風呂の修理・交換が必要な使用年数とかかる費用を知ってトラブル回避

お風呂の水漏れ・つまり修理と料金表

お風呂は身体の汚れを落とすだけでなく、仕事や家事で疲れた心をリセットする憩いの場所でもあります。湯船につかって過ごすひと時は、何物にも代えがたいものです。それだけに、いざお風呂が故障して入れなくなると、生活に支障をきたすだけでなく、精神的にも大きなダメージです。
そうなる前に、お風呂の修理やリフォームには備えておきたいものですね。今回は、お風呂の修理やリフォームにかかる時間や費用についてご説明します。

浴槽が使用できる耐用年数

お風呂が故障して修理を依頼した時、業者にまず尋ねられるのが、「前回はいつ、交換されましたか」ではないでしょうか。お風呂の修理やリフォームを考える時、まず確かめておきたいのが、耐用年数です。通常の過程で使用するお風呂の耐用年数を知っておけば、早めにメンテナンスしておくことができます。また、「そろそろ、修理の時期かな」とあたりをつけておけば、いざ故障しても最小限の費用と時間で済むでしょう。

修理に要する時間と費用は、お風呂の材質や普段の手入れの状況により違ってきます。通常、お風呂の耐用年数は20年から30年とされています。新築と一緒に風呂場を構えるご家庭がほとんどですが、「我が家は建ててから15年だから、お風呂もまだ大丈夫」なんて安心しないでください。浴室や浴槽は、見た目では異常かどうかの判断が難しいものです。そこで下記にチェックポイントを明記しましたので、いくつあてはまるか確認してみてください。

チェックポイント①コーキング

コーキングというのは、浴室の壁と浴槽、あるいは壁と壁とのつなぎ目をふさぐ充填剤を指します。この場所にひび割れが見られたり、カビが生えていたりしたら、その箇所から浸水して中まで腐食がすすんでいるかもしれません。
そうなると、お風呂も寿命を迎えていると考えた方がよいでしょう。もしこの状態を放置すると、浸食はさらに進んで木材にまで及びます。湿気の多い木材は白アリの巣窟にもなるため、被害は家全体に拡大するかもしれません。

チェックポイント②サビやカビの進み具合

蛇口やシャワーの金属部分にサビが見られれば、市販のサビ止めで擦ってみてください。何度試してもサビが取れないのであれば、金属の深い部分まで達しているかも知れません。
また、カビについても同様で、壁に付着しているカビを、カビ止めで拭いてみてください。掃除してもすぐ表面にカビが生えるなら、カビの根は既に壁の深部に繁殖しているとみるべきでしょう。そうであれは、やはりこの場合もお風呂の寿命が迫っていると見るべきでしょう。

チェックポイント③排水溝から漂うにおい

日々こまめに排水溝を掃除しているにも関わらず悪臭が消えないようなら、排水溝が損傷しているか、劣化している恐れがあります。排水溝は、下水から汚水やにおいが逆流しないための部品です。ここが破損していると、下水から異臭や汚物が上がってくることもあります。
また、たとえ排水溝周りに異常がなくても、その先の配水管が経年による劣化を起こしているかもしれません。排水溝周りの破損を放っておくと雑菌が繁殖するため、深刻な健康被害を引き起こすことにもなりかねません。

いかがでしょうか。以上3つのチェックポイントのうち、ご自宅のお風呂はいくつあてはまったでしょうか。特に思い当たる点がなければ、今すぐにお風呂の修理や交換が必要というわけではないでしょう。しかし、いざ修理や交換を迫られた時のために、メーカーが替えの部品を在庫として準備しているかどうかは知っておきたいものです。
というのも、耐久消費財メーカーでは機種のバージョンアップを数年ごとに行っており、既に販売している製品のパーツの製造を終了している可能性があるからです。そのため、急なお風呂の修理で替えの部品が必要になった時に調達できるかどうか、定期的にメーカーに確認しておくと良いでしょう。

そしてもう1つ、確認しておきたいことがあります。
前述した浴槽の耐用年数ですが、約20年から30年というのはあくまで一般的な目安です。浴槽がユニットバスであれば、寿命はその半分といったところです。ユニットバスというと、1DKのアパートなどに設置されている、トイレと一緒になっている浴槽を思い浮かべる方は多いでしょう。
「うちは一戸建てで、バスとトイレは別だから関係ない」と思っている方はご注意ください。ユニットバスの定義は、「工場で事前に組み立て、現場へ持ち込んで完成させた浴槽」です。従って、たとえご自宅が戸建てであっても、浴槽がユニットバスである可能性はあります。
国税庁によると、減価償却の際に適用されるユニットバスの法定耐用年数は家屋と同等とされています。木造住宅の法定耐用年数は22年と定められていますが、ではユニットバスも22年か、というとそうではありません。製品の材質や使用状況にもよりますが、実際には10年から15年程度と言われています。

