キッチンの水漏れが気になる!水栓のタイプでわかる原因と対策

室内の水回りの中でも、1日の利用頻度がもっとも高いのがキッチンではないでしょうか。料理をしたりお皿を洗ったりと、頻繁に使う場所だけに、水漏れなどの不具合があると気になりますよね。何とか解決しようと焦るあまり、自己流のやり方で修理することでかえって状況が悪化してしまうこともあります。キッチンの水栓タイプも大きく分けて2タイプあり、それぞれに合ったやり方が必要です。このコラムではタイプごとの原因と対策について解説していきます。

キッチンの水栓は主にこの2種類

水漏れが起きた際、自宅キッチンの水栓タイプがわかっていれば対応が早められる場合もあります。キッチンに多い水栓タイプは大きく分けて2種類あります。1つがシングルレバー混合水栓、もう1つがハンドル混合水栓と呼ばれるものです。まず、シングルレバー混合水栓の最たる特徴は、レバーが1つだけということです。1つのレバーで温度調節と水量調節が行えます。新しく建てられた家の蛇口や新たに取り付けられた蛇口では、基本的にこのシングルレバー混合水栓が採用されています。レバーの形状はメーカーによって差がありますが、水栓の構造は基本的に同じです。

水が流れてくる水道側からみて、パッキン、スパウト、パッキン、ハンドルの順番になっています。パッキンには、部品と部品をつなぐ際の水漏れを防止する役割があり、ゴムでできています。スパウトは実際に水が出るハンドルまでの部品のことで、細長い胴体のような形状をしていることが多く、内部は空洞です。内部にはバルブカートリッジといって、シングルレバー混合水栓の心臓部にあたる部品が入ります。バルブカートリッジが水の温度や量を調節しており、シングルレバー混合水栓に水漏れが起きている原因のほとんどが、このバルブカートリッジの不具合です。

一方、ハンドル混合水栓とは、ハンドルが冷水と温水の2つに分かれているもので、古い住居などに多くみられるタイプです。古いホテルに泊まったら、このハンドル混合水栓タイプだったという経験がある人もいるのではないでしょうか。ハンドル混合水栓の場合は、冷水と温水の2種類のハンドルを使ってちょうどいい温度や水量に調節できるようになっています。使うときには不便な面もありますが、構造が単純なので修理しやすく、シングルレバー混合水栓と比べると部品が長く持ちやすいのが特徴です。ハンドル混合水栓にもっとも多くみられる構造が、水道が流れてくるほうからみて、クランク、本体、温水ハンドル、冷水ハンドルで構成されているというものです。

シングルレバー混合栓の水漏れ原因と対策

まず、新しい住居などによくみられるシングルレバー混合水栓の水漏れ原因と対策について解説していきます。水漏れといっても状況はさまざまですが、このタイプでの水漏れの原因は、バルブカートリッジの劣化、あるいはパッキンの劣化の可能性が高いと考えられます。そのため、それぞれの部品を交換することで改善するといったケースがほとんどです。シングルレバー混合水栓の場合、もっとも使用頻度が高いのがレバーハンドルです。そのため、水漏れの中でも多いのがレバーハンドルの下からの水漏れです。ここから水漏れしているという場合は、バルブカートリッジが老朽化しているケースが多く、新しい部品に交換することで改善がみられること多くあります。

また、スパウトの胴体部分から水漏れしてくるということもあり、こちらも基本的にはバルブカートリッジの不具合によるものと考えられます。優先的にバブルカートリッジ交換を行い、それでも止まらない場合にはスパウトとほかの部品をつなぐパッキンの劣化が考えられますので交換しましょう。ほかにも、水栓の根元部分から水漏れしている場合は、本体内部のパッキンが劣化していることがあります。どんなに大事に使っていても、部品は耐用年数があります。使い方や家族構成にもよりますが、平均的には10年程度経つと、いろいろなところから水漏れしてきてもおかしくありません。そろそろ10年経つという時期には、不具合が起きる前に部品の交換をしておくと安心です。

ハンドル混合水栓の水漏れ原因と対策

ハンドル混合水栓で水漏れが起きる場合も、基本的には部品の劣化や不具合が原因と考えられます。ハンドル混合水栓の特徴として、使用時には必ず2つのハンドルを開閉する必要があり、部品の中でももっとも負荷がかかるのがハンドルと本体の結合部の部品です。そのため、ハンドル混合水栓でもっとも起きやすい水漏れが、ハンドル下部分からのポタポタとこぼれるような水漏れです。このタイプの水漏れは、主にハンドル下のパッキンの劣化や不具合、あるいはナットの緩みだと考えられますので、新しい部品への交換で改善できるケースが多いでしょう。

