部分があるものが多く、異物などが通過できないことがめずらしくありません。さらに、排水管が行きつく先である排水枡がつまるケースもあるでしょう。排水枡というのは、排水管の合流部や湾曲部に設置されています。異物やゴミがたまりやすいところにあり、本来は掃除や点検をしやすいように設置されたものです。ただ、排水枡の存在自体を知らないという人もみられ、つまらせてしまうケースが後をたちません。

キッチンのつまりが発生しやすい場所2:排水トラップや排水口

キッチンのつまりが発生しやすい場所2:排水トラップや排水口 キッチンのつまりが発生しやすい場所の2つめには、排水トラップや排水口が挙げられます。排水トラップや排水口は、キッチンから出た水がすべて通りますので、つまりが発生しやすいのです。例えば、料理中に出た細かい食材が流れ込むことがあるでしょう。また、洗いもので出た油汚れも排水トラップや排水口を通過します。そのため、排水トラップや排水口は、汚れやすいといえるでしょう。ただ、排水口にはワントラップと呼ばれるカップのようなものが設置されています。ワントラップは排水管のにおいを逆流させないよう、排水管内部と台所を隔てるものです。排水トラップや排水口がつまったと感じた場合には、ワントラップを外すと、何かの異物がつまっていることがあります。異物が取り除きやすいことから、排水トラップや排水口のつまりは比較的簡単に解消が可能です。

キッチンのつまりが発生しやすい場所3:排水管パイプ内

排水管パイプ内も、キッチンのつまりが発生しやすいといえるでしょう。キッチンの水は、排水口を通り抜けると台所の下にある排水管へと流れます。排水管にたどり着く前の排水口につまりの原因が見つからなかった場合には、排水管パイプ内がつまっていることが多いでしょう。排水管パイプ内は、なかなか手が届かない場所ですので、汚れが蓄積してしまいやすいといった特徴があります。気がつかないうちに排水管パイプ内に蓄積し、こびりついた油汚れや小さな汚れがつまりの原因となるのです。しかしながら、排水管パイプは汚れが通過していく場所ですので、キッチンの使用による汚れがつくのは避けられません。また、排水管パイプはS字やクランクになっていることも多く、異物が入り込んだ場合にはその部分につまりがおきやすくなるでしょう。排水管パイプのつまりを解消するには、排水管パイプの分解や専用の器具を使う必要があり、一般的に掃除がしにくい場所とされています。

キッチンがつまってしまう原因1:油汚れ

キッチンのつまりの原因にはいくつかありますが、極めて多いのが油汚れによるものです。キッチンは油を使う頻度が多く、排水口や排水管の中に油汚れがたまってしまいがちです。油というのは、排水管を流れると、パイプなどに少しずつこびりついて硬くなってしまう性質があります。こびりついた油汚れが何層にも重なることで、水が通りにくくなってしまうのです。家庭によっては、排水口に油をそのまま流さないように気をつけているところもありますよね。揚げ物などで使用した油は、固めて分別して捨てると排水口がつまりにくくなります。

ただ、どれだけ気をつかっていても、油汚れが水と一緒に流れていくことはあるのです。食べ終わった食器に残っていることや、使用した料理道具にも油汚れがついていることはめずらしくありません。そうして毎日少しずつ水と一緒に流れた油汚れは、排水管の中に蓄積していきます。しかしながら、油汚れが原因となる場合には、ある日突然キッチンがつまるということはありません。徐々に排水管を流れる水の量が減り、流れにくさを感じることでつまりに気がつくケースが多いでしょう。早い段階で油汚れの蓄積に気がつけることから、完全につまってしまう前に対処しやすいのがこのケースです。

キッチンがつまってしまう原因2:食材

キッチンがつまってしまう原因には、食材もあります。キッチンのつまりの原因で、油汚れの次に多いのが食材によるつまりだといえるでしょう。料理に使用した食材や食べかすが流れてしまうケースは多いものです。大きいものであれば、ゴミ受けカゴやネットで流れないように受け止めることができますよね。ただ、細かいものはすり抜けてしまうことがあります。野菜の皮や、種などは小さいため、排水口に流れてしまうことが多いでしょう。ゴミ受けを設置していても、何かの拍子にゴミ受けカゴがずれてしまった場合には隙間ができ、食材が流れていってしまうことがあります。さらに、ゴミ受けのカゴの目が粗い場合でも、その隙間を通り抜けていくのです。そのようにして、ゴミ受けカゴでキャッチできなかった食材が排水管をつまらせます。

