洗面台の修理は自分でも可能?業者に依頼するか迷ったときの判断方法

日に何度も使う場所である洗面台が水漏れすると、慌ててしまいます。放置しておけば被害はどんどん大きくなるため、なるべく早く対処することが必要です。洗面台で水漏れが起こった場合、簡単なものなら自分で修理できる場合があります。しかし、自分で直すのは難しく、最初から業者に修理を依頼したほうがいい場合もあるのです。この記事では、洗面台で水漏れが起こったときに自分で修理する方法と、業者に修理を依頼する目安について解説します。

洗面台で水漏れしやすい場所とは?

洗面台の下には水やお湯を供給する給水管と排水を流す排水パイプがあり、それぞれつなぎ目から水漏れすることがあります。しかし、洗面台の下は日常的に見る場所ではないため、水漏れが起こっていたとしてもなかなか気づきにくいです。洗面台の下に置いているものを取り出そうと扉を開けたときに、洗面台の下の部分が湿っていることに気づく場合も少なくありません。また、普段使っているときに目に付きやすい部分でも水漏れが起こることがあります。蛇口を締めても水がぽたぽたと落ちる場合や、蛇口の横から水漏れする場合、シャワーヘッドからの水漏れの場合などです。

これらの水漏れは、部品の老朽化や破損、パーツのゆるみなどが原因で起こることが少なくありません。また、シャワーヘッドは、使うときに無理に引っ張ってしまうなど、力をかけたことが破損につながることもあります。洗面台で水漏れが起きていることに気づくのが遅れると、洗面台の下に収納しているものが濡れたり、ひどくなると床まで水浸しになったりする場合があるのです。そのため、洗面台の下に異変が起こっていないかを定期的に確認することが水漏れの防止策となります。

水漏れが起こっているときの症状

洗面台が水漏れを起こしているときは、次のような症状が現れることがあります。まず、洗面所の床が濡れている場合です。洗面所の床が濡れているときは、洗面台から漏れた水が床を濡らしていることがあります。ただし、洗面所には洗濯機が置かれている場合も多いため、床が濡れる原因は必ずしも洗面台からの水漏れとは限りません。洗濯機の排水パイプから水漏れしている場合や浴室から水が流れてくる場合もあります。しかし、洗濯機や浴室に原因が見当たらない場合は、洗面台が原因である可能性が高いです。

洗面台の下を、買い置きの石けんや洗剤などのストックスペースとして使っている人もいるでしょう。しかし、しまっておいたものが湿っている場合は注意が必要です。洗面台の下にある排水パイプや排水トラップから水漏れしているかもしれません。湿度が高い場所に発生しやすいのがカビです。洗面所は水を恒常的に使うため、他の場所と比べるとカビが生えやすいといえます。しかし、普段よりもカビ臭く感じるときは、水漏れが原因かもしれません。水漏れの影響が洗面台の床の部分に及ぶと、床が腐食してしまい触るとぶよぶよになっていることがあります。床の材質によっては、がたつきが生じることもあるため、症状に気づいたらなるべく早く対処することが必要です。

自分でやってみよう!修理の手順

洗面台の水漏れの中で自分でも修理ができるのは、ナットの緩みやパッキンの交換です。いずれも、排水パイプ、給水管および止水栓で起こり得ます。自分で修理する場合は、まず洗面台の下に収納しているものをすべて外に出しましょう。つづいて、濡れている部分をきれいに拭きます。水道の蛇口がしっかり締まっていることを確認しましょう。

洗面台の下の排水パイプは、排水トラップでパイプをつなげた構造になっています。ナットに緩みがある場合は、しっかりと締めます。このときに、レンチがあれば作業がしやすいです。洗面台の下が濡れている場合は、しばらく扉を開けておけば乾きやすいでしょう。この状態で水を流してみて、きちんと流れるなら問題ありません。しかし、ナットを締めてもまだ水漏れするようであれば、ナットの中のパッキンが劣化している可能性があります。パッキンを交換する際には、排水パイプの上の部分のナットを外します。

ナットを緩めるときは、半時計回りに回しましょう。パッキンが出てきますので、新しいものと交換します。パッキンは劣化すると、ゴムにつやがなくなったりところどころ擦り切れたりすることが多いです。パッキンを元あったところに取り付けます。ある程度のところまで取り付ければ、あとは排水パイプを取り付けるときに奥まで行きますので大丈夫です。パッキンを取り付けたら排水パイプを回して固定します。そのときに、パッキンも一緒に押し込むようにしてなじませましょう。なお、パッキンを付ける向きを間違えないようにすることがポイントです。パッキンはホームセンターなどで売っていますので、元々付いていたものと同じものを購入しましょう。

つづいて、S字トラップの部分から水漏れしている場合は、同様に排水パイプを外します。なお、この際に排水パイプにたまった水が流れ出ますので、バケツなどを置いて洗面台の床が水浸しになるのを防ぎましょう。これまでついていたパッキンを外して新しいものに取り替えます。隙間ができないように、しっかりとパッキンを取り付けましょう。次に、ナットもしっかり締めて固定します。蛇口をひねって水を流し、水漏れしていないかを確認しましょう。なお、自分でパッキンを交換する際に、ナットが緩んでいたり接続が緩かったりすると、排水パイプ自体が外れてしまうことがあります。そのため、しっかりとナットを締めることがポイントです。

