お風呂の修理にかかる費用の相場と期間はどれくらい?

家の中でもお風呂は格別にリラックスできる空間。1日の始まりに頭を起こすために。あるいは1日の終わりに体をゆっくり休めるために。どちらにせよただ汚れを落とすだけではない、オン・オフを切り替える場所としても欠かせませんよね。また、湯船につかってゆっくり考えを巡らせる、貴重なプライベート空間であるという方も多いのでは? それだけにお風呂が壊れてしまったら死活問題。仮にお風呂が壊れてしまったり、そうなる前にリフォームする場合、果たしてどれだけの費用と期間がかかるのでしょうか。そうなる前に、しっかり知っておきましょう。

お風呂の耐用年数はどれくらい?

お風呂の修理、またはリフォームを考えるときにまず知っておきたいのが我が家のお風呂の耐用年数です。一般的な耐用年数を知っておけば、それに照らし合わせて早めの予防や確認作業を行うことで、知らずに使い続ける場合よりも素早く対応できますよね。仮に修理が必要でも、最小限の期間と出費で済むことでしょう。

もちろん普段の手入れや環境、材質によっても変化しますのであくまで一般的な場合ですが、お風呂の寿命は普通の浴槽で約20~30年と言われています。だったらまだ大丈夫と安心するのは早計かもしれません。浴槽の見た目だけでは寿命は判断できません。今からお伝えするチェックポイントをクリアしているかどうかが肝心なのです。

第一のチェックポイントはコーキングです。コーキングとは浴槽と壁の隙間や壁と壁の隙間を塞ぐための充填剤。これがひび割れたり、カビが生えてきたりなど劣化が見られていると、パッと見た状態ではきれいな浴槽も内部では水がしみこみ、腐食し、相当劣化している、寿命を迎えつつあるといっていい状態である可能性があります。より恐ろしいのは、この状態は湿気を好むシロアリの格好の標的なのです。放置してしまうとお風呂だけでなく、家全体が危機にさらされてしまう可能性があります。

次にチェックすべきポイントはカビ、サビの進行状況です。どちらも掃除してすぐ取れる程度ならまだ問題ないと言えますが、掃除したばかりなのに次々に発生する、という場合はそのカビやサビは表面的な部分だけで、見えない浴槽内部にすでに致命的に進行している可能性があります。掃除し続けてもいたちごっこになってしまうカビやサビが発生するのであれば、もう寿命と考えた方がよいでしょう。

第三のチェックポイントは排水溝のニオイです。サビやカビと同じく、こまめに掃除をしていてもすぐにニオイが気になる場合は、排水トラップが劣化、または破損している可能性があります。これは下水からのニオイを防ぐ役目があるパーツですので、機能しなければいくら自分のお風呂を綺麗にしていても、下水からニオイが逆流してきてしまうのです。排水トラップが大丈夫であっても、その先の排水管が長年の使用で劣化している可能性もあります。毎日のようにさまざまな汚れが流れていく排水口まわりはとても汚れやすい場所。劣化している状態で放置してしまうと雑菌が発生し、思わぬ健康被害を受けることも。消えないニオイはお風呂からのSOSと考えるべきでしょう。

ここまでの全てのチェックポイントをなんとかクリアできている場合、大事にお風呂を使用しているということになります。とても素晴らしいことです。でも、そのように大事に使っていて、メーカーはパーツをまだ残しているでしょうか。たとえ些細な部品でも、替えのパーツがなければ浴槽ごと交換になってしまうこともあります。パーツの取り扱いがあるかどうかは定期的に確認して、いざというときに慌てない心構えをしましょう。

最後に注意しておきたいのは、最初にご案内した耐用年数は一般的な浴槽であるということ。ユニットバスの場合は耐用年数は約15年。最大で一般的な浴槽の半分程度にまで差が開いてしまいます。「ユニットバス?うちは風呂とトイレは別だよ」と思っている方はご用心。ユニットバスは確かにビジネスホテルなどでよく見られるように、お風呂とトイレが一緒になっているものが多いですが、定義の上では「あらかじめ工場で組み立てたものを現地で完成させたもの」ですから、お風呂とトイレが別=ユニットバスではないという考えは危険です。心配なら大家さんや不動産会社に確認するのもいいでしょう。

また、寿命を考えるときは賃貸の場合、自分が大事に使っていたとしても、以前の入居者の使用方法が見えないところでお風呂の寿命に影響を与えていることも。持ち家以上に注意が必要と言えるでしょう。

お風呂のリフォーム費用の目安

ご自宅のお風呂を点検した結果、気になるところがあり、リフォームをしようと決断したとしましょう。そうなると気になるのは先立つもの、費用ですよね。前提条件は耐用年数のときと同じようにさまざまですので一概には言えませんが、一般的には80~140万円であるといわれます。ボリュームゾーンは100~120万円程度であるようです。

リフォームする際に価格に影響を与えるのは主に材質や浴室の大きさ、壁材、床材、蛇口などです。また付属する設備・機能設備でも大きく変わりますので、実際にご自宅のお風呂をリフォームするのにいくらかかるのか?を知るためには、見積もりを取るのが一番でしょう。

必要最低限のリフォームであれば50万円程度でも可能ではあるようですが、自分の目的に沿ったお風呂の、ひいては住宅の寿命を延ばすリフォームとなっているのか、価格だけにとらわれてその場しのぎのリフォームになっていないかは注意が必要でしょう。

お風呂のリフォーム工事の期間は?