風呂の修理・交換に必要な費用

お風呂のリフォームを考えた時、まず気になるのが工事にかかる費用でしょう。 お風呂のリフォームには2種類あります。1つがオーダーメイドによる「在来工法」、もう1つが規格品を用いた「ユニットバス」です。現在使用しているお風呂がどちらか、またリフォームをどちらで行うかにより、工事内容やそれに伴う費用は違ってきます。ことに在来工法は、要求が多いほど料金が高くなります。
費用の内訳は、機器代金、材料費、工事費、下地処理・解体費、撤去費、などです。費用総額の相場は、80万円から140万円とされています。その中で、中心価格帯は100万円から120万円ほどです。ただし浴槽のみの交換であれば、50万円以下でもできます。

リフォームにおいて価格を左右するのは、浴槽の材質やサイズ、壁や床の素材、蛇口などが挙げられます。また、付属の部品や機材・設備により、値段のふり幅は大きくなります。リフォームを思い立ったら、まずは業者に現場を調査してもらい、詳細な見積もりを取るようにしてください。その際、金額だけに囚われるのではなく、ご自分の希望を余すことなく業者に伝えると良いでしょう。

風呂の修理・交換にかかる作業期間

リフォームに踏み切る前に、もう1つ確認しておきたいことがあります。それは、工事にどれくらいの期間が必要か、ということでしょう。当然のことながら、工事期間中は自宅のお風呂には入れません。工事に要する日数は、短いにこしたことはありませんよね。
ユニットバスを新しいものに交換するだけなら1日で済みますが、実際はそれに壁や床の張り替え、機器の交換なども含まれるため、1週間から10日程度を見込む必要があるのです。業者が提出する見積書には、費用と一緒に工期も記載されていますから、しっかり確認しましょう。

ただし工期を確認する際には注意する点があります。それは予備日の有無です。お風呂は耐用年数を超えると様々な症状が出ますが、工事を始めてみたら思いのほか、事態が深刻ということもあるでしょう。そういうことを想定して、工事を請け負う会社は工期にある程度の余裕を持たせて見積りに反映させることがあります。
これを「予備日」といいますが、見積りに記載するかどうかは業者により異なります。最短の工期を提示してくる業者もあれば、不測の事態を見越して予備日を入れた見積りを提出する会社もあります。見積もりをチェックする際は、工事内容や金額はもちろん、工期や予備日の有無についても目を通すようにしてください。

お風呂の修理・交換の工期の違いはなぜ起こるのかについて、予備日以外の理由についても述べておきます。 お風呂のリフォームの見積りを複数の会社から取り寄せた場合、見積り内容に差が生じることは先に述べた通りです。たとえば、壁や天井に断熱材を使用するか否か、既存の機材をそのまま利用するかどうか、などによって工事内容は異なり、それにより工期も違ってくるのです。
また、タイル風呂からユニットバスに交換する場合、土間にコンクリートを流し込み、基礎工事を行う必要があります。真夏と真冬のように、気温や湿度によってコンクリートの乾き方には開きがあります。コンクリートは、十分に時間をかけて乾燥させなければ強度が出でないため、実績のある業者であれば、ここに時間をかけます。この期間をどの程度見積もるかにより、各社ごとに工期の違いが生じることになるのです。

蛇口だけの部分修理にかかる費用

ここまでは、お風呂のトラブルが比較的大がかりなケースを取り上げてきました。浴槽の交換などは、費用もある程度まとまった金額を見込んでおかなければなりません。
しかし、浴室のトラブルが蛇口の水漏れなどに限定されるのであれば、費用を安く抑えることができます。その場合、通常の蛇口の修理であれば、相場は4,000円から5,000円程度です。

蛇口の水漏れの原因は、そのほとんどが部品の経年劣化によるものです。蛇口の部品は、日常生活で開閉するだけでも確実に消耗していきます。これを少しでも防ぐには、蛇口を必要以上に固く締めすぎないことです。蛇口からポタポタと水漏れが生じると、つい力を込めて締めてしまいがちですが、かえって劣化を早めてしまうことになるので注意してください。

通常、蛇口の寿命は約10年とされています。浴槽の耐用年数は先に触れたように、在来工法の風呂なら20年から30年、ユニットバスであれば長くて15年です。蛇口の水漏れが認められたら、浴槽の寿命を迎えるきっかけと捉えてみてはいかがでしょう。一見、素人には蛇口の水漏れだけのように見えても、プロの目から見れば蛇口以外にも重大な浴室のトラブルが潜んでいるかも知れません。

修理に迷ったら見積もり依頼

一日の疲れを癒し、清潔な生活を営む上でも、お風呂は欠かせないものです。急にお風呂の故障が生じて慌てないためにも、日頃から点検を怠らず、不足の事態に備えておくことが大切です。
お風呂というものは毎日使用するものですし、汚れが蓄積する場でもあるので、日々の清掃は怠らないようにしましょう。その上で少しでも異変に気付いたら、専門業者の調査を受けて事態を正しく判断するようにしてください。

ザットマンは、水道局が指定する認定業者です。24時間・年中無休の体制で、お客様からのご相談に対応いたします。通話料、現場調査にかかる出張費、お見積もり作成にかかる費用は一切無料です。お客様のご要望をお見積もりに反映し、現場作業も年間3,000件もの実績を誇る自社スタッフが施工いたします。何かお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お風呂のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る