給水管と止水栓のつなぎ目で水漏れしている場合もあります。給水管は壁から出ており、止水栓につながっている構造です。給水管と止水栓はナットでつながっており、この部分が緩むことで水漏れが起こることがあります。ナットの緩みもしくはパッキンの劣化が水漏れの原因であることが多いです。ナットが緩んでいる場合は、レンチなどで時計回りに締めましょう。ナットが動けばナットの緩みが原因のため、これだけで水漏れは解消します。しかし、ナットが締まっていても水漏れする場合は、パッキンの劣化が原因であるためパッキンの交換が必要です。また、止水栓からの水漏れもパッキンの劣化が原因のため、パッキンを交換しましょう。

給水管のパッキンを交換する際には、止水栓を必ず閉めることがポイントです。ナットを半時計回りに回して緩めた後、パッキンを交換します。止水栓のパッキンを交換する際は、家の元栓を閉めた後、ナットを外しましょう。三角ハンドルがついている場合は、カラービスをウォーターポンププライヤーで取り外し、ハンドルを手前に引くと取れます。その後、ナットを外してパッキンを交換しましょう。

洗面台の修理で注意したいのは?

まず、水漏れの原因になっている箇所を特定する必要があります。どこから水漏れしているのかがはっきり分からない場合は、洗面台の中のものを出した後、原因箇所を特定するために蛇口をひねって水を流してみましょう。その際に、あまり水を多く出しすぎると被害が大きくなるため、水量を加減することが必要です。また、修理後にナットがきちんと締まっていない段階で蛇口をひねると水浸しになってしまいます。修理後に蛇口をひねる前に、ナットが締まりきっているかを確認しましょう。

排水パイプには水がたまっているため、ナットを緩めてしまうと中の水が外に出てきて周りを汚してしまいます。そのため、排水パイプを外す際には水を受けられるバケツなどを用意しておきましょう。排水パイプは、施工してから10年ほどで交換時期になります。排水パイプに劣化した症状がみられる場合は、交換を考えたほうがいいでしょう。

自分では修理できないケースとは?

施工後10年程度経過しており、排水パイプに穴が空いていたり、ヒビが入ったりしている場合は排水パイプの交換時期が来ているといえます。交換の作業は素人では難しいことが多いため、専門業者に任せたほうがいいです。洗面ボウルの底と排水パイプの接合部で水漏れが起きているとき、排水トラップに水が伝わっていると、水漏れ箇所の特定が難しいケースがあります。どこから水漏れしているのかがはっきり分からない場合も、素人判断で修理を行わないほうがいいでしょう。

排水パイプがプラスチック製の場合は、素人でも修理ができる場合があります。しかし、鉄製の排水パイプの場合は、ホームセンターでもあまり扱っていないため、手に入れにくいことが多いです。さらに、鉄製パイプを切断するためには、専用の工具が必要となります。作業の難易度もとても高く、作業に慣れたプロでも危険を伴うことがあるため、専門業者に任せたほうがいいです。

シャワーヘッドやホースから水漏れしている場合は、交換することで修理できるケースもあります。しかし、部品は似ているようにみえても型番が違えば取り付けできないことも少なくありません。部品を間違えて買ってしまうと返品も交換もできないため、結果として無駄な出費になってしまいます。さらに、水漏れの原因は1箇所だけとは限りません。いくつかの問題点が複合的に絡み合っている場合は、部品交換だけでは対処できない場合があります。また、洗面台自体が老朽化している場合は、部品を交換するよりも洗面台自体を新しいものに買い替えるほうがいい場合もあります。自分で修理するのが難しいと感じた場合は、専門業者に依頼するのが望ましいでしょう。

専門知識が必要な場合は業者に任せる

洗面台が水漏れをしたとき、ナットの緩みやパッキンの交換など、自分でも修理が簡単に行える場合があります。しかし、専用の工具が必要な場合や部品の型番が分からない場合、水漏れ箇所の特定が難しい場合などは、素人判断で修理を行わないほうが得策です。間違った修理を行うと、より被害が拡大してしまうことにもなりかねません。場合によっては、当初よりも修理費用が高くなってしまう可能性もあります。自分で修理するのが難しいと感じた場合は無理をせずに、水回りのトラブルを解決する専門業者の「ザットマン」に修理を依頼するといいでしょう。

参照サイト

【JMS住設コラム・お役立ち情報】洗面台の水漏れ!水漏れ原因箇所の発見とその対応
https://jms2015.com/wash-basin-drainage-leak

【水道コンシェルジュ】洗面台の床から水漏れしている時に確認すべきポイント5つ
https://suidoukonsheruju.com/wash-basin-floor-water-leakage#i-15
作業料金以外に、資材費用など別途費用が発生する場合がございます。トラブルの状態によって修理内容が異なる為、まず現場でお見積りをご確認いただきます。万が一お見積りにご納得いただけない場合は一切料金をいただきません。必ずお客様ご納得の上修理を進めさせていただきます。お見積り内容に関するご質問はサービススタッフまでお問い合わせください。

洗面所のつまり・水漏れに関連するコラム



カテゴリー

トイレつまり・水漏れ修理
対応エリア一覧


ご相談をお受けしてから最短30分でザットマンのプロスタッフがお伺いいたします。東北、関東、東海北陸、関西の主要エリアに対応しておりお客様に安心してご利用いただけます。水まわりのトラブル状況を確認後、無料でお客様のもとに駆けつけ無料にてお見積りを行わせていただきお客様にはご納得の上で作業を行わせていただきます。お気軽にご相談ください。



東海北陸エリア
愛知県
岐阜県
石川県
富山県

京都府
滋賀県
奈良県

急な水道トラブルを迅速修理お電話いただき、症状やご住所の確認後、専門のプロスタッフが迅速に駆けつけます。経験豊富な専門のプロスタッフが水回まわりトラブルを的確に原因調査し修理いたします。
PAGE TOP
トップに戻る