キッチンがつまってしまう原因3:異物

キッチンのつまりの原因には異物もあります。異物というのは食材以外の固形物のことであり、何かの拍子に排水口の中に入ってしまうと非常に厄介です。例えば、洗いものの際にスプーンやフォークが流れてしまうことがあります。ペットボトルのフタやスポンジのかけらなどといいった小さい固形物も流れやすいです。手の届くところで気づいた場合には対処が可能ですが、まれに奥まで流されてしまうこともあります。一度排水管の中につまった異物は、よほどのことがない限り、流れていくことがありません。また、スプーンやフォークは薬剤を使用しても溶かすことができないため、つまってしまった場合には床を外して排水管ごと取り換える必要があるのです。

そうなると非常に大がかりであり、お金もかかってしまいます。そのため、異物が流れてしまわないよう、細心の注意を払うようにしましょう。また、排水管の内部を掃除しているときにも異物が流れやすいといえます。排水管内部を掃除するためにゴミ受けやワントラップを外している際にも注意が必要です。何かの拍子で掃除に使用している歯ブラシなどを落としてしまうことはめずらしくありません。掃除の際には、排水管に落ちそうな固形物をできるだけシンクから離しておくように心がけましょう。

キッチンがつまってしまう原因4:洗剤など

洗いものなどで使用する洗剤や石けんなどもキッチンのつまりの原因となることがあります。なかでも水に溶け切らなかった洗剤などは、排水管にこびりつきやすいといえるでしょう。洗剤は日常的に使用しますので、毎日少しずつ蓄積していく汚れです。徐々にこびりつくことで、水の通り道を狭くし、キッチンをつまらせます。また、洗剤や石けんカスなどによる汚れはヘドロとなることもあるでしょう。ヘドロになってしまうとにおいも発生しますので、定期的な清掃が必要です。

キッチンがつまってしまう原因5:排水枡がつまっている

キッチンのつまりの原因には、排水枡がつまっていることもあります。排水枡というのは、キッチンの排水管だけでなく、お風呂やトイレといった家中の排水管が最終的に集まる場所です。家庭で使った水は排水管を通り、排水枡から下水道へと流れていくように設計されています。あらゆる排水管が排水枡へと集まりますので、汚れが蓄積しやすいのが特徴です。排水枡に見られる汚れの多くは白い油の塊でしょう。オイルボールとも呼ばれるこの油の塊は、キッチンから流れた油が排水管に付着し、堆積することで大きな塊となります。オイルボールは排水管の中で大きくなり、水流で剥がれ落ちると排水枡へと出てくるのです。

排水枡がつまってしまうと、下水の流れをせきとめてしまう管閉塞が起こることがあります。そうなってしまうと、家の中の排水口があふれることや、水が逆流してしまう事態になる可能性が高くなりますので注意しましょう。ただ、排水枡はゴミがたまりやすいところに設置され、フタを開けるとゴミを取り出しやすい構造です。排水管の合流部や湾曲部、勾配が変わる部分などに設置されることが多く、定期的に清掃や点検をすることで、つまりが防げます。

キッチンのつまりを自分で対処する手順1:止水栓を閉じる

キッチンのつまりを自分で対処する手順の1つめは、止水栓を閉じることです。水の量をさらに増やしてしまうと作業に支障が出ることもあるでしょう。そのため、止水栓を閉め、水が増えないようにすることが大切です。多くの場合では、住宅に送る水道全体の水を止める止水栓があります。さらに、キッチンや洗面所といった場所ごとに枝分かれした止水栓がいくつかあるのです。ほとんどの住宅では、給水部分に止水栓が設置されています、もし、止水栓の場所がわからない場合には元栓を閉めるのもいいでしょう。シンクの下の扉を開けると見えるパイプに止水栓がついているのが一般的です。止水栓には、ハンドルで調整するタイプとマイナスドライバーで回すタイプの2種類があります。時計回りに回すと水が止まりますので、必要に応じて工具などを使用し、止水栓を閉めてからつまりを対処すると安心です。

キッチンのつまりを自分で対処する手順2:お湯を使う

止水栓を閉めた後には、お湯を使ってつまりの対処をしてみましょう。つまっている部分にお湯を加えることで、つまりの原因を溶かしやすくなるのです。ただし、水の量が多くなっている場合には、お湯を加えると水があふれてしまうことがあります。そのため、ある程度水をかきだし、水の量を減らしてからお湯を加えましょう。お湯の分だけ水量が増えてしまうことを考え、少しずつ様子を見ながらお湯を加えていくことも大切です。

