シャワーの水漏れは予防できる?対応策は?

シャワーの水漏れ
シャワーは1日の汚れと疲れを洗い流してくれる文明の利器です。しかし、そんなシャワーも長く使い続けていると水漏れを起こすことがあります。そうなると、水道代の無駄になったり、さらに悪化して、突然水が噴き出したりということにもなりかねません。そうならないためにも、水漏れを予防する方法と水漏れが起きた場合の部分ごとの対処法について紹介をしていきます。ただ、原因がよく分からない場合は無理に対処しようとはせずに、専門家に依頼したほうが賢明だという点は最初に理解しておきましょう。

シャワーの水漏れで考えられる原因は?

水漏れが発生した場合、最初に確認してほしいのが、シャワーのどの部分でそれが起きているかです。異常箇所を特定できれば、何が原因なのか見当をつけることができます。まず、多いのがシャワーヘッドの先からポタポタと水が垂れ落ちてくるパターンです。これは正確にいうと、水漏れではありません。シャワーを使用したときにシャワーヘッド内部に水が残り、それが漏れ出しているだけです。もし、シャワーヘッドを上に向けても水が出ないのに、下に向けると連続して水が垂れ続けるようであれば、ヘッドの中の残留水が原因だと考えて間違いないでしょう。これは別にシャワーヘッドそのものに問題があるわけではないので修理はしなくても大丈夫です。

次に、シャワーヘッドの根元から水が漏れているパターンです。この場合はパッキンか、シャワーヘッドの内部部品が経年劣化や故障を起こしている可能性があります。隙間ができ、そこから水が漏れているというわけです。それを確認するにはシャワーヘッドを手でひねり、取り外してみるのが一番です。欠けていたり、歪んでいたり、あるいはすり減っていたりする箇所があればそれが原因ということになります。また、シャワーホースと水栓をつなぐ取り付け部から水が漏れているケースもあります。原因はいくつか考えられますが、可能性として高いのは結合部のナットが緩んでいるか、パッキンが劣化しているかです。ただ、「く」の字の形をしたエルボというパーツが取り付けられている場合は、それが劣化している可能性もあります。

さらに、シャワーそのものではなく、水栓から水が漏れているといったケースも少なくありません。水栓は複雑な構造をしており、さまざまな箇所から水漏れが起きる可能性があります。その際に重要なのは、水漏れの箇所を特定した上で、「ナットが緩んでいないか」「パッキンなどの内部部品が劣化及び損傷していないか」の2点をしっかり確認することです。ただし、水栓と結合し、壁の中の配管とつながっている脚部と呼ばれる箇所に関しては別の原因が考えられます。この部分の壁際で水漏れを起こしている場合は、補強用のシールテープが劣化しているか、壁の中の配管が破損している可能性が高くなります。特に、後者の場合は素人では手に負えないため、注意が必要です。

あとは特殊なケースとして、シャワーホースから水が漏れているといった場合があります。ホースが経年劣化を起こし、裂傷が広がってそこから水が噴き出しているわけです。こうなると、使用するたびに大量の水が無駄になってしまうため、一刻も早くシャワーホースを交換する必要があります。

シャワーの水漏れを予防するには?

パッキンなどの部品は時間とともに劣化していくため、水漏れを永久に防ぐことはできません。しかし、ちょっとした工夫で水漏れを起きにくくすることは可能です。まず、シャワーを使用したあとは必ず、シャワーヘッドを下向きにしておくようにします。それだけで内部の水はきれいになくなり、残留水が溜まってポタポタと落ち始めるのを防げます。次に、定期的なメンテナンスも大切です。水栓には複数のナットが取りつけられていますが、それが少し緩んだだけでも水漏れを起こす可能性があります。定期的にナットを締めておけば、それだけ水漏れの予防につながります。