価格とともに重要なのがリフォーム工事にかかる期間でしょう。なにしろ自宅のお風呂が使えないのですから、その期間は短い方がいいに決まっています。やはりケースバイケースではありますが、ユニットバスからユニットバスのような単純な作業は1日ということもありますが、大体は1週間から10日ほどかかると思っていた方がいいようです。どれくらいかかるかについては一般的には工事期間も含めて見積もりで上がってくるはずです。人件費も工事期間が何日かかるかで変わるでしょうから、考えてみれば当たり前の話ですね。

見積書で工事期間をチェックするときに重要なのは予備日の存在でしょう。前述したように、お風呂の寿命というのは見えないところで致命的なことが起こっていることが原因となることが多いです。即ち、ふたを開けてみると思ったより大変なことになっていた、ということも十分あり得ます。このための予備日をA社は記載し、B社は記載しておらず、B社の方が期間が短いので契約、としてしまうと、実は見積もりが甘く、実際の工期が延びるというとこも考えられるのです。単純に短いからよい、長いからダメ、ということではなく、見積書をもらったらその日程の根拠をしっかり尋ねることも大切になるでしょう。

コンクリート工事が必要な場合は、十分に硬化するように低温や乾燥、衝撃から保護する養生という作業を行います。その養生の期間は各施工会社によってまちまちであり、どれくらいとるかによっても日程に違いが出てきます。これは季節によっても乾き方が違うので異なることがあります。

最も大切なのは自分のイメージをしっかり伝え、納得した上で見積書を承諾し、契約書にサインをすることです。後出しでやはりこれも、あれも、ではなく最初の段階ですべてを伝えられるようにしましょう。途中の変更は工期の大幅な延期を招くこともありますし、実際に作業をしている職人さんたちにとっても気分のいいものではないでしょう。職人といえども人。そのモチベーションがリフォームの出来に与える影響は決して小さくないでしょう。 納得して契約を交わした後は、工程表をもらって自分でも適時確認することもよいでしょう。こまめに確認することで、確認漏れや意図が伝わっていないことを防ぐことが出来ます。

蛇口だけを修理する場合の費用目安

ここまではお風呂のリフォームを前提として話を進めてきました。当然、費用の方もそれなりの金額になります。しかし、お風呂のトラブルが水漏れだけであるのなら、その費用はグッと抑えられる可能性があります。その場合は、蛇口の修理だけで済むかもしれないからです。状況によっても異なりますが、一般的な蛇口の修理であれば4000~5000円くらいが相場です。

お風呂の浴槽は寿命だけれども、蛇口は現在大丈夫な方のために蛇口の寿命を延ばすコツをお伝えします。それはずばり蛇口を固く締めすぎないこと。蛇口の部品は普通に使用するだけでも摩擦によって日々消耗していきますが、固く締めてしまうとその劣化が早まってしまうのです。蛇口の水漏れの原因はほとんどが部品の劣化によるもの。水漏れを防ぐつもりが悪化させないように注意しましょう。

一般的には蛇口の寿命は約10年と言われています。現在は蛇口だけの水漏れであっても、浴槽の寿命に先んじてリフォームできるチャンスかもしれません。また、プロが確認することで蛇口以外が原因であることも考えられますから、蛇口の修理に合わせて全体的にお風呂を見てもらうのがいいでしょう。将来的な費用が抑えられる可能性もあります。

迷ったらまず見積もりをとってみよう

お家の中でも癒しのスポットであるお風呂。そのお風呂が逆にストレスの元になってしまわないよう、早めの対処が必要なことがお分かりいただけたのではないでしょうか。普通の人々が明らかに異変を感じる時点では、既に浴槽が手遅れになってしまっていることが多いです。こまめな日々の掃除は勿論のこと、少しでも兆しが見られたら素人判断ではなくプロに委ねることで、それ以降の費用や生活の質は大きく変わってくることでしょう。

リフォームすべきか迷ったら、信頼できる業者に相談することが大切です。例えば東北・関東・関西を主要エリアとするザットマンは24時間電話で対応。通話料・出張料・見積もり無料。水道局認定で安心です。相談者のイメージを見積書で形にし、外注修理業者ではなく年間3000件の豊富な実績を持つ自社スタッフが責任をもって施行してくれることでしょう。担当エリアも順次拡大中とのことですから、多くの方にとって有力な選択肢となりそうです。

作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

お風呂のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る