マンションは特に注意!お風呂の水漏れの原因と対策

お風呂で水漏れが発生すると、どのように対処すればよいのかわからず焦るかもしれません。マンションなどの集合住宅では、他の部屋に迷惑がかかる可能性があるため、特に早めの対応が必要です。しかし、自己流で間違った対応をしてしまうと、水漏れを悪化させ被害を広げる可能性があります。最悪の場合、賠償問題に発展する可能性もあるため注意が必要です。そこで、この記事ではお風呂の水漏れの原因や、正しい対策について詳しく解説します。

お風呂の浴槽から水漏れする原因とは?



浴槽の水漏れは、早い段階で原因を調べ、対策することが大切です。なぜなら、浴槽の部品交換をしようとしても、使用年数が長ければ互換性のある部品がなかったり、部品自体の製造が終了したりしている可能性が高いからです。かといって、浴槽の水漏れを放置してしまうと、家を支えている木材の腐食やシロアリの発生を促してしまい、工事が必要となります。そうならないためにも、素早い対応が求められるのです。

水漏れの原因を調べるには、浴槽に水を溜めてみましょう。次に、スポンジを浮かべ、移動する道筋や止まる場所を確認することで、水漏れの原因となっているおおよその場所を探すことが可能です。浴槽の壁周辺に移動したり止まったりする場合、浴槽自体が老朽化によってひび割れていたり、傷などの裂傷が生じたりしている可能性があります。また、排水口周辺にスポンジが移動したり、水が浴槽から抜けたりする場合は、排水栓やゴム栓の劣化が疑われます。

さらに、給湯口や給湯器関連の接続金具の周辺にスポンジが留まった場合、給湯器や風呂釜の排水パイプの劣化や裂傷が原因かもしれません。給湯器は10~15年が寿命の目安です。そのため、10年前後給湯器を使用している場合、給湯器自体を交換もしくは取り替えするのが無難です。水漏れを放置しておくと、一酸化炭素などが発生したり、ショートして発火したりするリスクがあるため早めの対応が求められます。

原因と水漏れ箇所がわかれば、修理に取り掛かりましょう。排水栓や給湯口、排水管は専用の接着剤で応急処置をすることができます。まずは、浴槽の素材を確認し、それぞれの素材に応じた補修材で直しましょう。ひび割れや裂傷部分を接着剤で埋め、防水テープなどで補修材を貼ります。排水栓を交換する場合は、洗浄してから新しいものを取り付けましょう。ゴム栓などの買い替えは、規格を確認してから購入するよう気を付けてください。心配ならば、浴槽のメーカーに問い合わせると安心です。ただし、自分での修理はあくまでも一時的な対応であるため、修繕した部分から再度ひび割れを起こす可能性があります。さらに、目視できない場所が水漏れの原因となっている場合もあるのです。そのため、必ず業者への相談が必要です。

お風呂の蛇口から水漏れする原因とは?

お風呂の蛇口から水漏れする原因は、大きく5つに分類できます。1つ目は、パッキンの緩みや劣化です。パッキンは、金属と部品の間にある水漏れを防ぐためのゴムのことで、水漏れの原因になりやすい部分です。パッキンの経年劣化や過度な使用による劣化により、金属の隙間を防げなくなってしまうことで、水漏れが生じます。パッキンが原因の水漏れは、ツーハンドル混合水栓によく見られます。ツーハンドル混合水栓は、独立した左右のハンドルで、水とお湯の量を調節するタイプです。特に、ハンドル内部のコマやスパウトの付け根についているパッキンが劣化しやすいです。

サーモスタット混合水栓で、水を出しているときに水漏れしていればパッキンに不具合が生じている可能性が高いといえます。水漏れしている部分を探し、その部分のパッキンを交換しましょう。ホームセンターなどで購入できるパッキンを使えば、自分で交換することができます。ただし、水栓の分解をする必要があるため、自信がない人は業者に依頼するとよいでしょう。

2つ目は、給水管の不具合です。この場合、蛇口の台や壁の中から水漏れしています。台付きタイプの蛇口であれば、癒着テープなどを使って補修することも可能です。しかし、手が届かない部分からの水漏れの場合は、業者に頼む必要があります。また、癒着テープでの補修も応急処置的なものになるため、業者に依頼するほうが確実といえるでしょう。3つ目は、バルブの不具合です。水栓の種類によっては、水栓内にバルブやバルブカートリッジがあり、不具合が生じることで水漏れが起こります。

バルブカートリッジの故障は、シングルレバー混合水栓で起こりがちです。シングルレバー混合水栓とは、お湯の量と温度が1つのレバーで同時に調節できるタイプです。バルブカートリッジが故障してしまうと、レバーを下げても水が完全に止まらなくなります。

4つ目は、部品の劣化や破損です。使用年数が長かったり、外部から衝撃が加わったりして部品が破損すると、その部分から水漏れを起こすことがあります。例えば、スパウト自体が劣化して摩耗すると、穴が空いて水漏れすることがあるのです。お風呂のスパウトは、浴槽と洗い場の両方で使用できるよう長めになっているため、金属疲労が起こりやすく、摩耗してしまいます。こういった場合、同じ型の部品と交換しなくてはならず、素人には難しい修理といえるでしょう。5つ目は、蛇口全体の劣化や破損です。小さな穴が空いてしまい、そこから水漏れすることがあります。

蛇口の水漏れは自分でも対処は可能?