代表的なナットの位置を挙げておくと、ひとつはシャワーホースの末端と水栓がつながっている部分です。また、水道の蛇口の付け根部分にもナットがあります。さらに、壁から配管が伸びている壁付けタイプの水栓の場合は、脚部と水栓本体を接続する部分にもナットが使用されています。この3点がナットの代表的な使用箇所です。もっとも、シャワー用の水栓にはさまざまな種類があり、それによってナットの使用箇所も変わってきます。自宅の水栓がどのような構造になっているかをしっかりと確認し、ナットの締め忘れがないようにしていきましょう。

さらに、水漏れの予防には水道の元栓を定期的に締めることも有効です。水道というのは何もしなくても内部からの水圧によってかなりの負担がかかっています。しかも、シャワー付きの混合水栓は通常の水栓と比べると、内部構造が複雑である分、耐久性が低い傾向にあるのです。そこで、必要なとき以外は元栓を閉めておけば、その間は水圧から解放されるため、劣化の進行を鈍らせることができるというわけです。したがって、長時間外出するときは元栓を締めておくのがよいでしょう。

ちなみに、元栓の場所はどこかというと、戸建て住宅の場合は四角の蓋を付けて敷地内の地面に埋められています。一方、マンションやアパートの場合は玄関を出てすぐ横にあるメーターボックスの中にあります。いずれも近くに水道メーターがあるので、それを目印にすればすぐに見つけられるはずです。ただ、元栓はしばらく使用していないと堅くて回らないという場合があります。そのときはモンキーレンチかペンチを使用し、元栓を時計回りにまわしてみましょう。

シャワーヘッドの水漏れへの対処法

シャワーヘッドの先端から急に水が垂れ落ちてきたとしても、大抵は内部の残留水が出てきただけであり、故障ではありません。しかし、シャワーを止めた状態でシャワーヘッドを上に向けても水があふれるようであれば、水栓や蛇口に不具合が生じている可能性が高くなります。さらに、水栓や蛇口に異常がない場合はシャワーヘッド自体の故障の可能性についても考えなくてはなりません。一昔前と比べるとシャワーヘッドの種類は増え、中には特殊な機能をもったものも登場してきています。たとえば、シャワーヘッドの先端に塩素を除去するろ過装置がついていたり、小さな泡を発生させるマイクロバブル機能を有していたりといった具合です。

内部構造が複雑になれば、それだけ思わぬ故障が発生する確率も高くなります。実際、特殊な機能が付いているシャワーヘッドにはカートリッジを入れる隙間があり、そこにパッキンを取りつけていたりします。パッキンがあるという事実はそれが劣化すれば、そこから水漏れが起きることを意味しているのです。このように、現在のシャワーヘッドは思わぬところから水漏れが起きる可能性があるため、原因がシャワーヘッドにあると思われる場合は分解して水を抜いた上で、内部部品に異常がないかを確認する必要があります。

また、シャワーヘッドの先端ではなく、根元から水漏れを起こしている場合も同様です。いずれにしても、パッキンが劣化していればパッキンを、シャワーヘッド自体に異常があればシャワーヘッドを新しいものと交換することになります。ただし、自分だけで本格的な修理を行うのは控えるようにしましょう。なぜなら、専門家でない人が修理を行うと部品が合わないなどといった不具合が生じ、かえってコストが高くついてしまったなどといったことにもなりかねないからです。

シャワーの水栓からの水漏れへの対処法

水栓から水が漏れている場合は、正確な場所を確認した上で、故障している部品を特定するのが先決です。その上で、同じ型番のものや互換性のあるものと交換することになります。たとえば、パッキンが劣化している場合はモンキーレンチでナットを外し、新しいパッキンと入れ替えます。もし、古いパッキンがくっついて取れないようであれば、ラジオペンチを使って引きはがしましょう。また、「く」の字の形をしたエルボを交換する場合はメーカーからの取り寄せになります。メーカー名と型番を確認した上で、電話でメーカーに在庫の有無などを問い合わせ、それから注文をするのが賢明です。エルボもナットでつながっているため、モンキーレンチでナットを外してから交換することになります。