また、お湯の温度にも注意しましょう。お湯が熱すぎる場合にはシンクを破損させてしまう可能性があります。配管に使われていることの多い塩ビ素材の耐熱温度は70~80度です。そういった理由から、流すお湯の温度は60度未満が理想であるとされているものが多くみられます。配管の変形や破損につながらないよう、熱すぎるお湯は避けましょう。もし、完全につまっていないのであれば、シンクにためたお湯を一気に流し込む方法もあります。つまりの初期の状態である場合には、この方法でつまりの解消が可能です。

キッチンのつまりを自分で対処する手順3:ラバーカップを使う

固形物がつまっている場合にはお湯では対処ができません。そういった際には、ラバーカップを使うのがいいでしょう。ラバーカップはスッポンと呼ばれることもある掃除道具の1つです。古くからつまりに対して使用してきた道具であり、トイレなどのつまりもラバーカップで解消できます。しかしながら、キッチンの配管にじゃばらタイプのホースが使われている場合にはラバーカップは使用できません。なぜなら、ラバーカップの圧力でホースが壊れてしまうことがあるからです。そのため、じゃばらタイプのホースを使用していないかを確認してから使いましょう。

ラバーカップの使い方は非常にシンプルです。ラバーカップを排水口に押し当て、棒をゆっくりと押します。押し切ったら素早く一気に引き上げましょう。その一連の動作をつまりが解消するまで繰り返します。ラバーカップを使うと、短時間でつまりが解消できるのもメリットです。しかしながら、排水管の奥のつまりなどはラバーカップで解消できませんので、業者などに相談するのがいいでしょう。ラバーカップは、ホームセンターなどで簡単に購入できます。キッチンのつまりの解消には、小さめのラバーカップを選ぶのもポイントです。ラバーカップが大きすぎる場合には、きっちりと密閉できません。その結果、つまりが解消できないことがありますので注意しましょう。

キッチンのつまりを自分で対処する手順4:真空式パイプクリーナーを使う

ラバーカップではつまりが解消できなかった場合に効果的なのが、真空式パイプクリーナーです。真空式パイプクリーナーはお風呂やトイレといった、ありとあらゆる排水管のつまりを解消するために作られました。ラバーカップで何度も吸い上げても解消しなかったつまりがすぐに解消できたというケースも多く、ラバーカップを強力にしたアイテムだといえるでしょう。見た目はラバーカップに似ていますが、棒の部分が注射器のような形状で、内外で二重構造になっているのが特徴です。真空式パイプクリーナーは、異物がつまっている場合に極めて高い効果を発揮します。

真空式パイプクリーナーを使用する際には、シンクにお湯を張るのもポイントです。お湯がたまると排水口に真空式パイプクリーナーのカップ部分を押し当てます。そのままの状態を維持し、ハンドルを上下させましょう。そうすることで、水圧が変化します。その後、ハンドルを引くと一気に水が引き上げられる仕組みです。水を引き上げる力が極めて強いことから、排水管の中でたまっていたものがはがれ落ち、水が流れるようになります。

真空式パイプクリーナーを使う際のポイントは、カップの部分で排水管の穴を密閉することです。排水管の穴が密閉されていないことには排水管内に圧力がかかりません。その状態では、何度ハンドルを上下させても水が引き上げられませんので注意しましょう。真空式パイプクリーナーは力を入れなくても強力に水を吸い上げるため、女性でも簡単に使いこなせます。

キッチンのつまりを自分で対処する手順5:専用の薬剤を使う

キッチンのつまりの代表には、油汚れがあります。油汚れによるつまりの場合には、専用の薬剤を使用しましょう。ホームセンターなどでは家庭で簡単に使えるパイプのつまりを溶かす薬剤などを販売しています。ただし、油汚れが完全に固まってしまった場合には、家庭用の薬剤では溶かしきれないことがあります。流れにくいと感じた場合には、固まってしまう前に対処しましょう。専用の薬剤は油汚れに対して高い効果が期待でき、使い方も非常にシンプルなのが特徴です。

使い方の手順は、まず、排水管を覆っているフタやゴミ受けなどを取り外します。排水管の口が見えるようにし、排水管の穴に専用の薬剤を流し入れましょう。専用の薬剤には、漂白や除菌の効果がある製品もあり、排水口からのにおいや黒ずみなどの解消も可能です。薬剤を注いだ後は、30分から1時間ほど放置します。なぜなら、専用の薬剤の多くは粘り気のある液体で、ゆっくりと排水パイプの中を伝っていくからです。内側の汚れをじっくりと分解していきますので、急いで水で流してしまっては効果が期待できないでしょう。