蛇口の水漏れが発生したら、自分で修理できるのか、業者に依頼するべきなのかを判断することが大切です。パッキン交換程度であれば、素人でもできる可能性があります。ホームセンターでパッキンを購入し、交換するだけなので、リーズナブルに済ませられるというメリットもあります。給水管やバルブ、部品などの修理は、自分で行うのが難しいです。浴室の蛇口は、サーモスタット混合水栓やツーハンドル混合水栓など、4つの種類に分類されます。さらに、設置箇所によって、壁付きタイプと台付きタイプに分類されるのです。壁付きタイプは、給水管が壁の中に入っています。そのため、給水管に不具合があれば、壁の内部を修理する必要があるため、素人では到底無理です。台付きタイプは、台の下にある管と水栓が結合しています。台の側面にあるカバーを外せば、給水管などの修理が可能です。

蛇口の水漏れ修理は、止水栓を閉めることから始めます。止水栓がどこにあるのかわからないなど、自分で閉めるのが難しい場合は、水道の元栓を閉めてください。ただし、元栓を閉めると家中の水が出なくなるため、注意が必要です。次に、水栓の種類を確認してから水漏れの原因を探しましょう。修理が終わったら、止水栓や元栓を戻しましょう。カートリッジやレバーを外す場合、力を入れすぎると水栓が壊れてしまう場合があります。ネジやナットを緩めてから分解すると安心です。分解して修理する場合、最後には組み立てる必要があるため、写真を撮りながら分解するとよいでしょう。

蛇口の種類や設置場所によりますが、ウォーターポンププライヤーやモンキーレンチなど専用の工具が必要な場合がほとんどです。また、準備する部品も、メーカーや型番によって規格が異なるため、正しいものを準備するのが難しいことも多いでしょう。そのため、業者に依頼するほうが安心で安全といえます。

水漏れで賠償金や慰謝料が発生する場合もある

マンションやアパートで水漏れが発生した場合、慰謝料や賠償金が発生する場合があります。真下の部屋だけでなく、配管や建物の構造によっては離れた場所に位置する部屋にも被害が及ぶ可能性があるのです。賠償金や慰謝料の支払い者は、水漏れの原因によって異なります。経年による老朽化が原因の場合や、共用部分が原因の場合、管理会社か大家が支払います。一方、個人の過失によるものであれば、借主個人が賠償金や慰謝料を支払うことになるのです。個人で賠償金や慰謝料を支払う場合、被害の程度が大きければ賠償額が数百万円に及ぶ可能性もあります。賠償金の明確な相場はありませんが、水漏れによって故障したものがあれば、請求対象と考えてよいでしょう。

そのため、水漏れに気付いたら原因を明確にすることが大切です。また、対処を間違えると被害が拡大するリスクがあるため、業者を呼んでの調査や修理が無難といえます。水漏れに気付いたら、まずは水を止めて拭き取り、水道業者に連絡を入れます。原因を早めに突き止めることで、被害を最小限に抑えることが大切です。被害が広がると、賠償額が増えてしまう可能性があります。同時に、管理会社に連絡を入れましょう。後からトラブルが発生したときに事態を悪化させないためにも大切です。

また、水漏れによる漏電の可能性があるため、電気会社への連絡も必要です。階下の部屋にも連絡を入れ、謝罪をします。水漏れした日からなるべく近い日にちで行くようにしましょう。現在の被害に対する補償だけでなく、今後明確になった被害についても補償も行うことを伝えます。賠償金や慰謝料が必要ない場合でも、水漏れは近隣トラブルを招く原因になる可能性は否定できません。そのため、迅速かつ誠意ある対応が重要です。その後、賠償となります。賠償金を支払う必要が出た場合、個人賠償責任保険に加入していれば適用可能です。管理会社や大家が加入している場合もあるため、確認しておくとよいでしょう。

異常を感じたら早めの対策が一番

お風呂の水漏れを予防するには、定期的な手入れが大切です。ひび割れしないよう、過度な衝撃を防いだり、排水栓の劣化防止のためにゴム栓などを定期的にきれいにしたりします。また、汚れも劣化を招くため、パッキンなど細かい部分もできるだけ定期的に掃除するとよいでしょう。分解できるところは、分解して洗浄します。しかし、定期的に手入れしていても老朽化してしまうのは防げません。自分で原因を特定したり、修理をしたりするのも一つの方法ですが、老朽化や異常を感じたら早めにザットマンに相談し、必要に応じて対策していきましょう。

参照サイト

【町の水道修理センター】給湯器の水漏れの原因と迅速な修理方法
https://0120656889.net/kyuto/kyuto1/

【水の生活救急車】お風呂の水漏れを解決!蛇口は自分で修理できる?
https://mizu-mawari110.com/useful/bath/post-50590/

【水110番】賃貸での水漏れの責任の所在は?修繕費用は誰が払う?
https://www.decadesdecades.com/tinntai

【水漏れ修理水道屋さん比較隊】マンション、アパートで水漏れが起きたら
http://www.mizumore-hikaku.com/knowledge/mansion.html

【町の水道修理センター】湯船のお湯が抜ける…浴槽(バスタブ)の水漏れ原因と修理方法
https://0120656889.net/bath/bath6/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

お風呂のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る