洗面台のつまりを解消してスッキリ!予防や対処法は?

洗面所のつまり
洗顔や歯磨き、手洗いやうがいなど、朝から晩まで活用する「洗面台」。髪の毛やゴミなどが流されることも多いため、家の中でも比較的つまりが起きやすい場所でもあります。頻繁につまる洗面台に、ついイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。実は、洗面台のつまりは日ごろの使い方やメンテナンス次第で予防できるケースもあるのです。今回は、洗面台のつまりを予防する方法をはじめ、つまったときの対処法などを紹介していきます。

洗面台がつまる主な要因は?

使用頻度の高い洗面台は、日常の何気ない行動でもつまりの原因になってしまうことがあります。普段使っているうちに少しずつつまりがひどくなっていく場合、主な要因としてまず挙げられるのが、「髪の毛」です。洗面台にパラパラと落ちた髪の毛を、無意識に洗い流している人も多いのではないでしょうか。1本1本は非常に細い髪の毛ですが、それが何百本も蓄積すれば排水管をすっかりふさいでしまい、つまりを引き起こすのです。洗面台でシャンプーをしたり寝ぐせを直そうとして濡らしたりしている人は、特に髪の毛が流れやすいので注意しましょう。シャンプーなどをしていない人でも、洗面台でヘアセットをするだけでいつの間にか抜けていることも多いので、無関係ではいられません。

また、水回り特有の「ぬめり」や「水あか」もつまりの原因になります。ぬめりは水や石鹸カスなどの中で雑菌が繁殖して発生するもので、それ自体がつまりを引き起こすことは少ないですが、粘性があるため髪の毛や汚れなどを引き寄せやすくなってしまいます。さらに、髪の毛だけであれば隙間を水が流れていくのでつまりにくいのですが、ぬめりが付着することで隙間をふさぎ、水をせき止めてしまうのです。水あかは、水道水の中に含まれるカルシウムなどの成分が固形化したもので、ぬめりと同様に排水管や髪の毛の隙間に付着して水の流れを止めてしまいます。

あるとき突然つまりが起きたという場合は、髪の毛やぬめりなどではなく「固形物」が原因の可能性があります。たとえば、歯磨き粉のキャップや小さなアクセサリーなど、排水口より小さなサイズの物体は流れていってしまうので注意しなければなりません。排水管の中に流れ込んだ固形物は、髪の毛などと絡み合って詰まりを引き起こします。固形物が流れてしまうと、それを取り除かない限り何度もつまってしまう可能性が高いので楽観視できません。

洗面台でつまりやすい場所は?

洗面台には、構造的につまりやすい場所というものがあります。一番わかりやすいのが、排水口に取り付けられていることの多い「ゴミ受け」です。ヘアキャッチャーとも呼ばれる部品で、目に見えるように設置されている場合もあれば、フタや栓で覆われている場合もあります。洗面台から流された髪の毛やゴミなどをしっかりキャッチしてくれるのですが、その分つまりやすいです。フタなどで覆われているタイプだと、どれくらい髪の毛がたまっているか見えにくいため、気づいたらすっかりふさがっていたというケースも珍しくありません。

次につまりやすいのが、洗面台の下にある「S字トラップ」です。洗面台から伸びる排水管は2度カーブしており、形状的にS字に見えるためこのように呼ばれています。このようなトラップが設けられているのは、排水管を伝ってくる下水の臭いをシャットアウトするためです。カーブがあることで排水管の中に常に一定量の水が留まり、下水管と室内の空気がダイレクトにつながるのを防いでくれています。ただ、カーブ部分には重力によって髪の毛などが留まりやすいため、つまりの発生源になってしまうのです。

また、S字トラップから下に伸びている排水管がつまるケースもあります。S字トラップなどは錆を防ぐために樹脂やステンレスでできているものもありますが、排水管は鉄や塩化ビニルが使用されることが多いです。鉄は長年使用していると錆が発生しやすく、錆がひどくなれば排水管を狭めてしまうこともあります。髪の毛やゴミなどが排水管まで流れてしまった場合、狭くなった排水管内部でつまりやすくなってしまいます。

洗面台のつまりへの対処法を紹介!

