お風呂の水漏れはどこから?原因と自分でできる対処方法!

普段から床が濡れていることが多い浴室は、たとえ水漏れが起こっていても発見しにくい箇所です。水漏れを見逃しやすいお風呂は、特に日常からしっかり点検しておくことが大切です。 ここでは、お風呂で起こりすい水漏れの原因と自分でできる対処方法について紹介します。

お風呂の水漏れ原因と対処方法

ここではお風呂が水漏れする原因とその対処方法について解説していきます。各場所ごとに解説していくので、ぜひ参考にしてください。

浴槽からの水漏れ原因と対処方法

浴槽
浴槽はお風呂の備品の中でも特に頑丈にできていますが、劣化することは免れず、しっかり点検していないと浴槽の欠陥から水漏れが発生してしまうことがあります。 たとえば、浴槽のひび割れです。経年劣化でもろくなった浴槽は、わずかな衝撃でもダメージを受けてしまうことがあります。小さなひびが入っているだけでも、水は少しずつ漏れてしまっています。その結果、浴室の腐食を招いたり、悪臭を放ったりするので注意が必要です。

浴槽のひび割れを発見したら、まず市販のパテやシーリング材を使ってひび割れ箇所を補修してみましょう。軽度のひび割れなら、パテやシーリング材を使うだけで、ある程度の水漏れは防ぐことができます。 ただ、大きなひび割れは、自分で修理するのも難しいです。パテなどで修復しても、効果は基本的に一時的なものになります。小さなひび割れでも、そのままにしておけば大きなひび割れにつながってしまうこともあります。 なので、ひび割れを発見したら、応急処置だけで済ませるのではなく、業者に状態を確認してもらって修理や交換などをしてもらうのが一番です。

蛇口からの水漏れ原因と対処方法

浴室の蛇口 浴室の蛇口の寿命は、10~15年程度が目安であるといわれています。それを過ぎると、蛇口の各部品が劣化して、水漏れが起きやすくなってしまいます。 浴室の蛇口は、吐水口やシャワーホースなど、いろいろな部品が集中しているため、どこかひとつに劣化が生じるだけでも水漏れを引き起こしてしまいます。パッキンなどの蛇口本体の部品の劣化だけでなく、蛇口とつながっているホースやパイプに生じた裂傷から水が漏れることもあります。部品が劣化・破損している場合は、同じ部品を用意して新しいものに交換しましょう。

蛇口をひねって水を出したときに、つなぎ目から水が漏れている場合、ナットやボトルがゆるんでいることに原因があるのかもしれません。接続部のナットやボトルがゆるんでいないかしっかり確認しましょう。蛇口のナットやボルトは、専用のモンキーレンチなどを使えば簡単に締め直すことが可能です。

シャワーヘッドからの水漏れ原因と対処方法

シャワーヘッド シャワーヘッドからの水漏れを発見したら、まずシャワーヘッドを取り外して内部を点検してみましょう。シャワーヘッド自体は劣化していなくても、長く使っていると内部に水が溜まってしまうことがあります。その場合、シャワーヘッド内部の水分をふき取り、中を綺麗に掃除してみましょう。 シャワーヘッド本体や内部の部品に劣化や破損がある場合は、内部を掃除するだけでは状態は良くなりません。本体や部品を別のものと交換して、水漏れが解消されるかどうか試してみましょう。

本体や部品を交換しても水漏れが改善されないなら、シャワーヘッドとホースのゆるみが原因になっているのかもしれません。接続部がしっかり締まっているか確認し、しっかり締めなおしてからシャワーを使いましょう。シャワーヘッドとホースの規格があっていないと、しっかり接続ができずに水漏れしてしまうこともあります。もし、交換する部品がわからなかったり、新しいシャワーヘッドを取り付けられなかったりする場合は、業者に連絡して助けの手を借りれば一気に問題を解決できるはずです。

給湯器からの水漏れ原因と対処方法

給湯器 給湯器は主に外付けタイプと室内タイプに分けられます。室内タイプの給湯器の場合、浴室内のさまざまな部品とつながっているため、原因を特定するのも簡単ではありません。一方、外付けタイプの給湯器は、水漏れが発生していたら給湯器本体に問題がある場合が多いです。また、給湯器には独自の機能を備えている場合もあり、たとえば安全弁や水抜き栓といった機能の故障は見抜くことが難しいといえます。

給湯器は精密機器であるだけに、長年使っていると劣化が起こりすい代物だといえます。パッキンや給排水ホースなどは特に劣化しやすく、そこから水漏れが発生してしまうことも多々あります。また、各接続部分のゆるみも水漏れの原因になるので注意が必要です。この場合、パッキンや給排水ホースなど水漏れ箇所がはっきりしていて、自分で交換できるようであれば修理することができます。ただし、精密機械ということを忘れずに細心の注意を払って修理するようにしてください。

他にも、浴槽のひび割れが原因で給湯器の水漏れを招いてしまうこともあります。この場合、浴室自体の修理や交換をしなければなりません。そうなると、自分では対処することができないので、業者に頼む必要があります。