さらに、壁の中の配管と脚部の接続部分に巻かれてあるシールテープが劣化している場合は、新しいテープで巻きなおす必要があります。なお、シールテープはパッキンと同じく、ホームセンターやネット通販で入手可能です。次に、作業手順ですが、まず、水栓と脚部をつなげているナットをモンキーレンチを使って外します。それから、脚部を反時計回りにまわして壁から取り外します。すると、壁の中に隠れていた脚部の先端に古いシールテープが巻かれているのが確認できるはずです。それを新しいものと交換します。ネジ山の部分に7~8回巻きつけるのですが、先端側のネジ山を一山だけ残しておくのがコツです。そうすることで、しっかりと密閉され、水が漏れにくくなります。

もし、部品を交換しても水漏れが続く場合は蛇口そのものを交換することになります。ただ、いずれにしても、自信がない場合は専門業者に依頼するのが無難です。少なくとも、専門知識のない人が交換すると、水漏れが改善しないリスクがあるという点は理解しておいた方がよいでしょう。

シャワーの水漏れで注意すべきポイント!

ここまでシャワーの水漏れの主な原因と対処法を説明してきましたが、素人が行っても大丈夫だと言い切れるのはシャワーヘッドに残った水の処理ぐらいです。それ以外の対処を生半可な知識で行うと状況を悪化させることにもなりかねません。しかも、部品ではなく、水栓そのものを交換するとなると難易度はさらに跳ね上がります。仮に、水栓を交換した経験があったとしても、間違った取り付け方をしてしまう可能性が高いのです。したがって、リスクが少ない方法を選択したいのであれば、専門業者に依頼するのが一番だといえます。

シャワーの水漏れの原因を特定しよう!専門業者による修理を

シャワーの水漏れが起きた際に大切なのは、最初に原因を特定することです。そして、原因が分からなかったり、対処が難しいと感じたりした場合は早めに専門業者へ依頼しましょう。そのほうが、手間もかからず、より根本的な解決につながるはずです。

参照サイト

※2【水まわり修理の教科書教科書】止水栓の開け方、閉め方、調整方法
https://www.water-leakage.com/stopcock/

※3【救水戦隊スイセンジャー!ぬうマッチョ!! ~お悩み軍団ナヤミーのうんざり攻撃から水まわりと住まいを守る!!~】シャワーヘッドが水漏れする原因別、修理方法と解決方法
http://ienokoto.top/wp01/shower-mizumore/

水まわりのトラブル解決
サービス概要


  • トイレの
    つまり・水漏れ

    タンクのレバーを操作しても水が流れない、水が止まらない、なかなかタンクに水が溜まらない、タンクから水漏れするなどのタンク回りの問題はタンク内部を点検し、パッキンやフロートの交換、パーツのズレなどを直します。また、トイレにスマホやボールペンなどの異物を流してしまった、原因は分からないがトイレをつまらせてしまって流れない、便器の水が溢れてくる、トイレから悪臭がするなどの場合は、排水管を調査、清掃し異物を除去します。古くなった便器の交換、修理、ウォシュレットへの交換なども早急に対処しますのでご相談ください。
  • キッチンの
    水漏れ・つまり

    キッチンの蛇口を開いても水やお湯が少ししか出ない、蛇口を閉じても水やお湯が止まらない、蛇口から水がポタポタ漏れてくる、蛇口レバーが固くて動かないなどの蛇口のトラブルは、パッキンやパーツ、あるいは蛇口自体を交換します。シンクの水が流れない、流れが悪い、つまっていて悪臭がする、シンクがぬめっている、シンク下の排水管から水が漏れているなどのシンクのトラブルは、排水口や排水管の中のしつこい油汚れを除去し、除菌します。また、排水管内部のゴミを取り除き、排水管のパイプに問題がある場合は交換し、水漏れを解消します。
  • お風呂の
    水漏れ・つまり