容器などに記されている放置時間を守り、その後一気に水で流します。専用の薬剤によって溶かされた汚れは排水管の壁から浮いた状態ですので、勢いよく流すことも大切です。専用の薬剤を定期的に使用すると、高い確率でキッチンのつまりが防止できます。1カ月に1回程度を目安とし、定期的に掃除をしておきましょう。また、薬剤を使用する際には換気にも十分な注意が必要です。他の製品と混じることで有害ガスが発生する危険もありますので、薬剤は単独で使用しましょう。

さらに、薬剤は非常に強力であるため、直接手で触れないことも重要です。作業の際には炊事用の手袋を必ず着用しましょう。洋服などに付着した場合には、色落ちなどのおそれもあります。専用の薬剤が手に入らないという場合や急ぎのときには、カップ2分の1のお酢とカップ4分の1の重層を代用してみましょう。分量通りのお酢と重層を排水溝に入れ、そこへぬるま湯を多めに流し入れると効果が期待できます。

キッチンのつまりを自分で対処する手順6:ワイヤーブラシを使う

お湯やラバーカップ、専用の薬剤などを使用しても解消できないつまりには、ワイヤーブラシを使ってみましょう。ワイヤーブラシを使って原因となる部分を削りとることで、つまりを解消します。ワイヤーブラシというのは、先端部分がらせん状になっているのが特徴です。らせん状の部分がつまりの原因に直接当たり、汚れをかきだします。ワイヤーブラシの反対側にはブラシがつけられていますので、汚れをかきだした後にはブラシで掃除をするという仕組みです。排水管の口にワイヤーブラシを入れる前には、排水口のふたやゴミ受けなどを取り外しておきましょう。

排水管の口からワイヤーブラシを入れ、中へと押し込んでいきます。排水管の形状によってブラシが止まってしまうこともありますが、角度を変えながら押し込むと、排水管の奥へと届くでしょう。ワイヤーブラシを押し込める限界が、つまりの原因である可能性が高いです。そのポイントで、ワイヤーブラシのハンドルを回しましょう。そうすることで、ワイヤーの先端が回転し、汚れを削り取っていくのです。しばらく続けると、水の通り道となる穴が開きます。通り道ができると、ワイヤーブラシをいったん取り出し、先端がブラシになっている方を差し込みましょう。

ブラシ部分でかきだした汚れをそぎ落とすように掃除し、つまりを除去します。排水管の中は直接見ることができませんので、感覚で進めていくことが大切です。水の通り道ができると、専用の薬剤やラバーカップ、真空式ポンプクリーナーなどが使用できるようになり、効率よくつまりが解消できます。ワイヤーブラシであれば、確実に排水管のつまりの原因にアプローチできるでしょう。しかしながら、排水管は直線ではありません。力任せにワイヤーブラシを押し込むことで、排水管を傷つけてしまうリスクがありますので、慎重に作業をしましょう。また、ワイヤーブラシでのつまりの除去は難易度が高い作業です。自分での作業に自信がない場合には、専門業者に任せるのがいいでしょう。

自分で対処する場合の注意点

キッチンのつまりを自分で対処する方法はたくさんあります。しかしながら、つまりの原因に対して適切な対処をしない場合には効果が期待できません。つまっている原因は排水管の奥にあることも多く、見ただけではわかりづらいのも特徴です。そういった理由から、つまりの原因を特定するのは難しいといえるでしょう。もし、無理に異物を引っ張り出そうすることや、ワイヤーブラシを正しく使用しなかった場合などでは、排水管などを破損させてしまう可能性があります。間違った判断で、つまりを悪化させてしまうこともめずらしくありません。

料理中などにキッチンがつまると、慌てることもありますよね。水が逆流してきた場合にはパニックになることも考えられます。しかし、間違った対処をしてしまい、排水管などを破損させてしまうと、事態を悪化させてしまうのです。無理をした結果、水漏れなどに発展してしまうと費用が掛かりすぎてしまいます。そうならないためにも、冷静に対応するようにしましょう。また、無理に自分でつまりを解消しようとするのではなく、専門業者に相談をするという方法もあります。

キッチンのつまりの修理ならザットマンに依頼しよう!