つまりが起きてしまった場合、軽度のつまりであれば自分で解決することもできます。まず、ヘアキャッチャーに髪の毛などが絡まっていないかチェックしましょう。つまりが起きる場所としてもっとも多いのが、最初に髪の毛などをせき止めてくれるヘアキャッチャーです。パッと目で見てわかりやすいので、髪の毛がたまっていたらすぐに取り除きましょう。フタなどで覆われている場合も、すぐに取り外せるものが多いので掃除は簡単です。指や割りばしなどでサッと取り除けば、すぐに水が流れていくでしょう。

ヘアキャッチャーが汚れていないのに水が流れないという場合は、その先の排水管内部でつまりが起きている可能性が高いです。目で見える範囲に髪の毛やゴミなどが確認できない場合は、パイプクリーナーを使いましょう。パイプクリーナーは、髪の毛やぬめり、水あかなどを溶かす強力な薬剤です。さまざまなメーカーから商品が販売されているので、それぞれの商品説明をよく読み、適量を守って使用しましょう。指示された通りの量を排水管に流し込み、一定時間放置して水を流すだけで終了です。固形物を流していなければ、ほとんどのつまりはパイプクリーナーで解決できます。

パイプクリーナーがすぐに手に入らない場合は、ラバーカップを使うという方法もあります。ラバーカップは主にトイレのつまりを解消するためのアイテムですが、洗面台に使っても問題ありません。カップを排水口にセットし、何度か押したり引いたりしているうちに排水管内部の髪の毛などが動き、水が流れたり汚れを吸い出したりできます。このとき、洗面台にある水位調節用の穴をテープなどでふさいでおくのがポイントです。そのままにしていると、穴から空気が逃げてラバーカップの吸引力が弱まってしまいます。

何をしてもつまりが解消しないときは、S字トラップを外して直接掃除をするのも選択肢の一つです。S字トラップはナットで固定されているので、それを緩めれば取り外すことができます。取り外すと内部の水が流れ落ちてくる可能性もあるので、事前に洗面台の下にビニールシートを敷いたりバケツを置いたりしておきましょう。取り外したら、専用のパイプブラシや歯ブラシなどを使い、内部に残った髪の毛や汚れなどを掃除していきます。すっかりキレイになったら、元通りに部品を戻して終了です。

ただし、S字トラップを直接掃除するのは大きなリスクも伴います。S字トラップの取り外しや取り付け、掃除は専門的な知識が必要なことも多いのです。たとえば、ナットを取り外すのにも順番がありますし、パッキンをうまく取り付けられないと水漏れが起きて大惨事になってしまいます。排水管の素材によっては、必要以上の力を加えると衝撃で割れてしまうおそれもあります。こういったことを詳しく知らない人が作業してしまうと、余計に事態を悪化させてしまう可能性もあるのです。時間と労力をかけて作業したのに、逆効果となっては悔やんでも悔やみきれませんよね。できるだけスムーズにつまりを解消するためにも、自分でS字トラップを掃除するのは諦め、素直に専門業者に依頼したほうが良いでしょう。

洗面台のつまりを日常生活で予防しよう!

一度つまりが発生してしまうと、解消するのが難しいこともあります。特に、S字トラップのカーブで頑固なつまりが起きれば、専門業者に頼らざるを得ません。そうならないように、日ごろから洗面台がつまらないように予防を行うことが大切です。たとえば、洗面台に落ちた髪の毛はそのまま流さず、必ずティッシュなどで取り除くようにするだけでも効果はあります。排水口にできるだけ目の細かいヘアキャッチャーを設置し、こまめにチェックして髪の毛が大量にたまる前に掃除をしましょう。ヘアキャッチャーは、髪の毛だけでなく小さなアクセサリーなどの固形物を流さないようにするのにも役立ちます。