    お風呂の蛇口が固くて動かない、蛇口を操作してもお湯が出ない、蛇口を閉めてもお湯がポタポタ漏れてくる、蛇口回りから水が漏れているなどのお風呂の蛇口のトラブルは、蛇口のパーツやパッキンの交換、カランとシャワーの切り替え部分の調整、パーツの交換などを行います。シャワーヘッドやホースの付け根から水漏れがある場合は各種パーツを交換し、シャワーヘッド自体に問題がある時はヘッドを交換します。湯船の排水口や風呂場の排水溝から異臭がする、お湯が流れていかないなどのトラブルは、ゴミや髪の毛を除去し、つまりを解消します。
  • 洗面所の
    水漏れ・つまり

    洗面台の排水管に、ヘアピンや綿棒などの異物を落としてしまい水がなかなか流れない、洗面台に水が溜まっている、排水溝から異臭がする、S字状の排水パイプから水が漏れる、こういった排水管のトラブルは排水管内部を調査し、異物を除去します。排水パイプに問題がある場合はパイプを交換します。排水管からの水漏れは接合部のパッキンやパーツを確認し、交換します。また、洗面台の蛇口を操作しても水やお湯が出ない、蛇口が固い、蛇口から水がポタポタ漏れているなど、蛇口に問題がある場合は蛇口を調整し、摩耗したパーツやパッキンを交換します。
  • 水道・蛇口の
    水漏れ・つまり

    蛇口のハンドルやレバーを操作しても水が出ない、出る水の量が少ない、蛇口が固くて動かしにくい、蛇口のハンドルが全く動かない、蛇口ががたついている、蛇口を閉めても水が止まらない、蛇口を固く閉めてもポタポタ水が漏れるなどの蛇口のトラブルは、蛇口自体が原因になっていることがあるので、パーツやパッキンを交換しても水が漏れる時は蛇口自体を交換します。蛇口と水道管の接合部からの水漏れ、水道管からの水漏れ、水道管のがたつきなど、水道管のトラブルは接合部を確認し、パッキンの交換、水道管の交換を行います。排水溝のつまり、異臭はゴミを除去し、つまりを解消します。
  • 給湯器やポンプの
    水漏れ・つまり

    給湯器のお湯が出ない、温度調整がきかない、給湯器が点火しにくい、点火しなくなった、給湯器から異臭がする、給湯器を使用すると異音がするなどの給湯器のトラブルは、給湯器を調べて原因を特定し、修理します。給湯器各メーカーに対応しているので安心してお任せください。また、給湯器内部から水漏れしている、給湯器のホースから水漏れしている、接合部からポタポタ水がしたたるなどのトラブルは、パッキンやパーツ、ホースを調べ交換します。ポンプ部分の故障や水漏れ、動作不良などのポンプの異常も原因を調査、特定し、修理します。
  • 屋外排水の
    水漏れ・つまり

    屋外の蛇口を閉めても水が漏れる、蛇口が固くて動かない、水の出が悪い、蛇口と水道管の接合部から水が漏れるなどのトラブルは、蛇口の経年劣化の可能性が考えられます。屋外にあるため外気温や強風、振動などの影響で劣化をすることが多く、パッキンを交換しても問題が解決しない場合は蛇口自体を交換します。排水桝が溢れた、屋外排水溝がつまった、悪臭がする、水漏れする、逆流するなどの屋外排水溝のトラブルは、水に溶けない、流れないゴミが堆積していることが多いのでゴミを除去し、流れをよくします。また、給水機のトラブルに関しても対応していますのでご連絡ください。
  • 漏水、悪臭調査
    高圧洗浄、管内カメラ

    水道料金が最近高額になったが、その原因が分からない、床下が濡れている、上の階から水漏れがする、漏水の可能性を水道局から指摘されたが漏水場所を特定できない、このような原因不明の水漏れのトラブルに関しては、管内カメラを使用して原因を調査し、水漏れ場所を特定し対処します。また、グリストラップのつまり、溢れ、受水槽、汚水槽、浄化槽や排水管のつまり、悪臭でお悩みなら、高圧洗浄でゴミを除去し、つまりや悪臭を解消します。その他にも、蛇口の修理や交換、移設、調理台の交換なども行っていますので、お気軽にご相談ください。
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。
タップで電話
PAGE TOP