蛇口の吐水口からの水漏れはハンドル下のパッキンの劣化や不具合のケースが多く、部品の交換が必要になってきます。パイプの付け根からの水漏れは、パッキンの劣化かナットの緩みが原因と考えられるため、パッキンを交換するかナットを締め直すといった対策が効果的です。また、蛇口の取り付け部分の水漏れはパッキンやシールの不具合だと考えられますので、パッキンの交換やシールの調整で対処することで改善することが多いでしょう。

部品は消耗品です。毎日使っていくうちに、どうしても摩耗し劣化してきます。まだ水漏れが起きていなくても、どうも反応が悪くなってきたと感じる場合は、交換の時期が近いかもしれません。いつから使い始めた部品なのか、きちんとメモを取っておくと交換時期の見極めがしやすいでしょう。

どこまで自分でできるか判断する

キッチンでの水漏れの場合、悩ましいのがどこまでが自分で対応できる不具合なのかという見極めでしょう。特に、キッチンの場合は用事が立て込んでいるため、一刻も早く修理したいという場合もありますよね。自分で修理をしようとする場合には、プラスマイナスドライバーのほか、ウォーターポンププライヤーあるいはモンキーレンチのどちらかは用意しておきましょう。素手では難しいので、最低限でもこれだけの工具は必要です。仮にこれらの工具を持っている場合でも、水回りは間違えれば、配管や水栓部品を傷めてしまうこともあります。また、集合住宅の場合では、近隣や上下の住居に被害が及んでしまう場合もありますので、本当に自分で修理できるレベルの状況なのかは、作業を始める前によく考えましょう。

単純な部品交換の場合でも、メーカーに問い合わせて純正の部品を取り寄せることが推奨されます。ホームセンターなどで間に合わせの部品を買ってきて取り付けたことで、思わぬほかのトラブルが起きてしまうこともありますので、できるだけ純正製品を使いましょう。ただし、部品の中でもパッキンであれば、サイズが合っていればほかのメーカーの部品でも対応できる場合はあります。パッキンだけが劣化しており部品交換が必要といったレベルであれば、自分でも対応できることが多いでしょう。ただし、パッキンにもさまざまな種類があります。使われている種類がどれなのかをきちんと確認したうえで、正しい種類を購入することが肝心です。

これまで述べたように、水漏れにはさまざまな原因が考えられます。原因が特定できない場合や、内部の構造に関係しているようなものは、自分で修理しようとせずに専門の修理業者に任せるほうが無難です。なぜならば、水栓の内部は思った以上に複雑な構造をしていることもあります。組み立てる順番を間違ってしまうことで、きちんとはまらなくなり、別の水漏れの原因を作ってしまう場合もあります。無理にはめようと力を入れてしまったことで、部品が破損してしまうケースも想定されますので、十分に注意が必要です。自分で修理することによるリスクを考えると、水漏れのトラブルはまずは専門業者に依頼することが推奨されます。

修理の前には、必ず止水栓を締めておきましょう。止水栓を締めておくことで、突然大量に水が噴き出すといった事態も防げますし、被害の拡大を食い止められる可能性が高くなります。基本的に止水栓はシンクの下にありますが、手だけで締められるものもあれば、マイナスドライバーといった工具が必要になる場合もあります。きちんと確認したうえで、適切な方法を選びましょう。

どこまで自分でできるか判断する

昨日まで普通に使えていた蛇口から急に水が漏れてきたという状況になると、焦ってしまうこともあるでしょう。自宅にある工具で何とかしようと思ってしまう人もいるかもしれません。しかし、水漏れにはさまざまな原因があり、表から見ただけでは原因を特定できない場合がほとんどです。思い込みで判断してしまうことで、かえって水漏れが悪化してしまうこともあります。また、使い慣れない工具で修理することで、きれいな部品を傷つけてしまったり、かえってほかの水漏れ原因を作ってしまったりという場合もあります。

原因がわからない、あるいは工具を使うことに慣れていないといった場合は、無理に自分で修理しようとせずに、専門業者に依頼するほうが確実です。専門業者を選ぶ際のポイントは、水道局指定工事店を選ぶことです。ザットマンは水道局指定工事店であり、月間の修理件数は約3000件と、水回りのトラブル解決に高いノウハウを持っています。また、24時間体制で受け付けを行っていますので、解決を急ぐ水回りのトラブルの場合でも安心して依頼できます。

専門業者に依頼する最大のメリットが、再発防止まで含めた対応をしてもらえることです。部品の耐用年数を過ぎていることで水漏れが起きている場合、目の前の水漏れを直してもまたすぐ別の水漏れが起きるということは十分に考えられます。専門業者であれば、純正の最新部品に交換してもらえるだけでなく、この先別の水漏れが起きないかという観点でもチェックしてもらえます。迅速に修理してもらえることに加えて、総合的にみて効率性の高い修理が期待できるというメリットは大きいですよね。水漏れなどの不具合の相談はザットマンに依頼してみてはいかがでしょうか。

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

キッチンのつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る