ただ、ヘアキャッチャーを設置していても完全に髪の毛をキャッチするのは難しいです。隙間から流れていってしまう髪の毛も多いので、少しずつ水の流れが悪くなってしまうこともあるでしょう。つまりかけているのに気づいたら、放置せずすぐにパイプクリーナーを使います。パイプクリーナーは完全につまってからではなく、つまりかけの状態で使っても効果があるのです。1~2週間に1回を目安に使用し、頑固なつまりに発展する前に原因を解消してしまいましょう。

パイプクリーナーがない場合は、お酢と重曹で代用もできます。お酢に含まれるクエン酸は、水あかや水道水の成分を分離させる、臭いを抑える、雑菌の繁殖を防ぐといったさまざまな作用を持っています。クエン酸は重曹と組み合わせることでこれらの作用が強化されるため、より効果を高めたい場合は一緒に使うと良いでしょう。重曹2に対してお湯2、お酢1の割合でそれぞれ準備し、まずは排水口から重曹をサラサラと入れます。しばらく放置したあと、お酢とお湯を一緒に流し込みましょう。シュワシュワとした泡が立ちはじめ、排水管内部の洗浄が進みます。

洗面台のつまり!無理せずに専門業者へ依頼しよう

洗面台のつまりは、原因が何か、どこでつまりが起きているかによって必要な対処が異なります。ヘアキャッチャーのつまりのように見える範囲で簡単に対処できるケースもあれば、S字トラップの分解が必要なケースもあるなど、内容は実にさまざまです。S字トラップの分解は、専門知識がない人が行うと破損などのリスクも伴うためくれぐれも注意しなければなりません。万が一破損させてしまえば、修理するために余計な時間や費用がかかってしまうでしょう。その点、専門知識を持つプロなら正しい方法でつまりを解消してくれるため、破損させた場合と比べて時間も費用も少なくて済むケースが多いです。最初から専門業者へ依頼し、スムーズに洗面台のつまりを解消してもらいましょう。

参照サイト

【抗菌 防カビ 防藻 消臭 防汚コーティング.com】水回りの頑固な汚れの正体は
http://sig-works.com/contents/page06.html/

【水回りナビ】S字トラップその役割とお手入れの方法
https://www.qracian.net/common/1172/

タップで電話

水まわりのトラブル解決
サービス概要


  • トイレの
    つまり・水漏れ

    タンクのレバーを操作しても水が流れない、水が止まらない、なかなかタンクに水が溜まらない、タンクから水漏れするなどのタンク回りの問題はタンク内部を点検し、パッキンやフロートの交換、パーツのズレなどを直します。また、トイレにスマホやボールペンなどの異物を流してしまった、原因は分からないがトイレをつまらせてしまって流れない、便器の水が溢れてくる、トイレから悪臭がするなどの場合は、排水管を調査、清掃し異物を除去します。古くなった便器の交換、修理、ウォシュレットへの交換なども早急に対処しますのでご相談ください。
  • キッチンの
    水漏れ・つまり

    キッチンの蛇口を開いても水やお湯が少ししか出ない、蛇口を閉じても水やお湯が止まらない、蛇口から水がポタポタ漏れてくる、蛇口レバーが固くて動かないなどの蛇口のトラブルは、パッキンやパーツ、あるいは蛇口自体を交換します。シンクの水が流れない、流れが悪い、つまっていて悪臭がする、シンクがぬめっている、シンク下の排水管から水が漏れているなどのシンクのトラブルは、排水口や排水管の中のしつこい油汚れを除去し、除菌します。また、排水管内部のゴミを取り除き、排水管のパイプに問題がある場合は交換し、水漏れを解消します。
  • お風呂の
    水漏れ・つまり