壁や床からの水漏れ原因と対処方法

浴室の壁や床に使われている資材は、水に強い性質を持っていますが、劣化して水漏れが起こることもあります。資材の劣化ならDIYで対応できないこともないです。しかし、タイルのつなぎ目の修繕に不備があると、そこからまた水漏れが発生してしまい自分で対応するのはできません。

また、浴室の床や壁には排水のためのパイプが通っています。このパイプに裂傷などがある場合も水漏れの原因になります。壁面や床下のパイプから水漏れしている場合、住宅素材の腐食を招いてしまうこともあるため注意が必要です。床下や壁面の水漏れで腐食が進むと悪臭を放つので、悪臭によって水漏れに気づくこともあります。 この場合、配管やパイプ自体の修理だけでなく、壁や床の修繕も合わせて行うことになります。特に水漏れが深刻化している場合、床下や壁内がシロアリに侵食されていることもあるため、床下や壁内の水漏れ工事は大規模になることも珍しくありません。壁や床からの水漏れを発見したら、ひとまず水栓を閉めて早めに業者に点検・修理をお願いすることが重要です。

換気扇からの水漏れ原因と対処方法

換気扇 換気扇は浴室の湿気を取り除くものであるため、ここから水漏れしているとは考えにくいかもしれません。しかし、換気扇内は浴室に溜まった湿気の通り道なので、内部は錆びや結露水などで劣化していることが多いです。換気扇内部の状態が悪くなると湿気を上手く排出できず、錆びが混じった茶色の水滴がぽたぽたと落ちてくるなどの水漏れを発生させます。

また、換気扇は内部に溜まった結露水を排出するための機能が備わっています。しかし、長期間使用しているとその機能が故障してしまうことがあります。そうなると、結露水が逆流して水漏れを引き起こしてしまいます。排気口から侵入した雨水が換気扇の内部を伝って漏れ出してくることもあるため、換気扇の吸気口だけでなく排気口の状態もしっかりチェックしておく必要があります。

換気扇から水が漏れているのを見つけたら、まずは換気扇の使用を控えましょう。そうして内部を乾燥した状態に改善できれば、水が漏れること自体を改善できる場合があります。もちろん、換気扇の使用をやめているときは、窓を開けてお風呂場内を乾燥させておくことも重要です。浴室自体に湿気が残っていると、それが換気扇内部にも侵入して乾燥しません。

換気扇の使用を中止しても水漏れが改善されないなら、換気扇を分解して掃除してみましょう。換気扇内部に水が溜まっていれば拭き取り、部品に錆びが付いていれば掃除しましょう。こまめに掃除しておけば、水漏れを未然に防ぐことにもつながります。 ただ、部品の劣化によって水が漏れている場合、部品を交換しましょう。部品によっては自分で交換できない場合もありますし、換気扇内部の奥のほうまで自分で掃除するのも難しいので、対応できないと感じたら業者に依頼するのもひとつの手です。

マンションのお風呂の水漏れは要注意!

マンションやアパートで水漏れが発生した場合、慰謝料や賠償金が発生する場合があります。真下の部屋だけでなく、配管や建物の構造によっては離れた場所に位置する部屋にも被害が及ぶ可能性があるのです。賠償金や慰謝料の支払い者は水漏れの原因によって異なります。経年劣化や共用部分の劣化・破損の場合、管理会社か大家が支払います。個人の過失によるものであれば、借主個人が賠償金や慰謝料を支払うことになるのです。個人で賠償金や慰謝料を支払う場合、被害の程度が大きければ賠償額が数百万円に及ぶ可能性もあります。

また、水漏れによる漏電の可能性があるため、電気会社への連絡もしましょう。階下の部屋にも連絡を入れて謝罪すると良いでしょう。 賠償金を支払う必要が出た場合、個人賠償責任保険に加入していれば適用可能です。管理会社や大家が加入している場合もあるため、確認しておくとよいでしょう。

自分で水漏れが直せなかったら…

これまでに解説してきた方法でお風呂の水漏れが解決できなかった場合は、早急に業者に相談するようにしましょう。水漏れによって水道料金も上がってしまいますし、場合によっては住宅の腐食が進んでしまうこともあるからです。

ザットマンでは365日24時間水周りのトラブルに対応しています。出張料・お見積り料金無料で対応していますので、お困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。

参照サイト

【町の水道修理センター】給湯器の水漏れの原因と迅速な修理方法
https://0120656889.net/kyuto/kyuto1/

【水の生活救急車】お風呂の水漏れを解決!蛇口は自分で修理できる?
https://mizu-mawari110.com/useful/bath/post-50590/

【水110番】賃貸での水漏れの責任の所在は?修繕費用は誰が払う?
https://www.decadesdecades.com/tinntai

【水漏れ修理水道屋さん比較隊】マンション、アパートで水漏れが起きたら
http://www.mizumore-hikaku.com/knowledge/mansion.html

【町の水道修理センター】湯船のお湯が抜ける…浴槽(バスタブ)の水漏れ原因と修理方法
https://0120656889.net/bath/bath6/
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

お風呂のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る