キッチンのつまりの修理ならザットマンに依頼しよう! キッチンのつまりの修理を専門の業者に相談するのであれば、ザットマンがいいでしょう。ザットマンは、水道局指定の店舗ですので、キッチンのつまりの専門家です。突然のつまりであっても年中無休で24時間対応が可能で、もしものときにも慌てることがありません。最短30分で訪問をしてもらえ、非常にスピーディーにつまりが解消します。ザットマンのスタッフは、各種資格を取得したプロの集団です。安心して任せられるといえるでしょう。

ザットマンは、徹底して原因を追究し、再発しないように対処してくれます。排水管内部のつまりの原因を取り除き、排水管に問題がある場合には交換が可能です。それだけでなく、排水口や排水管の除菌もしてもらえます。修理の形跡を限りなく残さないように対処してもらえますので、修理後にはつまりがあったことをほとんど感じません。さらに、1級建築士取得店であることから、非常に信頼できるでしょう。そのほかにも、ザットマンは給水装置工事主任技術者取得店、PL保険加入店でもあります。ザットマンの月間修理件数は約3,000件であり、豊富な実績を持った業者です。

価格に関しても、適正価格を維持しています。その理由となるのが、自社に広報部署を設置していることです。広告宣伝費を大幅に抑えることで、気軽に依頼できる価格を実現しています。相談や見積りも無料ですので、料金に対する不安もありません。出張費も無料に設定されていることから、気軽に相談できるのが魅力です。見積りや問い合わせはHPから簡単に行えますので、時間がない人にもぴったりでしょう。ザットマンに相談すると、キッチンのつまりに関する不安を解消できます。

キッチンのつまりを予防するためのポイント

キッチンのつまりは、普段からいくつかの点に気をつけることで予防できます。キッチンのつまりを予防するポイントの1つめは、野菜や果物、肉といった食材のカスをシンクに流さないことです。ゴミ受けカゴや網目の細かいネットを使用し、できるだけ流れないように気をつけましょう。2つめのポイントは油を極力流さないことです。揚げ物などに使用した油は、固めて分別しゴミとして捨てるようにしましょう。また、食べ終わった食器やフライパンなどにも油は付着しています。そのままの状態で洗い、シンクに油を流してしまう前に、キッチンペーパーなどで拭き取ることも大切です。

キッチンのつまりは、食材や油が流れないように注意しておくとある程度は予防できるでしょう。また、排水管やゴミ受け、ワンカップなどもこまめに洗い、汚れをためないようにします。そのほかにも、定期的に大量の水を流すこともポイントです。キッチンを使用した後に、お湯を10秒程度流しておくと、洗剤の溶け残りや流れ残りなどを防ぐ効果が期待できます。お湯は、つまりを溶かす効果も期待できますので、洗いものが終わった後などに大量のお湯を流す習慣をつけましょう。

キッチンのつまりは早めに業者へ依頼しよう!

キッチンのつまりにはさまざまな原因があります。また、つまってしまう場所もそれぞれのキッチンによって異なるといえるでしょう。ただし、つまりの原因がわかれば対処は可能です。自分で対処できる場合もありますので、慌てずに正しい対処を選択するようにしましょう。しかしながら、力任せにキッチンのつまりを解消しようとした場合や、間違った方法を選択したケースでは、排水管が破損してしまうこともあります。その結果、家の中が水浸しになってしまうことや、排水管を交換する必要にも迫られてしまうでしょう。

このように、キッチンのつまりを自分で対処すると、大きな問題になることもあります。キッチンがつまった場合には、落ち着いて専門の業者に依頼するのが効率的で安心です。ザットマンなら、各種資格を取得したプロによる対処が受けられます。相談や見積り、出張も無料のため、料金に対しても不安がありません。また、最短30分で駆けつけてもらえるのも魅力です。スピーディーにキッチンのつまりが解消できますので、症状が悪化してしまう前に、ザットマンに相談してみましょう。

参照サイト

1段落:【モノタロウ】流し台まわりの構造
https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/nagasidai_kouzou/
2・4・6・7・8・13・14・15・16・19段落:【水道生活センター】台所の排水溝詰まりにはコレ!詰まり原因と解決法を徹底分析
https://www.suidou.org/trouble/clogging-kitchen-fix-clean-drains-2/
5段落:【水道生活センター】 台所のつまり直し方と排水溝のお掃除方法
https://www.suidou.org/trouble/clogging-kitchen-fix-clean-drains/
10段落:【イエコマ】 排水設備に欠かせない「排水枡(マス)」とは?
https://iekoma.com/part/sanitary/drainagepipe/htsadmin-836/
11段落:【水まわり修理の教科書】 止水栓の開け方、閉め方、調整方法
https://www.water-leakage.com/stopcock#i-4
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

キッチンのつまり・水漏れに関連するコラム

キッチンのつまり・水漏れに関連するランキング



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る