    お風呂の蛇口が固くて動かない、蛇口を操作してもお湯が出ない、蛇口を閉めてもお湯がポタポタ漏れてくる、蛇口回りから水が漏れているなどのお風呂の蛇口のトラブルは、蛇口のパーツやパッキンの交換、カランとシャワーの切り替え部分の調整、パーツの交換などを行います。シャワーヘッドやホースの付け根から水漏れがある場合は各種パーツを交換し、シャワーヘッド自体に問題がある時はヘッドを交換します。湯船の排水口や風呂場の排水溝から異臭がする、お湯が流れていかないなどのトラブルは、ゴミや髪の毛を除去し、つまりを解消します。
  • 洗面所の
    水漏れ・つまり

    洗面台の排水管に、ヘアピンや綿棒などの異物を落としてしまい水がなかなか流れない、洗面台に水が溜まっている、排水溝から異臭がする、S字状の排水パイプから水が漏れる、こういった排水管のトラブルは排水管内部を調査し、異物を除去します。排水パイプに問題がある場合はパイプを交換します。排水管からの水漏れは接合部のパッキンやパーツを確認し、交換します。また、洗面台の蛇口を操作しても水やお湯が出ない、蛇口が固い、蛇口から水がポタポタ漏れているなど、蛇口に問題がある場合は蛇口を調整し、摩耗したパーツやパッキンを交換します。
  • 水道・蛇口の
    水漏れ・つまり

    蛇口のハンドルやレバーを操作しても水が出ない、出る水の量が少ない、蛇口が固くて動かしにくい、蛇口のハンドルが全く動かない、蛇口ががたついている、蛇口を閉めても水が止まらない、蛇口を固く閉めてもポタポタ水が漏れるなどの蛇口のトラブルは、蛇口自体が原因になっていることがあるので、パーツやパッキンを交換しても水が漏れる時は蛇口自体を交換します。蛇口と水道管の接合部からの水漏れ、水道管からの水漏れ、水道管のがたつきなど、水道管のトラブルは接合部を確認し、パッキンの交換、水道管の交換を行います。排水溝のつまり、異臭はゴミを除去し、つまりを解消します。
  • 給湯器やポンプの
    水漏れ・つまり

    給湯器のお湯が出ない、温度調整がきかない、給湯器が点火しにくい、点火しなくなった、給湯器から異臭がする、給湯器を使用すると異音がするなどの給湯器のトラブルは、給湯器を調べて原因を特定し、修理します。給湯器各メーカーに対応しているので安心してお任せください。また、給湯器内部から水漏れしている、給湯器のホースから水漏れしている、接合部からポタポタ水がしたたるなどのトラブルは、パッキンやパーツ、ホースを調べ交換します。ポンプ部分の故障や水漏れ、動作不良などのポンプの異常も原因を調査、特定し、修理します。
  • 屋外排水の
    水漏れ・つまり

    屋外の蛇口を閉めても水が漏れる、蛇口が固くて動かない、水の出が悪い、蛇口と水道管の接合部から水が漏れるなどのトラブルは、蛇口の経年劣化の可能性が考えられます。屋外にあるため外気温や強風、振動などの影響で劣化をすることが多く、パッキンを交換しても問題が解決しない場合は蛇口自体を交換します。排水桝が溢れた、屋外排水溝がつまった、悪臭がする、水漏れする、逆流するなどの屋外排水溝のトラブルは、水に溶けない、流れないゴミが堆積していることが多いのでゴミを除去し、流れをよくします。また、給水機のトラブルに関しても対応していますのでご連絡ください。
  • 漏水、悪臭調査
    高圧洗浄、管内カメラ

    水道料金が最近高額になったが、その原因が分からない、床下が濡れている、上の階から水漏れがする、漏水の可能性を水道局から指摘されたが漏水場所を特定できない、このような原因不明の水漏れのトラブルに関しては、管内カメラを使用して原因を調査し、水漏れ場所を特定し対処します。また、グリストラップのつまり、溢れ、受水槽、汚水槽、浄化槽や排水管のつまり、悪臭でお悩みなら、高圧洗浄でゴミを除去し、つまりや悪臭を解消します。その他にも、蛇口の修理や交換、移設、調理台の交換なども行っていますので、お気軽にご相談ください。
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。
タップで電話
PAGE TOP